スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パリセーズパーク公立図書館「慰安婦」碑撤去をホワイトハウスでWEB署名 

 当ブログでは2007年7月31日にアメリカ下院で対日「慰安婦」公式謝罪要求決議が採択された前より、この件についての出来事を追っており、「慰安婦」問題に関して新たな動きがあれば注目してきている。この件に気がついたのは、5月29日のこと(報道はその一日前だったが)。実のところ、気がついた時点で魚拓をとっていたのだが、エントリは後述する理由によって本日である。

2012年05月28日08時24分「「慰安婦碑撤去」署名運動…今度はホワイトハウスに働きかけ | 中央日報


 ……………あーのー。ニュージャージー州パリセーズパーク公立図書館に「慰安婦」の被害を表す碑が建ったのは、実のところ、それが建った2010年10月頃には韓国紙報道で私は目にしていた。ところが、どうしたことかというか在韓日本大使館前の「慰安婦」少女碑で騒いだ余波なのか、その一年以上後から極右な人達がパリセーズパークの碑に対して何か言い出していた。これがまた、山谷えり子参院議員他やらが直接パリセーズパークまで押しかけたりと恥ずかしい事態になっていたともきいていた。

 それがこうなったようだ。

 日本人がホワイトハウスのウェブサイトで、ニュージャージー州パリセーズパーク公立図書館に設置された日本軍慰安婦碑の撤去などを要求する署名運動を行っていることが明らかになった。
(略)
このオンライン請願は、日本人と推定される「Yasuko R」が開設した。(略)24日午後3時現在、署名者は4759人で、ほとんどが日本人。ホワイトハウスウェブサイトでの署名運動は、30日以内に2万5000人の署名を確保すれば、ホワイトハウスから公式立場の通報を受けることになる。また妥当性が認められれば面談の機会も得られる。(後略)


 「公式立場の通報」って何だろう? と思いつつ、「妥当性が認められれば面談の機会も得られる」って、面談した結果、パリセーズパーク公立図書館の碑が撤去される事態には、どう考えてもならない。なお、上記28日の報道の前の27日の報道では、こんな一節があった。

 慰安婦の碑は、米下院で従軍慰安婦決議が可決されてから3年余りが経過した2010年10月に建てられた。


 やっぱり、何を今さらと思うよね。

 この署名のサイトはこちら。スクリーンショットはまずは6月2日分である。

 署名の名をざっと見るに、中央日報報道の通り、ほとんどが日本人名で、たまに明らかに欧米系の名前が混じる感じ。集計しようと思ったが、数の多さに挫折した。任意で居住地を書く欄もあるようで、日本の居住で日本人名もあれば、国外居住の日本人の署名もそれなりに目につくようだ。personal nameとfamily nameの頭文字という表記なので、もしかしてあの人はいるかな的に眺めていても解りにくいのだが、たまに、おやという名を目にもする。



あ、パリセーズパークまで行った人かな?


 日本人の名が多いのは当然想像が付くとおり日本で署名呼びかけをする人がいる訳で、ぼやく人やらフジテレビデモに熱心にでる既婚女性やらのネットで活動する草の根国士様達が一生懸命、署名を呼びかけていらっしゃるようである。
 一方では政党単位で協力を呼びかける場合もあるようだ。


 他にもあるのかもしれないが探し切れていない。
 日本創新党が説明サイトとしてリンクしていたのは、日本会議のサーバーに置かれているpdf書類。なぜか日本会議トップページ等からのリンクは見あたらないのだが、日本会議から署名を呼びかけられているとメーリングリストの文章というのをを転載しているブロガーさんも見かけている。
 それが、この「この署名への参加にご協力をお願い致します (pdf)」という書類。

この署名への参加にご協力をお願い致します
ホワイトハウスの署名サイトへ⇒http://wh.gov/yrR (アカウント作成は 13 歳以上、1人1アカウントまで)

署名の内容(仮訳) オバマ政権への請願
碑を撤去し、この問題(いわゆる従軍慰安婦問題)に関する日本の人々へのいかなる国際的嫌がらせも支持しないこと

韓国の従軍慰安婦問題に関する誤った非難は、数十年にわたって日本人をはずかしめてきた。過去数年の間に、元々の非難の多くは誤りであるか完全なねつ造であることが明らかになった。
しかし、この新情報にもかかわらず、合衆国は、ニュージャージー州の碑やニューヨーク州の通りの名前を以て従軍慰安婦を記念することで、元々の誤った非難に信用を与え続けている。これは、歴史的な不実を侵すのみならず、無用の人種間摩擦を起こし日系の人々を傷つけるものである。
我々はオバマ大統領に対し、碑を撤去するとともに、この問題に関する日本人に対 してのいかなる国際的な嫌がらせも支持しないことを強く求める。

 この文章をホワイトハウスの署名サイトに貼り付ける蛮勇だけはたいした物だというか、こういう人達が「無用の人種間摩擦を起こし」てるのに、お気づきではないのに溜息が出る。
 ちなみに、メールアドレスを知らせたくない人は10分や15分のみ有効の一時的な無料メールアドレスサービスも使用可能などという説明まで入った懇切丁寧な説明である。一時的なメールアドレスで作った捨てアカで署名を勧めるとは、えらい不誠実な署名もあったもんだと思うんだけど、そういう感覚はおもちではないらしい。メールアドレスを知らせなくともIPは抜かれるだろうに。

 んでまぁ、こうした努力が功を奏したのが、どうやら昨晩か今朝にかけてのことだと思われるが。
めでたく目標署名数を達成されたようである。

 この署名を呼びかけていた国士様の一人のブログから、日本会議のメルマガ情報を孫引きさせていただこう。

 以下、日本会議のメルマガより転載します。
 ※メルマガの内容は、日本会議が、日本会議に関係されている方に国民運動の関連情報として送られているもので、日本会議の公式見解ではありません。
 
 
【5月6日、自民党の古屋圭司衆院議員、竹本直一衆院議員、塚田一郎参院議員、山谷えり子参院議員4名は訪米し、米国ニュージャージー州のパリセイズ・パーク市の公共図書館敷地に建てられた「慰安婦の碑」の撤去を求め、市長、図書館長、議長、副議長らに要請しました。

 双方の主張は平行線で終わったものの、在米日本人有志の方々により、ホワイトハウスに対して慰安婦問題に請願を行うサイトが設けられました。

 6月9日までに、25000名以上の署名が集まると、ホワイトハウスより見解が示されるそうです。

 このたび、山谷えり子議員事務所からご案内をいただき、是非、多くの国民の皆様に方にお呼びかけをお願いしたく、アクセスや署名方法などをご案内申し上げます。(後略)


「公式立場の通報」って何じゃいと思ったが、この件に関する公式見解を表明することになると理解すればいいのだろうか。

 それは是非とも、としか表現のしようがない。署名した人達はもしかしたら、公式見解を出さざるを得なくなったら、あるいは署名呼びかけ者と大統領の面談の機会があったら、大統領が雷に打たれたように「慰安婦問題は捏造だった」と理解すると思ってるのかもしれないが、それは有り得ない。

 そもそも、2007年7月にアメリカ下院で「慰安婦」公式謝罪要求決議が採択されたのを忘れたのだろうか? アメリカからだけではない。2007年11月にオランダ下院で「慰安婦謝罪要求動議」カナダ下院「慰安婦」謝罪要求動議が採択、2007年12月にEU議会が「慰安婦」公式謝罪要求決議を採択、2008年10月に韓国議会で「慰安婦」名誉回復決議案採択、2008年11月に台湾立法院で「慰安婦」謝罪要求決議採択されている。また、国連の人権関連委員会では、2007年に拷問禁止委員会2008年に自由権規約委員会2009年に女性差別撤廃委員会から解決を勧告されているし、2008年には、国連人権理事会の普遍的定期審査では、日本政府に「慰安婦」問題の解決を促す各国の声を入れた報告書が正式に採択されている。ちなみに、国際労働機関(ILO)からだって何度も解決を勧告されている

 「元々の非難の多くは誤りであるか完全なねつ造であることが明らかになった」なんて主張し、日本からの署名がどっと集まっても、『駄目だ「日本」は全然反省していない』と見られるのがオチなのだが…。

 まぁ、この問題が、被害者の皆さんの見ている場で被害者の納得する解決にいたって欲しいと願いつつ、昨今の日本の惨憺たる有様を見ている身からすれば、全然反省していない事が海外に明らかになって、非難決議なり公式謝罪要求決議なり解決勧告決議をまた立て続けに受けるとしても、それもいいかと考えていたりもする。あれが日本の恥というのはそれはそうではあるが、事実としてそこにあれらはいるのだ。


パリセーズパーク公立図書館「慰安婦」碑関連エントリ;
名誉や誇りの名の下に抑圧され続ける慰安婦という存在|Transnational History 2012-06-03
セカンドレイプにいそしむ石破茂議員 - 誰かの妄想・はてな版 2012-06-03
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2012/06/06 12:03 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/988-e1f91a4e














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。