スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お嬢様の受難 

 一人っ子生活を満喫していたお嬢だった。

手前の白い塊は猫じゃら


 そんなお嬢様に災難が降りかかったのは、まだ毛布を使うこともあるぐらいの気候のある日だった。「何か」が、おうちに出現したのだ。


キャットタワー根元のシェルター
 とりあえず、隠れ家に逃げ込んで、未知の危険が去るのを待つ作戦に出たのだが…。その未知の「何か」は去る様子がなかった。









「『それ』は何?」と睨み付けてみる
 危険が懸念される未知の「何か」ではあったが、それが積極的にお嬢にゃんに危害を加えてくる様子はなかった。だから、とりあえず隠れ家から出てきてはみたが、落ち着かないことには変わりない。










…やっぱり怖い
 おうちの人が、大丈夫だよ、怖くないよ?と声をかけてくるが、「それ」は部屋中を歩き回っている。お嬢にしてみれば一体何がどう大丈夫なのか小一時間説明してくれ的な気分だったろう。










「コイツなにさらしとんねん」
 しかも、あろうことか「それ」は、おうちの人の膝に陣取ってでかい顔をして寝始めた。いっぺんシバいたるといわんばかりの表情で、猫パンチを構えながらすり足で近寄ってくる猫というのはすごみがあるものである。視線の先にいるのが自分ではなくとも。
 さすがに、お嬢にゃんが猫パンチするに任せるわけにも行かない。「お嬢?」声をかけると、非常に頭の良い彼女のこと、口調に含まれた意味を即座に了解してくれた。面白くなさそうな顔をして引き返していく。












でもやっぱり釈然としない
 だいたい2ー3mほど離れた場所で、「それ」とおうちの人を見守るのが、しばらくの間の彼女の日課となった。










「なにさらす?」
 たまに、「それ」が彼女の横をすり抜ける。お嬢は、おうちの人の希望を容れて、自分から「それ」に何かしに行くのはやめたが、「それ」が勝手に近寄ってくるのは当然に面白くないのだ。


 だが…。







「なんかやっとる」
 「それ」はしきりと猫じゃらでおうちの人と遊んでいる。猫じゃら大好きなお嬢のこと、近寄って行くと、おうちの人が「一緒に遊ぼ」と、お嬢に猫じゃらを振る。手を出すと「それ」が割り込んでくるので遊び損ねるのではあるが、、、「それ」はお嬢自身と同じく猫じゃらで遊ぶ「何か」らしい。そんな何かが、部屋を動き回っている。だから、お嬢的には、「それ」に対して興味はあるのだ。



「またなんかやっとる」




「わーどんくさ」



「なんか登ってきおった」 
 「それ」はお嬢に危害を加える存在でないことは既に解った。なんかうざいけど。そんな理解に達しているらしいお嬢にゃん、「それ」が近くに来たぐらいでは、耳を伏せなくなってきた。この時点で「それ」がおうちにやってきてから2週間ほど経過していた。


…まぁ。







「なにすんねん」
 生意気に過ぎると、怒っていたけど(^^; とはいえ、この頃、結構、お嬢はシバキを入れていたはずだが、「それ」もお嬢も傷をおっている様子はなかった。画像でも見て取れる通り、お嬢は猫パンチでしばく時も爪を出さないでシバいていたようなのだ。










「またなんかやらかしとる…」
 そして、フーシャーとかウニャーッ!とかのお嬢の声が響き、どたどたと物音がした直後でも、お嬢はこんな顔で部屋を睥睨しているのだ。ずいぶんと怖い声を出している割に、余裕あるじゃん(^^;











「あんた生意気っ」
 傍若無人で空気を読むなんて芸当の持ち合わせのない生意気な何かと同居することになってはいるお嬢だが…。「それ」はお嬢に興味津々で構ってもらいたくて仕方ないのも確か。お嬢としても、「それ」に対して興味はある。仲良くなってくれる日は近い、と思いたい(^^;


 「それ」そのものの紹介に関しては、エントリを改めて…。


スポンサーサイト
[ 2011/08/05 23:59 ] 猫便り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/964-069e6797














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。