スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次のバッターは… 

 既に通常運転で話題が遅ればせ状態だが(^^; 2月頃のこと、アップルキャラメルリコッタチーズケーキのレシピ研究で四苦八苦していた。

 基本がバターケーキとはいえ、ふんわりとはいかず、目の詰まった…どころか部分的にういろうの様になったケーキを何度も作成することになってしまったので、あれ~私ってばこんなにバターケーキ作るの下手だっけ???という心境に至ってしまってたのだ。以前にもブログ上に書いたと思うが、私はケーキを作り始めたごく初期からパウンドケーキは作っていて、基本の配合なら、中学生頃からは確実にまず失敗せずに作れたはずだったからだ。

 私にとっての基本のパウンドケーキの配合と作り方とは、バターが200g、砂糖も200g、卵は4個、小麦粉が250gにベーキングパウダーが小匙半分で、バターをよく練って砂糖を加え、卵黄も加え、卵白は別に泡立てておき、小麦粉と泡立てた卵白を三分の一ずつ、バターのボールに加えてさっくり混ぜるというもの。そして、基本に立ち返って作ってみれば、当然のように普通にパウンドケーキが完成した。

 つまりは、アップルキャラメルリコッタチーズケーキの試作レシピがいかんのだろうと結論できそうだが、じゃあ何がいかんのだろうと、ネットでバターケーキのレシピを多々見て回っている内に、それに気づいた。

 そもそも、私はパウンドケーキを別立て式(卵白を卵黄とは別に泡立てて使用)で作っており、他のパウンドケーキの作り方としてはよく練ったバターに砂糖を加えた後に全卵を加える方式があるのも知っていた。また、最近買った秘密兵器、小嶋ルミ氏の『おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に』では、この全卵を加える方式のおいしい生地の作り方の他に、全卵を泡立てたところへ小麦粉などを加え、その後に溶かしバターを入れる方式の生地の作り方も紹介されていた。ところが。

だっぺ生活通信 : パウンドケーキ(フラワーバッター法)
M+O Kitchen : フラワーバッター法のパウンド2種
フラワーバッター法で作るカップケーキ by 鴨やん [クックパッド]
あるこおるらんぷ: Walnuts cake (フラワーバッター法による胡桃ケーキ)

シュガーバッター法で卵を加えるコツある日の小さなつぶやき ー シュガーバッター法で卵を加えるコツ
だっぺ生活通信 : パウンドケーキ(シュガーバッター法)

 フラワーバッターのフラワーはflowerではなく、flourだにゃ。バッターはなんだろう?と思いつつ、私がこれまで当たり前と見なしていたパウンドケーキの別立て法でない製法がシュガーバッター法と呼ばれることに、パウンドケーキを作り始めて数十年経過している今、初めて知ったのだった。そして、バターに砂糖を入れてすり混ぜるシュガーバッター法に対して、フラワーバッター法はバターをよく練ってから小麦粉を入れ、別ボールで泡立てておいた全卵と砂糖を合わせるのだという。

 それぞれがどう違うのかは、「カトルカールの製法は何種類ありますか。シュガーバッター、フラワーバッター、オールインミックスは知っているのですが... - Yahoo!知恵袋」で、2ちゃんねる由来という情報が貼り付けられており、妥当そうな内容で詳細に解説されていた。また、こちらの、「バターケーキの手法について」でも比較されている、、、が、自分でも試してみたくなった。

 製法を変えるのだから、配合は一定にしないと比較のしようがない。しかし、でかい試作品が何種類もできたら(メタボ的に)大変ではあるが、ちょうどこんな物を入手していた。

大はなく、中と小とミニ
 中型パウンドケーキ型がたいてい卵2個分なので、ミニ型なら一個分だろう。そして、甘み控えめが好みだし、できたら心持ちバターも控えたいところ(かなり無駄な抵抗(^^;)なので、基準の配合を、卵を全卵重量として100%とし、バターをその90%、上白糖をその80%、薄力粉を110%、ベーキングパウダーを小匙半分とした。

 また、プレーンなパウンドケーキも好きだけど、うーーーんと思っていたところにこんなレシピが目に入った。

カマンベールチーズのパウンドケーキ by mocchi4141 [クックパッド]
おひとりさまOL幸せ毎日  カマンベールチーズのパウンドケーキと、キャラメルバナナのマフィンを作りました

 要は、普通に作ったパウンドケーキの生地を型に入れてから、切ったカマンベールチーズを適量、上から押し込むという解りやすい作り方だ。折しも(というか、これが目についたので、これらのレシピが目に入ったのではあるが)冷蔵庫には微妙に消費期限を過ぎたカマンベールチーズが温存(冷存だが)されていた。

目についた安売りで買ってたので、忘れてたとも(^^;

 という訳で、パウンドケーキミニ型一個あたり卵一個ペースの生地に、

12等分…
カマンベールチーズを12に切った内の5かけを押し込んで、180度40分ほど、ちょうどよく焼けるまで焼成した。

 向かって左がフラワーバッター法、右がシュガーバッター法。上からの見た目は、カマンベールチーズを押し込んだ穴があるだけで、普通のパウンドケーキっぽいし、両製法の違いはあまり解らない。


 そしてこれが、バタースポンジ法。こちらは実は、カマンベールチーズが足りなくて、プロセスチーズを押し込んでいる。まぁ、パウンドケーキ生地部分は変わるまい。そして、見た目からしてパウンドケーキ特有の割れが少ないことが見て取れる。



 切ってみて3製法を比較してみた。左から、バタースポンジ法、シュガーバッター法、フラワーバッター法になる。一番よく膨らんでいるのが当然と表現すべきかバタースポンジ法。フラワーバッター法がよく膨らむというネット情報もあったが、私がとりあえず作ってみたこの回ではむしろ一番膨らみが悪く、ういろう化もしていた。中間がシュガーバッター法。
 そして、味の面がどうだったかと言えば。これが文句なし、ダントツにシュガーバッター法が旨い。バタースポンジ法は口当たりは軽いが、味の面ではシュガーバッター法に、少なくともこのカマンベールチーズパウンドケーキとして仕上げる限りは、一歩控えめになる様だった。

 シュガーバッター法で作るカマンベールチーズパウンドケーキ、これは結構旨い。

 そう思って既にリピートしたのだが。。。美味なカマンベールチーズパウンドケーキを作りには、一つ、大きなコツがあることに気づかざるを得なかった。

 熟成がよくよく進んだ、柔らかいカマンベールチーズが必須であるようなのだ(^^; 熟成の浅い硬いカマンベールチーズだと、最初に作って旨いと喜んだほどの味には仕上がらない。仕方ないので、次回作るために、カマンベールチーズを買って、消費期限が過ぎる頃まで待機させ中なのであった。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2011/06/30 00:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/961-bc468a1a














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。