スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

すみません、この件はどうなったのでしょうか? 

と、誰にともなく言ってみる。


2007年1月3日(水)「しんぶん赤旗」
家賃ゼロの衆参議員会館に多額の「事務所費」支出自民・民主議員ら 18人が年1千万円超
_________________引用開始
 賃料のない議員会館を資金管理団体の「主たる事務所」にしながら、家賃が中心で領収書のいらない「事務所費」の支出を年間一千万円以上も計上している国会議員が十八人もいることが本紙の調べでわかりました。(中略)
(引用者ツッコミ;なんか、最近話題にも上らなくなって寂しいものがあります)

 総務相に提出された二〇〇五年分政治資金収支報告書を調べたもの。これによると、自分の資金管理団体の「主たる事務所」を東京・永田町の衆参議員会館の自室に置いている国会議員は自民、公明、民主、社民、国民新党、新党日本など百六十三人にのぼります。(中略)百六十三人のうち、事務所費や光熱水費、人件費、備品・消耗品費の支出が「ゼロ」という議員は十三人で、ほとんどが事務所費を計上しています(引用者ツッコミ;光熱水費がゼロって…要するに全額が使途不明って事?)。その額は、伊吹文明文部科学相の四千百四十六万千三百二十二円(引用者ツッコミ;日本の教育のトップがそんなに黒くていいのか?)、松岡利勝農水相三千三百五十九万五千四百二十八円を筆頭に一千万円以上が計十八人(表参照)、五百万円―一千万円が十二人もいます。

 自治省(現総務省)の選挙部政治資金課編集による『逐条解説「政治資金規正法」』(ぎょうせい)によると、「事務所費」は「政治団体の事務所の借料損料(地代、家賃)、公租公課、火災保険料、電話使用料、切手購入費、修繕料等事務所の維持に通常必要とされる経常的な経費が該当する」とされています(引用者ツッコミ;家賃がゼロだし光熱水費もゼロの所場代には、火災保険料と事務所修繕費はいらないよねぇ。電話使用料と切手購入費に、ん千万?)

 家賃がゼロにもかかわらず、事務所費の支出が何百万円、何千万円というのは不自然です(引用者ツッコミ;まったくだ)
「事務所費」1000万円以上を計上している議員

伊吹 文明 文部科学相    4146万円
松岡 利勝 農水相      3359万円
中川 昭一 政調会長     3096万円
鈴木 俊一 元環境相     3012万円
金田 勝年 前外務副大臣   2849万円
亀井 静香 国民新党代表代行 2418万円
松本 剛明 民主党政調会長  1866万円
武田 良太 衆院議員(無)   1588万円
江藤  拓 衆院議員(無)   1487万円
加納 時男 参院議員     1416万円
衛藤征士郎 元防衛庁長官   1409万円
佐藤 昭郎 参院議員     1388万円
遠藤 利明 文科副大臣    1313万円
中山 太郎 元外相      1238万円
小坂 憲次 前文部科学相   1192万円
保岡 興治 元法相      1185万円
滝   実 新党日本総務会長 1141万円
加藤 紘一 元自民党幹事長  1041万円
≪注≫金額は万円以下切り捨て。政治資金収支報告書(05年分)で作成。「無」は無所属
_________________引用終了

こーゆー事をしながら、「昨年の臨時国会で自民、公明、民主の各党は外資系企業の献金を解禁する法案を成立させ」たのだそうです。
お金持ちになりやすそうですね。
それでいったい何にそのお金を使っているのか、詳らかにしていただけないものでしょうか。
それにしても、このランキングのトップが文部科学相であるわけだけど、トップ18に他に文部科学がらみの人が二人も入っているよ(文科副大臣と、前文科相)。

国民の倫理観の鏡として、頑張っているってわけ?


そして、2007年2月21日時点。
毎日新聞より、「事務所費問題:意見集約に苦慮 自民党執行部」
_________________引用開始
(略)
 自民党は21日、同本部コンプライアンス(法令順守)小委員会を開き、事務所費支出問題を議論した。今のところ(1)事務所費の項目を細分化し、賃料損料、保険料、通信費、交通費などを新設。領収書添付は義務付けない(2)政治家の資金管理団体による不動産取得の禁止--などの新ルール導入が固まりつつある。

 しかし、首相が指示した法改正については「野党とすり合わせが必要で、時間がかかりすぎる。党の内規で対応すべきだ」と消極的な意見が相次いだ。(中略)

 一方、民主党はすでに15日、国会議員の資金管理団体の事務所費について、1万円を超える支出に領収書添付を義務付ける政治資金規正法改正案を今国会中に提出する方針を決めた。(中略)国会論戦などで改めて「政治とカネ」を焦点に据える構えだ。

 こうした民主党の出方に、21日の自民党の小委員会では「小沢氏の不動産取得資金は疑問のまま」(石原氏)といった反発が続出。(中略)同党の具体的な方針が定まらない中では、説得力のある反撃にはなっていない。

 自民党のもたつきぶりに、公明党は業を煮やしている。公明党の北側一雄幹事長は21日の記者会見で「いつまでも待っていられない」と不快感をあらわにし、23日に同党独自の法改正案をまとめる考えを明らかにした。そもそも首相指示は、公明党に歩調を合わせるためだったのに、自民党内は意に介していない。

 自民党は22日も同小委を開く予定だったが、中止した。閣内だけでなく党内も首相の威令が届かないとなれば、政権の求心力低下がまた一つ露呈することになりかねない。
_________________引用終了

それから早二週間、「政権の求心力低下」は留まるところを知らず進行しているような気もしますが。
えーっと、それで、この「議員会館に多額の事務所費支出」の方は、どうなったのでしょうか。。。。
スポンサーサイト
[ 2007/03/06 08:33 ] 四方山話 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/94-27e8eb44


赤城農水相の事務所経費問題の行方

赤城徳彦農林水産大臣を支援する政治団体「赤城徳彦後援会」が、両親の住む茨城県筑西市の実家を主たる事務所として県選挙管理委員会に届け、平成2年から17年の16年間に計約1億2300万円の経常経費を計上していたことが判明。また、赤城農水相に関係する政治団体「徳政会」
[2007/07/12 10:20] URL Y's WebSite : Blog ~日々是好日~

赤城農水相の事務所経費問題の行方

赤城徳彦農林水産大臣を支援する政治団体「赤城徳彦後援会」が、両親の住む茨城県筑西市の実家を主たる事務所として県選挙管理委員会に届け、平成2年から17年の16年間に計約1億2300万円の経常経費を計上していたことが判明。また、赤城農水相に関係する政治団体「徳政会」
[2007/07/12 10:21] URL Y's WebSite : Blog ~日々是好日~












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。