スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ぴーまんのけえき 


歳児だって思わず食べちゃう(推定)色鮮やかさ♪


 CookPadに何か美味そうなレシピ無いかなぁと覗きに行って、「それ」に気がついたのは、少し前のことだった。

「ケーク・サレ」

 フランスの塩味のケーキと紹介されることが多いようだが、お惣菜パンのケーキ版ってか、お惣菜ケーキといったもの、らしい。大抵チーズが入ることが多いようで、それをオーブンで焼いているのだから、見るからに美味そうである。これは試してみなくては^^

 ネットではわんさかレシピがアップされていたが、CookPadでケーク・サレを検索して、いくつか見て回って、代表的そうな所を参考にしてみた。結果を振り返るに、主にこの二つが中心になったような気がする。
*ブラジル風ケーク・サレ* by Ery [クックパッド]
ケークサレ 基本の生地 by injo [クックパッド]

 かなり気前よくオイルを入れるレシピもあるようだが、上記下側のレシピを参考にマヨ入りで作ってみることに。まずはお試しで、全卵1個と卵白一個分(卵黄は別用途があったので(^^;)をかき混ぜて、牛乳100ml、マヨ30gを入れてよく混ぜる。粉チーズ20gとピザ用チーズ20gも混ぜ、小麦粉100g(全粒粉30g+薄力粉30g+強力粉20g<-在庫処理の関係(^^;)とベーキングパウダー小匙1をふるっておいたのをさっくりと混ぜ、具はこれ。

赤ピーマン1個、ピーマン2個、エリンギ一本

 これとは別に鶏胸肉を一枚に三分の1ぐらい、それぞれ1.5センチ角ぐらいに切って、軽く炒めておいたものを混ぜ込み、表面にもチーズ適当。

これで、普通ぐらいサイズのパイレックスのパウンド型にこれぐらい

 180度で約40分ほどで、こんな感じ。。

ちょっとこぼれているのは気にしないように(^^;;;

 かなり適当に作ってみたのだが、これが旨い。ちょっと味をしめるぐらい、旨い^^

 ただし、チーズたっぷりだと、生地にオイルを入れずに抵抗したというのに、とってもオイリーな仕上がりであった(^^; あと、ケーキ生地がかなりもっちりではあった。それから、せっかくのピーマンの色がちょっと褪め気味であったり。

 そこで、上記のレシピで、牛乳はなし、卵は卵黄二個分、卵白2個分を別立てにしてみた。卵白を泡立てておいて、別に卵黄も泡立ててマヨ20gを加え、小麦粉とベーキングパウダーを前回と同じ量で生地を作ってみた。具は、今度はあらかじめ味を付けておいた鶏胸肉は生のまま適当な大きさに切って小麦粉大匙1をまぶしておき、ピーマンも生のまま適当な大きさにちぎっておいて、生地に入れる直前に鶏肉と合流させて少し小麦粉をまぶした状態で、投入。

今回は20センチ角形使用。薄くなった分、焼き時間は短縮。
 ピーマンの色が綺麗に仕上がったが、期待ほど(というか一手間掛けたほどは)生地がふかふかにはならず、もっちりしていた。

 それなら、やっぱりわざわざ別立てしなくてもいいや。

 ということで更に試作を重ねる。今度は、全卵2個をほぐしてマヨ20gに牛乳50g、よく混ぜたところに小麦粉類100gとベーキングパウダー小匙1。具は、鶏胸肉が今までとだいたい同じぐらいの量(生のまま適当に切って小麦粉まぶしておいたもの)、赤ピーマン1個にピーマン2個、エリンギ1本シイタケ1枚ヒラタケ少しマイタケ少しシメジ(として売ってる菌床栽培のヒラタケ)少し。キノコ類は適当に切って炒めてクレイジーソルトと黒こしょうで味付け。って、具がだいぶ増えてますな(^^;

 大丈夫かなと思いつつ\(-_-;) 具を全部生地に入れてみると、具に天ぷらの衣が絡んでいるような状態になってしまった(^^; 構わずパウンドケーキ型に詰める。そういえば、昔、母親がお好み焼きを焼く時こんなだったというような記憶がよみがえりつつ、パウンドケーキ型に全部入れ、上から押さえる(爆
 それなりに収まったので、上からピザ用チーズを乗せて、180度で40分、焼き上げる。

 これの焼き上がりが、エントリ冒頭の画像。断面のピーマンとシイタケが鮮やかである。偏食の子供が泣きそうなケーキかもしれないと思いつつ、これが美味。

 ただし、余り工夫の余地無く、安定して美味しく焼き上がるのは良いようなつまんないような、なのだが、手軽なので、これは定番に加わることであろう^^ 何より、ピーマンの旨い食べ方が増えるのは、一部の人達には大歓迎していただけるものと思われる。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2010/10/11 17:50 ] 小ネタ | TB(0) | CM(2)

   No. 7171

碧猫さん、ボア・ノイチ(こんばんは)。ブラジル風と聞いてやってきました。
そうそうこれこれ、トルタ・ヂ・フランゴ。ブラジルではよく食べますよ~。でもリンク先のみたいにふわふわしていなくて、もっとみっちりしてるかんじです(卵は泡立てない)。具の定番は、茹でてほぐした鶏の胸肉、缶詰の粒コーン、缶詰のグリンピース、玉ねぎみじん切りをトマト味で煮たの、てところ。私はさらにオリーブの実の刻んだのが入っているとうれしいです。食べたくなってきた....。
 
[ 2010/10/11 21:32 ] FrWBY6Vs[ 編集 ]

   No. 7174

実のところ、どの辺のポイントがブラジル風なのかはよく解らなかったのですが(^^; とにかく、これ美味しそう、ということで参考にしました。粒コーン等も美味しそうですね。
といいつつ、ピーマンを入れるのもお勧めですよ~、ピーマンも中南米あたりの原産だそうですし~。
[ 2010/10/14 01:57 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/918-7f473e17














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。