スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

八幡市議会が『日本軍「慰安婦」問題について政府の誠実な具体策を求める意見書』採択  

 2010年9月29日午後配信の京都民報Webにて、早々に報じられていたようだった。

 八幡市議会は29日の最終本会議で、「日本軍『慰安婦』問題について政府の誠実な具体策を求める意見書」を賛成多数で可決しました。
(中略)
 賛成したのは日本共産党(5人)、みどりの市民(3人)、共生クラブ(2人)、公明党(2人)、無会派(1人)。自民を含む改革市民(5人)は反対しました。
 意見書をめぐっては6月、9月議会に市民団体から請願や陳情が提出されていました。



2010年9月29日 15:44京都民報Web『慰安婦問題で意見書可決 八幡市議会


 そしてこれまた早々に、「議案・議決結果  京都府八幡市」の「第3回定例会 平成22年9月9日~平成22年9月29日 議案・議決結果一覧表(リンク先pdf)でも、9月29日提出&9月29日議決の「意見書案第5号 日本軍「慰安婦」問題について政府の誠実な具体策を求める意見書案」が原案可決と公表されていた。

 そして、これもまたまた早々に、「「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!」さんにて、意見書の文章が公開されていた。


日本軍「慰安婦」問題について政府の誠実な具体策を求める意見書


 すでに戦後65年が経過するが、日本国はこれまで、あの戦争への歴史的反省を一度も行っていない。暴力の究極の形である戦争は、国内外の多くの人々の命とその未来を奪った。なかでも女性の性と尊厳を蹂躙する日本軍「慰安婦」制度は、その事実を半世紀に及ぶ間、歴史から抹殺されてきた。被害者の勇気ある告発により、日本政府は2回の調査の結果、この問題に関して日本軍の「関与」と「強制性」を認める河野官房長官(当時)「談話」(1993年)を公にしたが、それに基づく具体的施策は無いまま今日に至っている。
 国際社会は、国連人権委員会の勧告をはじめとして、近年ではアメリカ、オランダ、カナダ、EU、フィリピン、韓国及び台湾の議会においても、日本政府に対する日本軍「慰安婦」制度被害者への公式謝罪と賠償を求める決議が相次いでいる。国内では2008年3月以降、この問題に対する早期解決を求める意見書が29市議会で決議されている。
 
 京都府南部に位置する八幡市は、その当初から「平和」を重要なテーマとし、市民憲章にも「いっさいの暴力を認めず平和をつらぬく」としている。私たちが真の平和を求めるためには、あの戦争をきちんと反省し、反省に基づく具体的取り組みをすることが不可欠である。日本軍「慰安婦」問題は、いまだ真の解決はされておらず、日本政府は真相究明を行い、被害者の公的謝罪と賠償を求める声に耳を傾けることが急務である。また、未来への取り組みとして、戦争の歴史的事実とその反省を次代に伝えることも必要である。
 15歳であった日本軍「慰安婦」の被害女性はすでに80歳の高齢となり、残された時間は僅かである。「慰安婦」問題について、一刻も早く日本政府が具体的施策を行うことを望むものである。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成22年9月29日
京都府八幡市議会

 採決に尽力された皆様、お疲れ様でした。

 日本の地方議会で『慰安婦』問題解決を求める意見書採択は現在29箇所で、八幡市が30カ所目。拍手。


…29地方議会は村議会と市議会だったと記憶しているんで、、、上記意見書になんだか微妙な表現があるような気がするのは、気のせいだろうか(^^;
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/09/30 23:59 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/914-e141b6d7














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。