スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

それは多分「真実」ではない可能性が非常に高い(その2) 

 皆様こんにちは。
 ルシファー悪魔教に支配された世界の奴隷より、昨日の(ホメオパシー関連の筈が、話がホメオパシーに辿り着けなかった)それは多分「真実」ではない可能性が非常に高い(その1)』に引き続き、「小平学校にて、人事行政に携わる幹部等の養成にあたっている」ときく、年間約800名に人事教育部長として「百匹目の猿現象」「波動の法則」「O-リング」等ありがたい訓話を説いていて、「カップ麺200食を一気に食べると即死する」とか「世界の盟主は日本だと予言したアインシュタイン」とかの内容を含む「マインドコントロール」なるタイトルの著作を発表し、「闇の世界組織」とか「オウムの後ろには創価学会が」とか「自衛隊が活動する意義は当に宇宙レベルの重要性がある」とかの内容を含むメルマガを配信している、池田整治・陸上自衛隊一等陸佐が、26日に配信した最新メルマガの続きをご紹介したいと思う。


 2010/09/26-06:00配信の『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(一)』に引き続き、2010/09/26-12:03に配信された『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)』は、冒頭がこう来る。

癌をワクチン接種で予防する!?
まったくあきれてものが言えない。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 あーのー(^^; もしかして、ウイルス発がんをご存じないのだろうか(^^;;;
 1911年にニワトリの肉腫から発がんウイルスを発見したラウスさんが泣いちゃうよ。がんを発生させるウイルスが存在するなら、そのウイルスをワクチンで防御すれば、がんをワクチネーションで予防できる。明快な話なのだが。

それを信じる日本人も、ここまで洗脳されているのかと唖然としてしまった。
 
 これは今までの日本の医学界の問題点でもある。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 こんなにも生命科学系の知見を全然知らずに放言できる人がいるのかと唖然としてしまった。こういう人が好き放題放言してるのは、確かに「日本の医学界の問題点」かもしれない。ヒトがんの約15%はウイルス感染が関与していると推定されており、同定されているヒトの発がんウイルスは6種類、ヒトパピローマウイルス(HPV)以外に、成人T細胞白血病ウイルス(HTLV)、ヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8)、EBウイルスにB型とC型肝炎ウイルスがあるのに。

 そもそも日本の現代医学の教科書に、「ガン細胞は、ひとたび生まれると宿主である患者を殺すまで増殖する」という、なんと150年前のドイツの血液生理学者ウィルヒョウのカビの生えた理論が載っているのだ。

日本の医者たちはこの理論しか公的に学べないようになっている。その教科書も製薬企業連合体から無償提供されている。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 「ガン細胞は、ひとたび生まれると宿主である患者を殺すまで増殖する」って、原理的な話じゃね? 普通の人は、額面通り受け取らずに「(免疫系が防御しなければ、あるいは治療が無効なら)」と補うだろうに。
 あーっとそれから。お医者様の読者の方、教科書が「製薬企業連合体から無償提供」なんて断言している人がいますが-?

 実際は、約30年前に東北大学の千頭博士たちが顕微鏡で、「ナチュラル・キラー(NK)細胞」や「マクロファージ」等を発見し、ガンのみならず様々なウィルスや異物を攻撃・死滅させることがわかった。

人間の自然治癒力を医学的に発見したのである。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 この箇所以降、一生懸命目を凝らして見てみる。すると面白いことが書いてある。いや、むしろ書いていない。

 こんな記述もある。

それは毎日ガン細胞が発生しても、特にNK細胞が体内をパトロールしていて、ガン細胞を発見すると、その細胞膜を食い破り、中に三種類の毒性タンパク質を注入、即時に殺してくれているからである。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 「食い破る」とか訳の解らない表現になっているのは、パーフォリン・グランザイム経路と、Fas経路のことかと推定できるが、Fas経路もperforin/granzyme経路も細胞傷害性T細胞だって使うし-。っつか、普通、抗腫瘍活性をもつ細胞ってったら細胞傷害性T細胞が筆頭だろうに。

 さらには、

ガンには、この自然治癒力しか治せない。それ故、いかにこの自然治癒力を高めるかが、ガン治癒及び予防の根本原理である。

これはガンに限らず豚インフルエンザ・風邪等各種ウィルス治癒なども同じである。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 この人物は、獲得免疫を知らないらしい。魚類だって獲得免疫をもつのに。この人物限定で、進化段階がそこまで行ってないのだろうか。脊椎動物である爬虫類は当然に獲得免疫機構をもっているから、レプティリアンではなさそうではあるが。
 池田整治氏の体内の免疫細胞に呼びかけて、NK細胞以外の免疫細胞にストライキしてみて欲しくなってきた。

ギリシャの名医ヒポクラテスは、「ヒトは身体の中に100人の名医をもつ」と述べているが、それが現代医学で証明されたわけである。

 ところがこのような真実が一切日本の医学の教科書に載らない。製薬会社や医療界の金儲けのために載せないのである。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 とりあえず、現在使われる医学方面の教科書で、免疫学なら、獲得免疫の概念抜きには刊行できないだろう。

 しかも抗ガン剤はガン細胞を殺せないのに、NK細胞を殲滅する。

患者に抗ガン剤を投与すると、見方の兵士・NK細胞を全滅させる。ガン細胞を喜ばせる応援剤なのだ。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 抗がん剤がNK細胞(限定で)を殲滅って、まずない話だがひとまず断言を避けるとするにしても、一口に抗がん剤と表現しても各々の製剤で作用機序は様々だが。あっさり断言しているのに呆れるがこの直後がもっと凄い。

ガンの死亡患者の80%以上が、抗ガン剤と放射線治療による「免疫力喪失」に伴う細菌感染症、つまり全身カビに覆われて死亡している。
 日本の医学界はこの「ウソ」がばれることをもっとも恐れている。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 せめて、細菌と真菌(カビ)を区別してからものを言っていただけないだろうか?
 あと、NK細胞は、もともと細菌は担当してない(リンク先pdf)から。『この「ウソ」』も何も、一番大嘘は、細菌感染でカビが生えるとか放言することだろう。

 ちなみに抗ガン剤は、ドイツの開発したびらん剤という毒ガス兵器と同じである。
注意書きに①正常な細胞にガンを発生させる。②猛毒なので医療者が皮膚につけた場合は速やかに大量の水で流すこと、という対毒ガス攻撃対処と同じ記述さえある。

これが抗ガン剤というラベルを貼れば、0.1CCで7万円、抗ガン剤注射1本で700万円という途方もない金のなる樹となる。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 注意書きに、それ、という共通点の条件を満たすだけでいいなら、『「毒ガス兵器」と同じ』物質は随分たくさんありそうだが、そっちはひとまず置いておいて、「抗ガン剤注射1本で700万円」って価格設定なら、抗がん剤治療している人はごくわずかしかいないだろうに。

 放言する方は思いつきを書き立てればいいが、つっこむ方はこれでも面倒なのだ。だんだんツッコミ疲れてくるが、中略しつつ、もう少し。

しかも「劇薬」の表示もなされ、英国では接種を受けた少女の死亡事案も報じられている。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 産婦人科医師の河野美代子さんが、ブログにHPVワクチン否定説への反論をお書きだが、この件についても言及があった。

 それから、死ぬなんてとんでもない。イギリスの少女が接種したあとに亡くなったというのは、実は心臓の近くにまで及ぶ肺がんであったことが論文に出ております。(イギリスでは、今400万件の接種が行われています。)




 中略しつつ、池田メルマガに戻ってあと少し。

しかも既に性交のある、つまり常在菌であるヒトパピローマウイルスを有する女性では、ワクチン接種によりかえって頸口ガンの発症が高くなるという。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 この人物、細菌と真菌の区別もしてなかったが、ウイルスと細菌も区別してないようだ。
 そしてまたテキトーな伝聞。再度、河野美代子さんの反論記事からお借りしよう。

ちなみに、自治医科大学の教授の言葉をご案内します。

「このワクチンは今の段階では一般の方よりも情報を密に持っている医療関係者とその家族に非常に接種率が高いのが特徴です。当院では、真っ先に接種したのは医局員、薬剤師、看護師、医師の娘、医学部の女子学生でした。科別では産婦人科が圧倒的に多く、次いで小児科です。」




 そしてこんな事まで言い出すのが、この現役自衛官。

そもそもヒトパピローマウイルスは、性交した女性の子宮にはどこでも住み着いている
いわば自然界の共生している生物そのものとも言える。


メルマガ:心のビタミン(エッセー)2010/09/26-12:03『真実を知れば、生き方が変わる・・・嘘はもうやめよう!(二)

 勝手に断言するな。

また若年者を中心に広く蔓延し,全世界では年間3億人が感染するとWHOは推定している.またこれらの内 90%以上は免疫応答によりウイルスを自然排出するが,残りは持続感染を許し子宮頚癌や前癌病変となると考えられる.




 そして再々度、河野美代子さんのエントリから。

しかし、このHPVは、子宮頚部の上皮のみに感染し、抗体をほとんど作りません。作らないか、作ってもとても弱くてウィルスの感染を阻止するほどの免疫が出来ないのです。ですから、癌や前がん状態の治療をしたとしても、そのことで新たな感染を阻止してはくれないのです。パートナーがそのウィルスを持っていると、その彼女にまた繰り返しウィルスが入ってきて、また感染し、前がん状態にまたは癌になってしまうということがありうるのです。

 ワクチンは、自然に抗体ができにくいこのウィルスの抗体を作ってくれて、感染を阻止しようとするものなのです。ワクチン接種によって抗体が確実に出来ます。




 放言する方は楽そうだが、それにしても、あんなめちゃくちゃを一体どこから引っ張り出してきたのか不思議で仕方ない。

 そういえば、この回も結局、ホメオパシー関連の筈が、話がホメオパシーに辿り着けなかった…orz
スポンサーサイト
[ 2010/09/27 19:47 ] ニセ科学系トンデモ | TB(0) | CM(1)

抗がん剤の価格   No. 7142

こちらでもこんにちは。

抗がん剤の価格、ですが確かに安くはないけど、どうやったら1本700万になるんだろう?

http://d.hatena.ne.jp/uzakihsoy-k/20071130

それにしても。薬屋が暴利?なら、古い記事だけど万有製薬やファイザーがなんでリストラしなくちゃいけないのか?

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070201/118211/
[ 2010/09/27 21:55 ] 7WgtulnI[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/912-e0605082














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。