スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「琉球大学医学部の必修授業にホメオパシー」報道の後 

 17日のこと、ニセ科学を批判的に見ているネットワーカーが(恐らくは)一斉にずっこけた記事が報道された。

2010年9月17日5時30分『asahi.com(朝日新聞社):琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ - アピタル(医療・健康)』(アピタル(医療・健康)魚拓
2010年9月17日5時30分『asahi.com(朝日新聞社):琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ - 社会』(社会面 魚拓

 琉球大学医学部では、6年前から保健学科の3年生を対象に、代替療法も教える「助産診断・技術学」の中で年1回、非常勤講師を迎えてホメオパシーを教える必修授業がカリキュラムにあったが(今年度も8月に10名が受講)、日本学術会議会長談話を受けて、来年度以降は中止することを決める方針としたと報じられている。
 この授業、「ホメオパシーの歴史やレメディーと呼ばれる砂糖玉が体に作用する仕組み、症状が緩和できる病気について」教えたというので、一体何を教えていたんだと呆然としたのだが。それを授業で教えていたという非常勤講師は、日本ホメオパシー医学協会認定のホメオパスであり、沖縄県内に日本ホメオパシー医学協会と提携する助産院を開設している助産師であって、2004年度から非常勤講師として採用されていたのだという。朝日新聞の取材に対して「ホメオパシーは素晴らしい。症状が改善する」と話しているそうでもある。

 国立大医学部が必修授業で教えるかと、頭を抱えた人が多数発生し、私もこれに絡んで別のエントリを出そうかと準備を始めていたところ、別件が気になったので先にそっちを…というのが、このエントリである。
 この朝日の報道では個人名は出ていないが、かなり具体的であるので、個人名を知ろうとネット情報を集めている人がいた。

2010-09-17「琉球大でホメオパシーを教えていた人を特定してみる - 愛・蔵太のもう少し調べて書きたい日記

 かなり絞り込めるそうではあるが、その絞り込めそうな人物は「今年の4月から東京に引っ越されているので今も教えているかは分かりません」のだそうではあるし、本当にそうかは確定ではないとの判断にとどめたいとは思う。だいたいにおいて琉球大学医学部が、その人物に講義を依頼した訳で、そういう必修授業があったのは琉大の責任だろう。またもうひとつ、医学部でホメオパシー必修授業はそれはそれとして、その非常勤講師かもしれないとして注目した人物が、日本ホメオパシー医学協会と提携する助産院のホメオパス助産師であることは、これはこれで別の重大な問題ではある。ブログにこんな事も書いているし。

原因の解からないといわれている病気も
分子栄養学でほぼ解明できるのです。
そればかりでなく、ホメオパシーのいくつかの
レメディの作用もこの分子栄養学で説明できるのです。


2010年05月27日『久しぶりの沖縄 - しゆり助産院』一部の改行を省略



 というような点はそれはそれとして(<-しつこい)
なんだこりゃと思ってエントリにあげておこうと思った注目点は別にある。

 上記、人物特定エントリの一つのリンクを踏むと、「Not Found」だったのだ。まぁ、私自身、リンクミスは自慢にはならないがしょっちゅうやる。だから余り気にせずに、踏もうとしたリンク先のキーワードでググって、改めてアクセスしようとして、異常に気がついた。そして、いくつか確認した。…やっぱりそうか、何をやっているのだ? ホメオパシー統合医療専門校。

 踏もうとしたリンクは、http://www.homoeopathy.ac/05way/interview-list/interview03.php

 検索して見つけたこのURLの上位ディレクトリは、
ホメオパシー統合医療専門校 カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(ちなみに、学長は由井寅子氏
 このコンテンツの、2010年9月6日 23:58に取得されていた魚拓では、この「卒業生にインタビュー」のコーナーの冒頭「従来の職業にプラスして活躍中の皆さん」で、鍼灸師・薬剤師であるホメオパスの下に、「しゆり助産院(JPHMA提携助産院)」の助産師ホメオパス氏が掲載されている。ところが今現在、この助産師ホメオパス氏が削除されているのだ(2010年9月18日 12時取得の魚拓)。
 今現在、9月6日取得魚拓の、助産師ホメオパス氏のコンテンツは、リンクを踏んでも「Not Found」となる。しかし、これがまた既に魚拓があった。
2010年9月6日 23:54に取得されていた魚拓
2010年9月17日-13:29に取得されていた魚拓
 つまり、朝日の記事が出たのが17日5時で、その後、17日13時半頃にはあったコンテンツが、今はない。

 琉球大学の場合、必修講義を任せた医学部の見識の問題であって、講師であったホメオパス個人の問題ではないだろう。「ホメオパシー統合医療専門校 カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー」の方は、ここの人達は、(私はそうは考えないが)ホメオパシーの効果を本当にあると思っているのだろうに、なんで、こんな措置をするのだろう?
 一体何なんだ? 訳が解らない。
スポンサーサイト
[ 2010/09/18 12:29 ] ニセ科学系トンデモ | TB(1) | CM(3)

「琉大助産科目に「ホメオパシー」 医学部 来年度から削除」   No. 7128

_____________________
 琉球大学医学部は、助産師を希望する学生の必修科目「助産診断・技術学Ⅱ」の授業に取り入れていた民間療法「ホメオパシー」を、来年度から削除すると決めた。同部は「講義の一部だった。報道などで知る限り、学問ではない印象を受けるので中止・見直しを行う」としている。
__________強調等は引用者___________

・5名が担当する科目であり、15コマ
・ホメオパシーを担当したのは「その中の非常勤講師」で2004年から。
・「講師は栄養学を基本に、ホメオパシーのほか操体法やピラティスなどを指導」
・34名が受講(朝日では10名と報道されていたが?)

_____________________
 同学部は「授業で使用していたテキストの一部にホメオパシーの項目があり、講義も10分程度だったと聞いている。ホメオパシーに特化した授業ではなかったが、直ちに中止する」と回答した。
__________強調等は引用者___________

…大丈夫なのか?琉大医学部教授会…

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-18_10329/
http://megalodon.jp/2010-0918-1520-25/www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-18_10329/
[ 2010/09/18 17:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

Ads by Google   No. 7129

ホメオパシーの話をすると、「Ads by Google」でホメオパシーの宣伝広告が入ってしまうのが悲しい、というか残念ですね。確か設定で特定のスポンサー外すことができるようになってなかったかな…。
[ 2010/09/20 01:04 ] -[ 編集 ]

   No. 7130

>No. 7129 ななしさん

 管理画面で確認してみましたが、Googleの広告かもう一つ別の広告かの選択みたいなんです。まぁ、こちらも供給されたネタとして情報源にしていることもありますし、これだけ広告料をはずめるほどの組織であると認識し直す材料にもなると思っております。批判が強まると擁護したくなる人がいるみたいですしね。
[ 2010/09/20 12:01 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/908-c31432b5


[医療][記事]琉球大学でホメオパシー

asahi.com(朝日新聞社):琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ - アピタル(医療・健康) 魚拓 ホメオパシー関連では独走中のアサヒの記事。今回もヒットかな。 必修授業が8月ってのもカリキュラム的に大変な気がするが。担当教授のコメントがいい。 「お
[2010/09/18 19:05] URL S.Y.’s Blog












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。