スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「表現の自由」の独り占め?("The Cove"の件) 

 議論を呼んでいるのを知っていたし、議論の流れも大まかに追ってはいたが、その映画そのものには有り体に表現してしまうと積極的な関心はなかった。だが、こんな状況には注目せずにはいられない。
2010年6月5日付で、『asahi.com(朝日新聞社):イルカ漁映画「ザ・コーヴ」 抗議活動で次々と上映中止

 和歌山県太地町のイルカ漁を扱った米映画「ザ・コーヴ」の一般公開が、保守系団体の抗議予告を受けた各映画館で次々と中止に追い込まれている。(略)

 映画を「反日」「虐日」と糾弾する市民団体が、「4日正午」と日時と会社の住所を明示し抗議予告を出したのは2日。この団体は、従来の右翼と違う「保守系市民グループ」と呼ばれ、ネットを駆使して抗議活動への参加を呼びかけるのが特徴だ。警視庁は抗議活動に警戒態勢をとるが、同庁幹部は「正規に申請されたデモで、違法行為はない」としている。

 運営会社では3日に会議を開き、上映を自粛。映画館や配給会社にはこれまでも上映中止を求める電話やメールが相次いでいた。上映予定26館のうち3館が中止を決め、残りの映画館の中には「推移を見守る」と上映に慎重になっているところも多い。

 この動きに対し、メディア批評誌「創」の篠田博之編集長(略)は「こんなことがまかり通れば、賛否ある作品はすべてつぶせることになってしまう」と語る。
(略)
 賛否ある作品上映をめぐっては2年前、「靖国 YASUKUNI」に「反日映画」と右翼団体員などが抗議。封切り5館のほか上映を自粛する劇場が相次いだ。


 またかよ、とガックリ。

 この上映中止問題の経緯は、2010/06/03付で『特報「ザ・コーヴ」上映中止問題 - まどぎわ通信(跡地)』が報道を時系列で一覧にまとめてくださっている上、上映中止の報道もそれぞれご紹介くださっている。で、今回の「保守系市民グループ」とは、主権回復を目指す会だという(『桜井誠氏も「主権回復を目指す会/NPO外国人犯罪追放運動/せと弘幸Blog『日本よ何処へ」呼びかけのこの件をブログに掲載していたのは確認』)。『まどぎわ通信(跡地)』さんは、

構図は2008年に生じた「靖国 YASUKUNI」上映中止問題とまったく同じです

とお書きなのだが、

2年前にドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止が相次いだ際は、街宣活動実施後に中止が決定されたが、今回は抗議活動の予告だけで中止の動きが広がり、表現の自由の萎縮(いしゅく)を懸念する声が上がっている。


 という事態で、前回よりも自粛が素早いようだ。

 この毎日の報道で紹介される時系列は以下のようだった。

今年3月、ザ・コーヴの配給会社「アンプラグド」(東京都目黒区)に、ある団体から電話が入った。この団体は、首相の靖国神社参拝を求める活動などをしている。電話は、米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した時期に重なる。

 4月になると、社長の自宅前や事務所の周辺でマイクを使った抗議活動が早朝から行われるなど、抗議活動がエスカレート。同社は抗議活動の中止を求める仮処分を東京地裁に申請し、認められた。


 先にリンクを張らせていただいた「まどぎわ通信(跡地)」さんのまとめによると、地裁の仮処分決定が5月11日。その後、動きはなかったのだが。

中止のきっかけは、この団体がホームページで今月2日、上映を予定していた「シアターN渋谷」や同館を運営する出版取り次ぎの日本出版販売(東京都千代田区)に対する街頭宣伝や抗議活動の実施を予告したことだった。3日に中止を決めた同社は「観客や近隣への迷惑がかかる可能性があり、上映を中止した」と理由を話す。

 また、4日に中止を決めた東京の「シネマート六本木」と大阪の「シネマート心斎橋」を巡っては、両館を運営する「エスピーオー」の関連会社に対し、5日に街宣活動するとの予告があった。エ社は「関係各所に迷惑をかける可能性があるため」と中止を決めた。関係者は「自宅への抗議が中止の大きな要因になった」と明かす。


 ここで、この手の「保守系市民グループ」の動向を注目してきたものの一人として、もうちょっと頑張れば…と思わず思ってしまうのだ。というのは、先にエントリにした尻尾切りの件があるからだ。そりゃ、押しかけられるのは大変だろうとは思うのだが、告訴といった手段に訴えることに効果がある様子だったというのに、と思うとやはり残念に思える。

 この上映中止に関し、かの「よーめん」氏がブログにこう書いていた(改行は適宜改変、強調等も省略)

これが有り得たのは西村氏のやり方がよーめん推奨の正統派右派系保守の市民団体の活動方法だからなのです。

市民団体はやり方一つで結果を出せるんだ!という見本のような抗議方法なのです!
主権回復会の抗議やよーめんの過激な煽りに批判的だった人 よーく、現実を見てください。市民団体があのやり方以外に結果を出す方法は無いのです。

かなり前から言っている事ですが、他の右派系保守は西村氏の戦術を徹底的に研究し真似るべきです。結果を出すには、あれ以上でもあれ以下でもダメなのだと。あれしかないのだと。

過激なように見えてもまったく合法というところがポイント

「尻尾切り」の件、「合法」にこだわる様子。上映に抗議する側がそういう方針なら、映画館側も対処のしようはあっただろうにと思えてしまうのは外野の無責任さではあろうとは思うのだが、でもやはり映画館側には踏ん張って欲しかった。。。この様子だと、また同じことが何度となく、深刻化して繰り返されるのではないだろうか。

 その主権回復を目指す会の代表は、こういった発言をしていたと報じられている。

西村代表は、上映中止を求める街宣活動も憲法で保障された言論の自由に値するとしています。


この団体の代表の男性は取材に「欧米白人の人種差別映画に屈することはない。表現の自由など関係ない。今後も抗議は続ける」と語った。


 西村代表にとっての「表現の自由」や「言論の自由」は、誰にでもあるものではないようだ。

 そして、

映画を配給するアンプラグド・加藤武史代表:「反日的だとか、人種差別をしているなど、まだ見てもいない情報で勝手に決めつけて映画館に中止を迫る。表現の自由を完全に侵している」


 この件、二日前に「The Associated Press:Dolphin hunt film canceled in Tokyo after protests」でも報じられており、6月4日付のAFPで「Japan screens controversial film」として配信されたようだ。

Unplugged Inc said it had cancelled one screening scheduled for June 26 at a theatre in Tokyo, after Japanese right-wingers - known for their ear-splitting street protests using loud megaphones - targeted the cinema.

Staff at the cinema had been harassed, the distributor said, but insisted that it would go ahead with screenings at its second Tokyo cinema and at other theatres nationwide.

やれやれ…orz
スポンサーサイト
[ 2010/06/06 19:46 ] 四方山話 | TB(3) | CM(8)

追記   No. 7021

週刊シネママガジン 2010/06/06 20:40
「渋谷駅にて『ザ・コーヴ』の上映中止を求めるデモが行われる」
http://cinema-magazine.com/news/2102&commentopen

__________________________________
6月5日(土)には、抗議団体が渋谷ハチ公前で『ザ・コーヴ』の上映中止を求めて抗議デモを実行。週刊シネママガジンはその一部始終を取材した。抗議団体は30人以上集まり、デモは40分間続いた。途中、通行人と揉み合いになる場面が2度あり、渋谷駅は一時騒然となった。

以下に抗議団体のスピーチを引用する。
__________________________________
中略
__________________________________
この映画、我々が上映中止に追い込んでやったんです。これがね、今マスコミから「とんでもないことだ。言論の自由の弾圧だ!」、そんな馬鹿なことを言われてるんだよ。言論の自由というのは空気みたいにどこにでも存在しているもんじゃねえんだよ。(中略)言論の自由というのは日本が保障してるんだよ! 我々が何百年何千年と守ってきた日本が我々の言論の自由を保障している。その日本の悪口をいい、日本なんかクソくらえだという言論の自由は断固として否定する! 日本が嫌いな国賊には、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出す権利ぐれえまではかろうじて認めてやることはできるよ。けれども日本が嫌いな国賊野郎には日本の悪口をいう権利は認めることはできません。こういうことをいうととんでもない考えだと思うかもしれませんが(中略)、我が国の刑法においては正当防衛が認められてるんですよ。ここにいる誰かに危害を加えようとする奴をぶっぱなすのは正当防衛として認められてるんですよ。
__________________________________
中略
__________________________________
日本なんかクソくらえといいながら日本の言論の自由を守ってください? あほか! そういう奴こそ論理的整合性を欠いてる。こんな映画なんかね、精神病院のテレビデオで上映すればいいんだよ。こんなのは映画館で上映するもんじゃないんですよ。
アンプラグドの社長、こいつはとんでもない奴ですよ。

__________________________________
中略
__________________________________
こいつは反日を商売にしてる! 国賊じゃねえかこの野郎は!

と、ここで、通り掛かった外国人の男性が「ハイル!」といって右手をあげて敬礼のポーズを見せて団体をからかうと、「おい、なんだてめえ!馬鹿野郎!おらぁ!そこの白人!」と揉み合いになり、複数の警察官がかけつけて止めに入った。
__________________________________
[ 2010/06/07 12:44 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

御願いです   No. 7032

諸賢、諸兄へ御願いです。不躾をお許しください。

「ザ・コーヴ」上映は重大な局面を迎えています。西村修平らの上映妨害運動によって、またもや上映館の自粛が始まってしまいました。これは、「靖国」「南京!南京!」につづく3回目の危機です。

今回の詳しい経緯は、
去る6月9日にシンポジウムを開いた「創出版」のホームページや
「Potside Station」
に載ってますので、お読みください。
mixiでも取り上げられています。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=53662532&comm_id=3323304
http://mixi.jp/view_event.pl?id=53848495&comment_count=0&comm_id=3323304
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5067723

また言論人による「緊急アピール」はコチラにも掲示しました。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1645918/

みなさんに御願いしたいのは、未だひるむことなく上映の意思をもっている御近傍の上映予定館を励ましていただきたいのです。電話ですと相手は妨害電話で疲労困憊でしょうから、FAXで御願いします。「創」編集長の篠田さんに御願いして頂戴したリストです。

これを、ご信頼の方同士でリレーしていただけると、もっと幸甚です。


====================
第七藝術劇場  F 06-6302-8820
横浜ニューテアトル  F 045-261-2995
名古屋シネマテーク  F 052-733-3960
シアターキノF 011-231-9356
苫小牧シネマトーラス  F 0144-37-8182
青森松竹アムゼ  F 017-731-1179
山形フォーラム  F 023-641-6628
仙台フォーラム  F 022-728-1050
新潟シネウィンド  F 025-243-5603
京都シネマ  F 075-344-2212 
金沢シネモンド  F 03-6313-1641
広島サロンシネマ  F 082-241-1793
岡山シネマクレール  F 086-231-0058
愛媛シネマルナティック  F 089-933-9240
山口シネマスクエア7  F0836-37-2528
福岡KBCシネマ  F 092-712-8229
熊本denkikan  F 096-322-3938
沖縄桜坂劇場  F 098-861-2434 
====================



pippo(ni0615)
[ 2010/06/11 21:11 ] -[ 編集 ]

   No. 7033

>ni0615さん

 お疲れ様です。mixiは加入していないので、拝見することができませんのでご了承ください。

 なお、ni0615さんの志などなど了解した上で、でも、それはちょっと大丈夫かと心配です。かの国籍法改訂騒ぎの時、大量FAXで事務所機能が麻痺したとぼやいていた馬渡議員の例などもありますから、電話じゃなくてFAXなら先方様の迷惑にならないものでもないように思えます。
 だったら、どうしたものかと問われると答えられず、署名のアクションなどがあったらご協力したいとは思っているのですが。
[ 2010/06/12 18:44 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 7039

非実在少年問題で大騒ぎしている人達は、こういう事件には触れませんね。自分達に都合のいい事にだけ主張する表現の自由なんだなーと思います。
[ 2010/06/19 14:29 ] -[ 編集 ]

   No. 7041

>nanamiさん

 このデモと称する活動をしている人達自身も「言論の自由」やら「表現の自由」やらを自分たちに対しては掲げているぐらいですよね。ー>「自分達に都合のいい事にだけ主張」
[ 2010/06/20 13:54 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 7043

>nanamiさん
>非実在少年問題で大騒ぎしている人達は、こういう事件には触れませんね。

失礼ながら「非実在少年問題で大騒ぎしている人達」のすべてを把握して言っておられるのでしょうか?
例えばこちらなどは表現規制に反対している方ですが、「ザ・コーヴ」の問題についても触れてます。
http://civilliberties.blog63.fc2.com/
ni0615さんの書き込みにもある月刊「創」でも、6月7日発売の7月号で「マンガ性表現規制をめぐる攻防」という特集が掲載されています。
それに右翼的傾向の強い2ちゃんねるの規制対策スレッドでも、この話題は出ていますよ。当然、「どんなに気にくわない表現であっても弾圧してはいけない」という流れになっています。

誤解していただきたくないのは「非実在青少年で大騒ぎしている」のはごく一部の人間ではなくて、真面目に人権問題に取り組んでいる人も問題視しているということです。
例えばこちらでは、子供をもつ母親の立場から今回の条例案について反対しています。
http://ponkotsukazoku.blog45.fc2.com/blog-entry-311.html#comment880

今回の規制条例は都議会で否決されましたが、それはこの条例案が民主的な手続きを無視して強行されたもので、非常に問題が大きいということを民主党や共産党、生活者ネットワークの議員さんが把握したからです。
そもそもレイプ小説を書いた上、性差別的な暴言を平気で吐くような人間が率先して行うような表現規制が、まともなものになるわけがありませんからね。
[ 2010/06/24 02:29 ] ZFIXct9s[ 編集 ]

   No. 7044

>碧猫さん
長文の横レス、すみませんでした。
この問題については「表現の自由」と「表現によって傷つけられる人」という単純な二元論に陥りがちなのですが、それについては違うだろうと言いたくなりまして。
「エロメディアの氾濫には反対」「でも公権力による表現規制には反対」というスタンスがあっても良いんじゃないかと思います。
特に今回の「青少年健全育成条例」は、石原慎太郎のような人間が主導する規制ですからね。彼のようなレイシストにとって極めて都合のいいものになることは想像に難くありません。「何が健全で何が不健全か」をああいう人間に決められるのは、ものすごく恐ろしいことです。

そういえば、安倍晋三が主導する改憲論があまりに無茶苦茶なので、穏健派の改憲論者が慎重派になったという事例がありました。
今回の件についても、そういう流れを期待したいところですが……いかがでしょう?
[ 2010/06/24 03:13 ] ZFIXct9s[ 編集 ]

   No. 7045

>蟹の人さん

 コメントありがとうございます。
私の視界でも、「非実在少年問題で大騒ぎしている人達」が、"The Cove"上映妨害活動やヘイトスピーチ等に、積極的に反対しているのは目立ちませんから、そういうもんだと考えておりましたので参考になりました。

>「エロメディアの氾濫には反対」「でも公権力による表現規制には反対」というスタンス
<
 私が頻繁に意見交換する人達はそちらの立ち位置ですね。
たとえば、http://blogs.dion.ne.jp/akiras_room/archives/9338055.html
去年、表現規制がらみの話題が盛り上がっていた頃は、与党があれでしたから、山谷えり子氏辺りが主導する表現規制ってどうよとも思っていたものです。
[ 2010/06/25 00:50 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/870-467b87ec


Self-Censorship Nation P.4(おまけ付き)

「迷惑行動する保守」による和歌山県太地町のイルカ漁などの実態について紹介してる映画『The Cove』の上映中止を求める運動は、相変わらず続行中だ。 そんな中、「迷惑行動する保守」の抗議のせいで明治大学で予定されてた『The Cove』の上映が中止されることになったの...
[2010/06/15 20:12] URL flagburner's blog(仮)

ザ・コーヴ上映妨害を許さず表現の自由を守りましょう!

日本のイルカ猟を批判した映画「ザ・コーヴ」を「反日的だ」として「市民団体」が抗議活動する旨を上映予定の映画館に通告したため、映画館...
[2010/06/21 20:50] URL Afternoon Cafe

映画「ザ・コーヴ」上映中止をめぐって、メモ。

  和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りしたアメリカのドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」(The Cove)が、行動系極右の市民グループの力ず...
[2010/06/21 22:36] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。