スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自民党政権以来の政府見解すら無視する「全国紙」 

 思わず魚拓とっちゃったもので。

MSN産経2010.5.24で
近現代史教科書に“自虐”記述 神奈川の独自科目、検定の盲点 (1/3ページ)
近現代史教科書に“自虐”記述 神奈川の独自科目、検定の盲点 (2/3ページ)
近現代史教科書に“自虐”記述 神奈川の独自科目、検定の盲点 (3/3ページ)
…産経的には大事件らしい。はぁ。

 神奈川県教育委員会が県内の全県立高校での日本史必修化に向けて開発中の独自科目「近現代史」の教科書で、日本の過去の歩みがことさらにおとしめられた記述があることが23日、産経新聞が入手した資料で分かった。


 そういえば、横浜市でつくる会教科書が採択されたので、横浜市教職員組合の先生方が頑張っているようである。

 教育委員会が決めた自由社の教科書を使わない「授業マニュアル」を作成していた横浜市教職員組合(浜教組)。歴史への愛着などを教えようとした自由社発行の「新編 新しい歴史教科書」を“排除”する代わりに、日本をことさらにおとしめる旧態依然とした歴史を教えようとしていた。現場や教育専門家からは「教育の場を組合の“思想闘争”の場と勘違いしたやり方だ」と怒りの声が上がっている。


 教育の専門家とは誰のことやらと思ったりもするが、この記事では明星大学の高橋史朗教授がコメントを寄せているのは、多分わらいどころなんだろう。それはともかく、「ことさらにおとしめる」という表現が、産経的には流行しているらしい。では、「ことさらにおとしめる」歴史観を24日付の記事が詳細に記述してくれているので、お持ち帰りしてみよう。

 問題記述の一つは南京事件。「攻略の過程で、日本軍は多くの中国軍民を殺害し、略奪・放火・暴行をおこない、南京大虐殺として国際的な非難をあびた」と、日本軍の残虐性を強調している。


 あれ(^^;?

 では、外務省の「歴史問題Q&A」から引用してみよう。

問6.「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。

1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。(後略)

…「問題記述」が、否定できないのだそうだけど?

 産経記事に戻ろう。

 南京事件の犠牲者についても、「死者の数は戦闘員を含めて、占領前後の数週間で少なくとも10数万人に達したと推定される」と過大な数字を表記している。最近の実証的な研究では、過大な数字が中国国民党の宣伝だったことを示す文書が明らかになるなど、虐殺自体を否定する事実が分かっている


…いや、だから、自民党時代から変わらず、日本政府自体が虐殺自体を否定できないと(ry

 日露戦争については「神奈川県下の従軍兵士は(中略)旅順の戦闘、二〇三高地の攻防では多くの犠牲者を出した」と悲劇性を強調。


 …悲劇じゃん。

 戦争での日本の勝利がアジアに期待と希望を与えた点についても、「こうした期待に日本は応えることなく、列強の一員として中国・朝鮮に植民地を拡大していくことになる」と、否定的な記述で結んでいる。


 「中国・朝鮮に植民地を拡大」してったのは事実なのに、なぜに「否定的な記述」になるのか謎である。再度、外務省の「歴史問題Q&A」より、から引用してみよう。

問1.先の大戦に対して、日本政府はどのような歴史認識を持っていますか。

1. 我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。(後略)

 「否定的な記述」が外務省にまで公表されている。大変である。

 日本史の必修化について松沢成文知事は「(必修化で)愛国心や郷土愛がはぐくまれると思う。しっかりした日本人の育成に日本史は不可欠」と説明していた。しかし、教科書には自虐的な記述が随所にみられ、地元の民主党県議からも批判の声が出ている。
(中略)
 藤岡信勝・拓殖大教授の話「他国への侵略が日本の伝統であるかのような誤解を与え、日本史必修化の理念に反する。これではまるで『侵略史』の教科書で県教委は編集方針を根本的に見直すべきだ」


 少なくとも、産経が紹介した記述から「他国への侵略が日本の伝統であるかのような」読解は不可能ではないだろうか。

 んで、例によって、この60年程戦争をしていないことを誇ろうという気は全然なさそうな「全国紙」なのであった。


外務省: 歴史問題Q&A
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2010/05/25 01:34 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(6)

今更な突っ込みですが   No. 7002

産経の記事って論旨がワヤクチャ。
「近現代史」の教科書を作るのは横浜市教育委員会でしょ?
それがなんで「教組の“思想闘争”」云々になるんやら。
教委は教組に牛耳られてるってこと?
自由社の教科書を採択したのも教委なんですが。


[ 2010/05/25 04:49 ] -[ 編集 ]

   No. 7003

>最近の実証的な研究では、過大な数字が中国国民党の宣伝だったことを示す文書が明らかになるなど

いやぁ、そんな文書が「最近」「明らかに」なったとは知りませんでしたw
[ 2010/05/25 10:25 ] lrg3p7cc[ 編集 ]

   No. 7006

>kirikoさん

 すみません、別記事を二つ引用したので、ややこしくなってますが、

>「近現代史」の教科書を作るのは横浜市教育委員会でしょ?
<
 いえ、『全県立高校での日本史必修化に向けて開発中の独自科目「近現代史」の教科書』を作ったのが『神奈川県教育委員会』。

>それがなんで「教組の“思想闘争”」云々になるんやら。
<
 自由社の教科書を横浜市で採用したのが、『横浜市教育委員会』、自由社の教科書を使わない「授業マニュアル」を作成していたのが『横浜市教職員組合』。

 えーっと、『横浜市教育委員会』vs.『横浜市教職員組合』の「思想闘争」の場に、『神奈川県教育委員会』が乱入ってとこですかね。



>Apemanさん

 すみません、つっこみサボりました。
魚拓だけ貼ったエントリを上げて、そちらにトラックバック送ってしまおうかと本気で3分程考えたぐらい(^^;
[ 2010/05/25 19:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

あちら様の「闘争」   No. 7007

あ、別の記事だったんですね。確認不足で失礼しました。

普通に妥当な教科書、参考書、資料集を作れば、「自虐的だぞゴルァ!」と言われるので、教委の担当者も難儀なことだと存じます。
民間の塾の教材でも言われたとか。
http://d.hatena.ne.jp/Wallerstein/searchdiary?word=%2A%5B%B6%B5%B0%E9%CF%C0%5D
[ 2010/05/25 22:59 ] -[ 編集 ]

結局   No. 7009

 自由社版教科書以外は、自虐的なのか、そうではないのか。端的に言ってほしい気もします。
 全国の教育関係者が注目している(?)かもしれないし。
[ 2010/05/26 00:54 ] v3EhtXqo[ 編集 ]

   No. 7010

>kirikoさん
>教委の担当者も難儀
<
 まぁ、扶桑社版が0.5%で自由社版が1.1%の合計約1.6%の採択率らしいんで、大抵の自治体の教委担当者は難儀はしていないような気はします。
http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news/news_264.htm
でも、教え子に正しい知識を身につけてもらうことや受験とかを考えると、つくる会版の教科書は使わない方がと考えても仕方なくて、思想闘争って話ではないのではと思いますけどねぇ。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekiken/archives/kyokasho3.html
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekiken/archives/kyokasho2.html
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekiken/archives/kyokasho1.html


>kuronekoさん

 自由社版以外の教科書なら、扶桑社版が、彼ら的には自虐的ではない扱いのはずです(笑
でも、版権的な問題でくさすかも。
[ 2010/05/26 19:21 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/864-7aa703fe














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。