スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何処かから伝わってきていた話 

 2010年5月17日付の『★ 電脳ポトラッチ』さんのエントリ;『「セックスしたい」は「好意」ではない。』は非常に面白いエントリで、かの「自衛」論争時点で読みたかったとも思えたエントリなのだが、本論とは違ったところで非常に気になった箇所があった。

 あと、「性的対象として扱われたいなら対等な人間として扱われることは諦めろ。両方望むのは女の傲慢だ」という理屈を振りかざす人も存在するのですが、わたしにとって恋愛対象の人は性的な存在であると同時に対等な人間なので、これもちょっと何言ってるんだかわからないですね。


 この一節で、以前、知る機会のあった話が頭に浮かんできたのだ。

 それは、ある大学の出身者から伝わってきた話。

 そこには当時、学部生がほぼ女性と男性の割合は半々ほど、大学院生も微妙に男性が多いながらもほぼ男女同じくらいの人数がいたという。大学に滞在する時間が長い傾向のある教育課程だった為か、中でのカップル成立率は高く、学部生でカップル成立している人達の約半数程度弱は同級生同士で、他の約半数程度弱は別学年でカップル成立しており、この場合は男性が上級生で女性が下級生というカップルばかりだったそうな。別の学部とカップル成立している若干名も少しいたが、こちらも男性が上級生で女性が下級生カップルばかりだったという。

 大学院生のカップリング事情に視線を転じると、更に興味深い光景であったそうだ。聞いた話の期間に在籍していた大学院生は、確か、男性が7人に女性が6人だったと聞いた。うち、男性7人中、フリーが2人で、同じ研究室の後輩女性とカップル成立していたのが3人・学科の後輩女性とが1人・同級生とが1人。一方、女性6人中ではフリーが3人、後の3人が指導教員との不倫カップルが成立していたのだという。

 「学校」というのは体質の古い縦社会だとよく聞くような気がするが、私やこの場合の観測範囲限定の話で恐縮ながらも、学部生でも同級生同士カップルか男性が上級生カップルしか見かけないように思われる。大学に滞在する時間が長い傾向のある教育課程のこと、そういう噂話は活発な年頃のことだから、全然、噂にも上らなかったということは、恐らくは女性が上級生のカップルはいなかった、あるいはもしかしていたとしても当人達は隠していた、隠すような圧力が存在したかもしれない。

 大学院生カップル事情の場合、なんだか妙に後輩とつきあってる男性院生が多いとは思ってふと注目して数えてみると、そんな状況だったといい、それよりはの女性院生事情が、、、状況が状況だったからあまり声高に噂話はできかねたが目を惹いていたそうな。5割といっても6人中の3人だけという解釈もあるかもしれないが、3人というのはやはり多いんじゃなかろうか。それらの研究室は、その指導教員のおつれあいさんが怒鳴り込みに来たりといったエキサイティングな展開もあったり、夕方になると女性院生が研究室で指導教員に晩ご飯を作っていて美味しそうな匂いが漂ってきたものだそうである。

 フリーだった院生達は、男女とも閉じこもりがちで研究に没頭していた人格的にアレな人達…とは見えなかったそうで、実際、カップル相手のいる院生もフリーの院生も仲良く入り交じって呑み会に集まっていたりして、社交性もある人格もそれなりに円満な人達だったときく(酔っぱらって、学科の教授に3時間説教していた強者はいたそうだが)。フリーの女性院生達がとりわけ、男女の別なく後輩達とよく遊んでいたのは目撃されていたそうだが、他研究室の後輩達までそこに遊びに行って入り浸るのもしょっちゅうあることだったという話だ。それも指導教員とカップル成立している女性院生と同研究室の学部生が、自研究室事情の愚痴を聞かせに訪問というパターンすら、しばしばだったと。どういう訳か、指導教員とカップル成立している女性院生が、指導教員の権力を背景に研究室で専横をふるうことも多かったからだったそうだが。

 呑み会などで仲良く集まるメンツにはフリーの院生同士が含まれていたり、同じ研究室の同期の院生に男女がそろっていた場合もありながら、その観測期間中の話でも、あるいは以前・以降の噂でも院生同士カップルや女性院生と後輩のカップル成立は、噂に上ったことすら皆無だったという。一方では、男性院生と後輩女性、あるいは女性院生と指導教員男性(確か全員当時50代のはず)のカップル成立が複数あったにもかかわらず。この話、「自分で檻を作って自分で檻に入った奇妙な獣」の指摘と重なる状況でもあるとは思えるが、今回、それはともかく。

 2009年7月に書いたエントリでも引用した文章だが、男女のカップル成立にはこんな傾向があるらしい。

 私たちの配偶者選択の条件自体が、性別役割にしばられている。いわゆる「女性上昇婚」の傾向があるからである。稼得能力の点で男性が女性を上回っているというのは、現代社会で結婚が成立するための重要な要件なのであり、これが逆転した組み合わせの結婚というのは非常に少ない。



 また、こんな話も見かける。

恋愛において高学歴の女性は敬遠しますか?(特に男性の方にお聞きしたいです)
(略)
私は、国立の大学院を卒業して、今年で社会人2年目になります。(略)、結構硬派な感じの男性(大人しい女性が好きな方など)からアプローチをして頂くことがあります。しかし学歴の話になると決まって「え・・・院卒なの?!」と言われ、ドン引きされて終わることが何回かありました。
(略)
私には、兄(四大卒)と弟(四大在学中)がいるので、先日このタイトルと同じことを聞いてみました。兄弟ともに「少しくらい大学の偏差値が高いとか、その程度だったら全く関係ない。でも彼女が「院卒」だったら引く。手に負えない感じがするから恋愛対象には入れない」とのことでした。(後略)


 こういう情報を知っていたので、ヘテロ男女のカップリングにおいて、女性が優位(って何か、今ひとつよく解らないけど)だと成立しないらしいとは認識していた。

 そして、冒頭に引用した『★ 電脳ポトラッチ』さんのエントリの一節で、「なるほど」と納得した。二人の人間の場合に『対等』ってどういう状況だろうと考えてみると、総体として『対等』であっても、個人のもついろいろな要素をそれぞれ比べると、二人のどちらかが勝ったり劣ったりするだろう。どちらか一方が勝るばかり、あるいは劣るばかりの状況は、多分『対等』とは呼ばない。そして『対等』を構成する要素のどれかで、公的な領域における評価で女性が男性に勝ったりすると、それまでは恋愛対象であってもおしまい、下手をすれば裏返ることすらあるそうな、、、とは一般論で語って良いのかどうかは知らないが。

 『性的対象として扱われたいなら対等な人間として扱われることは諦めろ』、言い換えれば『対等な人間として扱われたいなら性的対象として扱われることは諦めろ』。なるほど、今の社会でそれなりに一般論として成立しているのかもしれない、と、思わず納得してしまったので、この一節が気になったのだった。
スポンサーサイト
[ 2010/05/20 19:39 ] ジェンダー関連? | TB(0) | CM(5)

管理人のみ閲覧できます   No. 6993

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/05/21 11:37 ] [ 編集 ]

   No. 6994

>2010/05/21 11:37 No. 6993のコメント提供者様

 興味深い情報をありがとうございます。
お教えいただいた情報が示すことと、このエントリで自分が納得したことと、考え合わせると「対等になれる条件」なのだろうかとも思えて、その後思考が連鎖的に発展していってる状態です。
うまく言葉に表現できるようになったら、エントリにできれば思ってます。
[ 2010/05/23 18:30 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ふと思いましたが・・・   No. 6999

こんにちわ、蟹の人です。
今回のエントリを拝見して思ったのですが、アニメや漫画で女性同士の恋愛物である「百合物」を支持する男性が多いのは、こういう男女関係のややこしさを避けて純粋な恋愛感情だけを楽しみたい、という願望の表れかな、と。
この辺、女性が男×男の「ボーイズラプ」を楽しむのと似たような感情かなとも思いますが、こちらの場合は百合物と違って即物的な肉体関係が描かれることが多いのは興味深いところです(百合物にはあまり興味がないので詳しくないのですが、そういう作品はあまり肉体関係に踏み込んだりしない印象です)。
この違いというのが、男女の差によるものなのか、それともそれぞれのジャンルの成立過程の違いによるものなのか、微妙なところでもあります。

エントリ内容とあまり関係のない話ですみません(^^;;

[ 2010/05/24 09:31 ] -[ 編集 ]

非モテ臭漂う質問で恐縮ですが   No. 7001

「フリー」というのは、単純に異性関係を持っていないことを指すのか、はたまた、固定したパートナーがいないだけで複数の流動的な異性関係を持っている(いわゆる『遊んでいる』)状態まで含むのかが気になりました。下世話な興味ですけれども……。
[ 2010/05/25 03:45 ] ZUboZxJk[ 編集 ]

   No. 7004

>蟹の人さん
>「百合物」を支持する男性が多いのは、こういう男女関係のややこしさを避けて純粋な恋愛感情だけを楽しみたい、という願望の表れかな、と。
<
 男性にそういう方がいるのは一応は知っていましたが、多いとは認識していませんでした。多いんですか。同じような枠組みで、男性同士の恋愛物を女性(特に若年者)が楽しむ心理を解説してある文章を読んだことがあります(探してみたのですが見つかりませんでした)。ジェンダー男性もジェンダー女性も、面倒なんでしょうけどね。。。

>百合物と違って即物的な肉体関係が描かれることが多いのは興味深いところです
<
 それどころかレイプファンタジー系が多いという話でもあり、この辺りの解説記事を読んで、そういうものなのかと思ったことがあります。
http://www.cafeglobe.com/news/media/index2_030904.html



>有村さん
>「フリー」というのは、単純に異性関係を持っていないことを指すのか、はたまた、固定したパートナーがいないだけで複数の流動的な異性関係を持っている(いわゆる『遊んでいる』)状態まで含むのか
<
 その質問は想定してなかったので説明不足な文章になってますね(^^;
この場合は、「大学に滞在する時間が長い傾向のある教育課程のこと」と前振りがあります通り、『遊んでいる』暇は恐らくは無い状況の筈です。
高学歴の女性は、同程度の学歴の男性に比較して、高学歴そのものが理由となって非モテになりやすい傾向があるんじゃねという話&それでも対幻想方向に進んだ場合の選択肢って…という話と読んでいただいてはずれてません、って感じかな。
[ 2010/05/25 19:40 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/862-aee97a9e














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。