スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

辛子蓮根もどきを作ってみる 

 日本のどこか、野良熊ゴジラが闊歩する深山の秘境には、野良鹿野良猪を喰らうテロリストが棲み着いているらしい。なお、念のために書いておくが、これはご本人が自主的に述べているので、私が話を作っているわけでは決して無い。

 当ブログはしばしば、この某氏によるテロ攻撃にしばしば晒されている。今年に入って早々にトラックバック攻撃に見舞われたのは、こんなエントリによってだった。


火の国流おもてなしで"SKAL♪"

 やばい。こういう、工程そのものが面白そうなレシピって罠だ。

 辛子レンコンといえば、私にとっては「ボツリヌス菌食中毒」の枕詞(ぉぃ
 辛子蓮根そのものについては食べたことがあるのか記憶が定かではないながら、ふぅん、どうやら旨いらしい、と、エントリを見て思ったのだが、このテロリスト某氏、実に文章が巧みで、辛子レンコン作りの工程が楽しそうなのだ。ブクマの反応でも、現物を知らないながら旨そうと思ったらしき反応が多々。

 しかし、蓮根って、特に思い入れのある食材でもなく、、、と思っていた折、ちょっと使ってみたい別用途が発生した(この別用途に関しては、別エントリにて言及する予定である)。そして購入した蓮根一袋、使いたい用途に使った後、しっかり余ったので、テロ攻撃に対するお礼参りの殴り込み…こほん、せっかくトラックバックいただいたエントリを試してみようと思い立ったのだ。

 しかし、気合いの入った先方のエントリに登場する蓮根と違って、入手した蓮根のかわいらしいこと(^^;

金たわしでこすり洗いしたのみ(^^;
 酢を入れた湯で下茹でし、乾燥がてら、そのまま冷蔵庫行きで一晩放置。

 次の工程だが、我が家には白味噌は常備していないし、甘い味噌を一袋も買ってしまうと後が大変だろうと思いつつ、いつものスーパーには麦味噌がおいてなかったので、いつも使っている麹味噌を使うことにした。kanakaさんのレシピに入っていた材料に従って、芥子味噌を作製して下ゆでした蓮根の穴に詰める。

画像ではっきり、皮が残っているのが解るという(^^;
画像をもう少し小さくすべきだったか(^^;;;;;
詰めてから、また冷蔵庫行きで一晩放置。


 のんびりした工程をこなしつつ、仕上げの前段階までたどり着いた。意外なほど、水分が出てくるもんだ。

 さて、この先は元レシピだと衣をつけて揚げるのだ、、、が。揚げると、どうしても、使った油をどうするのかが悩みの種となる。酸化の進んだ油がそれなりの量貯まってしまうが、そもそも、私は炒め物にすらほとんど油を使わないので、揚げた後の油の使い道がほぼない。常備している油はオリーブオイルにごま油(白いのと黒いのと)にエゴマ油と揚げ物向きで無さげな油ばかり。強いて使えるのは太白ごま油ぐらいだろうが、揚げ物に使うほどの量は買ってない。

 というわけで、衣をつけて、オーブンで焼いてみた(笑 
途中で、ごま油を塗りつつの焼き上げである。

180度で20分ぐらいだったか。
蓮根は下ゆでしてあるので、衣に火が通ればいい程度の加熱。ボツリヌス菌の芽胞が混入していたら、まず確実に死滅を免れていることであろう。


焼き上がりを即座にスライスして賞味^^
 なるほど、これは旨い。
 ただし、反省点がいくつか。まず、白味噌を使っていない分なのだろうが、塩辛い。次に、やっぱり、衣が小麦粉を練ったのを焼いただけなので、小麦粉を練って焼いただけの味である(<-表現を考えつかなかった)


 そういう訳で、師匠の教えに背き、ネットで別起源の情報を仕入れてアレンジすることにする。
まず、辛子蓮根の穴に詰める味噌をどうするか。
からしレンコン by mimi-k [クックパッド]
辛子レンコン by おじょまん [クックパッド]
KIRIN_おつまみ道場│料理レシピ「辛子れんこん」
「からし蓮根」熊本の味 レシピブック
 kanakaさんのエントリでは、辛し味噌にパン粉やおからを混ぜる等の紹介があったが、世間ではゆで卵の黄身を混ぜるパターンが多いようだ。この場合、保存性は明らかに落ちそうだが、すぐ食べるのなら問題はあるまい。何より、多分、美味しくなるのが予想できる。
 
 次に、油で揚げずに、揚げ物風味にするにはどうするか。この辺が参考になりそうだ。
揚げないノンオイル天ぷら【クローン病&潰瘍性大腸炎レシピ64】
あかんそうな海外生活 : 揚げないカツ、天ぷら
人はカロリー計算だけで痩せられるか!? 137日カロリー65%OFF
無茶を承知で質問です。油で揚げない天ぷらのレシピがありましたら教えてください。 - Yahoo!知恵袋
 …結局「揚げた方が美味しい」などと、しくしく泣きそうなことが書いてあったりもするが、めげずに検討する。天ぷら衣がさくさくして美味しいのは、水分部分が蒸発して、細かい空間が無数に空いているから、の筈。だから、これらの参考にしたレシピの中には、衣に卵白を泡立てたのを入れたりもしているのだろう。卵白は扱いが面倒だ、ベーキングパウダーでも入れてみるか。

 というわけで、今回の辛し味噌は、基本の芥子小匙1ぐらい、麹味噌大匙山盛り1、蜂蜜小匙2に加えて、おから大匙1とゆで卵の黄身一個分をつぶしながら加えてみた。そして、衣。ノンオイルにするつもりはないので、衣にあらかじめ油を混ぜておくかと考えつつ、上手く混ざるかの危惧があることに気がついて、さらに考え、いい物があるのに気がついた。マヨネーズだ。そこで、薄力粉大匙山盛り2、マヨネーズ大匙山盛り1、粉ターメリック小匙半分、ベーキングパウダー小匙半分。もちろん、ベーキングパウダーはあらかじめ薄力粉に混ぜ込んでおき、その他を混ぜ込みつつ水を加え、蓮根に塗りやすい濃度にする。

 そして、オーブンに蓮根を立てて入れ、180度で焼き色がつかない程度、かつ衣に火が通る程度に、焼き上げ。

それにしてもどう見ても「サンプル写真」にしか撮れない…orz
 いきなり既にスライス状態になってるし。なお、見るからに衣の厚みがまんべんなくないことは、スルーの方針で(^^;

 で、肝心のお味の方であるが。






 旨い
 油の旨味は絶対必要だろうと思ったからマヨネーズを入れてみたのだが、これが大当たり。衣そのものがしっかり美味しい。
 そしてやはり、さくさく感がしっかりある油気のある衣と、蓮根との取り合わせというのが、この「辛子蓮根」のキモなのかもしれないと思えたのだった。私には、酒肴としての辛子蓮根の需要はないが、これは多分、相当いけるだろうと思える。もちろん、お茶請けにも絶品なのであった(注;私がお茶請けにしているのである)
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2010/04/30 00:00 ] 小ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/854-720b1a5c














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。