スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国・居昌郡議会にて「慰安婦」問題解決要求決議案が採択  

 日本の地理ですら怪しい私だが、韓国地方議会で「慰安婦」問題解決要求決議が採択されているここ最近、なんとなく、その地はどこにあるのだろうと興味を惹かれるようになった。今度の居昌郡(コチャンぐん)は、Wikiによると「大韓民国慶尚南道の北部にある郡である。郡の北西部を全羅北道と、北東部を慶尚北道と接している」という。

 聯合ニュースで「창원서 우수 中企 채용박람회 열려 (昌原(チャンウォン)で優秀中企採用博覧会開催)」というタイトルのニュースの一部で、「居昌郡議会が日本軍『慰安婦』問題解決要求」の報はこっそり(?)報じられていた。

 居昌郡議会が14日、日本軍『慰安婦』問題を解決するために国内外で活動する被害者らと民間団体を支持する「日本軍『慰安婦』問題解決要求決議文」を採択した。

議会は決議文を通じ、「日本政府は国際社会の勧告を誠実に履行して慰安婦被害者の名誉と人権を回復させるよう」と要求した。議会は、人権に反し倫理に反した犯罪事実を認め、謝罪とともに徹底した真相糾明と、被害者らの人権回復と法的賠償実現のために、迅速な特別法制定を促した。



 なお、居昌郡議会も支持を表明した被害者のお一人、吉元玉(キル・ウォノク)さんは先の4月10日に尼崎の証言集会にて証言されたと、『「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!』さんに記事が公開されている。証言の一部をお借りしたい。

 私の話はここにいらっしゃるみなさんにとって本当に聞くに堪えない、聞くのも辛いことだと思います。なぜなら私は、とても幼い時期に連行されたからです。私は13歳で連行されました。まだ生理もない、子どもでした。軍人たちに襲われると、血が出てくるのですが、私は血が出てきて病気になったと思ったほどでした。先にきていたお姉さんたちに「病気ではない」と教えてもらったのですが、そんなことを教えてもらわなければならなかったほど、幼い子どもだったのです。
 私は13歳で何も分からないまま連れて行かれました。軍人がどういったものかも分からないまま。軍人によく殴られました。パーでなくグーで。本当に殴られ、殴られ、殴られて、脇腹なのか足なのか、どこが痛いのか分からないくらい感覚がなくなるまで殴られました。蹴られたときも、ただ蹴るだけじゃなくて、ぎゅっと踏みつけるんですよね。

 私の故郷は平壌なんですけれども、13歳の時に連れて行かれて、今も故郷に帰ることなく暮らしてきました。この長い人生で、私は何度も死のうと考えました。(中略)

 私は「慰安婦」問題について、みなさんひとりひとりが「責任」を持っているのだと思います。その「責任」とは、私たちのような辛い経験をする人がこれから先絶対に生まれないようにすることです。その「責任」をみなさん一人一人が持っているのだと思っています。これからみなさんが一生懸命努力してくださることによって、次の世代の子どもたちのために戦争のない国をつくって欲しいです。みなさんにそういう気持ちを持って欲しいと願っています。

 まだまだ自分の体験を告白するのが難しい韓国社会の中で、234人の被害者が政府に申告して登録されています。その中でも、私が一番若いです。他の方は90歳を超えられたりしています。そして234名のうち、もう今では85名しか残っていません。私たちに残された時間は短いのです。(中略)どうしてもまだまだ解決が出来ません。そしてまだまだ真実が明らかになっていないのです。どんなに謝ったりとか、明らかになったりとかしても、私たちの傷が完全に癒えることはないでしょう。それでも「慰安婦」ということがウソではなかった、真実とはこういうことだったということを明らかにしてくれることによって、全ての傷は癒えなくても、少しでも心のシコリが取れるはずです。
 そういうことを願って、本当に高齢で辛いのですが、こうやってみなさんの前でお話ししているのです。

 日本政府が変わるために何が必要かでしょうか。日本の市民のみなさまが変わらなければならないと思います。日本の市民のみなさまが正しいことを主張して欲しいと思っています。(中略)

 私が日本政府に望んでいるのは、それほど大きな事ではありません。本当に心のこもった謝罪をして欲しいのです。そして心のこもった謝罪に基づく賠償を、国家としてなされなければならないと思っています。今まで日本政府が「謝った、謝った」と言っていても、それは口だけだったと思っています。口だけでなく、ホントの気持ちを示して欲しいです。


 政権交代したら解決すると楽天的に考えていた訳では決して無いつもりなのだが…orz

関連;
15日付「我孫子市議会・慰安婦意見書採択に対して右翼が精一杯のイヤガラセ!? | パワー・トゥ・ザ・ピープル!!」
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/04/15 20:00 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/846-2c8f183a














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。