スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国・安山市議会にて「慰安婦」問題解決要求決議案が採択  

 24日に決議案が採択されていると韓国紙が一紙のみ報じているのを、25日時点で見てブックマークしておきつつ、詳報を待っていたのだが出てこないので、一紙分の情報だけだがお持ち帰りメモ(求む、情報…(^^;)

 京仁日報2010.02.24 23:56付で『"日, 위안부문제 해결하라" 안산시의회, 해결촉구결의문 채택(「日本軍"慰安婦"問題の解決を」 安山市議会、解決要求決議採択)』

 実は、これに先立つ2月10日に、被害者のお一人、益山(イクサン)にお住まいだったイ・ジョムネさんが死去されている。1921年にイクサンで生まれたイ・ジョムネさんは1935年から41年まで「慰安婦」とされたという。聯合ニュース配信情報によると、登録時点で234人だった韓国政府が認定した「慰安婦」被害者で、ご存命の方は86名になってしまったという。

 市議全員の発議によって採択された決議文には、日本政府は大韓民国政府に、日帝強制支配下における「日本軍慰安婦」被害者に対する謝罪と法的責任の履行、正しい歴史教育などを要求する内容が含まれている。

 発議を代表したホン・ヨン議員は、「日本軍『慰安婦』被害者らは80歳以上の高齢なので、次々と死亡されており、「慰安婦」被害者生活安定支援法対象者である234人中3分の2以上が死亡、91人が生存している」として「生存している被害者も高齢であり、「慰安婦」被害による後遺症を患っており、「慰安婦」問題の解決が必要な緊急性がある」と、発議背景を説明した。

 この訳は例によって自動翻訳複数にかけて、日本語として読みやすく直した文章なので、正確な訳ではない可能性がある。ので、元記事が確実にこの訳通りではない可能性があるが、謝罪や法的責任の履行は「被害者」個人にする話であると認識しており、なぜ「韓国政府」かと微妙な疑問のある報道ではある。そして、明らかになっている韓国の慰安婦被害者の生存者数が違っているのも気になるが、、、この数が多少まちまちなのは、ちょくちょく韓国紙報道では目にすることではある。挺身対策協から出てきた数字が最も正確だろうと考えている私は、そちらから参照しているので、前述の数字はこの報道と違って86名という認識である。

 決議を採択した安山市は、京畿道の西部に位置するという。活発に採択活動しているキョンナム方面とは違う方面かとも思われる。これで、多分、10都市目。2月10日には、日韓外相会談の為に訪韓した岡田外相へ、被害者ハルモニらは問題解決を求める公開書簡を送っている。

 でもまだ、「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」の今国会提出の話も聞こえてこない。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/02/27 23:59 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(1)

日本軍「慰安婦」問題の解決を要求する決議文   No. 6874

http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/ketsugi_2.html#ketsugi_Ansan
より
_________________________________
安山市議会は、わが国が過去日帝によって不法的強占され、植民地として屈辱的な生き方を強要された歴史を記憶しており、特に日本軍「慰安婦」として連行され、日本軍性奴隷として人権を蹂躙された女性たちの歴史を記憶している。
この19年間日本軍「慰安婦」問題解決のため国内・国際的関心を呼び起こし、活動してきた被害者たちと諸民間団体の努力を支持・激励し、この間日本政府に謝罪と法的賠償、正しい歴史教育などを要求・勧告してきたラディカ・クマラスワミ国連人権委員会女性暴力問題特別報告官の勧告と戦時組織的強かん、性奴隷制およびそれに類する慣行に関するゲイ・マウドゥーガル国連人権小委員会特別報告官の報告書、その他数次にわたって日本政府に法的責任を勧告した国連諸機関の決議とILO基準適用委員会専門家委員会の報告書などを積極支持し、米国、ヨーロッパ連合、オランダ、カナダ、台湾などの諸国の議会において採択された、謝罪と法的な賠償、歴史教科書への記録などを要求する決議文と、2008年10月に採択された大韓民国国会における決議を積極支持する。
特に2008年3月、日本の兵庫県宝塚市議会で日本政府と国会で日本軍「慰安婦」問題の誠実な解決を要求した決議の採択をはじめに東京都清瀬市議会、札幌市議会決議採択を歓迎し、2009年にも福岡市市議会、大阪府箕面市、東京都三鷹市、東京都小金井市、京都府京田辺市議会で採択された「慰安婦問題に対する日本政府の誠実な対応」を要求する請願と意見書を歓迎する。
安山市議会は、日本軍「慰安婦」被害者たちの要求と国際社会の勧告を無視している日本政府と日本国会の態度に深刻な憂慮を表し、一日も早く日本政府が国際社会の勧告を履行し日本軍「慰安婦」被害者の名誉と人権を回復させるように要求する75万安山市民の意志を代弁して次のように決議する。

1.日本政府は1930年戦争から1945年敗戦に至るまで日本帝国主義の軍隊がわが国とアジア太平洋地域の幼い少女と女性たちを強制連行し日本軍性奴隷とした反人道的犯罪事実に対する公式認定と真摯な謝罪とともに関連資料を全面的に公開し、真実究明することを要求する。

1.日本政府は公式謝罪による法的責任として日本軍「慰安婦」被害者たちの名誉回復と賠償実現のための法的制度を整備し、担当機関を設置することを要求する。

1.日本政府は日本軍「慰安婦」制度の真実と反人権性を歴史教科書に正しく記録して、二度と類似する犯罪が起こらぬよう現世代と未来世代に教育し、女性人権確立とアジアと世界の平和に貢献することを要求する。

1.日本政府は被害者たちが一人でも多く生存している時に、日本軍「慰安婦」制度の真実究明と被害者たちの人権回復、法的賠償実現のための特別法を迅速に制定することを要求する。

1.大韓民国政府は19年間UNとアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界を回り日本軍「慰安婦」問題解決のための努力をしている被害者と諸民間団体の努力を支援し、日本政府が公式謝罪、法的賠償および担当機関設置、歴史教科書記録を履行するよう外交的、行政的努力をすることを要求する。

1.大韓民国国会は生存者たちの余生が長くないという切迫性を認識し、日本議会が日本軍「慰安婦」問題の解決のための特別法を一日も早く制定するよう、両国の議会間の交渉を早急に開始することを要求する。

1.安山市議会は日本軍「慰安婦」制度の反人倫性を直視し、被害者たちの名誉と人権が回復されるよう、持続的な関心と努力を傾けており、女性人権と平和の価値を実現するために力を尽くすことを決議する。

1.安山市議会は地域被害者たちの苦痛治癒と人権回復のために 「日帝下日本軍隊‘慰安婦‘被害者に対する生活安定支援および記念事業などに関する法律」に基づいて支援することを決意する。

このように安山市議会は被害者たちおよび市民たちとともに日本軍‘慰安婦‘問題が正しく解決され被害者の名誉と人権が一日も早く解決されるよう持続的な関心と努力を傾け、日本軍「慰安婦」被害者たちが経験した被害と苦痛が後世代には繰り返されず、平和と人権が保障されるよう記憶し、教育することに努力することを誓う。

2010年2月24日

安山市議会議員一同
[ 2010/03/23 19:02 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/818-a18122aa














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。