スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「実証科学として提唱された史学の学説」 

 ブログにおいて取り上げる話題としては、「歴史」の範疇であるにしても、ここ100年ほどの話題を取り上げることが多いが、一応、私はどちらかといえば歴史好きな方で関連の報道には注目していたり、歴史小説などはそこそこ読んでいた方だと思う。

 WEBを徘徊していて、そんな私の目にふと止まった言葉があった。
なんでもそれは、「壮大な実証科学として提唱された」史学の学説だといわれているそうだ。


日本には人類史の大転換を予告している実証的な歴史学があります。(略)

----人類最初の普遍史 ----
「波動進化する世界文明」村山 節 著 博進堂



 これは故村山節(みさお)先生が、歴史の中から膨大なデータを元に練り上げられ、築き上げられ、壮大な実証科学として提唱された、東西文明が周期800年で交代するという学説である。それは「東西2つの文明が800年ごとに繁栄と衰退を交代して、1600年で一巡する二重螺旋構造である」というものである。

 二重螺旋と言えば、1953年ワトソン・クリック博士らが、ノーベル賞を受賞したDNAで有名だが、この文明法則史学は、DNAを構成するA・T・G・Cという4塩基の代わりに「幼・青・壮・老」を置き、時空を加えたものと言えば分かり易いだろう。


 …ネットにはいろんな話が転がっているものだと、かなり感心してしまったので、「文明法則史学」とはなんぞやと情報を探してみた。なにをどう「実証」したのかが、大いなる謎である。

 ここでもう少し、村山史学という「東西文明」の、時空を加えたDNA的コスモロジーを、古代に遡って紹介しよう。ご存じのように通常「歴史」とは、事件とか特筆すべき要素の多いところを厚く、そうでないところは省略して記述されてきた。

 村山先生は、歴史を等しく、同じ時間で輪切りにして検証し、考証を重ねて結果、明確な東西文明交代の周期を発見したのである。 図面を書くと簡明なのだが、それが出来ないため、各自でDNAの2重螺旋を描き、真ん中に水平な線を挟んで上下に相似形のゆるい半円が並ぶようにしてもらいたい。上部の半円が繁栄の「陽の時代」で、逆に下側が衰退の「陰の時代」となる。
(大幅に中略)
以下、文明周期(800年)交代図の概要を紹介する。
(出典:『文明の研究』村山節著) 

<西暦前3600年前から同2800年前>
◎交代の混乱期  外国人の侵入エジプト衰退
◎陽の時代(東) 古代メソポタミア文明
◎陰の時代(西) エジプト中世的時代


<西暦前2800年前から同2000年前>
◎交代の混乱期  外国人の侵入エジプト衰退
◎陽の時代(東) 古代メソポタミア文明
◎陰の時代(西) エジプト中世的時代


<西暦前2000年前から同1200年前>
◎交代の混乱期  アーリア族大移動→インド侵入
◎陽の時代(西) エジプト・エーゲ文明
◎陰の時代(東) アジア未開時代


<西暦前1200年前から同400年前>
◎交代の混乱期  ドーリア(バルカン民)族大移動
◎陽の時代(東) 古代アジア文明   
  (メソポタミア・チャイナ・インド)
◎陰の時代(西) 欧州暗黒時代


  <西暦前400年~西暦400年>
◎ 交代の混乱期  フン族反乱と民族大移動
アレキサンドロス大帝東征
◎陽の時代(西) ギリシャ・ローマ時代
◎陰の時代(東) 中央アジア(クーシャン王朝)


 <西暦400年~1200年>
◎交代の混乱期 (東)ゲルマン民族大移動
   (西)乱世=五胡十六国(東)
◎ 陽の時代(東)アジア極東文明時代
   チャイナ・古代インドネシア・中央アジア文明
◎ 陽の時代(西) 欧州暗黒の中世時代
   キリスト教の東西分裂


 <西暦1200年~2000年>
◎交代の混乱期 チンギス・ハーンの跳梁と民族大移動
◎陽の時代(西) ルネッサンスに始まり、
   大航海時代を頂点とする西洋文明の時代
◎ 陰の時代陽の時代(東) アジア没落の時代

       <以下現在~>

   <西暦2000年~2800年>
◎交代の混乱期  中東における一神教同士の宗教戦争
◎陽の時代(東) 多神教的コスモロジーの到来?
◎陰の時代(西) 一神教文明の崩壊


 こうした壮大な視点に立って、日本の現状を俯瞰すると、あらゆる面で、日本人は上から下まで、あまりにひどい視野狭窄に陥っていることがよくわかる。(略)そして今こそ、縄文に発した多神教世界の蘇りと、それに「山と森に発した匠の技」の踏襲であり、研磨であり、その世界的な普及ではないだろうか。


 随分とまた潔くざっくりと、世界の文明を東洋と西洋に二分したものだと感心してしまった。私が学校で習った時には、古代オリエント文明としてエジプトやメソポタミアが挙げられていたと思うのだが、エジプトは西洋分類のようである。オリエント(Orient)は、東洋の訳語にあたると聞くが、いいのだろうか?

 別のサイトではこのような記述があった。

歴史とは、偶発的に起こった事象の集合体である。誰しもが当然のごとく持っている共通認識でしょう。
そんな常識を打破する歴史観、文明法則史学と出合ったのは今から16年前、平成元年です。

歴史とはひとつの生命現象であり、季節の移ろいと同様、文明には大きな波があり、東洋と西洋、ふたつの大きな文明が描く波は、生命情報を蓄えるDNAと同じ二重らせんの形をしている。

文明法則史学 東西文明800年サイクル

ふたつの大きな波は800年周期で盛衰を繰り返しており、今はちょうど西洋から東洋へ文明が移行する大転換期である。

無機的と思っていた歴史に生命が宿っていることを知り、それまで抱いていたすべての価値観が大きく変わるほどの衝撃を受けました。


文明法則史学」より一部、改行は適宜改変。

 そして、ここのコンテンツでは、村山節氏の著書「歴史の法則と武装中立」にあった図表を転載してあるのだが。。。横軸に年代をおき、二重螺旋のつもりらしい二次元的表現では交差する二本の曲線を描いてある。

 紀元前1200年から400年の曲線では、上側に古代アジア文明、下側に暗黒時代と書いてある。上側の古代アジア文明はアッシリアと東周、それに春秋時代なのだそうな。そして、紀元前400年時点で曲線が交差し、「東の文明亡ぶ」「匈奴等大移動」と書いてある。何がどう亡んだのか、謎である。これでは秦や漢の立場がない。

 紀元前400年から西暦400年の曲線では、上側にギリシャ・ローマ文明、下側にアジア中世期と書いてある。随分とざっくりしたくくりである。
そして、400年時点で「西の文明亡ぶ」のだそうだ。え?!

 400年から1200年は、上側に5-13世紀アジア文明と書いてある。下側はヨーロッパ中世期だそうだ。アジア文明にカテゴライズされているのは、南北朝、唐、平安、北宋、サラセン。平安時代って、さりげなく、繁栄するアジア文明の例として唐等と並べて其処に滑り込ませていいのか微妙な気がするのは気のせいだろうか。そしてまた、1200年に「東の文明亡ぶ」のだとか。んで「ジンギスカン大移動」とも書いてある。

 1200年から2000年では、上側にヨーロッパ文明。ルネッサンスと工業化社会と挙げられている。下側は、アジア没落時代だそうな。…明代や清代は、相当繁栄していたと思うんだが、無かったことなんだろうか。日本の1900年代後半とかだって、一応、先進国に数えられたりしていたと思うのだが。

 そして、この「二重螺旋」の図には衝撃の記述があった。
2000年時点の曲線の交差箇所。「西の文明亡ぶ」「北方民族大移動」

 …今、2010年である。そんな事実は私の記憶にはない。
「壮大な実証化学」、恐るべし。

 なお、その実証にいたる過程も、上記のコンテンツ内にて述べられていた。

村山先生は昭和13年、『歴史は直線の分析より始まる』という天の声を聞き、家の長い廊下に紙をつなぎ合わせた10mの年表を作り、
そこに10年1㎝の正確な座標をとり、さまざまな歴史上の出来事を色分けしながら書いていかれました。

そうすると文明は大きなかたまりをなしており、西と東の文明が交互に興っていて、800年に1度、文明の大崩壊を起こしている、ということを発見されたのです。


文明法則史学」より一部、改行は適宜改変。

 そっち方面の知識は疎いのだが、こういうのも「実証」と呼ぶのだろうか?

 この文明法則史学、一部の人には大変衝撃的なものらしい。

生命というすべての根本法則を学んだからこそ、身近に出合ったスピリチュアルな個々の事象をひとつの体系として、自分なりにまとめ上げることができました。
文明法則史学と出合っていなければ、どんなに多くの知識を得、体験を積み重ねたとしても、単なる情報通の域を出ることはなかったでしょう。



 そして、この文明法則史学を伝えるのに熱心な方も。

教室・イベント > 教養 > 文明法則史学研究会

文明法則史学研究所所長 林 英臣先生を講師にお招きし、 歴史を学びながらこれからの時代をどう生きるかを考えます。(略)

講師  林 英臣氏

松下政経塾第一期卒。政経維新塾塾長
人間学経営研究所所長
著書 「伸びる経営のヒントとコツ」




 ちなみに、「村山節さんの【文明法則史学】をベースに船井総研の小山政彦さんが唱える昭和戦後史から導く【9~10年周期不景気説】」によると、「2013年から景気は上向きになる!」のだそうである。
スポンサーサイト
[ 2010/02/11 16:13 ] ニセ科学系トンデモ | TB(0) | CM(10)

DNAって……   No. 6803

もはや心霊写真レベルですね(^^;

フィルムの傷とか壁のシミとかが光の加減で人の顔に見えちゃうみたいな。
東洋と西洋の二つに分けちゃうというのもありがちなパターンというか。
[ 2010/02/11 19:16 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

   No. 6804

 二重螺旋という割には、平面的な話に見えたりもするんですが。こういう伝で対応させちゃえば何でも有りですよね。

 どういう訳か、秦では統一を果たした「皇帝」にちょっと思い入れがあったりするし、何故か明代(特に末期)は大好きなんで、あの扱いには、大いに異議がありましたよ(^^;
[ 2010/02/11 19:49 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

既視感が……   No. 6806

はじめまして。

何か既視感があるなと思ったら,かつてmixiで似たような主張を見かけたことがありました。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=44274145&comm_id=15454

こんなことを大真面目で主張するひとが何人もいるなんて,日本って広いですね……(頭痛)
[ 2010/02/12 10:40 ] -[ 編集 ]

日本を見れば   No. 6808

>1200年に「東の文明亡ぶ」のだとか。
なるほど!平家が源氏に滅ぼされてる.平家って東だったんだ.
[ 2010/02/12 16:31 ] KiD8ElgI[ 編集 ]

   No. 6810

>mukkeさん

 ようこそ。ブログはちょくちょくは意見させていただいています。
mixiは使ってないので見られませんが、想像は付きます。

>こんなことを大真面目で主張するひとが何人もいるなんて,日本って広いですね……
<
 まぁ、チベット地震はイルミナティの陰謀とか、ブッシュ大統領はレプティリアンだとか言ってる人もちょくちょく見かけますから(http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%86%E3%82%A3%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E5%9C%B0%E9%9C%87)、いろいろな主張する人がいるのは仕方ないものだと思いますが。。。
 大まじめに受け取る人が、それなりにいるのが問題ですねぇ。
(投稿ではお手数をおかけしましてすみませんでした。FC2運営元に連絡して、対応してもらいました)


>三ねんせいさん
>>1200年に「東の文明亡ぶ」のだとか。
>なるほど!平家が源氏に滅ぼされてる.平家って東だったんだ.
<
 とはいえ1600年頃に、関ヶ原、冬の陣・夏の陣と来て豊臣家が滅ぼされてますから、400年周期かも(^^;
[ 2010/02/12 19:32 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 6812

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/13 02:15 ] [ 編集 ]

それで   No. 6814

日本は、西なの? 東なの?
[ 2010/02/13 22:38 ] -[ 編集 ]

   No. 6815

名誉「西」かも(^^;

ぢゃなくて、2000年以降の「陽の時代」に参加する予定らしいです。
[ 2010/02/14 14:32 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

これはすごいですね~   No. 6817

お久しぶりです。

これはすごいですね……。ハリ・セルダンの心理歴史学もかるく飛び越えるふっとび加減ですね(アシモフに失礼か^^;)

丸々スルーされているラテンアメリカあたりは東西どっちに入るんだろう?

こんなんにピピッときてはまっちゃう人って、未だに「日本と西洋」という世界観しかないんでしょうね。
学校で西洋と東洋って別け方して教えるから、その視点から抜けられない人が多いのかもしれないけど、普通にニュース見れば、この史観から抜けてる地域もネタがボロボロあることに気がつけると思うんだけどなぁ。


>2000年時点の曲線の交差箇所。「西の文明亡ぶ」「北方民族大移動」

確認できる近未来の預言をするのはリスクが高くて危険ですね。
「北方民族」ってどの辺の人だろう? ^^;
[ 2010/02/16 14:13 ] jS6sxnRo[ 編集 ]

   No. 6819

>みんさん

 お久しぶりです^^

>この史観から抜けてる地域もネタがボロボロ
<
 エントリ中にリンクを貼ってある「文明法則史学800年周期説と日本 ・・・ 54 縄文への道」によると、「東西の分岐点は中東」で「いまこの地で繰り返されている不毛の抗争を見るにつけ、混乱期という指摘と同時に、ユダヤ・キリスト・イスラムという同じ根っこの一神教の行き詰まりを痛感する」んだそーです。エジプトは(何故か)潔く「西」になってますし、インドネシアにもムスリムの皆さんがいらっしゃるわけですがねぇ。アラビア半島あたりは丸ごとどっちに分類するのか、とかよく解らなかったです。

>確認できる近未来の預言
<
 2012年とか、最近よく聞くような(^^; 「北方民族」…、耶律氏に率いられてそうな趣がありますね(^^;
[ 2010/02/16 17:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/811-b4100922














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。