スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国の3都市にて「慰安婦」問題解決を求める決議採択 

 いつ時点だったか明確な記憶ではないのだが、たしか先週の早い目時点ぐらいからかに「「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!」さんが、韓国全羅北道の井邑(チョンウプ)市議会にて日本軍「慰安婦」の解決を求める決議が採択されたと速報してくださっていた。その後、「「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!」さんが決議本文を掲載してくださった後に、「調査会法情報」さん(22日付)や「~若者たちと考える「慰安婦問題」フォーラム~ 」さん(25日付)もエントリを上げておいでだった。

 日本政府に対し、「1931年の中国侵略から1945年の敗戦に至るまで、我が国とアジア太平洋地域の少女と女性たちを連行して、日本軍の性奴隷にした非人道的犯罪の事実に対して、公式に認め、真実の謝罪と歴史的で法的な責任を履行」「日本軍「慰安婦」被害者たちが一人でも多く生きている時に、謝罪と賠償を実現しうるように、行政的、立法的制度を迅速に用意」「日本軍「慰安婦」のような類似犯罪の再発を防ぐために、日本の歴史教科書に真実だけを正しく記録し、現在と未来の世代を教育」することを求め、
 日本の国会に「日本軍「慰安婦」制度に対する真実究明と被害者に対する公式認定、法的賠償を実現するための特別法を一日も早く制定」することを求め、
 韓国政府に「この19年間国連や米国、ヨーロッパ、アジアなど世界を回りながら、日本軍「慰安婦」問題の解決のために努力している被害者と民間諸団体 を最善を尽くして支援し、日本政府が公式謝罪、法的賠償および歴史教科書への記録を履行するように、外交的、行政的努力を尽くすこと」を求めた、井邑市議会議員一同による、2010年1月15日採択の決議だった。
実は、この井邑市議会の「慰安婦」決議採択の報は、ネットで見つかる韓国紙では見つけることの出来なかったものである。

 さて、この井邑市議会の決議本文が日本で紹介されるのとほぼ同時、今度は韓国慶尚南道の陜川(ハプチョン)郡議会でも「慰安婦」決議が採択されたと報じられた。陜川郡は、群の北部が慶尚北道と接している、慶尚南道の最北部にある郡という。出ていた報道はこの二つ。
慶南道民日報 2010年01月21日
합천군의회 '위안부' 결의안 채택(陜川郡議会「慰安婦」決議案採択)」

聯合ニュース 2010/01/21 15:24
합천군의회, 위안부 문제해결 촉구 결의안 채택(陜川郡議会「慰安婦」問題解決要求決議案採択)」


 慶南道民日報記事を主に要約すると、群議会は20日午前の第162回第二次臨時本会議にて、民主労働党のパク・ヒョンジュ議員ら9議員が発議した「慰安婦」問題解決を要求する決議案を原案可決し、大統領府と政府関連部署、および駐韓日本大使館に送ることとした。
 パク議員は提案説明において、日帝解放からは65周年、日本軍「慰安婦」問題解決運動による真相究明が韓国内ではじまって20年経つにもかかわらず、日本政府は公式謝罪や法的責任から逃れているとして、国内外の状況を勘案するに、今が「慰安婦」問題を解決する最も適切な機会であると判断し、議案を提出したと語った。群議会は、日本政府に日本軍性奴隷制度を作った人道に反する罪を公式に認め、謝罪と徹底した真相究明を促すとした。また、日本政府に、日本軍「慰安婦」制度の真実と反人権性を歴史教科書に正しく記録し、再び類似の犯罪が起きないように、今の世代と未来に世代に教育し、女性の人権確立と、アジアと世界の平和に尽くすことを促すと強調している。
 さらに郡議会は、韓国政府に、国際社会と日本市民・団体の心ある声に耳を傾け、自国民の人権回復と正しい歴史認識のために専門機関を早急に設置し、日本政府に対する立法解決準備と専門機関設置を要求する外交交渉を行うよう求めた、という内容の決議であると報じられている。

 という陜川郡議会と井邑市議会の決議に先だって、実はもう一つ韓国地方議会で決議が採択されていたという報道を見つけた。
慶南道民日報 2010년 01월 13일
창원시의회도 '위안부 결의문' 채택(昌原(チャンウォン)市議会も「慰安婦決議文」採択)」


 昌原市は、大韓民国慶尚南道の道庁所在地だそうだが、12日午前中開かれた第133回臨時第一次本会議にて、日本軍「慰安婦」問題解決を促す決議案を全会一致で採択したという。この採択時点で、慶南道民日報が報じるには、韓国全体では6つめ、慶南道内では、慶南道議会と統営市・巨済市議会に続く4つめの決議という。提案した民主労働党のチョン・ヨンジュ議員は、「この19年間、日本軍「慰安婦」問題解決のために、国内はもちろん国際的にも活動してきた被害者と市民団体の努力を支持する」としながら「市議会は問題を解決しない日本政府と日本国会の態度に深刻な憂慮を表明し、日本政府が国際社会の勧告を一日も早く履行することを促す」と議案提案を説明した、と報じられている。

 昌原市の「慰安婦」決議について見つけることが出来た報道はこの記事のみで、ハングルの敷居が高いので昌原市議会ホームページで情報を探すことも出来ず、今のところ日本語圏のネットでは昌原市の「慰安婦」決議の情報は見つけることが出来ていないのではあるが。

 まとめておくと、私の把握できている範囲での、韓国地方議会で採択された「慰安婦」決議情報は以下の通りとなる。
2009/07/23 大邱市議会
2009/09/08 富川市議会
2009/11/30 統営市議会
2009/12/24 巨済市議会
2009/12/24 慶尚南道議会
2010/01/12 昌原市議会
2010/01/15 井邑市議会
2010/01/20 陜川郡議会
スポンサーサイト
[ 2010/01/26 19:49 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/804-733d7fcb














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。