スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

18年目の1月8日 

 1992年1月8日のこと、この日に第1回目の水曜集会が開かれた。 水曜集会とは、この第1回目以来、毎週水曜日に「日本軍慰安婦」被害者とその支援者の皆さんが、ソウル鍾路区(チョンノグ)中学洞(チュンハクトン)にある駐韓日本大使館前で日本政府の謝罪を求め、行っているデモのことだ。この第一回以来、天候にも関わりなく休むことなく毎週続けられ、2008年2月13日には800回目になっていたという。つまり、今日、2010年1月8日が第一回水曜集会以来18年目になり、1月6日にはすでに2010年に入ってから最初の水曜集会が開かれていたと報じられている。

 2010年最初の水曜集会は、寒波が来て零下10度もの中、挺身隊対策協会員と修道女・学生・市民など40人余りと、被害者のお一人でいらっしゃる吉元玉(キル・ウォンオク)さんが参加されたと報じられている。今回、吉元玉さんは、「日本が真実を明らかにすれば解決するものを、目をふさぎ耳をふさいでいる」「今年こそは解決するはず。遠くないはずだ。」と語っておられたそうだ(聯合ニュース2010/01/06 14:23付「"慰安婦問題の解決を" 18年の叫び」および2010-01-07付毎日労働ニュース

 6日の集会が899回目、つまり、来週の13日は900回目の水曜集会ということになる。この水曜集会、2001年3月13日の水曜日で500回目を数え、この時点で既にギネスブック入りしているという。ただいま、ギネス記録更新中なのだ。そんなに長い間解決せずに放置してきたのは、日本政府。情けない話だ。
 解決に一歩近づいたはずの政権交代は実現したのだが、、、解決促進法案上程の話がでているのだろうか…orz

 という、この18年目の1月8日に、また、被害者の方の訃報を見かけた。
オーマイニュース10.01.07 21:01 「중국 거주 일본군 위안부 김의경 할머니 별세(中国居住日本軍「慰安婦」キム・ウイギョンさん死亡)」
中央日報2010.01.08 14:45「中 거주 위안부 피해자 김의경 할머니 별세 (中国居住「慰安婦」被害者キム・ウイギョンさん死亡)」

 7日のオーマイニュースは挺身隊対策協からの情報、中央日報は「女性部」からの情報というから政府筋だろう。女性部が、キム・ウィギョンさん(김의경さん、あるいは金義慶さん)死去の報を昨年12月に中国大使館より受けていたのを、8日に公表したようだ。
 1918年ソウルに生まれた金さんは、1938年に連行され、南京・宜昌・長沙の慰安所で約7年間「慰安婦」生活を強制された後、45年に帰国しようとしたものの帰れず、中国の湖北省武漢市に住んでおられたという(上記報道、および「キム・ウィギョン - 中国残留 日本軍「性奴隷」被害ハルモニフォトエッセイ」より)ハルモニは中国語の武漢方言しか話すことができなかったという

 2010年は既に、被害者のお一人、金順岳さんが2日に亡くなられている。

日本軍慰安婦の被害者として昨年12月、大腸ガンの手術を受け、闘病していた金スンアクさん(写真)が2日、慶尚北道慶山(キョンサンブクド・キョンサン)の自宅で亡くなった。享年82歳。

1928年、慶山で生まれた金さんは、1943年、就職ができるという甘言に騙され、中国ハルビンや内モンゴルに連れられ、北京の日本軍慰 安所で2年間余り、慰安婦として働かされながら苦難を経た。1946年に帰国した金さんは、01年、日本軍慰安婦による被害者として登録し、韓国挺身隊問 題対策協議会が行う集会や国会証言などを通じ、日本軍慰安婦の実状を、国内外に知らせる活動を行ってきた。08年は、慰安婦としての人性を顧みた著書「私 の気持ちは誰も分からない」を発売した。


東亞日報JANUARY 04, 2010 08:22『「歴史の証人」がまたもや…


 また、昨年暮れにも。

12月15日、慶北イェチョンに暮らしていたキム・オクソンハルモニが亡くなられました。
(中略)

 ハルモニは1923年に慶南で生まれました。
 1939年に台湾に連行され約7年間慰安所で生活し苦痛の日々を過ごしました。
 慰安所で失神するまで殴られ、戦争末期には日本軍から自殺を強要されたと証言されていました。
 解放の翌年に帰国し、慶南地域に暮らしていたハルモニはアメリカの大学での証言集会に参加し辛い経験を話して日本政府の問題解決を求めていました。

 これまで老衰と持病のため一年ほど入院していましたが、亡くなる少し前に股関節の手術を受けた後、気力を回復できずこの世を去られました。



 韓国で「慰安婦」だったと届け出た被害者は234人 いらっしゃるという。キム・オクソンさん、キム・スンアクさん、キム・ウィギョンさんが亡くなられた現在、生存被害者は87名だといい、その内4名の方が中国にお住まいという。
亡くなられた方達のご冥福をお祈りします。

 アムネスティインターナショナル・オーストラリアのサイトで見かけた吉元玉さんのメッセージを思わず、再度見つめる。

「日本政府は、全ての『慰安婦』が死ねば、『慰安婦』は葬り去られ忘れ去られると考えています。しかし、そうはなりません。次の世代が知っている限り、忘れ去られることはないでしょう」

 時間がどんどん無くなっている。政権交代した政府が、この件に言及した報道をまだ見ていないのが私だけだと良いのだが(悲)。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2010/01/08 19:33 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/795-3abe06ec














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。