スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬籠もり中にもテロ 

 あまり世間での出来事に敏感ではないのでうっかりしがちなのだが、盆だの正月だのを世間様がやっていると、いつものお店に買い物に行くとお休みで困った経験が、独り暮らし当初は結構あった。とはいえ、あまり学習能力が高くなくても、この時期にいつものお店が休みなのに、行ってから気づく、、、という経験を毎年毎年繰り返していたので、さすがにここ数年はお利口になって(笑)、世間の大部分が休止状態であっても開いているお店の場所は覚え、休業期間中前には食料を多い目に冷凍冷蔵庫に溜め込む事も覚えたようだ。

 ついでに、お休み期間中は食事が不規則になるついでに、普段は控え目にしている(注;本当です)甘いものを食べて、しっかり食べる系の食事の方を控え目にしたりもする習慣があったりもする。しかも、自宅滞在時間が長くなるので、長時間煮る系の調理にも手を出しやすいので、この前、缶入りを一通り食べて味をしめた例のアレを、自家製で作ってみたくなった。

 だがその前に。

朝ご飯
ベーグルは去年(笑)焼いて、ハムとベーコンも去年燻製にして、冷蔵庫にストックしておいたもの。手前のタンドリーチキンも去年漬けていた、年越しタンドリーチキン。


 そして、ぜんざいを作るため、大晦日の夜に豆を水に浸積しはじめ、元日の午前中から、炊き始めたのだった。

 参考にした作り方はこの辺。
クルーゼor土鍋でぜんざい★ by 三太 [クックパッド]
つぶつぶ♪ぜんざい by チコズカフェ [クックパッド]
軟らか小豆で「ぜんざい」 by umemodoki [クックパッド]
 使った小豆は、十勝産の新豆。「大納言」と書いてるのもあったが、今回は大納言じゃないのを使ってみた。一番下のレシピは、使っている材料が全て「適量」か「少々」だったので、ぜんざいの作り方というのは、どうやらそういうものらしいのだが、自分で作ったのはメモでもしておかないと次に作るときに困りそうだ(^^;

 豆は110g(約半袋)、十分に浸る量の水に一晩漬けて、翌日、中火にかける。使っている鍋はトーセラムの直径18センチの片手鍋、つまり、土鍋。沸騰したら水を捨て、再度浸る量の水を加えて、再度沸騰させて、火を止めて放置。しばらくして、台所に用が出来たら(笑)、再度、中火を付けて再沸騰。豆が吸水したら、水を足しながら。レシピのどれかに「豆の腹が割れたら」といった表現があったのだが、3-4度ぐらい再沸騰を繰り返した時点で豆の腹が立て割れし始めた。味見で食べても柔らかくなっていたので、糖分を投入。今回は黒砂糖を35gに、キビ糖を55g。実はキビ糖は最初、黒砂糖と等量入れたのだが、味見で物足りなかったので増量したのだった。なお、ウチにある黒砂糖がそうだったのかもしれないが、黒砂糖に微妙に酸味があったので、ぜんざいにもわずかに酸味がでた(気になるほどではないのだが)。この黒砂糖の酸味がなかったら、投入する糖分を全部黒砂糖にするのもありかと思ったのだが。それと、隠し味の定番、小匙半分ほどを目分量で濃口醤油も投入。できあがり量は、直径18センチの片手鍋に6分目程か。

ぜんざいにあう器がなかった…orz
 という訳で、小豆の粒を食べ残す心配なしに、甘みあっさり控え目のぜんざいをたっぷり食べられたのである。幸せ~^^


 というような、ぜんざいの作り方をクックパッドで探していた時に、ついうっかり迷子になって、違うところにまぎれ込んで、美味しそうなレシピを見かけた。
おからのビスコッティ by rosenkranz [クックパッド]




 …気がつくと、冷凍庫に入れていたおからを室温に戻していた(爆)
 ちょうど良く、冷凍していた残り物のおからが120gほど(元レシピに近い量)あったので、キビ砂糖を50g、全粒薄力粉を30gに、薄力粉を100g、卵を1個に、ベーキングパウダーを小匙1を適当に混ぜて、厚さ1センチ強の楕円にまとめて、200度で20分焼いて、1センチ厚にスライスして片面180度で10分ずつ焼いて完成。

 普通のビスコッティは、スコーンのレシピにあったので焼いたことがあるが、だいたいこれと同じくらいか少ない目の焼き上がり量に、オリーブオイルが大匙1入る。このレシピはノンオイルで、さっくり美味しく焼き上がるので驚いた。おからって、すごい。


 そしてまた、迷子になったついでにこんなのも見つけてしまった。
○o。..お豆腐スコーン..。o○ by cocococoa [クックパッド]

 スコーンに凝っている私としては、これはスルーできない。しかも、年末の買っておいた木綿豆腐が冷蔵庫にはある。買っておいた豆腐は、一塊が200gほどあったのだが、水切りしてみたところ、150gほどになった。ここから120gを使用。薄力粉を120gに上新粉を30g。ベーキングパウダーを小匙1.5、塩をひとつまみ、キビ砂糖を大匙1。粉類はまとめて篩いながらボールに入れ、豆腐を投入し、、、元レシピが面倒そうなことを書いていたので省略して、豆腐を粉に埋めて上から押しつぶし、指でつまんでボロボロにしながら、粉とまんべんなく混ぜ、この後は普通のスコーンのようにカードで混ぜたりたたんだりした。しかし、水切りしすぎたようで(^^;、まとまらないので牛乳を小匙1ほど追加した。直径5センチのセルクルで抜くと、この量だと5個分。200度のオーブンで18分ほど。膨らんだものの焼き色が付かなかったので、230度に上げて3分かけて、焼き色を付けたのがこれ。

ちと切腹が甘かった。
 これまで焼いていたスコーンは、ベーキングパウダー使用にしても発酵スコーンにしても、それなりの量のバターが入っていたのだが、これはノンオイル。食感がもちっとしてるのは、そういうもんだろうが、表面はさっくりとしており、これまた美味しい。甘みは控え目なので、ジャムとかと合わせても美味しいだろう。

 なにより、おからのビスコッティと豆腐のスコーンの二つ、非常に簡単にできるのだ。これは良いレシピを発見できたと嬉しくなりつつ、、、喰っちゃ寝の一日なのだった。



こちらは、いつも喰っちゃ寝コンビ



 これも美味しそうなので、メモ。
豆腐餅✿ by food town [クックパッド]
豆腐+粉だけ!やゎやゎみたらし団子 [クックパッド]
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2010/01/03 00:00 ] 小ネタ | TB(3) | CM(6)

料理名   No. 6756

 えーと、食い意地テロでオヤジギャグ篇ってシリーズはどうですかね。
 シュウマイに粉をつけ溶き卵にくぐらしてパン粉をまぶしてあげる。
 シュウマイのカツレツりゃくして「しゅうかつ」とかさ。
 こんにゃくをカツにして「こんかつ」とか。
[ 2010/01/03 08:13 ] JyN/eAqk[ 編集 ]

   No. 6758

>kuronekoさん
>食い意地テロでオヤジギャグ篇ってシリーズ
<
 とりあえず、「オヤジ」じゃないつもりでおりますんで(^^; それは難しい。

 ってか、カツぐらいしかないじゃないですか。揚げ物はほぼしないんですよねー。


>シュウマイに粉をつけ溶き卵にくぐらしてパン粉をまぶしてあげる
<
 そんな、シュウマイ時点で完成品の加工品なのに、そこから更に加工するなんてもったいなひ…
[ 2010/01/04 17:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

缶入りじゃなくて   No. 6759

なんだか突然和菓子屋で売ってる即席汁粉を食べたくなってきました。お湯かけるやつ。お湯臭い貧乏臭いやつ。

ぜんざいと言えばうちのオカンの作るのは砂糖がたっぷりなうえに小豆が全部破裂してドロドロになってるやつで、わたくしはそのしつこい甘さがイヤですっかりしゃぶしゃぶのぜんざい好きになってしまいました。薄甘い砂糖湯にしっかり形の残った小豆の入ってるの。最近はそういうのに出会うこと少なくなりましたけど。
[ 2010/01/05 14:14 ] -[ 編集 ]

   No. 6760

>SIVAさん
>しゃぶしゃぶのぜんざい
<
 そこで、豆から手作りですよ。そういえば、缶入り茹で小豆でぜんざいを作ったこともありましたが、豆からの方が断然旨いです。缶入り茹で小豆は、すでに甘みが付いていたことが敗因。自分で材料を選んで甘みをつけた方がいろいろと好みに合わせられますよねー。
[ 2010/01/05 18:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

あけましておめでとうございます。   No. 6761

トラックバックありがとうございました。

わたくし、ぜんざいにモチが大好きで、先日帰国した時にも大阪で「夫婦善哉」といただく機会があって大変に幸せな思いをいたしました。
しかし、豆からスクラッチで作るというのは今どき珍しいのでわ?

久々に更新しましたので、こちらにトラバを送っておきます。
本年もよろしくお願いいたします。
[ 2010/01/10 15:19 ] R4ynoTec[ 編集 ]

新年好   No. 6762

>ちょちょんまげさん

 こちらこそ、今年もよろしくです^^

>ぜんざいにモチ

 個人的には善哉なら白玉団子なんですが、正月用に買った餅消費の為に(^^; スーパーの豆コーナーにおける小豆の充実っぷりから判断するに、豆から作るのはいまだにさほどマイナーでもないのかも?という気がします。

 ところで、つい最近みた武侠ドラマで、可愛い爺さんが「緑豆の汁粉」に釣られて秘密をしゃべるというシーンがあったのですが、中国圏にはそのような善哉の親戚の旨いものがある様子ですね^^
[ 2010/01/10 20:16 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/793-b324280b


今日もまた米を研ぎ飯を炊く。

昨年も無事生き延びました。 偶然同じ時代に生きあわせたみなさん、今年もよろしくお願いいたします。
[2010/01/05 14:14] URL デザイン夜話

「キツスは朕(ちん)にして」あるいは「虻 すばる」のお話

新年快楽! ということで、わたくしは昨夜、わたくしの連れ合いサイドの親戚の新年会に出席したのであった。 ご存知の方はご存知だと思う...
[2010/01/10 15:58] URL 東海林さだおがいいなぁ

[満腹日和][一献日和]火の国流おもてなしで”SKAL♪”

 私は料理をする。時に年代物のポンコツオーブンの懐柔に失敗し、ヘンテコなものを焼きあげる失態もなくはない。けれど少なくともそれ以上の頻度で、人前に供する。今のところ、腹をこわされたり、重篤な後遺症を訴えられたことはない。地場モノ且つ添加物なしの食卓に、一
[2010/01/12 23:39] URL kananaka日和












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。