スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長岡京市議会が『「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書』を採択  

 これまでに、日本軍「慰安婦」問題の解決を日本政府に要求する地方議会の意見書は、
2008年3月25日の兵庫県宝塚市議会
2008年6月25日の東京都清瀬市議会
2008年11月7日の札幌市議会
2009年3月25日の福岡市議会
2009年6月22日の大阪府箕面市議会
2009年6月23日の東京都三鷹市議会
2009年6月24日の東京都小金井市議会
2009年6月29日の京都府京田辺市議会
2009年9月11日の奈良県生駒市議会
2009年9月25日の大阪府泉南市議会
2009年10月1日の東京都国分寺市議会
と、11都市が採択している。

 これに続く地方都市は、ネットで情報を集めている限りでは、多分4都市ぐらいあるだろうとみていたが、14日付で京都府長岡京市と千葉県船橋市が意見書を採択したとの情報が入ってきた。実は船橋市はノーマークだったのだが、長岡京市は採択準備を進めている都市として数えていた内に入る。

 その差があるのか、ネットで発信している方達が関西方面の方が多いからか、15日時点でこれら2都市が意見書を採択したとの情報を見つけた時点では船橋市の情報はほとんどなく、長岡京市の情報は「慰安婦」問題を扱っているサイト・ブログ複数がすでにWEBに上げておられたので、15日に上げたエントリは船橋市に重点を置いた。そこで、このエントリは、15日に採択されたことだけ書いて一旦公開した記事の全面改定したものとなる。

 長岡京市の「慰安婦」問題解決を求める意見書採択に言及したサイト・ブログの主立ったところは以下の通り。
はげしく学び はげしく遊ぶ(石川康宏研究室): 長岡京市で全国12ケ所目の「慰安婦」決議」(2009/12/4)
国内地方自治体議会意見書」(「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!
~若者たちと考える「慰安婦問題」フォーラム~ | 長岡京市「慰安婦」決議されました」(2009/12/15)
2009年12月15日 12:40付「一刻も早い「慰安婦」被害女性への謝罪と国家補償を 長岡京市議会 - 京都民報Web

日本軍「慰安婦」問題の早期解決を求める請願署名実行委員会 本日、京都府・長岡京市議会で12例目の意見書が可決」(2009/12/15)からは一部引用、

14日午前の長岡京市議会で、「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書、を賛成多数で可決しました。


旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画  京都のブログ 長岡京市で決議あがる!」(2009/12/15)からも一部引用、

 12月14日、京都の長岡京市議会で「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書が、自民系無所属会派7 名(平成自由クラブ2、平成市民クラブ 2、平成長岡クラブ3)を除く、賛成17名(日本共産党6、民主フォーラム5、公明党3、ほうれんそうの会3)の多数で採択されました。(他に議長-平成市民クラブと病欠平成自由クラブ1人で定数26人)提案と賛成討論がありましたが、反対討論はありませんでした。反対理由はわかりません。賛成の民主フォーラムも色々あるらしいのですが、採決では全員が賛成でした。ほうれんそうの会というのは市民運動の方々のようです。



 そして、「長岡京市/平成21年第6回(12月)議会定例会」で、「議員提出議案」として、
番号件名結果
意見書案第6号「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書(案)原案可決
とあるのが確認できた。

 この長岡京市の意見書に関しては、事前に採択の動きがあると前述したが、それは小原明大・長岡京市議のブログを見かけていたからだ。

 2009年11月26日付で、11月29日の「旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画2009」の姜日出ハルモニと村山一兵さんを招いた集会への出席予定が、エントリで言及されていた。

被爆者と同様、「慰安婦」被害女性も高齢化し、時間の猶予はありません。

むりやり「慰安婦」にされたあげくに、「そんな事実はない」だの「金もらってやってた」だの「悪いことだけど仕方ない」だのと言われている状況を放置してはいけない。
一人でも多く生きていらっしゃるうちに、名誉を回復し、生きていていいこともあったと思ってもらわなければ。

私もこの問題かじっただけで、大してわかってません。ごいっしょに学びに行きませんか。

にしても、「ナヌムの家」の男性スタッフである村山さんの話もすごく興味あります。

「慰安婦」問題って、自分自身どう受け止めていいかわからん部分があります。
というのは、自分がそのとき兵士だったら、どうしていただろう・・・と考えてしまうのです。



 12月8日には、宋神道さんの映画「オレの心は負けてない」をエントリにされていた。

正直言って、最初は抵抗感がありました。

なにが抵抗かって・・・。
「慰安婦」被害者である宋神道さんが、とっても強い、チャキチャキした喋りをするのです。

「慰安婦」被害者に対して、暗い、かわいそうな、弱者というイメージを勝手に持っていたんですね。


でも、裁判に負けながらも、涙もありながらも、明るくたたかう宋さんに次第にひきこまれていきました。
もちろん、映像にならない部分ではたくさんぶつかり合い、思いのすれ違いもあったようです。
それを乗り越え、最初はキツかった宋さんの言葉が、どんどん辛口だけど親愛のこもった言葉になっていって、表情も柔和になっていく。

誰も信じられなかった宋さんが、見知らぬ人がみんな自分のことを信じてくれるという体験を積み重ねて、人間不信から解放されていく。

「慰安婦」被害という傷を癒していくことは、完全にはできないけれども、何にもできないわけではないのだと思いました。



 そして、2009年12月14日付。14日は長岡京市議会の12月議会の最終本会議だったそうだ。

長岡京市議会は、「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書を可決しました。

全国で12番目だそうです。

この意見書の内容は、全国の運動団体や、英語に打ちかえて韓国の挺対協(挺身隊問題対策協議会)、EUやアメリカ、アジアの運動団体にも送られたそうです。
(略)

10月、「慰安婦」問題の運動を交流する集会が開かれ、誘われて参加しました。(略)その後、長岡京市在住の青年に「長岡でも意見書めざして運動しようよ」と言われました。「もう、証言を聞きにいくばっかりで何もしないのは終わりにしたい」と。
(略)
公明党、民主フォーラム、ほうれんそうの会、共産党の共同提案です。

反対討論もあるかと思っていたので、賛成討論を用意しました。
この1週間くらい、ああでもないこうでもないと頭がいっぱいでした。何言われても絶対に反論したいし、また陳腐なことは言えないと思って。
でも、反対討論はありませんでした。
するとこの議題については、自分が賛成討論するだけになります。

これって単なるエエカッコしいではないか・・・?
自分みたいなのが、えらそうに討論できるのか・・・?
どれだけ苦しみをわかってるのか・・・?

そう考えると、ものすごく緊張して、自民党席も、傍聴席も見れませんでした。ただ下向いて原稿を読んでいました。いつになく噛みました。


 お疲れ様でした。採択に尽力された小原市議始め皆様に敬意を表します。

 そして以下が、意見書全文。

意見書 第 6 号

平成21年12月14日

長岡京市議会議長
  岩城 一夫 様
発議者  尾崎百合子(ほうれんそうの会-提案者)
小原 明大(日本共産党長岡京市議会議員団-賛成討論者)
祐野  恵(民主フォーラム)
進藤 裕之(民主フォーラム)
浜野 利夫(日本共産党長岡京市議会議員団)
福島 和人(公明党長岡京市議会議員団)


 太平洋戦争の終結から64年が経過した今も、戦争により被害を受けた人々の傷はいやされていない。いわゆる「慰安婦」問題は、その中でも重大な問題である。

 政府は平成5年、内外関係機関・関係者への調査を踏まえ、河野官房長官による談話を発表した。談話では、旧日本軍が「慰安所」の設置に関与したことや、「慰安婦」が本人の意思に反して集められたこと、それにより「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」ことを明らかにした。そして、心からのお詫びと反省を表すとともに、「そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える」と述べた。

 しかしその後、政府は被害者への閣議決定による謝罪や国家による補償を行っていない。「慰安婦」被害にあった女性たちは高齢になり、訃報も相次いでおり、一刻も早い対応が必要である。

 「慰安婦」問題に誠実に対応することは、人々の戦争被害の傷をいやし、日本がアジアを始めとする国際社会と平和的に共存してゆくために不可欠である。また、真に人としての尊厳の守られる社会をつくるためにも不可欠である。
 よって本市議会は、政府に対し、下記の事項について強く要請する。


 1.「慰安婦」被害者へ誠実に対応し、閣議決定による謝罪と国家補償、名誉回復への措置を急ぐこと。

 2.「慰安婦」問題の真相究明をさらに進めるとともに、国民の理解を深め、次世代に伝えるよう努めること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成21年12月14日
京都府長岡京市議会

  (宛先)衆議院議長
      参議院議長
      内閣総理大臣
      外務大臣
      文部科学大臣

公式謝罪と国家賠償、真相究明に歴史教育が含まれている意見書の採択、お疲れ様でした。

 …長岡京市が午前の採択というが、、、各情報元さん達も長岡京市が採択12都市目としているから、まぁ、長岡京市が12都市目、船橋市が13都市目ということで、今後は言及していくことになるだろうか。なお、現在までの意見書採択は市議会であるが、今後は都道府県議会での採択があるといいかもしれない、と思ったりもしたのだった。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/12/16 19:19 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(4)

ありがとうございました   No. 6726

小原です。
ご紹介ありがとうございました。

たしかに、12番目か13番目かわかりませんね。確かめたほうがいいのかな・・?
[ 2009/12/16 23:20 ] wuqAOhZo[ 編集 ]

   No. 6727

>小原様

 コメントありがとうございます。公明党が反対に回った意見書採択市議会もありましたから、調整にご苦労なさったことと思います。お疲れ様でした。

>12番目か13番目か
<
 みんな、もう、長岡京市が12番目と書いているのでかまわないのではとも思いますけど(^^; 肝心なのは、13都市が解決を要求する意見書を採択したことかと。
年内にもう3都市ぐらい上がるかと期待しているところです。
[ 2009/12/17 17:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

おっはー   No. 6728

公明党さんは、党に確認されたのですが、「河野談話を基本にする」方針だったそうで、これなら連立与党じゃなくなった今、反対する必要性はなくなったと言えるのではないでしょうか。今後はどんどん通ることが期待できると思います。
[ 2009/12/17 23:14 ] wuqAOhZo[ 編集 ]

   No. 6729

 公明党さんは、河野談話までなら大抵賛成に回って下さると噂に聞いていたのですが、福岡では「歴史教育に関する要望項目を削除」まで譲歩しないと賛成してくれなかったと目にしました。長岡京市では「次世代に伝えるよう努めること」まで踏み込んでらっしゃるのに賛成に回ってくれているのが素晴らしいと思っています。

>今後はどんどん通ることが期待できると思います。
<
 そうですね^^
まずは、解決促進法案が成立して欲しいところです。
[ 2009/12/19 01:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/782-2ecff1f5














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。