スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

100字では足りない 

 はてなブックマークコメントで、id:o_ne_iさんのこちらのコメントへの返信として、こちらでコメントをつけようとしたのだが、100字では書ききれなかったのでエントリにあげる次第。

 といっても、o_ne_iさんに対して意見を述べたいというのとはちと違って、o_ne_iさんのコメントに触発された考えを書きたくなっただけというか、慨嘆を聞いて欲しくなったような(<-迷惑な)…という感じなので、以下は決してo_ne_iさんに対する批判の要素はない(「ある」と読み取るo_ne_iさんではないと思いつつ、念のため(^^;)
ほとんど私信のようなものだが、公開するエントリに書く以上、o_ne_iさん以外の方にも解るように経緯を書こうとしたら手こずってしまったのと、ちょっとした展開があったせいで遅くなってしまった。

 経緯からまずはじめると。
自爆史観や陰謀論方面に注目している、はてなブックマークコメントの利用者にとって(だろうと思うけど)、少し前から注目の人物がいた。  その人物とは、はてなidを「aikokuhosyu」とつけている人物で、私はてっきり打通文の使い手だと思っていたほど、よくある自爆史観&レイシズム系のブックマークコメントをつけていたこちらは19日付の魚拓人物。このリンク先から一部引用すると、「在特会は愛国者の集団です。テロ組織ではない! 」とか、「櫻井よしこ先生は女神だったのです。」とか。

 
 さて、つい先ごろ、「慰安婦」被害者の姜日出(カン・イルチュル)ハルモニを招いた証言集会が、11月28日には大阪、29日には京都で開催されており、私は関連の情報にはてなブックマークをつけていた。そして、その後に「aikokuhosyu」氏もブックマークコメントをつけてきていたのに、下記kojitakenさんのエントリへのブコメにと前後して気がついた。

 どんなブコメかというと、こんなパターンの。

上記画像の緊急120万人署名についたブコメを含むページを保存しておいたのはこちら。

 あるいは、

上記画像のkojitakenさんのエントリに付いたブコメを含むページを保存しておいたのはこちら。
 そして、上記ブコメがついていたkojitakenさんのエントリへのブックマークページの、現在の状態がこちら。見てのとおり、揶揄や警告がIDコール付でいくつも付いたのだが、いつの間にか「aikokuhosyu」氏のブックマークコメントが消えていた訳だ。

 ずいぶん素早い行動だが、実は、この時点以前の21日に『「愛国を考えるブログ」のid:aikokuhosyu氏にブコメで誹謗中傷された件について』(@dj19の日記)というエントリが上がっており、dj19さん個人に対する誹謗をはてなサポートに通報され、全面的に「ごめんなさい」した件が背景にあったのだ。

 kojitakenさんのエントリに付いたヘイトスピーチ(というかヘイトコメント?)は消えたが、京都の「慰安婦」被害者証言集会エントリに付いていたヘイトスピーチは消えていなかった。このコンテンツにそうコメントすることは、招かれたサバイバー個人への誹謗だ。だから、コメントをつけた。

夏淑琴さんが名誉毀損に対する賠償訴訟で勝訴しているのは知っているか?

 私がコメントをつけた後、o_ne_iさんがフォローしてくれた。そして、このエントリ冒頭でリンクを貼ったやりとりに至る。o_ne_iさんが示して下さった通り、「aikokuhosyu」氏のヘイトスピーチは、
はてな利用規約の第6条(禁止事項)
にある

2. 人種、民族、信条、性別、社会的身分、居住場所、身体的特徴、病歴、教育、財産及び収入等を根拠にする差別的表現行為

に該当するだろうから、確かに通報対象ではある。

 そして、2日になって気がついたのだが、「aikokuhosyu」氏ははてなアカウントを消したようだった


 ここまでが、長くなってしまった前置き。
そして、o_ne_iさんのコメントに触発された考えというのは。

 私は、「aikokuhosyu」氏のヘイトスピーチに対し、それをやめさせたい意思があって、kojitakenさんのエントリへのブックマークコメントを付けに行った訳だが、「通報」を示唆するのは躊躇った。もちろん、はてな利用規約に謳われているのだから何か問題があるという話ではない。私個人がというだけの話。
 ただし、京都の「慰安婦」被害者証言集会エントリに付いていたヘイトスピーチに対しては、姜日出さん個人に対する誹謗であり名誉毀損だと判断したので、通報を示唆した。

 「通報」を示して黙らせるのを躊躇った理由は、ヘイトスピーチ規制法が頭に浮かんだからだ。私は一応、ヘイトスピーチを法規制するのには反対したいと考えているので、適用の規模が違っても権力を使ってヘイトスピーチをやめさせる構図は同じであるように思え、対象が特定個人でない場合には通報がらみを控えて、あまり効果的なコメントができなかった。そうして、やっしゃんがはてな当局に連絡しただけで平謝りするような「aikokuhosyu」氏をすら、強権発動を背景にしないとヘイトスピーチをやめさせることができない現実に直面した訳だ。今更ながら、言論によってヘイトスピーチに対抗する困難さに凹んだというか…(^^;

 もちろん、これは、一応、ヘイトスピーチ規制法の成立には反対したいという考えをもちつつ、能力的な限界でもって通報を背景にせずにヘイトスピーチをやめさせる事ができなさそうな、私個人の場合だけの話。でも、対抗言論に長けた人ばかりではないのも一面の事実ではあるだろう。また、「慰安婦」問題に関しては、アメリカ下院の決議をはじめ、カナダEUの決議でも、無かったとする主張に対して公式の反駁や否定をすべきとされている事も、意識せずにはいられない。場合によっては、ヘイトスピーチ規制法が検討されたりにつながるのではないかと。

 だから、もし、「慰安婦」被害者達が自分たちを貶める言論を法で規制して欲しいとおっしゃった場合。


 言論で対抗できるから法規制の必要はないとの意見に、私が乗るのは嘘つきになるような気がする。困った…と思ったのです。>御姉寧さん
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/12/03 19:25 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(7)

お返事が遅くなりましてすみません。   No. 6694

なるほど、そのような葛藤があったのですね。確かにそこまでは読み取れませんでした。

私自身はヘイトスピーチ規制法の趣旨そのものには賛成しています
(ポルノ等に対する表現規制とは異なり、実害を受ける人が存在するので)が、
実際に法制化されるとなると、適用範囲や実際の運用など、不安な点は多いとは思います。
(反動でかえって過激な差別主義者が発生しないとも限りませんし)

今回のケースも強硬手段を使わないで済めばそれに越したことはないのは確かなのですが、
aikokuhosyu氏のような人を対抗言論で納得させるのは、むしろご本人に(少なくとも現段階では)
能力的な限界があるため難しいのではないかと判断しましたので、通報の可能性を示唆しました。

それでもなぜ通報されるのかを考えることで、ほんの少しでもいいので何がいけないのか
分かってくれたらという淡い期待もありました。
その後のエントリーを見ると、全く分かっていないようですが…orz
[ 2009/12/04 22:44 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

追記   No. 6695

以上はあまりエントリーの答えにはなっていなかったかもしれません。
(経緯の説明にはなってるはずですが…)

法律とは人が生きていく上での不都合を解消するためのものであるべきだと私は思うのですが、
法律を作ったり運用する側に、そう思っていない人が結構いそうなのが悩ましいところです。
話し合いで不都合が解消されるのが一番望ましいことは言うまでもありませんが。
[ 2009/12/04 23:08 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

お付き合い下さってありがとうございます。   No. 6696

>御姉寧さん

 その可能性は頭にありつつ、力尽きてエントリには言及しそびれたのですが、
>私自身はヘイトスピーチ規制法の趣旨そのものには賛成
<
 だから、私がぐちゃぐちゃ考えていることなんて、御姉寧さんには「そんなこと知るか」で済ませていただいて問題ないと思うぐらいです。コメント下さって、本当にありがとうございます。読み取れなくて、もちろん当然ですし。


 結局、実に有効な手段であることが更にはっきりしてしまった訳で、困りましたね(^^;
しかも。
>なぜ通報されるのかを考えることで、ほんの少しでもいいので何がいけないのか
>全く分かっていないようで
<
 ですね…orz


>法律とは人が生きていく上での不都合を解消するためのものであるべきだと私は思うのですが、
>法律を作ったり運用する側に、そう思っていない人が結構いそうなのが悩ましいところです。
<
 大蟻食さんですら、6月19日のエントリで
_______________________
政治はそういう時にこそ介入すべきなのだ、というのが、私の規制論である訳ですが、勿論、ここにはひとつ、意図的に外した問題があります――つまりその場合の政治とは、現実に存在するあの政治この政治ではなく、理念型としての政治です。つまり、近代の達成である諸価値を体現するものとして統治する政治、であり、その権限を、同じ諸価値を前提として共有する市民によって、市民の意思を代行する者として、委託されている政治、である訳です。
_______________________
(強調下線は引用者)とお書きだったぐらいですからね。

 躊躇は感じるけど、ある企業の提供する場でその企業の提示するルールは法という枠ではないのも事実という考え方もあるかとは思うのですが、、、ブコメでも難しいと仰せの方が複数いらっしゃるわけですし、それぞれ悩んでいくしかないですね。

 エントリ上げといてなんですが、あっさり答えの出る問題とは、もとより考えてませんし………
Noを発言する人が少しでも増えることが、答の一つかもしれませんが。
[ 2009/12/05 18:12 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6697

>お付き合い下さってありがとうございます
こちらとしても乗りかかった船ですので、その辺はお気遣い無用です。

>あっさり答えの出る問題とは、もとより考えてませんし
ヘイトスピーチ規制法の趣旨に賛成している私でさえ、例えば国民投票で決めるといった場合、
現状を考えると反対票を投じる可能性が大です。
(特にtari-Gさんもブコメでおっしゃっている「刑事人権後進国という日本の現実」を見るにつけ…)

>ある企業の提供する場でその企業の提示するルールは法という枠ではない
これに関しては、私は「迷惑客の対応を店の人にお願いする」と同レベルの話だと思っています。
とは言え、ファミレスで子どもが少々騒いでいる程度で目くじら立てたりはしないのと一緒で、
出来ればあまりやりたくないというのも事実なのですが。
[ 2009/12/09 17:39 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 6703

>例えば国民投票で決めるといった場合、現状を考えると反対票を投じる可能性が大
<
 そうですよね…orz


>「迷惑客の対応を店の人にお願いする」と同レベルの話だと思っています。
<
 ああ、なるほど。
また、私自身、自ブログにおいてはセカンドレイプとなるコメントや、私が応援している活動にたずさわる人たちを侮辱するコメントの場合、お客様に不快な思いをさせたくありませんので、投稿者は排除しますので、この辺との整合性ってか、ダブスタな気もしてしまい、さらに困惑の元となっていたり…。
 そして、自ブログにおける排除すらも
>ファミレスで子どもが少々騒いでいる程度で目くじら立てたりはしないのと一緒で、
>出来ればあまりやりたくないというのも事実
<
 ですよねぇ。
あちらは気楽でいいですねぇ。
[ 2009/12/10 17:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

お察しします。   No. 6710

コメント削除やアクセス禁止をされると、やれ「排除だ」「言論封殺だ」とか言う人をよく見かけますが、
誰が好き好んでそんなことしたいもんですか、ってやつですよねぇ。
[ 2009/12/12 19:06 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 6712

>「排除だ」「言論封殺だ」とか言う人をよく見かけますが、
<
 ああ、いますねぇ。排除は、、、まぁ排除なんですが、言論封殺って、そんな権力ありませんって話なんですけどね。ウチなんて、「反日ブログ監視所」やら「草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN」からもTB素通しでうけてるぐらいだから、言いたいことがったらブログに書いてTBしてくださいって話ですし。
[ 2009/12/13 02:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/777-178780ca


住まいの原型を探る2009(2)

先月末の29日(日)、また偶然にしてはちょっと出来過ぎと思うようなことが起こった。 26日、愛知県のマツイ夫妻から、12月17日に日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会が『ガリシア・デー』という催し物をやるのでまた一緒に参加しないかという誘いのメールをもら
[2009/12/05 04:45] URL アルゴンのディープサウス通信

神道ってなに? 

 gegengaさんの06年2月のエントリーにコメントがつきました。そこでわたしもコメントをつけて、東南アジアの精霊観念と日本の「カミ」観念を並べてみました。  神道は、日本の国教か  天皇云々はともかく、わたしなんかは、こういう記述を、そうなのかなあ
[2009/12/05 19:02] URL みんななかよく












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。