スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

肉味噌対決 

 以前、ネットで知ったレシピアレンジして作っていた肉味噌は、豚挽と筍と白葱と干し椎茸を中華風に味付けしたものだった。

 これを、今年の筍の季節に生筍をゆがいたので作ったら絶品だった。水煮筍で作った中華風肉味噌を物足りなく感じてしまったぐらいに(^^;

…不幸である。


 こうした経緯で、自分ちで旬の筍をゆがくとこから作った絶品中華風肉味噌の味を忘れるまで、水煮筍を使わない中華風肉味噌を作ろうと考えた。最初は、上記レシピに筍の代わりに大根を入れていたのだが。
まぁ、普通に美味しかった。
だがその内に、だんだん、独自性の追求という危険な路に足を踏み入れてしまったのだ。


 で、作ってみて美味しかった肉味噌その一。
豚挽200g
生ショウガ2センチ角ぐらい
白葱の青い所3本束の全部(計ると100gぐらいだった)
白葱の白い所一本分(これも計ると100gぐらい)
ナス小さめ2本(計ると170gぐらい)
ニラ1-2本
舞茸1パック(100g)
みじん切りにした生ショウガを胡麻油適量で炒めて豚挽き投入。火が通れば郫県豆板醤(ピーシェントウバンジャン)大匙山盛り1投入。

 ここは、郫県豆板醤指定なので注意。郫県豆板醤というのは、まぁ、そういうブランドなんだけど、熟成が長いそうで、色がどす黒くて旨味が強い。ただ、あまり辛くない。普通に売っている豆板醤を、ここでの郫県豆板醤と同じ量投入すると泣きを見ることになるので要注意(実はやってしまった(^^;)

 粗みじんに切った白葱類も入れて炒め、これも粗みじんに切ったナスも加えて炒め、舞茸も粗みじんに切って投入。オイスターソースと日本酒も大匙1ずつ入れて味を見て、、、郫県豆板醤って、あまり辛くないので、じゅうぶんに辛いと思うぐらいに気前よく入れると、その分塩気も入って、ほとんど豆板醤だけで味が付くという事態になる(^^; この時点で、できれば塩味がちょっと足りないぐらいに辿り着けていれば、豆豉大匙1ぐらいを細かく刻んで投入。

 見た目はとっても地味な肉味噌(^^;

スプーンをどけて撮影すれば良かったと、ほぞを噛み中

 見た目がアレではあるが、とっても美味しかったのであった。ちなみに、この味の付け方って麻婆豆腐そのままじゃないかという説もある(^^; この肉味噌、麻婆豆腐の肉部分?みたいな(^^; 
 さらに言えば、肉味噌と名乗らせつつ、野菜が大量に入っているので看板に偽りがあるような気がしないでもない。

 なお、豚挽が売り切れで合挽を使ってみた時があったのだが、やっぱり豚挽きの方が美味しいような気がした。また、豆豉を切らしたので、八丁味噌を使ってみた時も、やっぱり豆豉の方が旨いと思った(^^;


 次に、美味しかったのが、この肉味噌その二。
 ナスを買い忘れて、冷蔵庫には、ピーマンと豚挽き多い目に鶏挽きちょっとがあった時があって、こういったあり合わせで作ってみた肉味噌が、こういう時に限ってえらく美味しく仕上がった。何を入れたか忘れてしまったのだが、記憶から再現して作ってみたらやっぱり美味しくできた、その記録が以下。
豚挽と鶏挽あわせて200g
生ショウガ2センチ角ぐらい
ピーマン3個
青唐辛子10本
ニラ1-2本
ヒラタケ軽くひとつかみ
味付けは、郫県豆板醤とオイスターソースと日本酒と、マルサン純正こうじ味噌(<-なぜか力一杯限定している(^^;)

なお、東京に来て以来買って食べた青唐辛子がことごとく、当たり外れがほとんど無く非常に辛いのだが、東京では青唐辛子というのは辛い食べ物なのだろうか…?
これがまぁ、ピーマンとこうじ味噌が絶妙に合っていて美味しいんだなぁ。なお、これに限っては鶏肉を入れた方が美味しくなるような気がする。


 んで、茄子の肉味噌と、ピーマンの肉味噌。どっちが美味しいかといえば、、、どっちもそれぞれに美味しいのであった(^^;


 そして、こういう↑味付けにすると、もれなく中華風になるのだが。

 豚挽と茄子と白葱と青唐辛子と、マッシュルームと戻しておいた赤エンドウ豆とトマト1個分のざく切りと…といった、まぁだいたい似たようなものじゃない?な材料を、魚醤と、ターメリックとチリとブラックペパーとクミンとコリアンダーとカルダモンとガラムマサラそれぞれ適量と、その辺にあるスパイスも適当にふってみると、印度風肉味噌ができあがるのであった。

これまた、見た目が地味(^^;

 この辺なら、手持ちの調味料で適当にやれば、それぞれ中華風とか印度風に仕上がるのだが。。。
この前、テレビで「韓国風肉味噌」という単語を耳にした。なるほど、それを作ってみようとネットで検索したのだが、使っている調味料が豆板醤だったりもするので中華風との違いが今ひとつ解らなくて困っている。コチュジャンを使えばいいだろうが、「韓国風」として食べて感じる味ってあまりイメージが湧かなくて…、韓国風に仕上げるのってどうしたらかが解らないのであった。

 そして、印度風肉味噌やら中華風肉味噌を、トルティーヤに巻いて食べていたりもする訳↑なので。
墨西哥風肉味噌も考えてみたかったり(^^;
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2009/11/04 18:03 ] 小ネタ | TB(0) | CM(2)

アメリカ差別   No. 6630

ケチャップだけで味をつけると亜米利加風だべ。

しかし、京都大原の味噌屋 味噌庵の広告がつくのは自然だけど、(味噌餡の掛け言葉かな) 9日でニキビを治す ってgoogle広告はなんでつくんだろう。
[ 2009/11/05 08:13 ] 4V9qp3nE[ 編集 ]

差別になります~?   No. 6631

単に、アメリカが眼中になかっただけなのに。

>9日でニキビを治す ってgoogle広告はなんでつくんだろう。
<
 きっと、ピーマンが万病に効く健康野菜だからですよ(断言)。ニキビにも効くんでしょう。
[ 2009/11/05 17:28 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/764-4a8c2060














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。