スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民主党政権による相対的貧困率調査結果公表に関する諸々 

 民主党が「格差問題の解決に本格的に取り組むため」衆院選の公約に挙げていた「貧困の実態調査を行い、対策を講じる」に沿って、国民の中での低所得者の割合を示す「相対的貧困率」(国民の所得分布の中央値と比較して、半分に満たない国民の割合)を政府として調査するため、担当部局に指示をしたと報道があったのは10月5日のことだった(毎日新聞5日付「貧困率:政府として調査する方針固める 長妻厚生労働相」より)。これまでは政府として調査してきたことはなく、経済協力開発機構(OECD)が数字を出していたが、それは日本政府の統計資料を基に産出したもので、日本政府としての調査は今回が初めてという。

 その結果が、20日に公表された。以来、興味深い言説が方々に出現している。

 調査された相対貧困率の結果は既にあちこちで話題になっているが、
2007年度調査で全体の貧困率は15.7%。03年が14.9%、00年が15.3%、97年が14.6%。子供の貧困率では03年が13.7%、00年が14.5%、97年が13.4%。
 OECD調査による相対貧困率で00年代半ばと比較すると、日本(14.9%)は加盟30カ国平均である10.6%を上回って高く、高い方から4位。日本より相対貧困率が高いのは、メキシコ(18.4%)、トルコ(17.5%)、アメリカ(17.1%)の順。貧困率が低いのは、デンマーク(5.2%)、スウェーデン(5.3%)、チェコ(5.8%)だった。


 上記は、だいたい以下の報道からの要約。
主要国で最悪レベル、日本の貧困率 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
日本の貧困率は15・7% 07年、98年以降で最悪 - 47NEWS(よんななニュース)
日本の「貧困率」15・7%、OECD中4位 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
NIKKEI NET: 日本の貧困率、06年は15.7% 97年以降で最悪、OECDで4番目
貧困率:日本15.7% 先進国で際立つ高水準 - 毎日jp(毎日新聞)
解説:貧困率公表 削減、政府に責任 - 毎日jp(毎日新聞)
日本の貧困率15.7%、子供の貧困率14.2%、07年時点、3年前から拡大 | 企業・経営:ニュース・解説 | nikkei BPnet
日本の貧困率は15・7% 07年、98年以降で最悪/主要ニュース/社会総合/デイリースポーツonline
東京新聞:国民7人に1人『貧困』 仕送りできず 働いても低時給:社会(TOKYO Web)
河北新報 コルネット 社説 貧困率調査/見て見ぬふりは許されない」からは一部引用、

 貧困問題は存在しない、仮にあったとしても無視できるレベルだ―。これが自民党政権の公式見解だった。2007年2月の衆院予算委員会で、当時の安倍晋三首相はこう答弁している。「生活必需品が調達できない絶対的貧困層は、先進国の中で最も低い水準にある」

 安倍氏が言う「絶対的貧困」ではないが、経済協力開発機構(OECD)が採用している「相対的貧困率」で見ると、日本は落第生だ。


 この調査に対しては、朝日記事へのはてなブックマークコメントや、毎日の記事へのはてなブックマークコメントに興味深い意見が散見できたが(読売とかに少ないのは興味深い)、その集大成的なご意見とも思える論説をvanacoralさんが紹介してらした。
貧困率を知らなくても「総研」は勤まる様で(苦笑 - vanacoralの日記」より以下、引用部分を一部のみ。

日本は「冠たる平等国家」と私自身認識していた。それだけに、急に「貧困国」みたいないわれ方をされても戸惑うばかりだ。(略)
 いきなり「貧困率ワースト4位」といわれ、日本の国際的地盤がますます沈下するようで、自虐史観という言葉を連想してしまった。政権交代で、まさか懐具合の認識まで逆転させられるとは思わなかった。

  …「SANKEI EXPRESS」に掲載されていたそうである。まぁ、産経だし。
 ちなみに、このエントリのはてなブックマークページで、関連エントリとして以下のような記事が表示されていた。

 2006年7月21日(金)「しんぶん赤旗」「日本、「貧困率」2位 OECD報告書 非正規労働増が影響

 経済協力開発機構(OECD)は二十日、日本経済を分析した対日経済審査報告書を公表しました。報告書は、日本の所得格差が拡大し、二〇〇〇年にはOECD加盟国の中で相対的貧困率がアメリカに次いで二番目に高くなったことを明らかにしています。(略)
 日本は一位のアメリカの貧困率13・7%に迫る13・5%で、三位のアイルランド11・9%よりも際立って高い数値となっています。

 日本の一九九〇年代半ばの数値は11・9%で、「構造改革」路線のもとで、所得格差が増大してきたことを示しています。

 また、生活必需品のコストを基に算出した「絶対的貧困」の率(%)が日本で八〇年代半ばから二〇〇〇年に5ポイント増加したと指摘し、OECD加盟国の中で唯一の国だと述べています。(後略)

 2000年時点は、トルコとメキシコはOECD加盟国であったはずだが、この記事のグラフに国名が見当たらないようだ。


 というだけでも、改めてみると衝撃がある日本の相対貧困率に関するこのところの報道だが、私には更に気になった報道があった。

 サーチナ2009/10/22(木) 19:17「母子、父子家庭の貧困率 OECD中ワースト1

 福島みずほ少子化対策、男女共同参画担当大臣は、長妻昭厚生労働大臣から母子家庭、父子家庭の相対的貧困率は「OECD加盟30カ国の中でワースト1との報告を受けた」と記者会見で語った。所得格差の拡大、貧困層の増加を浮き彫りにしている。(略)

 福島内閣特命担当大臣はこうした状況をふまえ、来年いっぱいかけて策定する第三次男女共同参画基本計画の中でも「貧困の問題、特に、女性の貧困の問題について、取り組みをきちんと明らかにしていきたい」との考えを語った。

 また、同大臣は「母子家庭、父子家庭の貧困率はやっぱり状況が悪い。少子化担当大臣、男女共同参画大臣として、子育て支援や男女平等の実現の中で、女性の貧困問題ということを重要な一つの課題として政治に取り組んでいきたい」と重要視している。(後略)


 一人親家庭などをキーワードに、他の記事を探したが、一人親家庭の貧困率がOECD最悪という報道は、サーチナでしかでていない。2009/07/31付の当ブログエントリで引用した平成15年厚生労働省告示第102号「母子家庭及び寡婦の生活の安定と向上のための措置に関する基本的な方針について」で知っていたが、全体では平均460万円ほどの、平成9年度における母子世帯の年間平均収入金額は229万円(平成4年215万円)、父子世帯では422万円(平成4年423万円)。
 さもありなんという結果ではあるのだが、なぜ、他の報道では触れられていないのだろう?

 厚労省で公表されている20日付の「長妻大臣閣議後記者会見概要」にはこうあった。

発表でございますが、懸案となっておりました貧困率の問題でございまして、相対的貧困率、OECDが定期的に公表をしているものでございますが、これまで日本政府としては、相対的貧困率を公表したということは過去ございませんでした。(略)
 今後これ以外の貧困率というのもございます。例えば、子どもがいる現役世代、世帯主年齢65歳未満の貧困率というのもOECDはまとめておりまして、その中には大人が一人の貧困率、つまり父子家庭か母子家庭、両方合わせた貧困率というのもOECDは我が国のものも含めて発表をしておりますが、これについては今回は間に合っておりませんので、これも速やかに公表をしていきたいと思います。(略) ちなみに大人が一人、つまり父子家庭・母子家庭の貧困率は、2004年の時点だと思いますが、OECDの発表ベースでは、日本国は58.7%ということで、30位ということでございますので、OECD加盟国は30カ国ですので、ワースト1という結果が出ております。

 つまり、各報道が一斉に報じた20日時点では、一人親世帯の貧困率は間に合っていなかったようだ。

 同じく、20日時点の「福島内閣府特命担当大臣記者会見要旨 」にはこうあった。

(問)別件なんですけれども、厚生労働省のほうで貧困率の調査結果が出たようですけれども、およそ14%と聞いていますが、この結果の受けとめと、党首として、大臣として、どういうふうに思われますか。

(答)雇用や貧困の問題には、これは社民党としても特に取り組んできました。厚生労働省が貧困率の調査をして今日発表することが、閣議懇談会でちょっと議論になり、今日記者会見で長妻大臣が発表されるということで説明がありましたので、貧困率の発表が今日行われたということは、迅速に取り組んでいただいてよかったと感じております。
 これは、そのときにOECD30カ国の中で、母子家庭、父子家庭の貧困率がワースト1だということの報告を聞きました。特に、貧困率は高くなっているんですが、母子家庭、父子家庭の貧困率というのはやっぱり状況が悪いわけです。ですから、今度、少子化担当大臣、男女共同参画大臣としては、子育て支援や男女平等の実現の中で、とりわけ女性の貧困問題ということを重要な一つの課題として政治に取り組んでいきたいと考えています。

…あれ?(^^;
 どうも、サーチナが報じたのは、今回の日本政府が調査した結果に付随して再注目されたOECDの調査結果なのかもしれないと思えて来た。

 とはいえ、実際に日本政府による新しい調査結果を確認できたら、再注目したいトピックだ。今年の9月15日に、こんな記事を見かけていたのだし。
WAN - シングルマザーへのまなざし~「生活保護母子家庭は怠け者」発言から

 8月18日、舛添厚労相が、年越し派遣村に集まった人を指し、「怠け者には税金を使うつもりはない」と言ったかと思うと、今度はその弁明の中で、「怠け者とは生活保護母子家庭のことだ」と発言した。(略)
 この発言こそが日本のシングルマザーの「貧困」を如実に表していると、改めて思うのである。

<母子家庭の現状>
 母子家庭の84.5%は働き、ダブルワークをしている人も多いのに、大多数の就労収入は140万そこそこである。養育費はまったくあてにならず、母子家庭の8割が受給しているまさに命綱の児童扶養手当は最大年額50万円少々で、それを入れても200万に届かない。収入が少ないのは母子家庭のせいではない。そもそも女性の賃金が低いこと、仕事と子育てが両立できるような社会環境でないこと、子連れでの再就職は非常に難しいことなどから、母子家庭は、低賃金・短期間・短時間の非正規職を転々とするしかないのだ。(略)

<生活保護と児童扶養手当>
 とはいえ、多くは生保以下の収入なのに母子家庭の生保受給率は2割に満たない。(略) 貯金があってはだめだと言われ、なくなったら受給できるかと聞いても、それは保障できないと言われ、子どもを抱えて無一文にはなれず、また露骨に蔑みの言葉を投げられて、申請をあきらめるのである。そして、一番の懸念は更なる差別である。(略) 児童扶養手当の窓口では、長屋の隣に男性が住んでいるだけで、一つ屋根の下に男がいるから事実婚だと言われたり、前夫の両親が近くに住んでいるだけで偽装離婚だと言われたりする。(略) 所得があまりに低いと、これで生活していけるはずがないと不正を疑うのである。(略)

<なぜ母子家庭はここまで叩かれあるいは無視されるのか>
 昨今クローズアップされるようになった貧困問題でも、社会問題としてはあくまで「仕事を失い家を失った若い男性問題」、あるいはせいぜいようやく、男性ホームレス問題である。昔から貧困だった母子家庭はないことにされている。それは、貧困になって当然だ、自業自得だと思われているからだ。(略) 自分の選択で離婚したり非婚で子どもを産んだりするからだと。(後略)

 一人親世帯の、最新の相対貧困率が、そんなに良い結果が出るとは思えない。まぁ、まだ出てない訳だが。


参考;「相対的貧困 と 絶対的貧困 - どろの日記

ここに興味深い資料があります。
働いて得る所得から見た貧困率と、税金・社会保障を含めた貧困率の2つを比較した表です。(※資料3 OECD資料)

それによれば、10年ほど前には、日本は働いて得る所得がわりと均等だったんです。
フランス,ドイツ、ベルギー、デンマーク、イギリス、アメリカより格差が少ない。
ところが社会保障を含めると、日本はアメリカ以外の国々より貧困率が高くなっていた。

スポンサーサイト
[ 2009/10/25 17:29 ] 四方山話 | TB(2) | CM(2)

貧困率でも熱湯浴の悪あがきが(笑)   No. 6620

熱湯浴はどうしても日本に貧困が無いことにしたいらしく、「日本は元が豊かだから貧困層といわれる人々でも外国の貧困層に比べると遙かにましだ」とか「絶対的貧困が多い北朝鮮だと貧困率が低くなってしまうではないか。相対的貧困率に意味はない」とか吹き上がってます。
これ、エントリーにしようかどうか迷ってたんですけど、虚しそうなんでやめました^^;
で、こういってる熱湯浴はそろいもそろって母子加算復活をぼろくそにけなしてたりするわけですが、決して自分も富裕層ではないらしく、なんて自虐的なんだろうと思います(笑)
[ 2009/10/26 00:09 ] 449pMq2M[ 編集 ]

   No. 6621

>外国の貧困層に比べると遙かにましだ
<
 …(^^; 
報道をちゃんと読めば、格差の話なんですけどね。餓死してる人もでているのに、それが常態でもいいんだろうかと不思議です。
 vanacoralさんが紹介しておいでだった、産経エクスプレスに何か書いてた総研の人は、相対貧困率が高いという話を知って『日本の国際的地盤がますます沈下するようで、自虐史観という言葉を連想』したそうで…(^^; >なんて自虐的

 エントリで紹介しきれませんでしたが、この報道関連で、高校の授業料が無償化されても、増加中の修学旅行や大学受験を諦めないといけない子のフォローにはならない懸念が報じられていました。無かったことにしてたら、対策も立てられないわけで、(貧乏を直視することを)自虐もへったくれもあるかいって話です。
[ 2009/10/26 19:29 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/759-04164614


差別用語

やっぱり書いちゃう。 たんぽぽ様のブログ、“たんぽぽのなみだ~運営日誌 「母性本能を熟成?」”の記事で、 たんぽぽ様がまとめられてい...
[2009/10/26 22:31] URL あなたは悪くない

母子加算と子ども手当

「母子加算」がもうじき復活ですが、「子ども手当て」が導入されると 「収入」とみなされるか、という疑問があります。 母子加算は「生活保護」なので、「基準額」があって、 収入がこれを超えたら、支給されなくなるからです。 それを調べたかたがいらしたので、ご紹介
[2009/11/18 06:56] URL たんぽぽのなみだ~運営日誌












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。