スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋に美味しいもの・その4 

 「秋に美味しいもの・その3」のコメント欄で話題に上った「秋映」が売っていたので買ってみた。

向かって右二つが紅玉。向かって左が秋映

 実は紅玉の約5割増しのお値段だったのだが(^^; お味の方は…。紅玉よりも甘みが控え目で、紅玉よりも酸味が少ないリンゴだった。有り体に表現…するのは、身も蓋もない評価になってしまうのでやめておこう。やはり、紅玉が一番だなぁと思った、とだけ(^^;

 さて。このところ、ネットの一角でテロ攻撃の応酬が続いている。



 といっても、もちろん食い意地テロの話。先にテロ攻撃エントリのトラックバックを送った某所から、強烈な反撃が来た。…何ですか、その美味しそうな「味噌ピー」ってやつは?

 関西の食文化で育った者が、関東に旨いものはないとかいった発言はしばしば口にしがちな気がするし、口が悪くて口の肥えた親がいる家庭で育った私もそういった発言をしばしば耳にしてそんなものなのかと思いがちだったりもするが、関東に住み始めて以来、大阪にいる時には喰ったことがなかったがこれは旨いと思っている食べ物はいくつもある。

 その筆頭が、生ピーナツの塩ゆで。
 職場で、誰かが千葉で遊んできたついでに買ってきたというものを頂いたのだが、内心で別に落花生ってそんなに好きじゃないんだけどとかなんとか罰当たりな事を考えつつ手を出した私は、自らの不明を恥じた。なにこの滅茶苦茶旨いもの。

 以来、食べる機会はほとんど無かったのだが、kanakaさんにみせびらかされたのだ。私も、おかず系食べ物が甘いのはあまり好きではなく、おかず系食べ物の調味に砂糖を使うことは絶対無いので(味醂はある)、白味噌に蜂蜜で味付け…という点で躊躇う側面はあっても、でも、生ピーナツかぁ、旨いだろうなぁと大変に心惹かれるエントリだった。とはいえ、最大のハードルは、生ピーナツが入手できんがなという点だったのだけど。

 ある日、例によって地場産コーナーをのぞいたわたくし、驚いた。生ピーナツが売っていたのだ。産地も明記されていた、千葉県、と。

 何度も都痴事がらみで書いてきたように、私は現在、東京都民。地場産コーナーで千葉県産の生ピーナツが並んでいることに幾ばくかの疑問を感じたが、細かいことは気にせず、生落花生さんとの出会いに感謝することにした。

 味噌ピーにも心は惹かれるが、ここは基本を押さえねば(謎)というわけで、まずは塩ゆで。付いてきた説明書き通りに、2%の塩水・圧力鍋で20分茹でた。説明書きには←とあったのだが、もう少し茹で時間は短くてもよかったかもしれない。
 普通に売っている炒り落花生とは違って、内皮の色が薄く、からの中身はすき間無く茹で落花生が詰まっている。味は……、kananakaさんがゆり根のようなと表現してらしたが、確かにそんな感じ。ただし、ナッツの味がする百合根とも言えるだろうか。

 そうして、最初に買った一袋分を堪能し、さてもう一袋買って味噌ピーにしようかと思って、件の地場産コーナー出かけていった次の機会。そこには既に、生落花生はなく、炒り落花生しか並んでなかったのだった。
 …がっかり。秋の初めの、ほんの短い期間しか出回らないのかもしれなかった。


 味噌ピーは来年のお楽しみとせざるを得ないが、それなら待っている間に別の「味噌ピー」でも作ってみようか。参考にしたのは、こちらの「ごはんにピッタリ☆ピーマン味噌: ooLife *オーガニックレシピ手帖*
 タマネギを一個を粗いみじん切りにして、胡麻油適量でしっかり炒め、これも粗いみじん切りにしたピーマン4個を加えて軽く炒め、こうじ味噌大匙2ぐらいと、すり胡麻大匙2ぐらいを入れて軽く炒めて、味噌ピー(笑)の完成。
元レシピでは入っていた味醂は、甘すぎるのが苦手なのでパス。くるみも常備していないので、擂り胡麻に変更。

 ピーマンがたっぷり入ったこれがまた滅茶苦茶美味しくて、近頃は、ピーマン味噌&肉味噌の、二色味噌のっけご飯弁当が、個人的に流行中である。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2009/10/11 23:59 ] 小ネタ | TB(1) | CM(11)

ギョーザの中身ですか?   No. 6573

ニラがおいしそうですね。
[ 2009/10/12 14:26 ] R4ynoTec[ 編集 ]

いわゆる   No. 6574

「認知的不協和」ってやつですか?
http://plaza.rakuten.co.jp/kngti/diary/200910100000/
http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20080412/p1

ピーマンが美味しいという現実から目を逸らしてはいけませんよ。
[ 2009/10/12 17:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ゆでピーの季節   No. 6576

相方の出身地島原では、秋の運動会にはどこの家庭もゆでピーナツを持参するとかで・・・。
結婚して初めて食したゆでピーは驚愕のうまさでした。私は、やわやわにゆだったのが大好きです(なかなか、当たらないのだけれど)。
[ 2009/10/12 17:51 ] IjmOHdIw[ 編集 ]

   No. 6577

>akiraさん
>初めて食したゆでピーは驚愕のうまさ
<
 まさに^^
生ピーなりゆでピーなりにして凍結保存可能らしいのですが、あっさり食べきってしまいました(^^; お隣の県の特産品だというのに、この辺りでも滅多に見かけません。これだけ旨いんだから、冷凍ゆでピーの通販とか探せばあるかもしれませんね。
[ 2009/10/12 19:29 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6578

先日、近所で生落花生を見かけたのですが
ルーティンの炊事以外をする気力がなかった私は
買わずに通りすぎました。
驚愕するほどのおいしさなら
気力を振り絞って買えば良かった。
 
[ 2009/10/12 20:00 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

もし、   No. 6579

私がさくらさんの近所のお買い物どころの見当が付くなら、
「驚愕のうまさ」って、ても、まぁ修辞ですよと誤魔化して、買い占めに走るところです(ぉぃ
[ 2009/10/12 20:57 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ゆでピー   No. 6580

先日入った居酒屋でつき出しに出てきました
おいしいんだよなこれが。

味噌ピーマンも美味しそうですな
[ 2009/10/13 14:43 ] FpmNmbUk[ 編集 ]

   No. 6581

>north-poleさん

 いい居酒屋さんですね~。つきだしだけお代わりしたくなりそう(^^;
味噌ピーマン、是非お試しを。
[ 2009/10/13 18:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ゆでピー   No. 6582

美味しいですね.信州育ちの私は知らなくて,妻から聞いて
半信半疑だったのだけれど去年初めて食べて,納得しました.
[ 2009/10/13 18:42 ] KiD8ElgI[ 編集 ]

   No. 6583

別の「味噌ピー」、メチャメチャうんまそぅです! 
食い意地テロエントリの時は毎度のこととはいえ、
妄想の中で立ちのぼる胡麻油と玉葱とピーマンの香りに、
おなかの虫が悲鳴を上げてるでわないですかっっ。
折角ご紹介に与った割に、落花生デビュー前夜の私には、
こちらの味噌ピーの方が、ご飯何杯でもおかわり出来そう(笑)

「秋映」レポ、ありがとうございました。
そっかぁ、そちらではお値段も高いんですねぇ。5割増しとわ…。
そして「紅玉」は別格と再確認と_....¢(。。;)メモメモ

また地場モンを見繕ってお礼(テロぢゃない)参りに伺えればイイのですが、
今年は天候が不順で(言い訳)、思うように採集生活が捗りませぬ。
今しばらくご猶予を~^^

PS お気遣いいただきまして、申し訳ありません。
IDコールのお返事の仕方がわからず(汗)、自ら再投稿に参りました^^
[ 2009/10/13 22:18 ] mB.BT9Ic[ 編集 ]

   No. 6584

>三ねんせいさん

 食べたことがなければ、ゆでピーの旨さに驚きますよね。ピーナツといえば炒りピーの印象が強いけど、別もんですよねぇ。



>kanakaさん

 味噌ピー(マン)、元レシピに入ってたクルミをはぶいてしまいました(^^; そちらでふんだんに手にはいるようなら、是非、元レシピ版もお試しを。実は、生ピーを入れても旨かろうとは思ったのですが、もちろん、こっちに回るほど生ピーはありませんでした(^^;
 来年、生ピーが手に入ったら、、、、、、、白味噌を買ってももてあましそうだから、いきなり甘くない味噌ピーに改造してしまいそうです。

 近所のスーパーで、今度はシナノドルチェを目撃しました^^ また別のスーパーではジョナゴールドも。利きリンゴしなくちゃですねぇ。これで一本エントリがかけそうです(ぼそ


 再米、ありがとうございます。内容的に多分違うだろうとは思いつつも、コメント通知メールでは非公開コメントであるかどうかがわからず、非公開コメを勝手に公開したら失礼極まりないので、お手数をおかけしてすみませんでした。
[ 2009/10/14 20:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/752-ac867803


今年も秋の味覚

 秋に美味しいというよりも、秋ならではの味覚が大猟だったので、一晩、糞出しして、佃煮にした。  素揚げにした段階。脚がとれてしまうのが多いが、原型をとどめているのこそこいる。  で、佃煮。秋の花を描い
[2009/10/13 20:14] URL pokoponにっき












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。