スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生駒市議会が『「慰安婦」問題に関する意見書』を採択  

 6月の地方議会「慰安婦」問題解決を求める意見書採択ラッシュから、2ヶ月ちょい。週末に定期巡回コースを回るのをさぼっていたせいで、見落としていた(^^;

 日本国内の地方議会としては、9都市目。今度は奈良県で「慰安婦」問題解決を求める意見書が、24名の市議からなる生駒市議会にて、11日に全会一致で採択されたとのこと。毎日地方版が12日で報じていたようだ。

(略)
 市民団体「旧日本軍『慰安婦』問題の早期解決を求めるネットワーク奈良設立準備会」の要請を受け、小笹浩樹議員(民主・草創)が案を作成。全議員が賛同し、全会一致で可決された。慰安婦問題の真相を究明し、被害者の尊厳回復に努める▽歴史を踏まえ、次世代に事実を伝えるよう努める--などを国に求めている。

 小笹議員は「被害者の高齢化が進み、時間的余裕はあまりない。地方議会から国に対して責任を果たすよう促したい」と話している。同ネットワークは今後、県内の他の議会にも同様の働きかけをする予定。


 …「旧日本軍『慰安婦』問題の早期解決を求めるネットワーク奈良設立準備会」って(^^; 準備会時点で、意見書採択にこぎ着けるとは素晴らしい。

 意見書は、「議員提出議案第11号(リンク先PDF)として上記報道で名前の挙がっている小笹議員によって提出されており、小笹議員以外に5名の方が賛成者として名を連ねておられた。石川先生がエントリが確認しておられたが、提出議員は民主、賛成議員の内訳は共産1,自民1,公明1,無所属2となっている。共産は当然、河野談話堅持路線の意見書なら公明も当然なのだが、自民の議員が賛成者として名を連ねているのは非常に意外だった。そして、24名の生駒市議の構成は、無所属14,共産3,公明3,民主2、自民2となっていたので、自民の議員がいない市ではないのに、全会一致というのはどうしたんだろうと思ってしまった(^^; この奈良という土地、「はにかみ草」さんによると、高市早苗氏が議席を得るぐらい、保守色が強いという話なのだが(^^;

 また、提出議員と提出時の賛成議員の名前を見て全員男性であることに気づき、この点にも、つい、注目してしまった。生駒市の女性市議は無所属4,共産1、民主1、公明1の7名いるにもかかわらず、である。他の「慰安婦」問題解決を求める意見書をあげた地方自治体の場合、女性市議が主導している様子であったから。
 …今回の意見書採択は、なんだかますます流れが変わってきたのかな?と思える側面が見えるような気がした。

 意見書も早々に、WEBで閲覧できるようになっていた。
「慰安婦」問題に関する意見書(9月11日)【PDF】

「慰安婦」問題に関する意見書


 かつての戦争において、日本が近隣諸国の人々に多大な被害を与えてから、既に64年を経たが、いまだに人々の戦争被害の傷はいやされていない。そして直接の被害者のみならず、その子孫も親世代が傷つき、いやされていないことで傷ついている。日本軍「慰安婦」問題は、その象徴的な被害である。

 近年、フィリピンの外交委員会や韓国、台湾の議会など関係諸国の議会でも、日本政府に対し、「慰安婦」問題の責任を認め、公的に謝罪することを求める決議が採択され、国連などの国際的な人権擁護機関からも早期解決を求める勧告が出されている。

 このように、国際社会は「慰安婦」問題を現在に通じる重大な人権侵害と認識し、日本政府が誠実に対応することを要請している。

 「慰安婦」問題に誠実に対応することは、戦争を遂行するために女性の性が利用されるという人権侵害が二度とないようにするという日本政府の世界への意思表示となる。さらに、アジアの人々の戦争被害の傷をいやし、和解し、平和的に共存していく道筋を作ることとなる。

 1993年の河野内閣官房長官談話では、第一次、第二次調査を経て、「我々は、このような歴史の真実を回避することなく、むしろ教訓として直視し、歴史研究、歴史教育を通じ永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を表明し、今後とも民間の研究を含め、十分に関心を払っていきたい」旨の発表がなされている。この精神を維持、発展させ、内容を具体化することが、問題解決へとつながるものと確信する。

 かつての戦争から長い時間を経て、被害者の訃報が相次ぐ中、被害者の存命中に納得できる解決が急がれている。

よって、国は、下記の事項について誠実に対応をされるよう強く要請する。


1 河野談話に矛盾しないよう「慰安婦」問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復に努め、誠実な対応を図ること。
2 「慰安婦」問題の歴史を踏まえ、次世代に事実を伝えるよう努めること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成21年9月11日
生 駒 市 議 会

 …採択に尽力されたみなさま、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/09/14 17:37 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)

奈良といえば   No. 6485

あの奥野誠亮をつい思い出してしまい自民党議員も賛同しての意見書採択が意外な気がしますが、生駒近辺は流入人口の高い地域ですからもしかすると割合リベラルな雰囲気があるかもですね。奥野誠亮の長男の信亮が中国や韓国に親和的なのもちょっと面白いです。
[ 2009/09/15 08:01 ] -[ 編集 ]

   No. 6486

>SIVAさん
>生駒近辺は流入人口の高い地域
<
 そうなんですか。なるほど。
とはいえ、本会議で賛成する以前、提出時点の賛同議員が結構年配の方も混じった男性ばかりの布陣というのも意外感が、やはり(^^;
河野談話を出して以降、政府が調査していないとかの話って、多分知られていないから、その辺の事情が受け入れられれば、保守系の考え方をおもちの人でも、こうなるんじゃないかと想像しています。
[ 2009/09/15 19:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/738-f42f7ce1


[慰安婦]資料置き場

◇1ページ ◇2ページ ◇3ページ
[2009/09/20 22:40] URL Stiffmuscleの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。