スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女性差別撤廃委員会第44回会期、日本への総括所見の一部 

(ちょこちょこ加筆&修正中@8/19~最終8/23)

 18日付の『女性差別撤廃条約 日本の実施状況についての国連勧告速報 - つばさ』にて、「NGO すぺーすアライズ 事務局長」さんのメールらしい文章が転載されていた。女性差別撤廃委員会審査の最終コメントが出るのは8月末だと報道されていたのだが、既に出ているとのこと。そちらでは、勧告本体へのリンクも貼ってくださっていた。

 それが、Committee on the Elimination of Discrimination against Women 44th session (20 July - 7 August 2009) 
ここからダウンロードできるように、Concluding Observationsの"E"(リンク先はPDF)が公開されていた。「F | S」は、まだリンクが切れているので、詳報がこれからということだろうか(<-フランス語版、スペイン語版がまだと言うことだろうとご指摘いただきました、ありがとうございました)


 『女性差別撤廃条約 日本の実施状況についての国連勧告速報 - つばさ』では、全体を通しての概略をお書き下さっているが、私は注目していた「Stereotypes (ステレオタイプ)」と「Violence against women (女性に対する暴力)」の2項目を読んでみた。念のため書いておくと、こういった文脈でのステレオタイプとは男性や女性について、それぞれ一方の性別によりあてはまると信じられている心理的特性や行動特性のこと。

 なお、「Violence against women (女性に対する暴力)」の項目は、前回の2003年「女性差別撤廃委員会第29会期  日本レポート審議 最終コメント(リンク先はPDF)」では、「ドメスティック・バイオレンス、移住労働女性、“戦時慰安婦”」として、25と26の二項目しかなかったのが、「女性に対する暴力」として、31から38まで増えている…。
 訳は、かなり大雑把な意訳でつけてはおくものの、あまり信用しないでいただけると有難いかも(Stiffmuscleさーん、と小さな声で呼んでみる)

Stereotypes

29. The Committee is concerned at the reported "backlash" against the recognition and promotion of women's human rights in the State party, despite the persistence of inequality between women and men. It continues to be concerned at the persistence of patriarchal attitudes and deep-rooted stereotypes regarding the roles and responsibilities of women and men in the family and in society in Japan, which threaten to undermine women's exercise and enjoyment of their human rights. The Committee notes that this persistence is, inter alia, reflected in the media and in educational textbooks and curricular materials, all of which influence women's traditional educational choices and contribute to the unequal sharing of family and domestic responsibilities, resulting in their disadvantaged situation in the labour market and their underrepresentation in political and public life and decision- making positions. The Committee is further concerned that stereotypical attitudes are particularly prevalent in the media, where women and men are often depicted in a stereotyped manner and that the media are becoming increasingly pornographic.
The over-sexualized depiction of women strengthens the existing stereotypes of women as sex objects and continues to generate girls' low self-esteem. The Committee expresses its concern at the high incidence of gender discriminatory statements and sexist remarks made by public officers and the lack of steps taken to prevent and punish verbal violence against women.
 本委員会は、女性と男性の間の不平等が依然として存在し続けているにもかかわらず、女性の人権の推進と認知に対する「バックラッシュ(反動)」が報告されたことを懸念する。それは、日本の家庭や社会における女性と男性の役割と役務分担に関する家父長的な姿勢と社会に深く根を下ろしたステレオタイプが依然として存在し続けていることを、女性の人権の行使と享受を阻害するものとして、引き続き懸念する。本委員会は、こういった状況がとりわけ、メディアや教科書や教育課程の資料に反映され、それら全てが女性の伝統的な教育の選択に影響を及ぼし、家族内や国内の不平等な役割分担の原因となり、労働市場における不利な状況、議員、公務員、および意思決定権限のある役職に就く女性が少ないという結果をもたらしていることに注目する。
 本委員会はさらに、メディアで女性と男性がステレオタイプに描かれることが多く、メディアにステレオタイプを助長する姿勢が蔓延していること、また、メディアの表現がさらにポルノ的になっていることをより深く懸念する。性を過度に強調した女性の描写は、女性が性的対象物とする現在の固定観念を強め、少女達の低い自己評価を生み出し続けるものである。
 本委員会は、公務員による性差別的な言動や性差別主義的発言が頻発し、女性に対する言葉の暴力を防止し処罰する手段が不足していることに懸念を表明する。(*)


30. The Committee calls upon the State party to further enhance its efforts and to take proactive and sustained measures to eliminate stereotypical attitudes about the roles and responsibilities of women and men, through awareness-raising and educational campaigns. The Committee recommends that the State party encourage the mass media to promote cultural change with regard to the roles and tasks considered suitable for women and men, as required by article 5 of the Convention. The Committee requests the State party to enhance the education and in-service training of the teaching and counselling staff of all educational establishments and at all levels with regard to gender equality issues, and to speedily complete a revision of all educational textbooks and materials to eliminate gender stereotypes. The Committee urges the State party to take measures, including the criminalization of verbal violence, to ensure that Government officials do not make disparaging remarks that demean women and contribute to the patriarchal system which discriminates against women. It also urges the State party to strengthen its strategies to combat pornography and sexualization in the media and advertising and to report the results of the implementation in its next periodic report. It calls on the State party to take proactive steps including through encouraging the adoption and implementation of self-regulatory measures to ensure that media production and coverage are non-discriminatory and promote positive images of girls and women, as well as increase awareness of these issues among media proprietors and other relevant actors in the industry.
 本委員会は、啓発教育キャンペーンを通じ、女性や男性の役割や責任についての固定観念にしたがう傾向を取り除くための率先かつ持続した努力をさらに強化するよう求める。委員会は、マスメディアに、条約第5条で求められたように女性と男性に適していると見なされる仕事や役割において、文化的な変化を導くよう奨励するように、勧める。本委員会は、教育、現職のトレーニングとカウンセリングスタッフの教育を強化し、教科書や教育素材からジェンダー固定観念を取り除く改訂を速やかに完了するよう要求する。
 本委員会は、政府要人が女性蔑視発言をせず女性を差別する父権的な構造に寄与しない事を確実にする、言葉の暴力に対する処罰を含む手段を執るよう主張する。更に本委員会は、メディアや広告におけるポルノや性的意味の氾濫に対抗する戦略を強化するよう、そして次回審査時に実施結果を報告するよう主張する。メディア生産や報道が女性や少女に対し差別的でない肯定的印象の促進や、メディア関係者間のこの問題への認識の増加などの、自己規制手段の採用や実現を奨励を経ることも含んだ率先的な処置をとるよう求める。

(*のパラグラフはStiffmuscleさんから、訳を頂きました。ありがとうございます。)
…ステレオタイプの項はここまで。

 今回審査に先立つ、2008年11月20日付の『第6次日本レポートの審議に関する課題および質問事項一覧:日本(Japan NGO Network for CEDAW訳)にはこんな一節があったものだ。

17.委員会が第4回・5回日本定期報告書を審議した建設的対話において、公務員による性差別発言の問題が委員会の委員により提起された(CEDAW/C/SR.617、パラ59)。女性の品位を下げ、女性を差別する不平等で父権的な制度を象徴する、侮蔑的な性差別発言を公務員が行わないことを確保するために、どのような措置が取られたか示して下さい。

この「CEDAW/C/SR.617、パラ59」では、「the Governor of Tokyo」の発言が指摘されていた。そして、「CEDAW/C/SR.617」は、「9 July 2003」にNYで開催された「the 617th meeting」のサマリー(リンク先はDOCファイル)。

 ということは、2003年6月26日の太田誠一議員による「集団レイプは元気」発言や、森喜朗前首相による「子供のいない女性が税金で福祉を受けるのはおかしい」発言、翌27日の福田康夫官房長官(当時)による「男は黒豹」発言が、前回審査時に委員の知るところとなっていたかは微妙であるとも思える。

 しかし、その後、2007年1月27日の柳沢厚労相(当時)による「産む機械」発言、自民党総務会長である笹川尭衆議院議員による2008年9月30日のペローシアメリカ下院議長への性差別発言2008年12月6日の少子化担当相への「子供を産んだからなれた」発言と2009年3月7日の「女性国会議員は上品ではない」発言、2008年11月19日の麻生首相による「しつけるべきは母親」発言、2009年6月5日の石原慎太郎東京都知事によるIOC評価委員会の委員長に対する「元美人」発言と、私が把握しているだけでこんなにある。

 しかも、これら発言は、原文に「Government official」と書いてあるのを政府官僚とは訳してみたものの、選挙で選ばれた人たちによるものである。日本社会に、そういう意識が蔓延し発言が容認される土壌があると見なされるだろうし、その原因と思われる要因に対して対処を求められるのは当然の成り行きだろう。(また、ステロタイプに関しては、こういうのも関連するだろう

 そして、この後に「女性に対する暴力」の項目が来るのも、話の流れというものか。

Violence against women

31. The Committee welcomes the various efforts undertaken by the State party to combat violence against women and sexual violence since the submission of its previous periodic report, including the revision of the Act on the Prevention of Spousal Violence and the Protection of Victims (domestic law legislation) which enhances the system for issuing protection orders and requires municipalities to establish counselling and support centres. It remains concerned that the domestic legislation does not cover all forms of violence within intimate relationships and that the time between a request for a protection order and its issuance may further endanger the victim's life. The Committee is further concerned at the obstacles women victims of domestic and sexual violence face when bringing complaints and seeking protection. It is particularly concerned at the precarious situation of immigrant women, minority women and women of vulnerable groups in this context which may prevent them from reporting cases of domestic and sexual violence. The Committee also expresses concern about the lack of information and data provided about the prevalence of all forms of violence against women.
 本委員会は、前回報告書 …結婚制度内の暴力防止における法の取り組みや、被害者保護、保護命令発令などの強化を含む… 提出以来取り組まれてきた、戦時における女性に対する暴力と性暴力に対して行った取り組みを歓迎しつつ、カウンセリングや支援センター設立を自治体に要求する。ただし、国内法が全ての暴力を防ぐわけではなく、保護命令やその発令までに、被害者の生命が危険に曝されることを、本委員会は懸念し続ける。本委員会は、DVや性暴力の被害者女性が保護を求めたり告訴するにあたって障害に直面することを、更に懸念する。これは特に、移民女性やマイノリティ女性など不安定な立場にある女性が直面することが、懸念される。本委員会は、また、あらゆる形態の女性に対する暴力の発生に関する情報提供が不足している事に対しても、懸念を表明する。

32. The Committee calls upon the State party to address violence against women as a violation of women's human rights and to make full use of the Committee's general recommendation No. 19 in its efforts to address all forms of violence against women. It urges the State party to intensify its awareness-raising efforts with regard to the unacceptability of all such violence, including domestic violence. It recommends that the State party strengthen its work on violence against women and speed up the issuance of protection orders and open a 24-hour free hot-line for counselling women victims of violence against women. It also recommends that the State party ensure that high-quality support services are provided to women, including immigrant women and women of vulnerable groups, in order for them to bring complaints, seek protection and redress, thus ensuring that they do not have to stay in violent or abusive relationships. In this respect, the State party should take the necessary measures to facilitate the reporting of domestic and sexual violence. The Committee recommends that the State party implement comprehensive awareness-raising programmes throughout the country directed at these groups of vulnerable women. It calls upon the State party to ensure that public officials, especially law enforcement personnel, the judiciary, health-care providers and social workers, are fully familiar with relevant legal provisions and are sensitized to all forms of violence against women, and that they are capable of providing adequate support to victims. It urges the State party to collect data and to conduct research on the prevalence, causes and consequences of all forms of violence against women, including domestic violence, and to use such data as the basis for further comprehensive measures and targeted intervention. It invites the State party to include statistical data and the results of measures taken in its next periodic report.
 本委員会は、あらゆる形態の女性に対する暴力問題に対応を求める一般勧告19号を完全に適用するよう、そして、女性の人権侵害としての女性に対する暴力に留意するよう求める。ドメスティックバイオレンスを含む類似の暴力を否定する認識を強化するよう求める。女性に対する暴力の被害女性が相談できる24時間無料ホットラインの開設や、保護命令発令の時間短縮を勧める。虐待や暴力から逃れられるよう、告訴や保護や救済を求められるよう、移民や立場の弱い女性に対し質の高い支援体制を保証することを勧める。この点について、日本国政府はDVや性暴力の申し立てを容易にするよう、必要な手段を執るべきである。本委員会は、立場の弱いこれら女性グループに向けられる認識を高める、包括的な国単位の計画を履行すべきと勧める。これは政府に、公務員等があらゆる形態の女性に対する暴力に敏感になるようにし、関連法に精通させ、被害者に適切な支援を提供できるよう求める。本委員会は政府に対し、介入や更なる包括的手段の基礎とするため、ドメスティックバイオレンスを含むあらゆる形態の女性に対する暴力の、発生、原因、重大性について研究の実施を勧める。統計資料と執られた手段の結果は、次回審査の資料に含めることを促す。

33. The Committee is concerned that, under the Penal Code, the crime of sexual violence is prosecuted only upon complaint by the victim and is still considered to be a crime against morality. The Committee further remains concerned that the penalty for rape remains low and that incest and marital rape are not defined explicitly as crimes under the Penal Code.
 本委員会は、刑法の下、性暴力犯罪が親告罪であることと、未だ、道徳に対する犯罪と見なされていることを懸念する。委員会は、強姦に対する刑罰がなおも軽いこと、近親による強姦や結婚相手からの強姦が刑法に明示的に定義されていないことを、更に懸念し続けている。

34. The Committee urges the State party to eliminate in its Penal Code the requirement of the victim's complaint in order to prosecute crimes of sexual violence and to define sexual crimes as crimes involving violations of women's rights to bodily security and integrity, to increase the penalty for rape and to include incest as a specific crime.
 本委員会は、刑法に、性暴力犯罪が被害者からの告訴を要件とすることを取り除き、性犯罪を女性の尊厳と安全と身体の権利に対する侵害であるとの定義を含め、強姦の刑罰強化と、近親姦(**)を具体的な犯罪として含ませることを主張する。

35. While the Committee welcomes legislative measures taken against child prostitution, such as the revision of the Act Banning Child Prostitution and Child Pornography which increased the maximum term of imprisonment for offences committed under this legislation, the Committee is concerned at the normalization of sexual violence in the State party as reflected by the prevalence of pornographic video games and cartoons featuring rape, gang rape, stalking and the sexual molestation of women and girls. The Committee notes with concern that these video games and cartoons fall outside the legal definition of child pornography in the Act Banning Child Prostitution and Child Pornography.
 本委員会は、懲役期間の延長等を含む法改定など児童売春に対して執られた法的措置を歓迎するが、委員会は、女性や少女に対する強姦、輪姦、ストーキング、性的嫌がらせを特徴とするポルノビデオゲームやアニメの普及に反映される(***)、性暴力の常態化に懸念を表する。委員会は、これらビデオゲームやアニメが児童ポルノ法の範囲外であることに、懸念をもって留意する。

36. The Committee strongly urges the State party to ban the sale of video games or cartoons involving rape and sexual violence against women which normalize and promote sexual violence against women and girls. The Committee also recommends that, as indicated in the delegation's oral assurance during the constructive dialogue, the State party include this issue in its revision of the Act Banning Child Prostitution and Child Pornography.
 本委員会は、女性や少女に対する性暴力を常態化し促進する強姦や性暴力を含むビデオゲームやアニメの販売を禁止するよう、強く主張する。委員会はまた、質疑に於いて委任代表団による口頭の保証で示されたように、児童ポルノ法改定にこの問題を含めるよう勧める。

37. The Committee notes that some steps were taken by the State party to address the situation of "comfort women" but regrets the State party's failure to find a lasting solution for the situation of "comfort women" victimized during the Second World War and expresses concern at the deletion of references to this issue in school textbooks.
 本委員会は、「慰安婦」たちが置かれてきた状況の解決に向けて当加盟国が取ったいくつかの措置については注目するが、第二次世界大戦中に犠牲となった「慰安婦」たちが置かれてきた状況を永久に解決する方策を当加盟国が見出せていないことを遺憾とし、この問題に関する教科書の記述が削除されたことを懸念を表明する。(*)

38. The Committee reiterates its recommendation that the State party urgently endeavour to find a lasting solution for the situation of "comfort women" which would include the compensation of victims, the prosecution of perpetrators and the education of the public about these crimes.
 本委員会は、当加盟国が「慰安婦」が置かれてきた状況を永久に解決する方策(被害者への補償、加害者の処罰、この犯罪行為についての一般市民への啓発教育を含むことになるであろう)を見出す努力を緊急に行うよう、勧告を繰り返す。
(*)

(*のパラグラフはStiffmuscleさんから頂いた訳を元に手直ししました。ありがとうございます。)
(**の箇所は、当初「近親による強姦」としていたが、コメント欄のご指摘を検討し、修正しました。ご指摘ありがとうございます。
参考;「近親姦の実態について(FB注意) @8/23)
(***、コメント欄のご指摘により修正しました。ご指摘ありがとうございます。@8/23)

 …orz まぁ、当然のように「慰安婦」問題は勧告されたわけではある。しかし、意外に言及が少ないように思われるのは、既に方々から厳しい指摘が出ていることと、この解決が遅々として進まないのは日本社会に深く根をはったジェンダーステレオタイプが原因であると見なされたことが要因として大きいのではないかと思える。今回、ジェンダーステレオタイプに関する指摘がとてもたくさん増えてたので。

 そして、表現規制問題。南野氏を筆頭とした日本政府代表団代表団リストPDFはこちらが口頭でしょうもないことを言ってきたらしい…orz 実効性が疑問符な表現規制だけやっておいて、何もやってないよりは何かやったと政府がアピールするつもりに(与党の下野が眼に見えているから「であった」か?)見えるのだが、気のせいとも思えない。手をつける気のない「慰安婦」問題解決や、結果が期待できないであろう他の問題に手をつけない言い訳に使われそうな危惧をもっていたのだが、案の定と、私は思っておくことにする。



参考;
2009/07/22付「日本政府はどうしようもない - Stiffmuscleの日記
2009/07/24付「日本政府はどうしようもない 2 - Stiffmuscleの日記

2009/03/23付「女性差別撤廃委員会第44回会期が2009年7月から
2009/06/04付「無いと思って見る目に差別は映らない
2009/07/24付「国連・女性差別撤廃委員会が日本政府の取り組みを審査

2009年8月19日付 しんぶん赤旗「日本は女性差別正せ/民法改正・労働の平等など勧告/国連委」より一部、

 総括所見は、60項目に及んでいますが、前進面(肯定的側面)はわずか7項目。これまでの委員会からの勧告を実施していないことが指摘されており、雇用、教育、暴力、女性の参画などの「主要関心事項および勧告」は前回2003年の22項目の2倍以上にのぼります。(中略)

 総括所見は、日本政府に対し、(1)民法の改正(2)雇用・政治・公的領域等での暫定的な特別措置の2点について、2年以内に実施状況詳細報告を提出することを要請しています。



2009-08-07付、『「人権後進国」日本  言葉が通じない国として国連でバカにされている - プロメテウスの政治経済コラム』より抜粋、

雇用、社会保障、中小企業、農林水産業、税制など経済のあらゆる分野で、国民のくらしと権利をまもるルールが弱いことの根底には、「人権後進国」日本がある。(略)

日本政府は、男女雇用機会均等法の改正など、男女共同参画社会の実現に向けた取り組みを強調したが、委員からは女性の社会進出の遅れや「従軍慰安婦」問題への不十分な対応など厳しい指摘が相次いだ。毎回、同じような言い分を繰り返す日本政府の役人に国連委員は、正直あきれ返っている。しかし、ごく一部のNGO関係者などを除いて、日本政府が人権問題や女性差別問題で世界の笑いものとなっていることを知らされていない。マスコミは審査のあったときだけ、簡単な事実を伝えるだけで、“日本の恥”を国民の前に明らかにしない。(略)

今年の女性差別撤廃委員会の審査に先立って、昨年は、日本の人権保護状況を検証する「普遍的定期審査」の一環として国連人権理事会の審査がおこなわれ、国際自由権規約委員会は、2008年10月31日(ジュネーブ現地時間・30日)、日本政府に対して34項目に及ぶ詳細な勧告を出した。(略) このときも、委員会審査では日本政府の対応の甘さを厳しく糾弾する発言が次々とおこなわれたというが、アムネスティ・インターナショナル日本の関係者以外にはほとんど知らされていない。(略)

 日本軍「慰安婦」問題にも質問が集中した。「法的に解決済み」との主張を繰り返す外務省に対し、委員からは「何度も同じ説明を繰り返しているが、それでは不十分だ。日本政府は、この歴史的問題を避けずに、誠実に正面から取り組むべきだ」と強烈な批判が突きつけられた。(略) 日本政府のいい加減な態度に、「日本政府は条約に法的拘束力があることがわかっているのか」とまで言われているにもかかわらず、岡島敦子内閣府男女共同参画局長は、「政府の冊子に、条約採択30周年だとちゃんと書いている」と答弁した― こんなトンチンカンな政府の態度をみれば、誰だって日本の役人は英語が話せても「言葉が通じない」と思うだろう。(後略)


09-07-29付、『ウィメンズ アクション ネットワーク WAN - 女性差別撤廃委員会日本報告審査現地活動に参加して』より一部、

 このような日本政府委員のマイノリテイ女性への姿勢に対して、委員から厳しい発言が続いたのはいうまでもありません。「マイノリティ女性について、調査をしたことがあるのか?そのような計画があるのか?マイノリテイ女性に関する統計は?」と、基本的な具体的な指摘がなされました。さらに、社会的にスティグマを負わされたマイノリテイ女性への差別の禁止が指摘されました。
 
 日本政府の姿勢と委員の認識のギャップはたいへん大きなものでした。女性差別撤廃条約は、第2条締約国の差別撤廃義務において「遅滞なく追求することに合意し」と定めていますが、国際社会の人権水準は、6年前の勧告に応答できていない事態を厳しく指摘しています。これは恥ずかしいことではないでしょうか。日本政府は認識を改めるべきです。


2009-08-12付、『「国連女性差別撤廃委員会による第6回日本政府報告書審査」に関する特別報告 - 誰でもポエットでアーティスト』より抜粋、

各委員からは、日本政府の取り組みの遅れに対する強い不満があい相次ぎました。条約2条で女性差別となる法律の修正、廃止を定めているにもかかわらず、依然として夫婦同姓、婚姻の男女差別など民法上の差別が残っているという声があがりました。法務省は「国民各層や関係方面で様々な議論があり、動向を注視している」と回答して場内から失笑が起こりました。

「条約を宣言とみなして、法的拘束がないと見ているのではないか」と言う意見も出ました。(略)

日本軍「慰安婦」問題にも多くの質問が出ました。「法的に解決済み」の主張を繰り返す外務省に対し、委員からは「何度も同じ説明を繰り返しているが、それでは不十分だ。日本政府はこの歴史的問題を避けずに、誠実に正面から取り組むべきだ。」と強烈な批判が出されました。

初めて聞いた各委員からの政府報告への反応は、終始、政府取り組みに対する不満、批判に満ちていました。「あまりにも、政府の取り組む姿勢が弱い」「政治分野での女性指導者を育てる教育、訓練を直ちにやるべき」「時間には限りがある。時間を守って次回までの実行せよ」「男性に比べ、圧倒的多数の女性の非正規、派遣労働者で、男女の差別はあきらか。これに対する政府の対策はとっているのか」などなど、、。

更に、また驚いた事実がありました。日本の弁護士で日本代表の委員でもあり、記述15日の学習会の講師として発言された、林 洋子氏の2つの意見についてです。1つめは、「日本政府は真面目である。途上国の政府には報告書すら提出しないところもある。しかし日本政府は毎回報告書を提出している。」と言う意見です。

内容がどうであろうと報告書さへ出していれば、真面目とでもいえるものでしょうか。(後略)


 …orz
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/08/18 18:06 ] ジェンダー関連? | TB(4) | CM(32)

管理人のみ閲覧できます   No. 6379

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/19 19:28 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 6381

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/19 23:03 ] [ 編集 ]

「慰安婦」に関するパラグラフ(37&38)   No. 6382

漠然とした「慰安婦」問題の解決ではなく、「慰安婦」と呼ばれる戦争犯罪の犠牲者である女性たちひとりひとり(生死、出生地、出自を問わず)が抱えて来ざるを得なかった様々な苦難や人権侵害に対して日本政府が何をするべきなのかという、被害者個人ひとりひとりに重点を置いた良い勧告だと思います。

国内では被害女性ひとりひとりの個人的な側面がつい忘れがちになり、「慰安婦」全体がひとつの問題として扱われがちですが(これは右派だけの問題ではない)、1人の女性が日本軍の性暴力によって当然送ることができるはずであった女性として当たり前の人生を破壊されたことが何より深刻な問題なのだと改めて思いました。
[ 2009/08/19 23:06 ] /2cHTlfI[ 編集 ]

はじめまして   No. 6383

こんばんは。quagmaと申します。

翻訳ありがとうございます。

政治家の性差別発言なんかは目立ちますし、スキャンダルとして報道されたりはしますけれど(それにしても、叩かれても叩かれても出てくるあの執拗さ、いったいなんなんでしょう、不気味です)、日常的な制度の隅々に存在する性差別については、ほとんど意識すらされていないというのが、この社会の実態のように思います。

もっとも、こう言ってしまうのも、日々性差別を実感しつつ生きているであろう数多くのひとびとを「この社会」から除外してしまっている点で、問題があるかもしれませんが。

それにしても、さっきぐぐってみた限りでは、現時点でこのニュースを報道しているメディアが赤旗だけ…

この事実、象徴的じゃないでしょうか。
[ 2009/08/19 23:18 ] M61KAl1c[ 編集 ]

   No. 6386

>Stiffmuscleさん

 いつもお願いしてしまってすみません。ありがとうございます。後ほど、追加情報と併せて、修正を入れさせていただきます。そろそろ、あちこちのNGOがらみの人たちが、興味のある辺りの訳を公開されているようです。
「慰安婦」被害者の被害に対し、名乗り出ることが可能だった方達だけじゃなく、名乗り出ることすら出来ずにいる方へ被害を償うための何かを届ける事を視野に入れると、「この犯罪行為についての一般市民への啓発」や学校教科書への記述は外せないことですよね。名乗り出られた被害者の多くがおっしゃっているのも、二度と自分たちのような被害者を出さないでくれ、と聞き及びますし。



>quagmaさん

 いらっしゃいませ。
多分、失言を繰り返す方達は、本気で何がまずいのか解ってないんじゃないかと思ってます。
そういった政治家以外でも、ついこの前も、「行き過ぎた男女平等」と面白いことを言い出す人たち(この人達は元々そっち系だったのではありますが;http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-704.html)や、それに親和的なはてなブックマーカーをたくさん目撃しましたし(http://b.hatena.ne.jp/entry/www.onnamedia.com/kitahara/?itemid=108)。


>さっきぐぐってみた限りでは、現時点でこのニュースを報道しているメディアが赤旗だけ…

 今日になってから、朝日も出ましたね。次が朝日という辺りも象徴的かも。
http://www.asahi.com/national/update/0819/TKY200908190430.html
ブコメは必見と推薦したくなる状態です。
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/national/update/0819/TKY200908190430.html
…おそらく、この人達も本気で、素で解らないんじゃないでしょうか。
どうしたもんですかねぇ(溜息
[ 2009/08/20 12:53 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

はぁ(溜息)   No. 6388

結局、失言を繰り返す政治家を、「本気で、素で解らない」ブックマーカーのようなひとたち(なんら例外的でない、それこそ普通のひとたち)が支えてるってことなんでしょうね。

私のリアルでの実感にも見合ってます。

先日の『レイプレイ』騒動でも感じたのですが、「素で解らない」ひとたちとは、そもそも現実認識から違いすぎるのでなかなか話が通じないんですよね。
[ 2009/08/21 09:28 ] M61KAl1c[ 編集 ]

ブコメ・・・   No. 6389

うっかり見ちまったじゃないですか・・・orz

この人たちはきっと、パラレルワールドで生きているに違いない。
[ 2009/08/21 12:46 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 6390

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/21 16:17 ] [ 編集 ]

   No. 6391

>quagmaさん
>『レイプレイ』騒動でも感じたのですが、「素で解らない」ひとたちとは、そもそも現実認識から違いすぎるのでなかなか話が通じない
<
 ヘッドバンキングで同意いたします(だめぽと見て話を通じさせようと努力をしなかった側面はありますが…)orz
去年10月の、国連自由権規約審査でも女性差別はかなりきつい指摘があった筈なんですけどね(http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=391)、報道は死刑廃止関連ばかりでした…(http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-542.html)。新しいエントリにしましたが、女性差別撤廃委報道では、要注目は読売かもしれません(斜め上にですが)。



>gegengaさん

 ああいう人達はリアルでもたくさんいらっさいますので、ネットで意見を交わせる人たちがいなければ、変だと思う私の感覚がおかしいのかな?って頭を抱えて涙目になってるかもです。



>2009/08/21 16:17 No. 6390のコメント提供者様

 今会期分の他の国分もリンクが切れていて、前回会期分がFでもSでもなくて、思い至りませんでした(^^;
ご指摘ありがとうございます。
[ 2009/08/21 17:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

懲りない日本政府、キれるCEDAW?   No. 6397

>近親による強姦や結婚相手からの強姦が刑法に明示的に定義されていない
>近親による強姦を具体的な犯罪として含ませることを主張する

 "incest"を「近親による強姦」と訳しているようですが、この語は単に「近親姦」であって「強姦」ではないように思います。
 最初に言及された時の"and marital rape"に引きずられたか、あるいは現実の近親姦は家庭内の力関係を利用した強要的・拒否困難なものが多いということを踏まえた訳かもしれませんが、英語版Wikipediaでも"Between consenting adults"の一節を置いているくらいですし「近親による強姦」と訳するのは難ありではないでしょうか。
(ちなみに、日本語版Wikipediaでも「合意があった場合は処罰しないと明記してある」フランスの例に言及しています)

>女性や少女に対する強姦、輪姦、ストーキング、性的嫌がらせを特徴とするポルノビデオゲームやアニメの普及を反映した性暴力の常態化

 "as reflected by"ですから、「普及に反映されている」ではないでしょうか。
 「普及を反映した」だと、それこそ「ゲームやアニメが性暴力の元凶になっている」という主張になってしまいます。

 どちらにせよ……既に24日エントリのブックマークコメントでもその徴候が見えますが……EqualityNowの主張を丸呑みにしてフィクションを槍玉に上げ"ban"まで要求する(ついでに言うと、性犯罪の非親告罪化よりも"strongly"の分だけ重要度が高いとみなしているようです)姿勢に猜疑の目が向けられ、他の問題まで解決の必要性を疑われるようなことにならないか心配です。
(むしろ、エントリ本文にあるように「実効性が疑問符な表現規制だけやっておいて~手をつける気のない「慰安婦」問題解決や、結果が期待できないであろう他の問題に手をつけない言い訳に使われそう」という、最悪のシナリオの方が現実的に見えるのが恐いですが)

 ちなみに、日本共産党は選択的夫婦別姓や「慰安婦」問題解決などには積極的な一方フィクション規制には慎重のようです。赤旗がフィクション規制要求に言及していないのもその反映かもしれません。
[ 2009/08/21 20:29 ] 64epmA2k[ 編集 ]

碧猫さま、横レス申し訳ないのですが   No. 6399

青天 霹靂さま、

近親姦=近親による強かん、と私は思うのですが、
青天 霹靂さまは、「強姦」をどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

お教えいただければ幸いです。

[ 2009/08/23 10:51 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6400

>青天 霹靂さん

 ご指摘ありがとうございます。私にとっては結構な分量を、時間がなかったので急いで概訳をつけていましたので、見落としはあるかと思います。前者はご指摘の通り「力関係を利用した強要的・拒否困難なものが多い」辺りを文脈から判断、後者はasを見落としつつ実際に禁止を強く迫られている事から逆向きに判断していたようですね。


>EqualityNowの主張を丸呑みに
<
 女性に対する暴力に対抗し、女性の尊厳を護る立場をとる専門家が、問題視しないと予想してらっしゃったのでしょうか。性暴力を娯楽として楽しむゲームが商品として存在することを委員会が把握した時点で(イクオリティ・ナウがその上に何も言わずとも)目に見えていた勧告だと私は考えておりましたので、青天 霹靂さんが何を根拠に女性差別撤廃委員会メンバーが「EqualityNowの主張を丸呑み」との印象をおもちなのか、「キれるCEDAW」と委員会メンバーが感情的に反発したような、矮小化ととれる表現をお使いになるのか、解りかねます。




>多面体さん

 コメントありがとうございます。
ご指摘の疑問はもっともだと思いますし、私も「合意が強制」された行為等(暗黙の力関係も含む)は強姦だと思います。
しかし、それを踏まえてなお、あからさまな虐待ではなく、合意が強制されてない(様に見える)場合をも罪に問うべきとする表現の方が、この場合は適切だと判断しました(FB要注意ですが、こちらを参考としてあげたいと思います;http://homepage1.nifty.com/eggs/jitai/incest/3jittai.html)。ご了承下さい。

 ある性暴力被害者の方が、私におっしゃいましたよ。「現実に性暴力犯罪がなければ、あのような表現も生まれないはずで、単なるフィクションではないからこそ欲情する装置になっているのだろう」と。
[ 2009/08/23 14:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さま   No. 6405

気を遣わせてしまい申し訳ありません。

碧猫さまの訳に問題があるとは思わないのです。これだけの量の訳をされたのは大変だったと思います。
この英文の中では、基本的に「近親姦」であれ「近親による強姦」であれ、さほど問題はないと思うのです。新たな訳の方で、後者を訂正された意味もわかります。

なぜなら、女性差別撤廃委員会が、「近親姦(**)を具体的な犯罪として含ませることを主張する」とする背景に、成人女性ではなく、保護養育を必要とする子どもへのincestがあるからです。

青天 霹靂 さまがどういう方なのか私はよく存じ上げませんが、
そういったことを考慮されていないように思えたのです。

>"incest"を「近親による強姦」と訳しているようですが、この語は単に「近親姦」であって「強姦」ではない<

の根拠として、

>英語版Wikipediaでも"Between consenting adults"の一節を置いているくらいですし「近親による強姦」と訳するのは難ありではないでしょうか。 <

と仰っています。

碧猫様がお返事されているとおり、他にも疑問を感じるところがあったのでお尋ねしたのですが、青天霹靂さまは、日本における“consenting adults”をどう捉えていらっしゃるのか、疑問に思いました。ここで持ち出す必要があるのかと。
つまり、“the age of consent”は日本ではどうなるのかということを考えた上での発言なのかということです。ここがそもそも問題なので、子どもへの性的搾取が問題視されている背景を理解されていないように思ったのです。

ちなみに、私の手持ちの英英辞書(Longman)には、
consenting adults : someone who is considered to be old enough to decide whether they want to have sex とあります。

参考として、こちらも書いておきますね。
the age of consent : the age when someone can legally get married or have a sexual relationship 

何度も申し訳ありません。ケンカしたいわけではないのです。

>ある性暴力被害者の方が、私におっしゃいました

私も、そのとおりだと思っています。教えていただいてありがとうございます。
[ 2009/08/24 00:23 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

補足です。   No. 6407

わかりづらかったかもしれないと思い、補足させていただきます。
碧猫さま、何度も投稿申し訳ないです。

この英文は当然ながら「女性への暴力」としてのincestなのですから、”Between consenting adults”をここで持ち出されるのに違和感を感じたのです。根底はそこです。

そして日本社会でそういった意識がはびこっているのは、暴力表現がまかりとおっている現実があるからです。暴力が暴力でないかのように描かれていて、それを当たり前とし、空気のように吸っているからだと私は思っています。
[ 2009/08/24 13:49 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6409

>多面体さん
<
 すでに、多面体さんが他エントリでご確認された情報しか、「どのような方」かは、私も存じ上げません(笑)。指摘の核の部分は既に述べた根拠にて妥当だと判断しましたので、途中が妥当かどうかは枝葉のこととします、私は。

 もっとも、多面体さんがブログで情報発信を試みられている理由が理由ですから、私みたいな手抜きは出来かねるとお思いになるのももっともだと思います。
多面体さんのご意見は、どうぞご随意に、この場で表明していただいて結構です。


 この社会は、CEDAWが厳しく指摘した程に、ジェンダーステレオタイプが強固に存在し続け、メディアの発する情報に性暴力が常態化し、その影響下で、性暴力等に認識が甘くなっているんですよね。私は既に先行するエントリで「『Equality Now』の問題点指摘自体は妥当だと認識」していると書きましたが、この認識はCEDAWも共有するものだったのでしょうね。
 そして、勧告のリアクションを見て更に、CEDAWの指摘は妥当だと改めて感じます。
[ 2009/08/24 20:08 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さま   No. 6412

お心遣いありがとうございます。気を遣わせてしまい申し訳ないです。

>勧告のリアクションを見て更に、CEDAWの指摘は妥当だと

ですね・・・(ため息)
私もあちこちでがっくりきました。


[ 2009/08/25 07:36 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6413

>多面体さん

 ニュースのブックマークコメントだけでもお腹一杯ですが、元々アンチフェミ系の方面をうっかり見てしまうと、熱が出そうです…orz
[ 2009/08/25 18:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さま   No. 6421

>熱が出そうです…orz

全くです。国連から脱退しろだの、敗戦国扱いするな、って言ってますけど、言われるような現実を認めようともしない思考回路がある意味驚きです。

日本は特別、っていう思想が見え隠れして怖いです。彼らは大戦前と意識があまり変わっていないらしい・・・゛(/><)/
[ 2009/08/26 10:54 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6425

>多面体さん

 たまに専門家でもずっこける様なことを言う人がいるのは確かですが、人権や女性の尊厳を護ることに取り組む専門家多数からなる国連の専門委員会から出ている勧告なんですけどねぇ。近ごろよくネットで見かける、専門家軽視の風潮との共通点もあるような…。
[ 2009/08/26 18:56 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さま   No. 6429

>人権や女性の尊厳を護ることに取り組む専門家多数からなる国連の専門委員会から出ている勧告

そうですよね。
現実を見ないで、強固におかしな主張をされると、何だかとらわれの身、でいるような感覚におちいってしまいます。
なんだかすごく野蛮な国にいるような気がして滅入ります。

>専門家軽視の風潮
セックスヘイターだの純潔主義だの貶めていましたね。
なんだかなあと思います。


[ 2009/08/26 21:43 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6430

>セックスヘイター
陵辱行為や相手の奴隷化を危機として受け入れ続けている方がセックスヘイターの呼び名にふさわしいのではないか、とも思います。どうも一部の創作物に女性への悪意を感じ取ってしまって、へこみます。
……わたし、一応男なんですけどね
[ 2009/08/26 23:47 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

ええ   No. 6431

うちゃ様、男性の方だったのですか?

今、わたしかなり驚いています。
勝手に女性だと思っていました。ブログのデザインの為でしょうか。
色に惑わされるって、やっぱりジェンダー意識が身に付きまくってます、私も。もしや作戦ですか?
ああ何だか勝手な決め付けで申し訳ないです。
ネットだとこういうことがおきるのですね。

>セックスヘイターの呼び名

なるほどです。
[ 2009/08/27 00:09 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6432

>多面体さん
>なんだかすごく野蛮な国にいるような気がして
<
 えぇっと。正直申しまして、気 の せ い じゃ な いと思います。うすうすそう思ってましたが、「プロメテウスの政治経済コラム」さんでも指摘されていて、ああ、やはりと思いましたよ。
だからこそ、CEDAWの指摘が妥当だとも。文化を変えるべきとの指摘も受けるはずですよね…。



>うちゃさん

 嬉々?
は、ともかく、それを言っている人たちは二次元創作物愛好に関しての筈だから、CEDAWやEqualityNowに投げつけるには、事実として違うレベルで、なんか違うような気もしたり。確かに、いわばブーメランみたいですね。



>多面体さん(再び)

 あ"~、連続になってしまうタイミングにまたそんな(^^;
いあ、あの、ネットではよくあることですから、ほら。
http://b.hatena.ne.jp/entry/azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-683.html
「ブログに関わって以来」知った方の筆頭です。http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-670.html#comment5979


>もしや作戦ですか?
<
 ぷぷぷぷ…
かなり壺……こほん。いあ、あの、この前まで爺が飾ってありましたけど、デザイン関係なく間違う人は間違うわけですから、そんな小手先の小細工はなさらないんじゃないかと。
[ 2009/08/27 01:47 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

碧猫さま、おはようございます。   No. 6434

>うすうすそう思ってましたが
言葉が通じない国としてバカにされている、のやつですね。教えていただいてありがとございます。
私も確信を持ってしまっています。イスラムをバカにしているようですが、実質変わらないですよね。全国で女性封じ込め対策に熱心です。http://d.hatena.ne.jp/manysided/20090824/1251061622

>性暴力を断固として非難する人に男性も多いことを知ったのは、ブログに関わって以来
そうですね。最近私も実感しています。
この件(http://s03.megalodon.jp/2009-0619-1516-33/www.jrcl.net/frame11b10.html)を当時とても怒って話してくれたのも男性の方々で、初めて性暴力の凄まじさを知りました。…今も、自分が被害を受けた件よりもぞっとします。また、とんでもないことになっているのですが、取り上げることができないほど気分が悪くなります。http://b.hatena.ne.jp/entry/www.app-jp.org/modules/about/index.php?content_id=7

>この前まで爺が飾ってありましたけど
どんなのだったか見れなくて残念です。いろいろ想像してしまいます(^^)
[ 2009/08/27 07:28 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6437

>多面体さん

 もちろん、「女性」に関する事柄だけな筈もなく…。
古いエントリですが、こちらからも勧告くらっているようです。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-235.html


>全国で女性封じ込め対策に熱心です。
<
 「黒豹」「熊」として扱われて異存はないということなんですよね?


>http://b.hatena.ne.jp/entry/www.app-jp.org/modules/about/index.php?content_id=7
<
 あちらは罪に問われたようですが「バッキー事件」とかもありましたね。業界に染みついた体質があり、それは社会の反映なのだと思えます。


>>この前まで爺が飾ってありましたけど
>どんなのだったか見れなくて残念です。いろいろ想像してしまいます(^^)
<
 爺の後に冬バージョンがあったのを忘れていました^^
痕跡はこの辺に残っていますよ。
http://b.hatena.ne.jp/entry/uchya.blog109.fc2.com/blog-entry-720.html
http://b.hatena.ne.jp/entry/uchya.blog109.fc2.com/blog-entry-1107.html
[ 2009/08/27 19:18 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

うちゃ   No. 6439

実は女性に間違えられるのは初めてじゃないのですが、ハンドルのせいもちょっとあるかもしれませんね。
ついこの間も、ブログ上では結構前から知っている人に、「女性だと思ってました」と言われてしまいましたし(^^;
[ 2009/08/27 23:05 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

   No. 6440

>[ 2009/08/23 10:51 ] 多面体 KnvUm0Ts
>近親姦=近親による強かん、と私は思うのですが、
>青天 霹靂さまは、「強姦」をどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

単純な暴力や強要による性的関係以外に、親子/労使/師弟などの力関係を利用した拒否困難な形での形式的合意形成に基づく性的関係も「強姦」の一種に分類されるべきではないかと思います。
(前コメントで「強要的・拒否困難」を「強要的」一本にまとめなかったのは、「拒否困難な形での形式的合意形成」を無視した形になるのを回避するためです)

>[ 2009/08/23 14:34 ] 碧猫 fYTKg7yE
> 女性に対する暴力に対抗し、女性の尊厳を護る立場をとる専門家が、問題視しないと予想してらっしゃったのでしょうか。

以前にも言及しましたが、自分の個人的姿勢は「フィクションの生産・消費と現実の差別・犯罪との間には断固たる一線があるべき」「フィクション規制よりもモアスピーチとしての性教育を」という考え方に近いので、啓発教育は大いに歓迎でありその前提として(教育の欠如によってフィクションが現実と混同されるリスクの点で)問題視されること自体は必然としても「販売を禁止」まで要求してくることに(CEDAW勧告の権威を重んじるからこそ)不安を感じました。

>何を根拠に女性差別撤廃委員会メンバーが「EqualityNowの主張を丸呑み」との印象をおもちなのか、「キれるCEDAW」と委員会メンバーが感情的に反発したような、矮小化ととれる表現をお使いになるのか、解りかねます。

「EqualityNowの主張を丸呑み」というのは、法規制まで要求する姿勢からの印象です。
「キれるCEDAW?」については、「懲りない日本政府」との対比で日本政府の無為に対する正当な怒りとしての評価と、先述した不安を重ねた表現のつもりでした。

>[ 2009/08/24 00:23 ] 多面体 KnvUm0Ts
>背景に、成人女性ではなく、保護養育を必要とする子どもへのincestがあるからです。
>つまり、“the age of consent”は日本ではどうなるのかということを考えた上での発言なのか
>[ 2009/08/24 13:49 ] 多面体 KnvUm0Ts
>この英文は当然ながら「女性への暴力」としてのincestなのですから、”Between consenting adults”をここで持ち出されるのに違和感を感じたのです。根底はそこです。

・純粋に翻訳の問題として「"incest"="incestual rape"なのか」という疑問に基づいて"incest"の辞書的定義を探った結果として、「"incest"は"Between consenting adults"まで含んだ包括的な意味の語である」と判断し、同時に「家庭内の力関係を利用した強要的・拒否困難なものが多い」ことが問題視されていることも踏まえて「近親による強姦」でも「近親相姦」でもなく「近親姦」が適訳ではないかと判断しました。

・「女性への暴力」としてのincestを取り上げているといっても、incestの定義についての情報を少し調べただけで男児への家庭内性搾取という問題も浮上してきたため、これに対する処罰も当然必要になると考えました。それも含めてより包括的なincest罪制定の要求と解釈したのですが、その場合"Between consenting adults"も意識する必要があると判断しました。

「家庭内の力関係」に言及したのは保護者による児童性虐待を念頭に置いてのことでしたが、"incest"の訳への辞書的疑問から"Between consenting adults"の例を経て判断したので"the age of consent"の問題については認識が甘かったかもしれません。
刑法では家庭内での力関係を背景とした問題を扱うには最低年齢が低すぎ児童福祉法では処分や強制力に不足があるということでしたら、「刑法にincest罪を新設する」「incest罪ではなく保護者などの力関係を利用した暗示的強要による性関係をも強姦罪で罰する」「児童福祉法や児童虐待防止法を見直し家庭内性虐待の処分や強制力を強化する」「児童買春・児童ポルノ規制法を見直して児童性虐待そのものを規制する法に発展させ、その中に虐待の基準となる力関係の一つとして家庭内での力関係を含める」など、いくつかのアプローチがありうると考えます。
[ 2009/08/28 00:08 ] 64epmA2k[ 編集 ]

おおむね賛成ですが   No. 6441

incestを特別に取り上げる必然性は感じません。近親者間での対等な恋愛だってありえるでしょう。優生学的なものを感じて好ましくないと思います。他人だろうが親族だろうが、相手の意思を無視した、または未熟さに付け込んだ強要は同様に扱えばいいだけの事です。
[ 2009/08/28 08:15 ] 3un.pJ2M[ 編集 ]

お返事ありがとうございます   No. 6442

青天霹靂さま、丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。またnanamiさまのご指摘ももっともだと思います。長文になりますがお返事をさせてください。

CEDAWの指摘は、女性への暴力という項目に入っていますが、男性への暴力も考慮されているものと思います。なので私は「近親姦=近親による強かん」と書きました。
しかし、日本では強姦罪そのものが女性被害のみを念頭においています。強姦罪自体が問題だらけです。http://d.hatena.ne.jp/manysided/20090821/1250819132また圧倒的に女性被害が多いこともあり、また日本の男性被害への認識の低さから女性への暴力に対する項目に入っているのでしょう。

性虐待に対応できる機関もなければ、親権まで踏み込んだ対応が出来ません。親権喪失は虐待事実が明らかな場合はできることになっていますが現実には難しいです。児童相談所はただでさえ人手不足で一番発見しづらい性的虐待には専門知識もなく全く対応できていません。

保護者以外の近親が加害者の場合は、保護者を説得すれば近づけないようにすることは可能ですが、問題なのは家庭内の加害者です。保護者が非加害者の場合(きょうだい等)でも対応が困難です。なにより問題なのは保護者が加害者の場合です。
子どもは性虐待の事実を隠したり否定したりしますので、専門知識がなければ対応できません。運よく性虐待に理解のある人が事実を把握できても児童相談所の聴取では再度否定することが多く、結局は法律や受け入れ機関がないため、加害者である親元に戻さざるを得ない状態です。そもそも家庭内の性虐待の多さが日本では認知されていません。

虐待は児童相談所が全て対応することになっているのですが、性虐待に対応できる人材がいません。他国では性虐待に対応する専門機関がありますし、成人への性暴力への対応機関もあります。私は児童相談所以外に、性虐待専門の対応機関を設けるべきという点もCEDAWの指摘には含まれていると思いますが成人への性暴力対応機関もないのが日本の現状です。

近親者間での合意による性交渉はあるでしょう。同性カップルは養子縁組することが多いそうですね。しかしCEDAWの勧告は家庭内の子どもへの性的搾取を問題にしていると思います。
また成人になってからではなく子ども時代から受け続ける場合も現在日本の強姦罪では罪に問うことは難しいです。子ども時代からの被害はダメージを受けすぎて逃げられない精神状態におかれていても「抵抗の要件」を満たさない、ともすれば合意扱いで罪にならないでしょう。第三者でないため戸籍等から辿れ逃げるのも困難です。殺人等も報道されている以上に近親姦が一因となっているものがあると思っています。
また20才未満は保護者の同意がなければ法的手段はとれないため18.19歳のケアも全くなされていません。その他にも問題だらけです。

またWikipediaには近親姦の項目はありませんでした。近親相姦の項目をご覧になっての発言と思いましたので、またその他碧猫さまが指摘されていた点にも私も違和感を感じたのでお尋ねしました。
日本では長く近親相姦の言葉が使われてきて、近親姦の言葉の歴史は浅いです。近親相姦と近親姦は別に扱うべきなのか、近親姦の中に近親相姦と近親による強姦を含めるのかは、近親相姦という言葉の位置づけがまだ定まっていないため、定まっていない状態と言えると思います。
近親相姦という言葉が完全になくなるのならば、合意によるものもそうでないものも、近親姦という括りになると思いますが、そこまで意識がないのが現状です。ここに齟齬があったのではと私は思っています。
以上、便宜上「姦」と書きますが「かん」が本来使われるべきと思っています。ご理解いただけると幸いです。
[ 2009/08/28 15:02 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

碧猫さま   No. 6443

リンク先読ませていただきました。ありがとうございます。

>「黒豹」「熊」として扱われて異存はないということなんですよね

まさしく「熊」が一番適当だと思います。あちこちに出没するようですから(^^)
私も猫好きなので、黒豹には抵抗あります。しかし黒豹にも熊にも失礼なので発言者の政治家には謝ってほしいですね。

「男は熊」を便宜上使わせていただきたいのですが、碧猫さま発明とするとご迷惑をかけそうで心配です。碧猫さまのネーミングセンスには脱帽です。
[ 2009/08/28 15:11 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6445

>青天 霹靂さん
>「EqualityNowの主張を丸呑み」というのは、法規制まで要求する姿勢からの印象です。
<
 "Equality Now"は、http://www2.ohchr.org/english/bodies/cedaw/docs/ngos/Equality_Now_June2009_Japan_CEDAW44.pdf でも、「女性アクション33.1」でも、女子差別撤廃条約第5条が指す日本社会のジェンダーステレオタイプの存続要因として性暴力ゲーム等をあげています。そして、「女性アクション33.1」(http://www2.ohchr.org/english/bodies/cedaw/docs/ngos/Equality_Now_May2009_Japan_CEDAW44.pdfhttp://www.app-jp.org/modules/about/index.php?content_id=6)では「性的暴力をテーマにしたり、女性の尊厳を貶めたりするすべてのゲーム」の販売禁止を求めているようです。

 一方CEDAWは、(ジェンダー)ステレオタイプとして1項目独立させ、日本社会における存続要因としてメディア表現そのものに注目して、啓発教育キャンペーンの要求や「文化的な変化を導くよう奨励」を述べています。性暴力に関するゲームに対しては、「女性に対する暴力」の項で「強姦や性暴力を含むビデオゲームやアニメの販売を禁止」を求めています。

 "Equality Now"とCEDAWの結論が同じに見えるとしても(ただし、販売禁止を求める対象範囲はCEDAWの方が狭いのではないかと)、根拠が違うようです。にもかかわらず、「丸呑み」と表現なさったことに違和感を感じましたが、「印象」だったんですね。



>nanamiさん

 多面体さんが丁寧にしてくださったコメントにかぶりますが、「家族」の中にあると、こういった問題は、「家族」の外にある場合よりも表面化しづらいようです。参考としてあげたURL先にある情報ですが、「強姦罪や強制わいせつ罪、児童福祉法、各都道府県で定めている青少年保護条例、などの規定によって対応」することになるものの、「児童相談所などの対応としては、法的な面での強制力に乏しいのが現状」なので、そこへの対応が求められているのでしょう。なにより、「Violence against women」での指摘事項ですし。
[ 2009/08/30 09:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6446

>多面体さん

 こちらの、
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-289.html
真ん中あたりの箇所、「…クロヒョウとか、熊って」の「熊」でリンクを貼っている先で、そうおっしゃる方がいらっしゃいましたので、私がネーミングしたわけではないのです。
 …本物の熊さんには申し訳ないのは、私もなんですが。
[ 2009/08/30 10:10 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/722-20a06a02


世界愛人主義同盟公約(9) (不定期連載)

  衆議院選では候補者不足、供託金不足(笑)のために立候補の準備が遅れている我が世界愛人主義同盟ですが、候補者選定と供託金の準備が...
[2009/08/18 23:55] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

司法と国会、そして社会に正しい理解を求めます

「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」で、性犯罪を裁判員制度の対象にするなど、問題ありすぎる司法制度についてのシンポジウム 「性暴力...
[2009/08/19 08:11] URL あなたは悪くない

[物申す]国を守るって?はあ?

某ブログで、今度の選挙では本当に国を守る気持のある政党を選びたいものだ、みたいなことが書いてあってなんか萎えた。 いつもいつもいつも思うんだ。国を守るってよくいうが、国の何を守るんだ?国土?国民?政府?文化? 何から守るの?病原体?敵国(どこやねん)?隕石や
[2009/08/21 17:55] URL おこじょの日記

“暴力”  “人権” を改めて考える

森田ゆり氏の著作 「エンパワメントと人権」を読んだ。 とってもしっくりくる中身の本だった。多分、どんな人が読んでも、心に響くところ...
[2009/08/26 06:17] URL あなたは悪くない












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。