スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女性差別撤廃条約選択議定書批准が反対される理由 

 2009/06/04付のエントリで、4/21の自民党の外交関係合同会議にて、松浪健四郎外交部会長はじめ、西川京子議員、稲田朋美議員、西田昌司議員、愛知3区の馬渡龍治議員兵庫県第11区の戸井田とおる議員新潟2区の稲葉大和議員、山梨1区の赤池まさあき議員神奈川4区の林じゅん議員、中山泰秀議員といった面々が、女性差別撤廃条約選択議定書の批准に反対していることを紹介した。

 なんでも、「我が国には伝統文化に根ざした法制度がある」とか、「(批准を)後ろで支援しているのは左翼」とか、「人権や平等といったお題目も大事だが、日本の伝統的文化も大事だ。人権とか推進しすぎると家庭が崩壊の危機にさらされる」とか、「今の日本ではこの条約が想定する差別は殆どないはずだ。男女共同参画基本法ができてから、未成年の中絶件数が大幅に増えている」とかで、「女性差別撤廃条約」は危険なんだそうだ。

 といった反対理由を見ておきつつ、女性差別撤廃条約に関しては継続的に情報を集めていたのだが、この度、この辺りの人たちが反対する真の理由(かな?)と思われるものに行き当たったので、エントリにお持ち帰りしてみた。


 「日本が普通の国になるように」「産経新聞を応援」しているブロガーさんが、西川京子議員を応援するエントリとして、『日本の新聞で唯一「右より」と呼べる』國民新聞の8月10日号に掲載されていた、國民新聞編集主幹の山田惠久氏と西川京子氏の対談を転載してらしたのだ。

西川 その法案は「女性差別撤廃選択議定書批准に関する法案」の部会審議でのことです。法案の支援団体には、朝鮮総連女性局など共産党系市民団体が名を連ねています。例えば、日本の法律に基づき最高裁で敗訴した問題や、バカバカしくて控訴棄却された問題でも、それぞれの国内で審議が尽くされ、その結果に納得できない個人や団体が国連に訴えることを認める法案なのです。

 そもそもこの議定書は、女性の人権が踏みにじらていて、国連の救済が必要な国を対象にした法律なのです。現在の日本では、すでにDV法など女性に関する法律が整備されていて、すべて既存法で対処できます。(略)

 私がこの法案に疑念をもつのは、推進している市民団体の中に、反皇室を謳っている団体が入っていることです。なにが狙いか、誰でも直ぐに分かる筈です。

山田 なるぼど、女系天皇を認めない皇室典範は、女性差別撤廃選択議定書に違反していると、国連の勧告を求めるということですね。


花うさぎの「世界は腹黒い」2009/08/13 21:22「頑張れ!西川京子」より、一部

…え?
 (少なくとも一部の人にとっては)真の反対理由がこれだったとは、素で驚いた。思いもかけない理由を示されると、本気で驚くものだ。

 というか、フェミニズムがらみの考察を読んでいると、そもそも天皇制に反対しているので、女性天皇やら女系天皇だとOKという議論にはなりづらいと思うのだが。ってか、西川京子氏自身言及しているように「反皇室を謳っている団体」なんだから、女系だろうと男系だろうと天皇制そのものに対して反対じゃなかろうか…?

 まぁ、うろ覚えなんだけど、男性のみ徴兵制度の国で、その性別限定徴兵制度に反対しているフェミニストの主張にびっくりしたことがある。女性に戦争参加させろという話ではないそうなのだ。「徴兵拒否」という、戦争反対の手段が男性のみに限られていることに反対しているのだと。出典は上野千鶴子さんの「ナショナリズムとジェンダー」だったと思うが、うろ覚えではある。類似したロジックで、女性天皇賛成といい出す人がいないとは断言できないが、しかし…。うーむ…。


 と思ったら、こんな動画も見つけた。タイトルと説明しか見ていないけど。
小和田恒 条約局長が女子差別撤廃条約を締結した。

女子差別撤廃選択議定書、あれこの間、無理やり一気に通そうとしてたんですけど、皆で潰しちゃいましたけどね、あれだってね、国連からね女系を認めないのは女性差別って勧告されたら終わりですよ。

…へ?
 とりあえず、「女系を認めない」のは「女性差別」であるという認識をおもちらしいのは、興味深かった。

 ところで、雅子妃殿下の父上、小和田恒氏がいつから条約局長をなさっているのか調べが付かなかったものの、当たり前のことだが、1外務省職員の独断で条約が締結されるものではないだろう。それを前提とした上で更に考察してみるに、女子差別撤廃条約を日本が締結したのは、1985年だそうな。一方、小和田恒氏のご令嬢、雅子氏が結婚されたのは1993年6月9日という。少なくとも、85年に後のご結婚相手とお付き合いが開始ってことはないのではないかと思うのだが…。



その他、関連参考URL;
2009/06/25付「女性差別撤廃へ東京3市議会が相次ぎ国に意見書で「圧力」-JanJanニュース」東京都三鷹・小金井・八王子市の各市議会は6月23、24に相次ぎ、選択議定書批准を要求する意見書を採択。

女子差別撤廃条約「議定書」批准を

松あきら公明党女性委員長は4日、首相官邸で麻生太郎首相に対し、女子差別撤廃条約の「選択議定書」の早期批准を要請した。これには、浜四津敏子代表代行、池坊保子衆院議員、山本香苗参院議員が同席した。

スポンサーサイト
[ 2009/08/16 14:50 ] ジェンダー関連? | TB(1) | CM(11)

小和田恒さんの娘さんは   No. 6369

あまり、ご自分の娘さんを天皇にしたくなさそうに見えるのですが、気のせいでしょうか?

てか、これ、マジでいっているんですか?
目眩がしてきたんですが。


ところで目眩ついでに、花うさぎの「世界は腹黒い」2009/08/13 21:22「頑張れ!西川京子」を全文読んでみようと思ったのですが、飛べませんでした。
しかし、あまりにも気になったのでわざわざググって飛んだのですが、その価値はありました。

エントリー中に、靖国神社の「みたま祭り」の話があるのですが、なぜか「みたま」の「たま」だけがどこかとリンクしているみたいなので何の気なしにクリックしてみたら、ミュージシャンの「たま」の解説ページに飛びましたぁ!!

英霊もビックリ!
[ 2009/08/16 15:50 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

私にも   No. 6370

>娘さんを天皇にしたくなさそうに見える
<
 そう見えます。従弟に男の子が生まれていちばん喜んだのは、実はあのお嬢さんのご両親じゃなかろうかと。


>てか、これ、マジでいっているんですか?
<
 どひゃぁ~と驚いた後、なるほど、「我が国には伝統文化に根ざした法制度がある」かと、ある意味納得しました。


>飛べませんでした。
<
 あ、すみません。またやってますね。アドレスの頭のhを落としたリンクになってる(^^; hを足していただけましたら(ってコラ(^^;


>「みたま」の「たま」だけがどこかとリンク
<
 これはオートリンクだから、まぁ、はてなでもあるし。。。でも、IZAブログなんだから「みたま祭り」の解説ページを用意しておけばいいのに…(^^;
[ 2009/08/16 17:35 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

こんばんは~   No. 6371

私もどっひゃーってびっくりしました。
hを入れて読みましたがさらにどっひゃーって思いました。。。「みたま」の件もひっくりかえりそうになりました。あれは妙なつっこみを入れたくなりますね。

なんというかなんというか・・・意外すぎて、いや意外なんですがでもいろいろとつながってますね・・・ウハとされる方々の思考はわかりません・・・

ちょうど軍隊教育、富国強兵とジェンダー意識のことを調べていたので、なんだかタイムリーな記事でした。つきつめていくと、つながっていくんですよね・・・。

いつも核心をついたエントリ、興味深く拝読させていただいています。
勉強になります。
[ 2009/08/16 20:26 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6372

>多面体さん

 いや、もう。こういう理由だとは想像も付きませんでした。世の中には、私の想像の枠を遙かに超えた方達がいらっしゃるものだと、つくづく。はぁ。


>ウハとされる方々の思考はわかりません・・・
<
 右翼とか右派の方なら、ブログを通じてのお友達(と私は思っている)方にそこそこいらっしゃるのですが、この辺りの方達は、もはやカタカナ表記がしっくり来ますね…。


>ちょうど軍隊教育、富国強兵とジェンダー意識のことを調べていた
<
 なんだか、若桑みどりさんや鈴木裕子さんの守備範囲に重なりそうですね。鈴木裕子さんの著作は読んだもののエントリにあげていませんが、若桑みどりさんならこの辺り、未読でしたらご参考にどうぞ。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-292.html

 ジェンダー関連ではありませんが、富国強兵(?)なら、この辺も良かったら。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-164.html
[ 2009/08/16 21:44 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

「わが国の伝統文化」ですか…   No. 6373

はじめて、コメントでお邪魔いたします。

批准すべきと、私は考える者です。
それにしても…
価値ある文化の継承し難さと、なんらかの点で起こすべき変革を見極めるにもまず研鑽ありきとか、異なる文化を持つ人たちと互いに尊重し合うためレベルの高い議論に臨む準備の重要性を訴えるのに、あんな問題意識で良いはずはないのです。
目につきやすい、らしいこと、ばかり追い求めているうちに、らしくないことをも内に含み成り立っていることの当然さ、ゆえの大きさが見えなくなってしまっている。
私には、そういう方たちこそが、自分を育んできたものを卑小に捉えているようにしか思われません。
まあ、学校授業で「武道」を教えられるとするセンスの方たちの「伝統文化」とは所詮そういうお話しにならないもので、残念なことに、せっせと誤解を国内だけでなく世界に広めることになるわけです。

いつも訪れるたび、和ませて頂いたり、勉強させて頂いております。
有難うございます。
[ 2009/08/17 17:23 ] .MTcKzgs[ 編集 ]

碧猫様   No. 6374

ありがとうございます。教えていただいたエントリ、たいへん勉強になりました。

なぜ日本では女性への暴力への認識が低いのか、なんでここまで意識が低いのだろうと、あれこれ考えていたのですが、背景にあるものが見えてきたような気がいたします・・・。

欧米へのコンプレックスと、近隣諸国への差別意識もなんだか関係ありそうです。家制度にこだわるのも、同じ背景ですね。「慰安婦」問題についての姿勢も・・・。いろいろいろいろつながってますね。

いつもありがとうございます。
[ 2009/08/17 20:10 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6376

>tukaimaさん

 いらっしゃいませ。nppaemonさんのブログでコメントなさっていた方ですね。あの折、コメントしていただいたことで、あちらのブログ主さんがブコメで本当に言いたかったことを書いてくださって、まがりなりにも話を収束させることが出来たと思い、感謝していました。あの際には眼前に集中していたため、お礼を述べ損ねたことに後になって気づいた次第です。どうもありがとうございました。

>学校授業で「武道」を教えられるとするセンスの方たちの「伝統文化」とは
<
 何を「伝統文化」とするかにも、取捨選択がありますよね。あの手の方達が認識する「伝統文化」は明治以来の文化ではないのだろうかと。
 一部には牛乳を飲む文化とは、アメリカが「日本民族を劣化させるため」に占領政策で広めたとお考えの方がいらっしゃるようですが、私は飛鳥時代以来の伝統に則って牛乳や牛乳加工製品を食したいと考えています。



>多面体さん

 色々つながってくるのは確かですが、例えば、韓国でも「慰安婦」問題が92年まで浮上できなかったのは「自国の女性を守れなかったのは男の恥」的発想があって、被害者が名乗り出られなかったと聞いています。いまも、「慰安婦」博物館の建設は韓国社会からいい顔をされていないとか。その韓国での(日本よりかなり充実してそうな)性暴力対策に関して報道で少し伝わってきますし…。一概にはくくれなくて、難しいですねぇ。
[ 2009/08/18 17:56 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6378

「慰安婦」問題は、日本は、他国の被害女性が名乗り出るはずはないと思ってタカをくくっていたそうですね。日本の女性も男性も、自分の夫・祖父・父・兄弟がそんなことをするはずがないと目をそらしていたと思います。

>「自国の女性を守れなかったのは男の恥」的発想

日本でもありますね・・・。米軍基地の性暴力問題で「ヤマトナデシコを守らなくていいのか」とかどうやら本気で言っている人を見かけました。
ここでいう「ヤマトナデシコ」の言葉には「自国の女性=自分たちのもの」という発想が見えてしまいます。
でも自分の国の男性から女性への性暴力に対しては目をそらしたり正当化したりもしくはひどいことに在日だと主張したりしますね。そういう問題ではない、と思うのです(そもそも在日云々という差別意識がおかしい)。また米兵から外国人女性への性暴力被害へも、日本人女性の被害より軽く見ていると思います。
この差別意識は何なのだろうと本当に腹が立ちます。

また、日本でいちばん近い位置にいるのであろう、性暴力被害女性は、自分の傷で本当に辛くて、生きることが日々闘いという状況なので、「慰安婦」問題という国対国の問題は気になりつつも、苦しくて考えることができないのだと思います。ごまかしつづける政府には頭にきつつ、国際問題という大きな問題にまで思いが至らないのかもしれません。
長年苦しんでいる間に、いろんなことがわかってきてこれほど大規模だとは知りませんでした。これは私も反省しています。

いろんな要素が組み合わさって問題を複雑にしていますね。

碧猫さまのエントリやコメントを読むと、いつも感覚を研ぎ澄まされるような感じになります。
[ 2009/08/19 17:22 ] KnvUm0Ts[ 編集 ]

   No. 6384

>多面体さん
>日本は、他国の被害女性が名乗り出るはずはないと思ってタカをくくっていた
<
 日本の、被害者に原因を押しつける発想ならそうなるでしょうね。それと、問題視される以前は、「慰安婦」に関し、慰安所利用者が戦場での体験談の一つとして、なんの問題も感じずに普通に語っていたそうですよね。


>米軍基地の性暴力問題で「ヤマトナデシコを守らなくていいのか」とかどうやら本気で言っている人を見かけました。
<
 いるでしょうね。例として出すのがこの人物だとアレすぎますけど西村眞悟(当時)防衛政務次官の「国防とは『我々の愛すべき大和撫子が他国の男に強姦されることを防ぐこと』」発言(http://space.geocities.jp/japanwarres/center/hodo/hodo02.htm)もありますし、あるいは、陵辱ものエロゲで被害を受ける側として描かれるのが「日本女性」だと問題だと感じる方もいるようです(http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20090509/1241873242)。…本当に、なんなんだか。


>長年苦しんでいる間に、いろんなことがわかってきてこれほど大規模だとは知りませんでした。これは私も反省しています。
<
 御自身の苦しみに向き合っている方が、それに集中するのは当然だと思います。

…根が深い話だと、知れば知るほど嫌になりますね。それでも知ってしまった以上、何かできることはないか探して、手の届くところなりとも、何かするしかありませんよね…。
[ 2009/08/20 12:30 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6406

>碧猫さん
 かなり遅い反応で、すみません。
>nppaemonさんのブログでコメント

 いえ、私の方こそ、お世話になりっぱなしで申し訳ありませんでした。
有難うございました。

>一部には牛乳を飲む文化とは

 はあ。そう言う方には、平安時代から宮中に長くあった日本最古の医書『医心方』に牛乳や乳製品の効能が記されているということを、せめてご存知であって欲しいものです。
当然ながら、これを典薬頭に下賜された正親町天皇の権威にもひるまず「日本民族」の「劣化」を唱えておられるのでしょう。
ちなみに、乳に五味があり最上が醍醐味なんてこと、言うなればネタとして既出すぎますでしょうか。

前後してしまいましたが
>何を「伝統文化」とするかにも、取捨選択がありますよね。

 私見ですが、先達が実践において誤摩化してしまったが発展のためには避け得ない課題(「武道」に寄せて言えば、たとえば新陰流流祖、上泉伊勢守における”無刀取り”)を、たんに引き継ぐにとどまらず新たな知見とともに研究する仲間を育てられるか否かが「伝統」の命運を決するように思います。
しかるに、あの方たちの「文化」教育においては本来あるべき具体的事物との親密で深刻な関わりを欠き宙に浮いた精神論が優位となるために、かえって課題から後進の目をそらす方便にしかなっていないようですね。
 娯楽にさえもなっていない。
飼い殺して頭をなでてくれる程度の刺激しか与えられない者であっても、求めずには居れぬ者の気持ちが悲しいし、その道ならぬゆえの先のなさから来る欲求不満を、他者を貶めることで慰めるさまを見ると、正味で昏い気持ちになります。
もっとも暗き黎明が恋しいほどに。
[ 2009/08/24 01:13 ] hWua.pMo[ 編集 ]

   No. 6410

>tukaimaさん
>平安時代から宮中に長くあった日本最古の医書『医心方』に牛乳や乳製品の効能が記されているということを、せめてご存知であって欲しいものです。
<
 全力でスルーしそうです(^^;
ちなみに、真弓定夫先生とおっしゃる小児科の教祖様 先生です。


>飼い殺して頭をなでてくれる程度の刺激しか与えられない者であっても、求めずには居れぬ者の気持ちが悲しいし、その道ならぬゆえの先のなさから来る欲求不満を、他者を貶めることで慰めるさまを見ると、正味で昏い気持ちになります。
<
 政権が交代したらなんとか…と思えないので、哀しいです。さすがに少しはましになるでしょうけど、三鷹で暴れていたような人たちの支持者が急に変わるものとは思えませんし。
今に至るまでに長い経緯があってのことですから、どれだけ時間がかかるんでしょうね。
[ 2009/08/24 20:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/721-f2e275b4


女性差別撤廃委員会(CEDAW)の第6回日本審査の総括所見

  日本での女性差別について、なるべく多くの方に見てほしい記事なので、こちらにもお借りします。 ●アジア女性資料センター CEDAWが日...
[2009/09/05 23:36] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。