スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年世界連帯水曜集会 

 水曜集会とは、1992年1月8日に第1回目が行われ、以来、毎週水曜日に「日本軍慰安婦」被害者とその支援者の皆さんが、駐韓日本大使館前で日本政府の謝罪を求め、行っているデモのことだ。この第一回以来、天候にも関わりなく休むことなく毎週続けられ、2008年2月13日には800回目になり、そしてこの2009年8月12日には878回目になるという。

 この、第878回目の水曜集会は、光復節(韓国にとっては日本植民地からの解放記念日)である8月15日を直前に控えていることから、特別仕掛けの水曜集会であると、報道がでていた。

 光復(解放)64周年をむかえて開催される水曜集会が、また「日本軍慰安婦」問題解決のために国際的な連帯を示す行事として開催される。2006年に初めて、アムネスティ・インターナショナルの提案により世界27都市で8月15日直前の水曜日正午に一斉に行われてはじまった、世界連帯水曜集会は既に4年目を迎える。例年の通り、各国の集会参加者は日本政府に対し、過去の戦争犯罪に対する謝罪と法的賠償、アメリカ下院決議の受容を要求する声明書を伝達する予定だ。

 在米韓国人らが草の根活動を、アメリカ下院「慰安婦」公式謝罪要求決議採択につなげたのは2年前だった。(略) 以後、オランダ、カナダ、アジア各国議会も類似の決議案を採択した。しかし、まだ、日本政府の動きはない。日本は、1993年、河野洋平官房長官(当時)が「日本軍慰安婦の募集には官憲が介入したのもある」といった内容で公表した河野談話の精神を継承する立場だが、これ以上の進展はない。むしろ、一部の重要な立場にある政治家達が、「慰安婦強制動員の証拠がない」といった発言で、この精神をひっくり返すのが日常茶飯事だ。このような状況では、日本の真意は疑いを受ける他はないだろう

 韓国内で、「慰安婦」であった過去を公表し、真相究明と被害者の尊厳を回復する運動に参加した勇気あるハルモニ234名のうち、現時点の生存者は91人しかいない。生存する91名のほとんどの被害者は老衰し、窮乏した生活に苦しめられ、いつ落命してもおかしくないのが現状だ。 (後略)


毎日経済 (配信;聯合ニュース)2009.08.11 14:34:41付「 다시 8.15 맞는 위안부 국제집회 (また8.15直前「慰安婦」世界連帯集会)」から意訳で一部、強調は引用者

 今年の世界連帯水曜集会については、フィリピンとワシントン分の報道を見つけている。

 フィリピン分は、新華網配信の 2009年08月13日 07:56:41 付「 菲律賓慰安婦日本使館前舉行抗議集會 (フィリピン「慰安婦」、日本大使館前で抗議集会)」。文章は極少なく、「抗議活動に参加している『慰安婦』生存者は、日本政府に対し、彼女らの第二次世界大戦時に受けた被害への謝罪と賠償を求めている」といった程度で、ほとんどが画像の報道だ。被害者がもっているプラカードには「64 years JAPAN’s UNRESOLVED WAR CRIME」といった文章が書かれている。

 ワシントンの場合は、

 在米韓国人らが、日本軍『慰安婦』問題解決をめざす世界連帯集会の一環で、ワシントンの駐米日本大使館前で12日、集会を開催した。

 参加者らは「日本は『慰安婦』問題を隠蔽し、否定してはいけない」としながら「過去の過ちは率直に認め、反省と謝罪、賠償をすべき」と主張し、それら要求を含めた声明書を日本大使館に渡した。


毎日経済 (配信;聯合ニュース)2009.08.13 12:03:01付「워싱턴서 위안부 세계연대집회 열려 (ワシントンで「慰安婦」世界連帯集会開催)」から

 この渡されたという声明書、オーマイニュースを見るに3つあるらしいのだが、その内の一つ;미주동포전국협회(アメリカ同胞全国協会? NAKA)他による声明書がオーマイニュースに掲載されていた。ちなみに、集会参加者らからは、「日本国憲法に則って、過去の戦争犯罪を謝罪するよう」との発言があったそうだ。…耳が痛い、と思ったら声明書にもきっちり書かれていた。

日本軍「慰安婦」問題解決のための世界連帯集会声明書

 アメリカ下院で、日本軍「慰安婦」問題解決のために、日本政府の責任受諾と被害者らに対する謝罪と賠償を勧告する決議案HR121が採択されて2年が過ぎた。アメリカを皮切りに、オランダ、カナダ、欧州連合、大韓民国、台湾など、各国の議会でも決議案を採択し、日本政府に日本軍「慰安婦」問題解決に、責任と誠意を示すことを勧告した。さらには、国連の人権機関でも「慰安婦」問題を早期に解決するよう、日本政府に勧告した。それだけではなく、オーストラリアのストラスフィールド市議会やライド市議会などの各国の地方議会でも、この国際的な連帯に参加している。

 しかし残念ながら、日本政府は、世界と自国内の声に耳をふさぎ、誠実な対応をしていない。昨年だけで13名の「慰安婦」被害者が亡くなったように、この問題解決の時間は残り少ない。一日も早い、社会的、政治的、歴史的な解決を通じ、日本軍「慰安婦」被害者らの人権蹂躙を謝罪し、名誉を回復すべきだ。

 日本が、戦犯国という不名誉な過去をすすぎ、国際社会で指導力を発揮する先進国家としての地位をもち、世界平和と発展に寄与することを望むのなら、過去の日本軍「慰安婦」問題を隠蔽し否定し続けてはいけない。過去の過ちは率直に認め、真心に充ちた反省と謝罪、そして被害者らに対し賠償をすべきだ。これが成し遂げられれば、日本が過去の戦争において世界平和を威嚇し破壊したことへの歴史的反省として、それらへ終止符を打つことが出来るだろう。その行動を通じ、日本は軍事力を増強しても軍国主義回帰という世界の人からの疑惑の視線で見られることなく、先進国としての自負心を持つことができるだろう。さらには、国際社会で名誉ある地位に昇り、尊敬と期待を集めることが出来るだろう。

 アメリカに居住する韓国人として、我々は、日本軍「慰安婦」問題解決のための世界連帯集会に参加し、日本政府に促す。日本政府は平和憲法の精神に忠実であるべきであり、人間の尊厳を破壊し平和を威嚇する戦争に反対し、過去の戦争犯罪に対する歴史的反省と賠償に向き合うべきである。戦争の中で日本軍「慰安婦」として被害を受けた女性らの痛みを癒すべきであり、名誉を回復するのに積極的に行動するよう願う。

 よって、我々は以下のように決議し、要求する。

1,日本政府は、日本国憲法の精神に則って、過去の戦争犯罪に謝罪するよう。
2,日本政府は、日本軍「慰安婦」被害者らに対し、公式に謝罪し、法的に賠償するよう。
3,日本政府は、過去の過ちを犯した歴史を正しく記録し、教育するよう。
4,日本政府は、アメリカ下院決議(HR 121)を履行するよう。

2009年8月12日

(以下、声明文への署名団体)미주동포전국협회(NAKA), 사람사는세상-워싱턴, Good Friend USA (좋은벗들 미국지부), 메릴랜드한민족위원회, 6.15공동선언실천 워싱턴위원회, 풍물패한판, 우리문화나눔터
オーマイニュース  09.08.13 10:51付「 미국 수도에 울려퍼진 일본 사죄 촉구 목소리 (アメリカ首都に鳴り響いた日本への謝罪要求の声)」から、声明文を自動翻訳文から日本語らしく手直しした意訳



…以下は、日本国憲法前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 …orz
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/08/13 23:59 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/719-4378a713














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。