スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三鷹市『夏休み・親子で平和を考えるー「慰安婦」展』メモ 

 2009年6月21日、この日に三鷹市議会は『日本軍「慰安婦」間題に関する意見書』を採択した。日本政府が、「慰安婦」問題に対し誠実に対応するよう求める意見書だ。「慰安婦」問題に対応するよう求める意見書は、現在までに9つの日本の地方都市が採択しており、被害者の名誉や尊厳の回復を求める立場からの意見書は8都市分ある。中でも三鷹市の意見書には「過ちを繰り返さないために、学校などで歴史教育を通じて次世代に事実を伝えること」の一節があり、後代への教育までも含んだ意見書は三鷹市のこれと札幌市のと清瀬市のなので、三鷹市の意見書はかなり厳しい内容といえるだろう。

 だから、かもしれないし、単に意見書を出した地方自治体で続けてのイベントだから、だったのかもしれないが、三鷹市でなんともやりきれない出来事が起こっていた。

 最初に知ったのは、「在特会が三鷹市(みたかし)での「慰安婦」展を妨害 - はにかみ草」さんの記事に転載されていたこんな情報だった。

 私たちロラネットは三多摩地域でフィリピンと国際協力や平和、人権などで交流してきた市民グループの集まりです。
2000年7月に発足以来、裁判支援や「戦争と女性を考えるワークショップ」や学習会、被害者との交流・証言集会やパネル展など、三鷹市、その他の地域で行ってきました。(略)

私たちはまた、4月以来、日々、高齢と病気で亡くなる被害者のおばあさんたちに一刻も早い人権回復を!との思いで、下記のような「夏休み、親子で考えるパネル展」を企画しきました。

・・ 7/29~8/3;「中学生のための慰安婦展」+「慰安婦」DVD上映・・・・
・・ 8/1;講演「慰安婦」問題-世界と日本の今-講師 渡辺 美奈氏・・・

しかし、このパネル展の広報と、三鷹市議会意見書採択が重なった6/25 以降から、右翼的な団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)から、会場を提供している市民協働センターや、三鷹市に<反日極左によるポルノまがいの売春婦展を認めるのか>という意味の抗議メールやTELが連日押し寄せるようになりました。そして、<「サルでもわかる慰安婦(売春婦)展」なるものをぶつけてやろうか>とブログでつぶやいて間もない7月1日に「在特会」の桜井誠、西村修平氏、他4人の計6人が、三鷹市市民協働センターに押し寄せ、協働センター側の手続きの不備を突いて、あろうことか私たちの開催期間と同じ日時、同じ場所の会場使用申請を行い、登録団体申し込みなどをしていき、三鷹市にも押し寄せ、許可するよう圧力をかけていきました。



 同様のことは、共同なども報じ、

 主催者は「過去にも口頭で予約しており、市の手続きミス」と批判。会場の市民協働センターを管理する市コミュニティ文化室は「2団体とも正式受理せず保留扱い。数日中にどうするか決めたい」としている。


 市などによると、パネル展の主催団体は同センターの登録団体。同会場の使用申請には正式には書類が必要だが、これまでも口頭で予約を入れるだけで使用できており、市も慣例として認めてきたという。(略)
 反対する団体は一日に、パネル展の団体が書類を未提出であることを確認した上で、同時期に別のイベントを企画した申請書を提出した。パネル展の団体もその後、書類申請を済ませている。


ということだった。市とロラネットを「ずぶずぶ」と揶揄する論調もネットでは見かけたが、例えば、私にしても所属組織で会議室予約をしたりもするが、規程的には書類提出が必要であっても、電話連絡で会場を押さえるぐらい普通にする…そういうものじゃなかろうか。

 その後、三鷹市への抗議FAXの呼びかけなども見かけたのだが…。

 三鷹市は14日、従軍慰安婦問題に取り組む市民団体が「市民協働センター」(下連雀4)へ利用申請したのに対し、慰安婦問題関連の展示に反対する別の団体が「申請は無効」として重複する期間に利用申請したことを受け、いずれの申請も承認しないことを決めたと発表した。(略)

 その後、先に仮申請した市民団体も申請書を出したが、センターや市には双方から電話、ファクスなどで700件以上の意見提出がされるなど業務に支障が生じ、7日には後者のグループがセンターや市役所周辺で抗議活動を行うまで発展。センターは管理上の支障があるとして、双方の申請を不承認とした。


…orz
 この、「慰安婦」展が、在特会等の抗議活動でつぶれた件は、韓国中国でも報道されていた。

 でも、ロラネットの頑張りは、拍手喝采だった。

 市は「混乱が起きる」として今月14日、いったん両団体に貸し出さないと決めたが、先行していた市民団体側の予約手続きを進める上で市側に不備があったことなどから再検討。問題になったスペースとは別の一室を貸すことにした。


…日程は半分になってしまったが、それでも開催にこぎ着けたのだ、よかったよかったと思っていた、その展示会が開催されたのが8月1日から3日まで。

 元々波乱が予想された、とは言えるのかもしれない。でもここまでとは。


 ……こちらが、会場入り口前の光景。人がもみ合っている様子だ。「攘夷」「売春展示」と書かれたのぼりやなんかが写っている。実際に行かれた体験を、小烏丸さんがエントリにしてくださっている。

事前情報で、在特会(在日特権を許さない市民の会)とやらが「抗議」活動を繰り広げている所為で一般の見学者は入れない状況に陥っているらしいということは知っていた。(略)会場となっている三鷹市民協同センターの前に行くと、入り口(敷地内)には多分、三鷹市が準備した警備員が並び、その前の路上と、会場前のスペースに在特会の面々が立ち並ぶという状況になっていた。(略)

彼らは今回の展示の意図がいまいち分かっていないのか、あるいは組織名としている「在日特権を許さない市民の会」に忠実なのか、朝鮮からの訪日事例を取り上げて今回の展示の批判をしている。(略)

会場から出てきた子供連れの家族に対して「恥を知れ」といったような暴言を浴びせかけ、その家族に絡もうとしたところを警察と警備員に阻まれていた。

10メートルも距離のないところでは、街宣右翼が警察に囲まれ、在特会が叫ぶ内容を感情的に翻訳したようなせりふをがなっている。会場前で桜井誠氏と思われる小太りの男性が拡声器を使って叫ぶ、ミソジニーに満ちた言辞に拍手と喝采と笑い声(人数が人数だけに微妙な感じだが)を送る人々がいる。(後略)


2009-08-02「三鷹に雨が降る - 小烏丸の日記」より一部


 他の証言も、極力集めておこう。

東京都・三鷹市にて市民団体が企画した「慰安婦」パネル展に対し、「在日特権を許さない市民の会」などの排外主義団体が会場まで妨害に押しかけ、「売春展示会」「反日ポルノ」「朝鮮人は半島に帰れ」「反日左翼は日本から出て行け」と低次元な罵声を浴びせた。
「慰安婦」にさせられた女性たちへのセカンドレイプを重ねている。


 kmiuraさんのご家族も展示会に赴かれたというが。

実家が近いんで展覧会にいってもらったら、うちの母は「インバイ」、父は「何発やった?強姦魔」となんどもいわれたとか。/一方、とても貧しい人たちみたいだから責めるのはよくない、とも両親の感想。



 しかも、怪我人まで出ているのだ。

 実は、三鷹の「慰安婦展」2日目もまた私の二人目の友人がケガをさせられました。在特会の連中が「○○を知ってるか?」などと異常に近づいてきたので、「答える義務はありません」といったら、いきなり殴られて、メガネが飛び(割れなくて不幸中の幸い)、あわててメガネを拾って中に入ろうとしたら、

 彼女の顔を見た人が悲鳴を上げ・・・眉間のところから血がダラダラ・・・  急いで救急車を呼んで、病院で診断書を取り、被害届けを出しました。でも、警察は「触れただけじゃないの?」などと、とんでもない態度だったそうです。被害者なのに、まるで「自分が悪いんだろう?」というような被害届けの事情聴取に2時間もかかって疲れ切ったとか・・・


 慰安婦問題に取り組む同市の「フィリピン・元『慰安婦』支援ネット・三多摩」(略称・ロラネット)によると、2日午後1時半ごろ、70代の女性が午後2時からの「ロラネット」の講演会に参加するため、抗議活動を行っていた「在日特権を許さない市民の会」(在特会、品川区)のメンバーや警備員、警察官をかき分けてセンターに入ろうとしたところ、左目の上にけがを負い、出血した。女性は武蔵野市内の病院に搬送された。女性は三鷹署に被害を届け出た。


この記事については、toroop氏によるはてなブックマークコメント「記事を先に読んで、まさかないよなと危惧していた反応がブックマークコメントにあったときの脱力感』に全力で同意した。あえてどれとは書かないが。


 さて、なんか物悲しくなってくるが、例えば、2007年7月31日に採択されたアメリカ下院「慰安婦」公式謝罪要求決議には、「日本政府は、日本軍が慰安婦を性の奴隷として人身売買を行った事実は決してないとする主張に対して、明確に、公開的に反論しなければならない」という一節がある。まぁ、ここでは「反論」だ。政府のする「反論」ってどんなだろうと不思議に思うが。

 例えば、2007年12月13日に採択されたEU議会「慰安婦」公式謝罪要求決議には、「『慰安婦』を服従させ隷属下におくことは一度もなかったといったいかなる意見に対しても、日本政府はそれが間違いであると公式に否定すべき」という一節がある。「公式に否定」の手段ってどんなだろう?

 そして例えば、2008年10月30日に公表された採択された国連・自由権規約委員会による日本の人権状況に関する第5回審査最終見解の22項目には、こうある。

The State party should accept legal responsibility and apologize unreservedly for the “comfort women” system in a way that is acceptable to the majority of victims and restores their dignity, prosecute perpetrators who are still alive, take immediate and effective legislative and administrative measures to adequately compensate all survivors as a matter of right, educate students and the general public about the issue, and to refute and sanction any attempts to defame victims or to deny the events.

貴締結国は、法的責任を認めなくてはならす、大多数の被害者が受け入れることができる方法で「慰安婦」制度について疑われることがないほど完全に謝罪しなければならず、被害者の尊厳を回復しなければならず、存命中の加害者を訴追しなければならず、正義の問題としてサバイバー全員に適切な補償を行なう法的措置および立法措置と直ちに実行しなければならず、児童・生徒・学生および一般大衆に「慰安婦」問題について教育・啓蒙しなければならず、被害者を中傷もしくは被害者の体験を否定するあらゆる試みに対し反駁し、法的に処罰しなければならない

強調引用者。

 ちなみに、2008年10月23日から25日までの期間で、東京にて第9回「日本軍『慰安婦』問題アジア連帯会議」が開催されていて、その最終日、参院議員会館前でアピール行動及び院内集会が開かれたそうである。折しも、国籍法改正に絡んで色々動きのあった頃だった。
 それもあってか、参議院会館前で連帯会議と在特会のアピール行動とかち合ったのだそうだ。こちらのエントリから貼ってあるYouTubeにて、その時在特会側から浴びせられた「恥ずべき反日日本人・極左集団・詐欺師集団・人間のくず・ただの売春婦・キチガイ・変態・日本から出て行け」(見苦しいので反転)という罵詈雑言そのものは確認できる。ちなみに、この罵詈雑言を、、、国会見学に来た小学生に向けてもやらかしていた事すら、動画では確認できた。

 また、2008年1月28日のこと。在特会とのコラボレーションにて「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」が「女たちの戦争と平和資料館」に乱入してもいる。この時、すぐ近くの早稲田大学の学生さんが騒音被害にあった旨、その組織の掲示板に抗議の意見を投稿していたが、「韓国人の売春婦が日本で今日も元気に股を開いている」「韓国の女性にはモラルのかけらもない」等という大変品位に欠ける発言をしていたという。なお、この件に関しては、日本のマスコミは報じていなかったが、韓国紙で「「慰安婦は売春婦」と叫ぶなどして暴れた」とキッチリ報じていた。
 またさらに、韓国紙が2008年3月に報じていたところによると、「朝鮮人は皆売春婦」「朝鮮売春婦らの嘘に日本人が動かないと思ったら大間違い」といった内容の動画を、この頃、せっせとインターネット上に撒き散らしていたという。

 これもいわゆる「表現の自由」というやつなんだろうが、こういうのを見ていると、誰に向かって「表現の自由」の大切さを訴えればいいのやらと遠い目にならないだろうか。
私はなる。


エントリに入らなかった参考;
日刊ベリタ : 記事 : 在特会ら「親子で平和を考える催し」に押しかけ妨害」(2009年08月03日)
「慰安婦」について矢野・朝木両「市議」が言っていたことと、そのお仲間が三鷹でやっていること ※大幅に追記 - 3羽の雀の日記』(2009-08-03)
スポンサーサイト
[ 2009/08/05 19:55 ] 自爆史観 | TB(2) | CM(7)

   No. 6348

なんだこの在日気違いフェミニストは(笑

これだから女は馬鹿にされんだよ
恥さらしの馬鹿チョンさん
[ 2009/08/06 05:45 ] -[ 編集 ]

   No. 6349

↑うちのローカルルールだと十分削除対象なのだが、レイシズムとミソジニー溢れる「表現の自由」というか「言論の自由」行使の例として展示しておく。
[ 2009/08/06 08:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

うちゃ   No. 6352

どこぞの名無し君

なるほど在特会にシンパシーを抱く人間というのは、テンプレ通りのセリフしか吐けない能無しの上、名乗ることさえ出来ない臆病者であり、平然と他人を差別する恥知らずであるということを身を以て示しに来てくれたわけだな。
君のような輩のことを世間一般では人間の屑と呼ぶのだが、君のお友達の中では違うのかな?
[ 2009/08/06 21:16 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

   No. 6353

>うちゃさん

 自分を尺度に、他者をはかるのはどうかと思います。誰しもが妙な発言をしたときに諫めてくれる友人をもてる訳じゃありませんし、「No. 6348 2009/08/06 05:45」のコメントから明らかなように、見るからに残念な知性と品性をおもちなのですから。
 「違う」も何も、そもそも、お友達がいるかどうか。
[ 2009/08/06 22:29 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6354

憲法九条スキスキなバナー貼ってるどこぞのブログがわりかし最近No. 6348のようなエントリタイトル付けてたのを目撃しました!矛盾しすぎ...。
[ 2009/08/07 01:31 ] -[ 編集 ]

馬鹿陽区(個人名ではなく、種名)では?   No. 6355

ウチにも先ほど、久しぶりに馬鹿陽区と思われるものが来て、八木センセーを弁護したいらしいけれど弁護できないので私に一方的に文句を付けるコメントを付けていきましたよ。
速効で削除しましたが。

ほら、夏は害虫がわいてきやすい季節ですから。
[ 2009/08/07 10:58 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

   No. 6356

>SIVAさん

 あ~。
http://b.hatena.ne.jp/entry/anarchist.seesaa.net/article/122393545.html
表現規制反対のエントリでしたっけ…?



>げげさん

 Homo sapiens var. bakayorkですね。
http://blog.livedoor.jp/gegenga/archives/51702273.html#comments
5. Posted by あほか 2009年08月05日 12:31
これは、本物じゃないですか?
 しかし、これだけ中身がないと、全然、腹も立たないものですね。被害者や支援者を侮辱するコメントだと、速攻、沸点に達してるんですけど。
[ 2009/08/07 19:28 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/713-81660a0e


フィリピンで日本軍により「慰安婦」にされた二人の女性の生の声

従軍慰安婦だった女性に日本が国家の意思として謝罪することに抵抗を感じる方々、従軍慰安婦だった女性に「強制ではなかった、商行為だっ...
[2009/08/09 21:33] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室

[物申す]性て、人格の一部だろうに

ずーっと違和感を感じてきたことに、たとえばGazing at the Celestial Blue 三鷹市『夏休み・親子で平和を考えるー「慰安婦」展』メモにあげられてるような、ことがあるんだな。なんでそんなに従軍慰安婦にされた女性たちに、しかも高齢の人に向って汚くののしらなければな
[2009/08/11 08:54] URL おこじょの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。