スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ下院における決議案121号採択から2年 

 2007年7月31日、アメリカ下院で決議案121号が採択された。日本軍「慰安婦」被害者へ、公式謝罪と賠償等を日本政府へ要求する決議だ。あれから、二年が過ぎたが、日本政府の公式謝罪は未だ実現していない。

 アメリカ下院でH.Res121が採択される約10年前、97年11月に「自由主義史観に反論する」として吉見義明氏や本多勝一氏ら10人との共著でだされた書籍「歴史と真実」で、若桑みどり氏はこう記していた。

(略)  あきらかな犯罪性をもったその他の戦争責任問題とは違って、「慰安婦問題」においてもっとも特異なことは、事件そのものが犯罪性を疑われているという事実なのである。

 その他の事件の場合には、事実関係の細部における(例えば数字や規模など)疑義があっても、事実そのものの犯罪性が「根底から」疑われるなどと言う事は起こらない。何故、そのような根本的な解釈の相違がここにあり得るのか。その答はただ一つである。それはこの問題が男性と女性の間の「性」の問題を根底に持っているからだ。その性は「売春」という問題と絡み合って問題にされるために、「売春は犯罪ではなく商売である」(略)という議論が展開されるばかりでなく、「彼女らは商売女である」から「不道徳な汚い女である」と、いつの間にか批判の方向は「慰安婦」の方に向けられることになる。そこから、「彼女らは今また金がほしくて賠償などとわめいているのだ」という論理に容易につながっていく。

 つまり、この問題に関しては、犯罪性そのものが根底から疑われているばかりでなく、議論は反転して被害者の道徳性を断罪するものにさえなる(略)。これいわゆる「セカンド・レイプ」(レイプを訴えた女性が逆に社会からそのモラルを断罪されること)であり、慰安婦問題をめぐる議論の典型的な特徴である。


歴史と真実』(筑摩書房 1997/11/13)より一部

 今年も2周年を記念して、アメリカ下院でH. RES. 121採択前の強烈な出来事を少し、とH. RES. 121採択後の関連の出来事を追ってみよう。今年は、外国の決議案提出のみの場合は割愛とする。採択にいたった事例が多くなったので。

2007/06/16 ワシントン・ポストに、「旧日本軍によって強制的に従軍慰安婦にされたことを示す文書は見つかっていない」と訴える"The FACTS"と題された、自民、民主両党の国会議員ら計44人その他の賛同者リスト付きの、全面広告掲載。これを含む一連の強烈な採択後押しには、加藤駐米大使も協力していたらしい。

2007/06/26 アメリカ下院外交委員会(ラントス委員長)にて、「慰安婦」謝罪要求決議案(H. RES. 121)が通過

 さらに採択を後押しする「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」のとか、水島総氏の働きかけの結果


2007/07/31 アメリカ下院にて「慰安婦」謝罪要求決議案H. RES. 121が採択


2007/08/15 辻元清美議員の『「慰安婦問題」についての米下院決議と安倍首相の謝罪に関する質問主意書』に対する答弁、「慰安婦問題に対する日本政府の取り組みに対して正しい理解がなされていないと考える」との答弁書が、閣議決定

2007/09/05 「米国に長崎広島原爆投下の謝罪を求める地方議員と市民の会」が アメリカ大使館へ、「慰安婦」公式謝罪決議に対する抗議と謝罪要求

2007/09/20 オーストラリア上院の「慰安婦」和解推奨動議採択

2007/09/26 佐賀県・嬉野市議会が、アメリカ下院「慰安婦」謝罪要求決議に疑問を呈し、国にこれまでの研究に基づく事実を各国に説明していくことを求める意見書を可決

2007/10/04-06 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて「日本軍『慰安婦』問題解決のための世界大会」開催

2007/11/20 オランダ下院本会議にて、日本政府に対し「慰安婦」問題で元慰安婦への謝罪と補償などを求める動議を全会一致で可決 。「日本政府が河野談話を否定するような動きをしないよう要請」「元慰安婦への補償の要求」「日本の教科書での正確な記載を要求など。

2007/11/28 カナダ下院「慰安婦」謝罪要求動議を公式採択 。日本政府に河野談話を否定する動きを禁止し、否定論に公式かつ明確に反駁することと、元「慰安婦」への責任を認め公式の謝罪を要求。

2007/12/14 欧州議会本会議が「慰安婦の女性たちのための正義(Justice for the ‘Comfort Women'」という名称で上程された「慰安婦」公式謝罪要求決議、出席議員57人中54人という圧倒的な賛成多数(棄権3人)にて採択 。「慰安婦」制度が著しい人権侵害であり、性奴隷制度であったことを明記。アジア女性基金を限定的に評価した上で、日本政府に元「慰安婦」への公式の謝罪や補償を要求。

2008/03/08 フィリピン上院にて、「第二次世界大戦中のフィリピン人慰安婦に対する正義を求め続けた勇気および毅然とした決意に対しトマサ・ディオソ・サリノグ、別名『ロラ・マシン』を賞賛する」決議採択

2008/03/11 フィリピン下院外交委で「慰安婦」謝罪要求決議案採択

2008/03/25 宝塚市議会が「慰安婦」問題を政府が誠実に対応するよう求める請願を採択

2008/06/11 「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」、8度目の参院提出

2008/06/12 国連人権理事会にて、日本軍「慰安婦」問題に対する各国の韓国と質問を含めた、普遍的定期審査実務グループ報告書正式採択。 (国連による成績通知表の従軍慰安婦に関連する部分抜粋は、こちら

2008/06/25 東京都清瀬市議会が「慰安婦」問題に対する政府の誠実な対応を要求する意見書を採択

2008/09/07 宮古島に日本軍「慰安婦」の祈念碑建立

2008/10/01 3日の日程で、「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」第5回大会がハーグにて開催。各国の参加者から、日本軍「慰安婦」被害者らに対し、「日本政府は謝罪し、犠牲者らに補償するべきだ」などの声が上がった。

2008/10/08 韓国議会・女性委員会にて「慰安婦」名誉回復決議案が通過

2008/10/15 麻生総理、参議院予算委員会にて、福島瑞穂氏の質問に答えて「河野談話を踏襲」と明言(?)。「踏襲」を「ふしゅう」と発音したとして、一部で話題になる(一部って、うちだけど)

2008/10/27 韓国議会で「慰安婦」名誉回復決議案採択。採択された『日本軍「慰安婦」被害者の名誉回復のための公式謝罪及び賠償を催促する決議案』の文面そのものはこちら。

2008/10/30 国連・自由権規約委員会が日本の人権状況に関する第5回審査最終見解を公表。その一節には、

22. 本委員会は、貴締約国が第二次世界大戦中の「慰安婦」制度に対する自らの責任を未だに認めていないままであること、加害者が処罰されていないままであること、犠牲者に支給された補償金は公的な基金ではなく民間の寄付を財源としたものであり、かつ、補償金が不十分であること、「慰安婦」問題について言及している歴史教科書がほとんどないこと、被害者を中傷もしくは被害者の体験を否定する政治家やマスメディアが存在することに懸念を表明する。(第7条および第8条)

貴締結国は、法的責任を認めなくてはならす、大多数の被害者が受け入れることができる方法で「慰安婦」制度について疑われることがないほど完全に謝罪しなければならず、被害者の尊厳を回復しなければならず、存命中の加害者を訴追しなければならず、正義の問題としてサバイバー全員に適切な補償を行なう法的措置および立法措置と直ちに実行しなければならず、児童・生徒・学生および一般大衆に「慰安婦」問題について教育・啓蒙しなければならず、被害者を中傷もしくは被害者の体験を否定するあらゆる試みに対し反駁し、法的に処罰しなければならない。

Stiffmuscleさん訳

2008/11/07 札幌市議会が「慰安婦」問題に関する意見書を可決

2008/11/11 台湾立法院にて、「慰安婦」謝罪要求決議採択。採択された台湾立法院で採択された決議文面はこちら

2008/11/23 3日間の日程で、第9回 日本軍『慰安婦』問題アジア連帯会議が東京で開催。なお、25日に参議院前でアピール行動を行ったら、在特会の国籍法反対デモとかち合って色々あったとのこと。

2008/11/30 イギリス下院外交委員会が公表した『Global Security: Japan and Korea(国際安全保障:日本と韓国)』と題した報告書に、『日本政府は第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題が、韓国で「悲痛で感情的」な問題として受け取られている重要性を認識すべき』との見解が示されていたと報道。があったのだが、日本国内の報道は、これはほとんど報じないで、併せて報じられた拉致問題に一生懸命焦点を当てていた。

2008/12/18 『中国人「慰安婦」被害事実調査委員会』が第二次調査結果を公表

2009/03/06 2009年のILO条約勧告適用専門家委員会報告書が公表。ここでも、第二次世界大戦中の性奴隷制つまり「慰安婦」と産業奴隷制つまり強制連行問題の未解決が問題視される。

2009/03/25 福岡市議会が「慰安婦」問題に政府が誠実に対応するよう求める意見書を採択

2009/03/26 「海南島戦時性暴力被害賠償請求」高裁の判決がでる。一審判決が支持されて控訴棄却ではあるが、被害事実認定などでは、かなり踏み込んだ判決文であった。

2009/04/24 国連「人種主義に反対する世界会議」席上にて、北朝鮮から日本は過去の歴史を早期に清算するようを要求された模様。日本のマスコミが言及したのは全然見かけなかったが。

2009/05/13 日本の仏教界が、韓国に「慰安婦」問題を含め、歴史事実を謝罪

2009/05/28 アムネスティが死刑・代用監獄・貧困などの問題と共に、『従軍慰安婦問題でも国際社会の圧力にもかかわらず政府が生存者への十分な賠償に応じていない』と言及した年次報告を公表。

2009/06/22 箕面市議会が『「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書』を採択

2009/06/23 三鷹市議会が『日本軍「慰安婦」間題に関する意見書』を採択

2009/06/24 小金井市議会が『日本軍「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書』を採択

2009/06/29 京田辺市議会が『日本軍「慰安婦」問題について日本政府へ早期解決を求めるための意見書』を採択

2009/07/24 22日に発議されていた韓国・大邱市議会の「慰安婦」問題解決要求決議案が、韓国地方議会でこの種の決議としては初めて採択。採択された「日本軍慰安婦問題解決を求める大邱市議会決議」はこちら。

…そして、現在に至る。民主党は、政策集に謝罪と金銭的補償を含む慰安婦問題への取り組みを盛り込んだと聞くが、民主党も自爆史観議員を抱えているのは一部では有名な話だろう(そこでリンクを貼るのがそれか、とか、一部ってどこだとかはつっこまないよーに)
 冒頭に引用した若桑みどり氏の論考は、日本の政治的支配者達をこう表現する。

 彼らはおそらく、現在でも「女を買う側」に立っており、その醜行について公式に謝罪することは、その醜行を認めることであるからそれはせず、他人を介して金を支払い、事を穏便に処理し、相手を黙らせ、事件が忘却されるのを待っている。(略)

 国家は、それを構成している個々人の人格以上の行動をとることはできない。女性の人権について、特にそれが性的問題にかかわった場合に、高い見識を示す行為をこの国がもつことはないのは、この国の支配的な男性たちがそれをもっていないからである。そこから国際的なギャップが著しいものになる。(略) 国際的な次元での「慰安婦」問題は、もはや看過出来ないほどのコンセンサスを獲得してしまったということである。


歴史と真実』(筑摩書房 1997/11/13)

 冒頭にも書いたが、これがすでに97年、アメリカ下院決議採択に先立つ約10年前の文章なのだ。日本…政府や社会は、10年間、何をしていたのだろう?

 若桑氏は、「慰安婦」被害者らにたいするヘイトスピーカーに言及した後、こう評する。

 しかし、侮辱されているのはおそらく彼女でもわれわれ女性一般でもない。弱者に対する度重なる侮辱によって、世界に決定的な恥をさらしているこの日本という国である。


歴史と真実』(筑摩書房 1997/11/13)




参考;
はてな「従軍慰安婦問題を論じる 」の、『「慰安婦」問題解決を促す国連・外国からの勧告・決議など主なものの一覧』から、アメリカ下院決議H. RES. 121採択以前のものを、時系列に並べ直したもの。

1996年2月6日
 国連人権委員会クマラスワミ報告 「慰安婦」制度は性的奴隷で「人道に反する罪」にあたる。2国間条約は未解決で、日本政府には法的責任がある。日本政府への勧告は6項目であり、①国際法違反であり法的責任を果たすべきである②被害者への個人補償③政府保管の全資料の公開④書面による公式謝罪⑤日本国民への歴史教育⑥関与者の特定と処罰、である。

1996年3月4日
 ILO条約勧告適用専門家委員会年次報告 「慰安婦はILO条約が禁止する『強制労働』にあたる。日本政府はすみやかに適切な配慮をすべき」という勧告。

1997年3月4日
 ILO条約勧告適用専門家委員会年次報告 2回目。「慰安婦はILO条約が禁止する『強制労働』にあたる。日本政府はすみやかに適切な配慮をすべき」という勧告。

1998年4月21日
 韓国政府声明 アジア女性基金の「つぐない金」に反対し、日本政府に誠意ある謝罪と責任ある措置を取るよう促した。同時に韓国に被害者(元慰安婦)に約300万円を支給した。

1998年8月12日
 国連人権小委員会マクドゥーガル報告 日本政府は法的責任を認め、賠償のために早急に措置を取るよう勧告・提案をした。①日本政府は国連人権高等弁務官と協力して犯行者を訴追するための機構を設置すること②被害者に法的賠償をするための機構を設置すること③犯罪の重大性と被害の深刻さを考慮した上で、被害者に賠償金を支払うこと④以上の活動について日本政府は国連事務総長に年2回報告すること、である。

1999年2月11日
 フィリピン下院人権小委員会決議 日本政府に「慰安婦」への補償法制定を求めるを求める決議。被害者からの公聴会を経て採択。被害国での対日決議としては最初のもの。

1999年3月11日
 ILO条約勧告適用専門家委員会年次報告 3回目。「アジア女性基金は被害者の期待に応えておらず、被害者が高齢であることを考慮し、早急に個人補償すべき」と勧告。

2000年8月17日
 国連人権小委員会マクドゥーガル報告歓迎決議 ゲイ・マクドゥーガルの報告(改訂版)を歓迎する決議。全会一致で採択。報告書は1998年のものに加え、「慰安所制度は人道に対する罪だが日本政府は法的責任を認めず、被害者に賠償を行わず、国際法上の責任を果たしていない」と日本政府を批判した。

2001年3月12日
 ILO条約勧告適用専門家委員会年次報告 4回目。「慰安婦」が29条違反にあたる事を再度指摘し、多くの被害者がアジア女性基金の「償い金」を受け入れていないという現状から、日本政府が被害者や関係団体と協議し、補償のための他の方法を設けることを勧告。

2001 年3月21日
 イギリス議会決議 「慰安婦」訴訟を支持する決議。アラン・シンプソン議員とアリス・マホン議員が提案、多数の女性を強姦・拷問した事に留意し、生存者の日本政府への正義の要求を下院は歓迎する。日本政府は法的責任回避のために「主権免除」を主張すべきではない。

2001年4月2日
 国連人権委員会クマラスワミ報告 国連の1996年の勧告も2000年の勧告も実施する試みがないとし、日本政府は道義的責任を認めたにもかかわらず、法的責任を認め被害者の賠償を行うことを拒否していると厳しく日本政府を批判。

2001年12月3日
 フィリピン下院決議 「慰安婦」問題を下院女性委員会で調査する決議を採択。

2002年1月12日
 香港立法会決議 香港の議会に当たる香港立法会において全会一致で日本政府に慰安婦を含む被害者への公式謝罪と賠償を求める決議が採択されています。(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/150/0002/15011300002005c.html)

2002年10月15日
 台湾立法院決議 台湾の国会に相当する立法院の決議。日本の「戦時性的強制被害者問題解決促進法」を全面的に支持。

2003年1月6日
 国連人権委員会クマラスワミ報告 クマラスワミ最終報告、日本政府が法的責任を認めないことを批判。

2003年2月26日
 韓国国会決議 日本の国会に慰安婦問題解決を求める決議。①真相究明と資料の公開、②日本の「戦時性的強制被害者問題解決促進法」を速やかに制定すること(被害者への公式の謝罪・賠償)③慰安婦問題が国際法上の非人道的行為であることを認めること④教科書に反映するなど後世に伝えること、など

2003年3月1日
 ILO条約勧告適用専門家委員会年次報告 5回目。「慰安婦」が29条違反にあたる事を再度指摘し、被害者が高齢であること、日本政府が被害者たちの請求に答える措置を講じる事を希望するとして5回目の勧告。

2005年1月25日
 フィリピン下院外交委員会決議 日本の「戦時性的強制被害者問題解決促進法」を全面的に支持し、フィリピン政府にも元「慰安婦」の名誉と尊厳回復への支援を促した。

2007年2月1日
 ILO条約勧告適用専門家委員会年次報告 6回目。日本政府が被害者たちの請求に答える措置を講じる事を希望するとして6回目の勧告。

2007年5月18日
 国連拷問禁止委員会報告 慰安婦の生存者を含む性的暴力被害者への日本政府の救済措置は「不十分だ」と指摘。時効の不適用、性的暴力などへの教育の徹底、被害者の救済を日本政府に勧告。http://www.news-pj.net/siryou/2007/goumonkinshiiinkai-20070518.html

2007年6月29日
 オランダ下院説明要求 オランダ下院は衆議院議長あてに、慰安婦動員に強制性はないとする広告「FACTS」に関して説明を求める書簡を送った。日本の国会議員たちが2007年6月14日に米国のニューヨークタイムズ紙に慰安婦動員に強制性はなかったとする反論広告を掲載したことについて、日本側に説明を要求する書簡を送った。共同通信によると、バルケネンデ首相は3月に安倍首相が「慰安婦が強制的に動員されたという証拠はない」と発言したのに続き、今回のような広告が掲載されたことについて、「非常に不適切だ」とし不快感を表明しているという。



スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/08/01 23:59 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(9)

民主党が政権を取ることで   No. 6338

多少でも前に進むようにしないといけない。被害者たちの年齢を考えても
今回は最大の(そして最後の)機会なんだと思います。
[ 2009/08/02 20:30 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

加藤駐米大使って   No. 6339

今のプロ野球コミッショナーですよね?
だからどう、って話ではないんだけど、なんだか日本のプロ野球界が心配。
[ 2009/08/03 10:47 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

   No. 6341

>うちゃさん

 「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」が採択されればいいのですが、どうにも不安。提出されれば、また、国籍法の時みたいな騒ぎになるんでしょうね。
こんな人達もいるみたいだし。
http://d.hatena.ne.jp/kogarasumaru/20090802/p1
http://d.hatena.ne.jp/Mukke/20090802/1249227347


>げげさん

 そうなんですか? 野球よく知らない(^^; 
駐米大使といえど、上からの指示で動いているでしょうから、まぁ…。
外務省って、伝統的に(下手したら戦前から)アレな組織みたいですし。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-329.html
[ 2009/08/03 12:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6344

> そうなんですか?
そうなんです。
かれがコミッショナーになるって報道を見たとき
「うげーーー」って思いました。

[ 2009/08/03 18:20 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

   No. 6345

>さくらさん

 もしかしたら、外務省をでればいい仕事をするかもしれませんよ(<-もしかしたら???)。
[ 2009/08/03 19:35 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6346

コメント欄で紹介していただいた小烏丸です
本当に嫌なものを見ました
ああいう人たちが結構いるのだなというのが、ここ最近感じている不安です。
NHKなどでも結構いたようですが
それに加えて、ネットでは行動には起こさないまでも心情的に彼らに同意、支援する人たちも多そうで…
[ 2009/08/03 21:25 ] -[ 編集 ]

   No. 6347

>小烏丸さん

 ようこそ、コメントありがとうございます。それと、レポートを日記に上げて下さってありがとうございました。
噂には聞いていましたが、さぞかし嫌な思いをなさったと思います。
あの件についても戦果報告を上げていた団体が以前やっていた件、当方でもエントリにしたことがあります。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-363.html
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-365.html

>ネットでは行動には起こさないまでも心情的に彼らに同意、支援する人たちも多そうで…
<
 2ちゃんとかにも多いようですし、ここにもお見えになることもあります…
[ 2009/08/04 12:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ここ10年の動き   No. 6357

こうしてここ10年の動きを整理整頓していただくと、たいへん助かります。いつもながらありがたいです。「慰安婦」問題に関して、まとめて今現在の動きを扱っているところは、こちらくらいしか知らないので(ネットはあまり得意でないせいもありますが)、とても参考になり、いつも感謝しています。まったくの私見ですが、世界的には、「選挙」のみが民主主義の目安なのではなく、「人権意識」が民主主義の目安になってきていて、それによって国の力量、信用(格)などを見られているのではと思います。どんなところに住みたいかと考えて、この問題を解決したいと思いつつ。
[ 2009/08/11 04:56 ] -[ 編集 ]

   No. 6358

>IHさん

 いつもご訪問ありがとうございます。

>「人権意識」が民主主義の目安になってきていて、それによって国の力量、信用(格)などを見られているのでは
<
 多分、日本政府もある程度解っているのではないでしょうか。だから、国連の人権理事会の理事国にも立候補するのでしょうし。
…でも、なにか認識が斜め上な様子なのは、どうすればいいのやら困惑してしまいます。とりあえずは、今度の選挙ですよね。


>「慰安婦」問題に関して、まとめて今現在の動きを扱っているところ
<
 2007年頃は多かったんですけどね(^^; 
話題がかぶることも、情報をお借りすることも多いですが、『「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!』さん(http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/)も、集中して追ってらっしゃいますよ。Stiffmuscleさん(http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/)は、海外の話題に強くて、さらに個別のトピックを詳細に掘り下げてまとめてくださいます。
[ 2009/08/11 17:21 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/711-cf5617cf


ブッシュ氏の始球式に関連して思うこと

村野瀬玲奈さんからお知らせいただき、知ってはいたんだが。 本当にやったんだね、始球式。 日本シリーズ:ブッシュ前米大統領が始球式…第3戦(毎日新聞) 政治的なことやイデオロギー的なことは 村野瀬さん始めいろいろな方が書いてくださると思うので お任せし...
[2009/11/04 13:57] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。