スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本当に「行き過ぎてる」のか?「男女平等」 

 「北原みのり オンナメディアブログ」さんの09/07/22付記事「行きすぎた男女平等。」にはてなブックマークをつけて、しばらくしてから見に戻ったら、なんだかコメントが混沌とした様相を呈していた。

 あちらで取り上げられていた件については、一つだけWEB版の新聞報道でも記事を見つけたので引用しておくと。

 元参院議員でTVでおなじみの田嶋陽子さんが日本青年会議所のタウンミーティングに出席、会場の70%の人が「今の日本は男女平等が行き過ぎている」と考えていることにショックを受けた。男女平等をうたった憲法24条の項目を削る改憲案を見て、さらにショックを受けたとか。



 この件に関しては、なんだこりゃと思って、いくつかのサイトを見て回ってから私はある意味で納得したので、多分知っている人は前提としてとっくに知っているのだろうと思いつつ、見て回った情報をメモしておく事に。



 「社団法人 日本青年会議所」で、2009年7月現在、表示されている「新年のご挨拶」の一節にはこうある。

 本年度、社団法人日本青年会議所はつよい国民性に育まれたやさしい国家「真日本建国」に向けて、 我々青年会議所のひとりひとりが日本国に誇りを持ち、強靭な思想と哲学を身にまとい、現実から 目をそむけない確固たる信念を持った青年経済人として明るい豊かな社会を築き上げる運動を展開 してまいります。
 我々は「知行合一」を実践的な生き方の模範と定め、地域社会に貢献できる喜びとたゆまない努力を通して己の 価値を高め、清らかで潔い“真の日本男児”を育成いたします。自国に誇りを持って生きることの重要性を説く 団体として愛に満ち溢れたつよいJAYCEEによるアドマイヤー型社会を実現し、「真日本建国」に向けての 原動力として今年度もJC運動を邁進して参ります。


 この、「真日本建国」というのはスローガンみたいで、他の「会頭メッセージ」でもしきりと言及されているようだ。

 この、日本青年会議所という組織は、国際青年会議所や各地の青年会議所と連携しているとのことで、日本青年会議所のサイト内には各地の青年会議所へのリンクもある。
 各地の青年会議所の見所もメモしておこう。

 2005年度 社団法人 阿南青年会議所の2005年11月22日記事には、「『男女共同参画社会基本法』及び『同基本計画』の改廃を求める請願」取り下げについての声明』」が公開されていた。ってか、改廃を求める請願を出していたそうな。

 平成15年11月に開催という「2003年度国分寺青年会議所  第三回定時総会 議案書(pdf)」には「2004年度理事長所信(案)」があった。曰く、

■ 「JayceeとJC ~尊敬あっての理想実験組織~」
ひととひとが集まればそこは、ひとつの社会となります。更に「何故集まったのか?」という目的を見出し、「行動を共にする」という約束を交わせば、組織へと進化します。(略) 例会に初めて参加した時、JCに対して「宗教団体っぽい。」などという感想を持たれる方が多いようです。この印象は、カルトと宗教の誤認識、国旗や国歌に対する現代人の歪んだ歴史観、一つの目的に向かおうとする団体活動・運動に対する嫌悪感でもあります。(略)

■ 「505の遺伝子」
昭和47年、国分寺JCは、全国で505番目のLOMとして誕生しました。創始の先輩方は、この認証番号であることにこだわり、全力をあげて「505」という番号を手に入れたそうです。(略) 誇り高き、国分寺青年会議所―。しかし、所属しただけでは、誇りを手にすることはできません。(略) 認証番号505への託された思い、その遺伝子を有した子孫が私たちならば、熱くならずにはいられません。(略)

■ 「先人越え」
(略) 成長とは前向きな変化であり、自分自身との闘いです。(略) また、慣れてきた頃に謙虚さを失えば、成長は止まります。(略) 近年では、行き過ぎた平等観から、生命誕生の順番としての「年上と年下」、それぞれの世界における入門の順番としての「先輩と後輩」、組織における「上司と部下」をこれらが三位一体化した社会風土と秩序が失われつつあります。(略)

■ 「リーダーの使命 ~老いて従える子 “ネクスト・リーダー” をつくる~」
人生は、自分を磨き、子(ネクスト・リーダー)を育て、晩年には育てた子について行くという自然の流れの中に存在しています。(略) 核家族化が進み、多くの夫婦が共働きである現代社会では、「子育ての経験者」であった先人たちとの距離を広げ、必要なアドバイスからも遠ざけてしまいました。その結果、手軽なメディア等や同じ視点にある親同士の情報交換が優先され、無用な知識から来る、流行・世間体という親本位の判断が、悲劇の温床を増殖させています。また、日本古来の伝統、「男らしさ・女らしさ」を歪曲し、男女差別の原因とする考え方も蔓延しています。「男らしさ・女らしさ」の根本はお互いの足りない部分を認め、助け合い、愛するひとを全力で守り抜くという尊い精神、相互の尊敬を生み出す英知であったはずです。(略) ここから遠ざかることは、地球そのものの歴史から考えても人類の終焉を意味します。男の子がいずれ到達する父性、女の子がいずれ到達する母性に対する自覚と認識は、目指すべき自分らしさの源流をつくりだすこととなります。(略)

強調は引用者

 「精神貴族」穂の国青年会議所(豊川市)では、基本理念の一つに「道徳教育と郷土愛」をこう掲げる。

教育で優先されることは、テストで100点をとることなのでしょうか?正確な知識を学ばせることは確かに重要なことですが、我国独特の精神文化である道徳観や倫理観といったものが、置き去りにされた結果が、いまの歪んだ社会を生み出した、大きな要因の一つであるといえるでしょう(後略)


穂の国青年会議所:紹介」より一部、強調は引用者

「いえるでしょう」と断言なさっているようである。
 この、穂の国青年会議所の2008年度副理事長の白井氏の所信表明らしい文章は、こんな風に始まっていた。

 1995年に中国の李鵬首相(当時)がオーストラリアでの首脳会談の席で「日本は20年も経てばこの世から消えてなくなる」という発言をしました。あれから約12年が経過しましたが今の日本の現状を見渡す限りこの発言が現実味を帯びてきました。

男女平等と言いながら性差をなくし男女同性化を狙うジェンダーフリー、更に男らしさ・女らしさの崩壊、出生率の低下(1.25%これは一国が将来存続出来なくなる程までに低下をしてしまいました。行き過ぎたジェンダー教育による「家」「家族」制度の崩壊

過剰なまでの子供の権利保護の主張、言葉狩り。それによる学級崩壊、援助交際などのモラルの低下。無批判にアメリカ依存を強める政府。数え上げたらきりがないほど日本国消滅の原因となりうる要素が蔓延している現在。(後略)


情熱・common sense室  白井英行」より一部、強調は引用者





…………‥‥‥‥‥・・・・・日本青年会議所では、改憲を提案しているようで『“精神ルネッサンス" 真の自立国家「美しき日本」の創造に向かって!!』の文字が右肩に眩しく光っている「社団法人日本青年会議所 - 2006年度版日本国憲法JC草案解説(最終案)」にて、その改憲案が公開されていた。色々と独自性の強い(婉曲表現)条文が見受けられるが、ここでは1箇所のみ引用してみよう。

第二十二条 家族は共同体構成の基礎であり、何人も、その属する家族の維持及び形成に努めなければならない。
《解説》
共同体構成の最小単位のコミュニティーである家族をお盆参りをしたり、仏壇を拝んだり、地域構成のルール・伝統を伝える場等の従来の縦軸として維持することが、国家存続並びに歴史と伝統の継続となること並びに昨今の家族間の中の殺人事件などの頻発に対する警鐘の意味を込めて、個人の集合体ではない家族共同体を発信する。
(略)

第二十二条二項 「夫婦が同等の権利を有することを基本として」を削除
第二十二条三項 「両性の本質的平等」を削除
《解説》
 現行憲法においても法の下の平等が規定されており、無用な論議を巻き起こさない為にも本草案第十二条のみで充分と考える。

強調は引用者
数がずれているので驚いたが、なんだか派手に条文がなくなっているようだ。具体的にはちょっと確認しきれなかったのだが。ちなみに、日本国憲法第二十四条は、もちろん

第二十四条  婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
○2  配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

 「無用な論議」って何?と思ったが、既に見て回ったように、「青年会議所」というのはそもそもそういう組織なんだろうと思われる。

 だから、田嶋陽子さんも、こういう組織がやってるタウンミーティングでいちいち驚かんでもなぁと思ってしまったのだった。というか、呑気に出ていってどうするかなぁ。

 田嶋さんによると、今の少子化は「女の平和」と同じで、日本を含めた先進国の女性が子供を産まないという形でストライキをしているからだ。子供を産んだ日本女性の70%以上は、働いて自立するという基本的人権を行使できない。政治と行政の貧しさからだ、という。

 とくに日本は「ジェンダーギャップ指数(男女平等指数)」が世界経済フォーラム2008によると世界130カ国中98位で先進国中最下位。また、日本女性の学歴はOECD(経済協力開発機構)の中で第3位のレベルなのに、就業率は男性の93%に比べ、女性は67%しかない。

 田嶋さんは「日本は女性という資源のムダ使いをしている」とくやしがる。確かに国民の半分が希望をもてない国だから、不況も長期化し、閉塞感に満ちているのだろう。


 平等でも対等でもなさげな価値観を内面化しているのを自覚無しに垣間見せる人がしばしば目に入るのは事実だし、きっかけごとに、現に目の前にあって気づいていることを、解ってもらえそうな人相手に訴える必要を感じてはいるのも事実。もちろん、「ジェンダーギャップ指数」が下がり続けているのも事実だし、女性差別撤廃委員会からの指摘事項がグサグサとあるのも事実。

 しかし、青年会議所周辺から出てきた『7割』の意見を一般的だとみなして嘆くのは短絡というものではなかろうか。これを前提に考察されてしまうと、現にあるものまでうさんくさく見えてしまいかねないのだから。
スポンサーサイト
[ 2009/07/22 17:21 ] ジェンダー関連? | TB(4) | CM(12)

男女平等なんてものを進められると   No. 6298

たいした根拠もなく俺たちがふんぞり返っていられなくなるじゃないかー、ってことですよね、わかります。
しかしいまさら「美しき日本」とはね、もうとっくに賞味期限が切れて腐ってるかと思ったんだが、後生大事に抱え込んでるんだ。腹壊さなきゃいいけど。
[ 2009/07/22 18:09 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

根拠はあるんでしょう   No. 6299

ある種の人にとっては、「男に生まれついた」事が立派な根拠なんだろうなぁって。だから、本来自分たちのものであった色々を横取りされた気分なのかな、と。「女・女格差」っていうけど、「男・男格差」って言わないよね。

>「美しき日本」

 腹より先に壊れてる箇所があるのかも…。
[ 2009/07/22 18:20 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

その根拠が   No. 6301

>「男に生まれついた」事が立派な根拠
これがただの幻だと言うことを突きつけられてしまうから、「男女平等」を忌み嫌うんでしょうね。でももはや公然と反対することは出来ない。だから「行きすぎた」というわけのわからない形容詞を頭につけて抵抗してみると。
「真の日本男児」というのはなかなかステキなお方たちなんですね。
[ 2009/07/22 19:30 ] 9fUrC8Yk[ 編集 ]

優秀なら   No. 6302

優秀なら男女関係なく評価するもんなんだけどね(笑)
それをしないで、自分と違う性の権利を狭く既定する時点で
男という看板にしかがみつくことでしか、自分の拠って立つ所存が無い、
まぁ、あまり優秀ではなく、愚鈍である評価基準しかもってないことを、
世間様に晒しているのだと私は思います。

ついでにいえば、ちなみに日本青年会議所なんぞに属すのは
「ボン」でして、正直使えませんよ、あの連中・・・(^^;)
基本、親のコネがないと、JCには入れませんし(笑)
[ 2009/07/22 22:14 ] -[ 編集 ]

「行き過ぎ」てない「男女平等」だと   No. 6304

>うちゃさん

↑の「真の日本男児」達の主張だと「男らしく」「女らしく」な、男女平等って事になりますかねぇ。

 個人的体験では、就職・業績・職場の評価で「男」に勝っちゃうと、その男とお仲間からは「女」扱いされなくなるもんですよ。相手の地位が高かったりするといきなりハラスメントが始まった事も(笑)。
 一般論としても、「女らしさ」の要件には「男を立てる」がありますよね。

 ついうっかり(女が)勝ってはいけない「平等」、男が勝つことが保証された「平等」ってお話かもしれませんね。
[ 2009/07/22 22:26 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6305

>No. 6302 [ 2009/07/22 22:14 ] 通りすがりで失礼します さん

 はじめまして。出来るだけ、個人としての識別の意味をもたないハンドルネームはご遠慮下さいね。


>優秀なら男女関係なく評価するもんなんだけどね(笑)
<
 それができるのは、自分自身にある程度以上の自信がある人に限られてしまうみたいなんですよね。ご指摘の通りに。


>「ボン」
>親のコネ
<
 えーっと。なんだか数代前の日本国首相と一致するキーワードですね(^^;
使えない人物であっても、いざというときに逃げたり等々、邪魔にはなれますからね。困ったものです。
[ 2009/07/22 22:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

会場の70%   No. 6307

実は「続きを読む」以下の部分、流し読みしかしていないのですが、
仰る通り、「会場の70%」なのですから、別にいいと思いますよ。

だいいち、『行き過ぎたジェンダー教育による「家」「家族」制度の崩壊。』って、そんなの経済成長の結果の一部分にきまってるじゃん。アホらし。
「わたし作るひと、ぼく食べるひと・・・対する、自分でバンバンしなさい」の時代よりよりずっと前からニュータウン(余談だが、現在は「オールドニュータウン問題」になりつつある)は存在し、かくして男は専ら給料マシンで、女はすなわち家計分野における妻や母であった・・・はずだ。

制度だ、秩序だのって言っている問題が、実はシンプルな経済問題だっだ、ということも、結構あると思いますよ。

ただ、例えば「男の子がいずれ到達する父性、女の子がいずれ到達する母性に対する自覚と認識は、目指すべき自分らしさの源流・・・」の部分なんかは、割りに魅力的かもしれない。ここだけを読んだら、娘が女らしく育って欲しいと願い納得するお母さんもいらっしゃるかもしれない。

そこで。
案外、平等・正義よりも損得(・・・いい悪いは別。戦略として。)で考えたほうが解りやすいかもしれません。
[ 2009/07/22 23:54 ] -[ 編集 ]

   No. 6308

>とくに日本は「ジェンダーギャップ指数(男女平等指数)」が世界経済フォーラム2008によると世界130カ国中98位で先進国中最下位。

検索して見つけたので一応。


The Global Gender Gap Report 2008
http://www.weforum.org/en/Communities/Women%20Leaders%20and%20Gender%20Parity/GenderGapNetwork/index.htm


ランキングです。
http://www.weforum.org/pdf/gendergap/rankings2008.pdf

日本の下にはイスラム圏の国々が目立ちますね。いくつかのイスラム圏の国は日本より上ですが。というか、韓国も下にいますから、やっぱ日本特有というより日韓で一つのカテゴリーってかんじですかね。


日本についての細かい数字です。
http://www.weforum.org/pdf/gendergap/ggg08_japan.pdf

[ 2009/07/23 02:39 ] -[ 編集 ]

いやはやなんともおそまつな「憲法」草案   No. 6309

青年会議所は以前、麻生太郎現首相が会頭を務めていたことがあります。
http://www.tokyo-jc.or.jp/2009/rijicho/content4.html
それを考えると、「通りすがりで失礼します」さんのいわれる、「ボン」ばっかりというのは、きわめて正当な評価でありましょう。
それにしても、国際青年会議所に所属する団体であるといいながら、言ってることが国内の、それも一部でしか通用しそうにないことばかりというのが、なんともですね。
憲法で「何人も、その属する家族の維持及び形成に努めなければならない。」と規定するということは、家出も離婚も独身主義も憲法違反になるのでしょうか。
おまけに、27条3項の「児童はこれを酷使してはならない」を、スターリン憲法にあるとかの理由で削除とは、なに考えてんでしょう。スターリン憲法がだめだったのは、それが絵に描いたもちにすぎなかったからで、そこに書いてあることまでだめだということにはなりません。
このひとたち、国際大会ではどういう発表をしているんでしょうね。日本の恥をさらしていなきゃいいですが。
[ 2009/07/23 13:34 ] 5xkAihd.[ 編集 ]

   No. 6311

>札幌運転所隣人さん
>「会場の70%」なので
<
 ええ、この会場の70%ですからね。というか、はてなのブコメで仰せの方もいらっしゃいましたが、30%も男女平等が「行き過ぎ」てないという方達がいた方が驚きかも。


>平等・正義よりも損得(・・・いい悪いは別。戦略として。)で考えたほうが解りやすいかもしれません。
<
 結局の所、いま「男女共同参画」が盛んに言われ出したのも、少子高齢化による労働力不足だからだと聞き及んでいます。ま、そんなもんですよね。



>もん琵さん

 ありがとうございます。確かに、韓国とは結局の所似たものな傾向がありますよね。

当ブログでも、ジェンダーギャップ指数のエントリは2008年度分発表時にあげておりまして、順位が下がった理由についても考察しておりますので、よかったらどうぞ。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-558.html



>かつさん
>青年会議所は以前、麻生太郎現首相が会頭を
<
 見て回ってると、安倍晋三氏の傾向ともよく似ている印象を受けましたが、あちらとは無関係なんですかね(^^;


>家出も離婚も独身主義も憲法違反になるのでしょうか。

 …(^^; なってしまいますね。


>このひとたち、国際大会ではどういう発表をしているんでしょうね
<
 麻生太郎氏を見ていると、かなり不安な気がしてしまうのですけど…(^^;
[ 2009/07/23 19:49 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

平等   No. 6314

平等が「行き過ぎる」というのが、どういう状態なのか理解し難いのですが……天秤が激しく傾いた状態から、少しでも傾きが緩やかになったら「行き過ぎ」なのでしょうか。それが釣り合うには程遠くても。
極端な男性優遇の状態が「普通」だと。
そう思っているサイレントマジョリティは男女問わず案外多そうで、怖いと思います。
[ 2009/07/25 10:34 ] 3un.pJ2M[ 編集 ]

   No. 6317

>nanamiさん
>そう思っているサイレントマジョリティは男女問わず案外多そう
<
 同意です。生活実感でもそうなんですが、こちらでかなり引用した遙洋子さんの「働く女は敵ばかり」の
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-700.html
178ページ以降のエピソードで、「女性の社会進出について」のテレビ討論会で紛糾し、番組放映後の視聴者アンケートで、質問「あなたが思う女性差別とは」の回答で最も多かったのが「差別はない」だったそうです。回答者の属性が解りませんけど。

 話は「平等」とか「対等」って何?からスタートなんでしょうね。
[ 2009/07/26 11:37 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/704-d47e6903


[慰安婦] 日本政府はどうしようもない

女性差別放置する日本 (2009年7月18日 - しんぶん赤旗) http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-18/2009071805_01_1.html 国連の女性差別撤廃条約にもとづく進ちょく状況を検討する女性差別撤廃委員会の第44会期会合が20日からニューヨークの国連本部で開かれ、
[2009/07/22 18:10] URL Stiffmuscleの日記

警察も検察も司法も、「正義の味方」じゃないという現状  1

告訴の件  秋田地検に刑事告訴した際の担当はI検察官だった。事情聴取のたびに同じことを何度も聞かれた。彼がなかなか調書を取ろうとも...
[2009/07/24 09:18] URL あなたは悪くない

[ネタ]女は男より劣ってるくらいがちょうどいい

はい、タイトルは釣りです。←このフレーズ使ってみたかっただけ。 最近流行ってるみたいなんで、このあたりに便乗。 なぜニュー速では「女性差別」がいまだに根強いのか?:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´) Gazing at the Celestial Blue 本当に「行き過ぎてる」のか?
[2009/07/24 13:48] URL おこじょの日記

なりたい自分

 私がいわゆるIT業界に身を置くようになってかれこれ四半世紀になる。仕事を始めた頃、この業界のいわゆる出世コースというのは非情に単純だ...
[2009/07/25 13:07] URL Non-Fiction(Remix Version)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。