スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜ「南京事件」をめぐって、中国と韓国が? 

 中国語報道をチェックしていると、 2009-07-13 09:42:26付のこんな報道に行き当たった。
韓學者反駁中國網民"南京大屠殺主犯是南韓人"說 』 (國際線上/CRI online)

  CRI onlineといえば 中国国際放送局として、日本語版も出しているメディアだが、現時点では日本語版では出ていないようだ。
 來源は「環球時報」というが、中国のインターネットユーザーが「南京大虐殺の主犯が韓国人」説を唱えていて、それに韓国研究者が反駁しているという。

 韓国の「北韓日報」WEB版が12日報じるところによると、中国のインターネットで「南京大虐殺主犯は韓国人である。その時点の日本軍の40%は韓国人であり、松井石根の第15師団中の韓国人混成部隊がまず先に中国女性を強姦した。」なるテキストが表示されているという。

はぁ?となってざっと読み、「北韓日報(自動翻訳さんが訳するには北朝鮮日刊新聞)」なる新聞を確認しようとしたが見つからない。 一方、つい最近、似たような話を見たぞと思って確認すると、はてなブックマークコメント経由で、12日付の『 「南京大虐殺の主犯は朝鮮半島出身者だった」… 中国のネットで広まる深刻なデマ、嫌韓ネチズンの仕業か : ニュー投』なるエントリ(のブックマークコメント)を見ていたのだった。で、こちらのエントリを見ると、「北韓日報」じゃなくて、朝鮮日報だった(プラス、日付が違っていた…ぉぃぉぃ)

 2009.07.11 03:14付で『 南京대학살 주범이 한국인이라니… 中 네티즌 왜 이러나  (南京大虐殺主犯が韓国人とは…中国インターネットユーザーは何故このざまか)』
 『 「南京大虐殺の主犯は朝鮮半島出身者だった」… 中国のネットで広まる深刻なデマ、嫌韓ネチズンの仕業か : ニュー投』でも和訳が付いているが、自前で(自動翻訳を使って確認&大まか意訳でメモ)保存。朝鮮新報の報道タイトルに毒を感じるけど、「ニュー投」の訳にはないようだし。

ニセ資料まで提示して「日本軍の40%が韓国人」を主張
韓国・中国の研究者、南京記念館も「呆れ返る」との反応


 「南京大屠殺を行った日本軍人の40%が朝鮮人だった」「髷頭をした朝鮮人らは子供さえも見逃さなかった」
 中国の代表的なWEBサイトに、荒唐無稽な文章が表示される。 日本軍が1937年12月から1938年2月までに、30万人の中国軍捕虜と市民を虐殺した「南京大虐殺」当時、日本軍中の相当数が朝鮮人であったという流言飛語が流布している。
 百度、新浪網、Googleチャイナ等のポータルに、こんな内容の文章が数十件掲載されている。「中国人が忘れてはならぬ歴史、南京大虐殺の韓国人」(百度・2006年10月17日)、「歴史事実:南京大虐殺で日本軍より残忍だった韓国人」(Googleチャイナ・2008年10月3日)等が代表的だ。
 これらは、▲当時、松井石根が指揮する第15師団所属「朝鮮人部隊」が虐殺で先頭に立ったが、これらは天皇から表彰までされた ▲松井は後日、東京裁判(極東国際軍事裁判)でこの事実を証言した ▲中国侵略に加担した日本軍250万人中、朝鮮籍が160万人 ▲裁判の結果、朝鮮出身の148被告が有罪を宣告され、23人が死刑になった
と主張している。
 これだけではなく、「朝鮮人は日本人よりもさらに残酷に、民間人を虐殺・強姦したという現地の人らの証言がある」「朝鮮人らは日本へ積極的な抵抗もせず、猟犬の役割をしただけ」「日本が敗戦した後に10万人の朝鮮人がこれを悲観して自殺した」という主張もある。内容が類似したこの文章には「韓国人や日本人は本来行動が似てる」「やはりカオリバンジ(高麗棒子・中国人が使う朝鮮人への蔑称)」というコメントまで付く。

 東北アジア歴史財団・政策企画室のナム・サング研究員は「歴史的根拠がない流言飛語であり、歴史の捏造」と指摘した。まず、朝鮮人が日本軍に動員されたのは1938年4月(陸軍)と1943年(海軍)の志願兵制度を通じてであり、徴兵制は1944年に実施されたので、時代的状況が全く合わない。陸軍志願兵制度で1938年から1943年まで動員された朝鮮人は全体でも1万7364人に過ぎなかった。日本軍部は反乱を恐れて朝鮮人を主力とした部隊は編成せず、分散配置した。したがって、朝鮮人が4割もいる部隊や、朝鮮人3万人で構成された部隊が、1937年12月の南京大虐殺に参加することはあり得ない。
 ナム研究員は「軍事裁判や南京戦犯裁判で、朝鮮人が南京大虐殺に関し判決を受けた例は一件もない」とし、B・C級戦犯裁判で判決を受けた朝鮮人は148人だが、1942年8月以降に強制動員された、東南アジアでの捕虜監視員(129人)と通訳16 人、フィリピン方面の軍人3人だけだという。1925年から1938年4月までに、日本軍「第15師団」は存在もしなかった。「10万人悲観自殺」ももちろん事実無根だ。東北アジア歴史財団側は「中国の研究者でこんな主張をしている人は誰もいない」「南京大屠殺記念館にこの話をしたら、彼らも呆れ返っていた」と述べる。

 更に驚くことには、これらの流言飛語は、一見、具体的なニセ資料を提示する。「朝鮮人名簿」という資料が提示されるのだが、これが「日本軍内朝鮮軍名簿」「南京大虐殺に参加した朝鮮軍名簿」に化けるのだ。だが、これら名簿は、2005年民族問題研究所と親日人名辞典編纂委員会が発表した親日派名簿をそのまま引用しているのであって、南京大虐殺とは関係がない。

 いったい誰がこういう文章を流布したのだろうか?(略)

 これらの文章は、日本の右翼に「責任の多くは韓国人にあった」と、とんでもない免罪符を与えかねないし、インターネットで拡大再生産されてしまえば実態をよく知らない人には事実として受け入れられる危険があるとナム研究員は指摘した。韓・中関係の地雷となりうるという意味だ。

 「誰が」の部分は、韓国企業の中国進出に対しての反感も漂っていること等から、「歴史に対する知識は若干あるが専門家という訳ではなく、韓国企業進出と韓流に対する反発でもって嫌韓感情をもっているインターネット利用者」と考察されていた。

 そして、この「北韓日報」ではなく、朝鮮日報の記事を報じた『 國際線上(CRI online) 』の記事は、

「もしこのようなテキストがネットで広まるなら、真相に詳しくないインターネットユーザーの多くが見ることになる。中韓関係への脅威となり、中韓関係に影響する地雷になります」

の部分も紹介した上で、韓国研究者の捏造指摘部分をそっくり掲載する。

 そして、こう結んでいた。

《環球時報》記者は、中国のネットには確かにこのようなテキストがあることには気づいていた。しかし、多くのサイトでは互いに再引用しつつこれらのテキストは比較的以前からあったし、中国主要メディアがこのような報道は行わなったこともない。南京大屠殺記念館も、この問題を示された折、「根も葉もない話」との認識を示している。

 一方、この、韓国の反駁記事は、韓国語サイトのWEB版として公開しているだけで、中国語版が公開されておらず、朝鮮日報の紙上版にもない事に、《環球時報》記者は気づいた。事実として、「韓国人の南京大屠殺参加」は、最近の中国インターネットでの注目トピックではないし、主流を形成したこともない。韓国の最も影響力のある新聞の一つである朝鮮日報が、一部不正確なまま、中国のインターネットユーザーの視点を大げさに報道することで、かえって韓国国内の反中感情を誘発することも有り得る。記者は、朝鮮日報WEB版が、この記事を掲載した後、既に一部で中国非難の論調が現れているのを発見している。

 …中韓の間には、歴史認識で論争があることなど、目にしたことはあったのだが。

 君ら、何やっとるん?という気分になった。


 ちなみに、私としてはこっちの方がどんよりした気分になる。
「南京大虐殺の主犯は朝鮮半島出身者だった」… 中国のネットで広まる深刻なデマ、嫌韓ネチズンの仕業か : ニュー投』では、「投票」を行っていたのだが、その結果の方。
 確認時点で、「解りやすいデマだ」が39票で9%、「こんなこと無意味だ」が26票で6%。無意味って何をさすのかよく解らなかったが。
「どうでもいい」が100票で22%。…わざわざ「どうでもいい」と投票する、というのが、ある種の意思表示だな、と。

 そして栄えある(?)投票第1位。
「これは事実なのでは?」 ダントツの262票で58%。  …溜息。
スポンサーサイト
[ 2009/07/13 12:57 ] 四方山話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/699-e2fc5e85














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。