スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガザにおける戦争犯罪追求の経過 

 昨年末から今年頭にかけてのイスラエル軍によるガザ地区攻撃に関しては、すっかり報道が少なくなっているが、二つほど動きがあったのでメモ。

その一、国連で公聴会開催;
 国際法や人権問題の専門家で構成された国連の調査団が6月28日にガザ地区で公聴会を開いたという。

(略)
 公聴会では、住民や人権団体の代表などが証言に立ち、このうち家族や親せき29人を亡くしたという男性は、イスラエル兵が付近の住民を1つの建物に閉じ込めたあと、そこに砲撃を加えたと証言し、民間人と承知のうえでの攻撃だったと非難しました。また、ガザ地区のWHO=世界保健機関の現地代表は、救急車がイスラエル軍からとみられる発砲を受けたり、国際法で保護されるべき医療関係者16人が攻撃で死亡するなど、人命救助が困難だったと証言しました。一方、イスラエル政府は、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織のハマスこそが住民を盾にするなどの戦争犯罪を犯したと主張していますが、この日はそうした主張を支持する証言はありませんでした。(後略)


 最終報告書は、秋までに提出される予定だそうだ。

その二、 アムネスティがガザ攻撃に関する報告書公表;
 こちらは、本日、つまり2日付の話。調査団が入って云々という話は外電で報じられていたのを見ていたのだが、それがまとまったということだろうか。

(略)
 軍事専門家を含む調査団がガザに入り、報告書をまとめた。報告によると、パレスチナ側が公表した犠牲者1400人との数字は正確で、子どもの死者は300人以上としている。多数の民間人犠牲者が出ることを知りながら無差別攻撃を続けたことは国際法に違反すると強調。国連人権理事会による調査にイスラエルが協力するよう求めている。

 また、イスラエル軍が子どもを含む民間人を「人間の盾」として使ったと指摘。一方で、イスラエル軍が非難していたイスラム原理主義組織ハマスなどによる「人間の盾」を示す証拠は得られなかったという。(後略)


 白燐弾使用についても非難しているという。

 ということで、アムネスティのサイトで探してみた。
イスラエル/被占領パレスチナ地域 : ガザとイスラエル南部での戦争犯罪の免責はさらなる苦しみを招く | ニュース | AMNESTY INTERNATIONAL JAPAN

…本日公表された新しい報告書は117ページもあるとかorz。すみません、原文確認していません。

 日本語版要約から、さらに抜粋してメモしておくと。

「イスラエルが戦争犯罪などガザでの軍の行動について適切な調査を行っていないこと、リチャード・ゴールドストーンに率いられた国連の国際独立事実調査団への協力をイスラエルが拒み続けていることは、同国が公の調査と説明責任を避けようとしている証拠である」と、ドナテラ・ロベラは述べた。(略)

「国連安全保障理事会が主導する国際社会は、ゴールドストーンの調査にイスラエルが十分に協力することを保証するよう、あらゆる影響力を行使すべきである。この調査は真実を明らかにするための最良の手段となるものだ」と彼女は述べた。


 イスラエル軍が調査をしているという報道はこれまでにも見ていたのだが、国連を排除した調査をやっているらしい。

ハマスと他のパレスチナ人武装グループは、数百発のロケット弾をイスラエル南部に発射した。これによって3人のイスラエル民間人が死亡し、多数の人びとが負傷し、数千の人びとが家を追われた。「このような違法な攻撃は戦争犯罪であり、容認できない」と、ロベラは付け加えた。


 ハマス側がやっていることも、イスラエル民間人に対する戦争犯罪という批判は、これまでもなされてきた通り。

ガザへの攻撃の規模と激しさは先例のないものであった。イスラエル軍によって殺害された1400人のパレスチナ人の中には、紛争に加わっていない約300人の子どもたちとその他数百人の非武装の民間人が含まれていた。

ほとんどの人びとは、非常に性能が高く標的を詳細に観察することができる無人偵察機を利用した高精度の兵器によって殺害された。一方で、以前はガザで使用されたことがなかった白リンを搭載した砲弾など、不精確な兵器も使われた。このような兵器は、人口密集地域で決して使用されるべきものではない。


 不精確な兵器の使用が人口密集地で使用されたことが非難の対象なのは当然だが、精確な兵器なら良しという問題では決してない。

アムネスティ・インターナショナルは、調査した攻撃の犠牲者たちが、パレスチナ戦士とイスラエル軍の間の戦闘に巻き込まれていたのではないこと、また、戦士たちをかくまったり他の軍事目標となるものを守っていたのではないことを突き止めた。多くは寝ていたときに家屋が爆撃されて死亡している。また、庭で座っていたり、屋上で洗濯物を干したりしているときに殺された者もいる。子どもたちは、寝室、屋上、家の近くなどで遊んでいるときに撃たれた。医療補助員と救急車は、負傷者を助けたり、死者を運んだりしている最中に、繰り返し攻撃を受けた。


 精確に、民間人を殺害するイスラエル軍であったわけだ。

「これほど多くの子どもたちや民間人の死は、イスラエルが主張するような『2次的被害』として簡単に片づけられるものではない。これらの攻撃、そして民間人の死者数の増加にもかかわらず攻撃が弱まることなく続いた事実について、多くの疑問が残されている」と、ドナテラ・ロベラは述べた。

イスラエルの攻撃によって、3000を超える家屋が破壊され、約20,000軒の家屋が損害を受け、ガザの全地域は瓦礫となり、廃墟の中にもともと極限状態だった経済状況がそのまま残された。破壊の多くは気まぐれに行われたもので、「軍事的必要性」という理由で決して正当化できないものだった。


 アムネスティは、イスラエル軍からの情報提供を求めているが、この5ヶ月間、音沙汰なしだという。

参考;

(略)
 地元紙によると、ガザから帰還した複数の兵士が2月、同僚らによる民間人殺害の実態を、入隊前に通っていた教育施設で証言。事態を重く見た施設の責任者が、軍上層部に「告発」したという。民間人殺害については、これまでもメディアや人権団体が住民の声として伝えてきたが、イスラエル兵の証言で明らかになるのは極めてまれだ。

 19日付ハアレツ紙は、ガザ攻撃に加わった歩兵分隊長の証言を掲載。小隊がパレスチナ人家族を家の外に出す際、「右側へ進め」と指示したが母子3人は理解せず左側に進んだため、狙撃兵に射殺された。小隊は、この母子の移動が「問題ない」ものであることを狙撃兵に伝えることを忘れていたという。(略)

 一方で、イスラエル軍はガザ攻撃にかかわった部隊司令官の名前などがわかる報道を禁止。政府も1月下旬、外国で軍幹部や兵士が戦争犯罪などで訴追された場合には、全面的な支援を保証する方針を閣議決定している。(後略)



 この後の26日、昨年末から約3週間にわたったパレスチナ自治区ガザへの攻撃による死者の大半は、イスラム過激派ハマスなどの戦闘員だったとする声明を、イスラエル軍が発表している。攻撃は「市民ではなく、ハマスのテロ組織を狙ったものだ」と強調しているとか。

(略)
 軍の声明によると、死者は1166人で民間人の犠牲は295人。709人はハマスなどの戦闘員で残る162人は特定できていない。民間人のうち16歳未満が89人、49人が女性だったとしている。(後略)


asahi.com 2009年3月28日11時44分「イスラエル軍「ガザ攻撃の死者、大半は戦闘員」

 本日公表されたアムネスティの報告書が改めて、イスラエル軍の「調査報告」を否定したわけである。イスラエル軍の「調査報告」は、他にもある。

 ザイトゥン地区で、100人以上の住民が一軒の住宅に集められてから攻撃を受け、約20人が亡くなった事件について、

(略)
 調査報告は、イスラエル軍は同地区にあった武器庫を攻撃する計画だったと説明。しかし、作戦上のミスで隣接する民家を標的にしてしまい、電話による住民退避の警告も武器庫と疑われる建物内の人物に伝えていたといい、実際に攻撃された住民らは知らなかった可能性があるという。閉じ込めたかどうか、などの経緯についての説明はなかった。

 イスラエル紙イディオト・アハロノト(電子版)は軍幹部の話として、「事態は故意や怠慢による結果ではなく、責任を問われることはないだろう」との見方を伝えた。

 今回の調査報告はガザ攻撃で指摘された問題のうち、▽国連施設の被弾▽市民の巻き添え被害▽「白リン弾」の使用--などを軍内部で調べた中間結果。作戦運用は一貫して国際法にのっとっていたと結論付けた。また、初めて「白リン弾」の使用を明確に認めたが、改めて使用実態に問題はないと強調した。(後略)


毎日新聞 2009年4月23日 21時35分「イスラエル:ガザ住民「閉じ込め」攻撃 誤爆と公表

 この事件後、4日間、救急隊員の立ち入りをイスラエル軍が拒んだのはどうなったのだろう?
アムネスティと、国連の追求に期待して、引き続き注目しておこうと改めて思ったのだった。


 なお、ガザ地区の被害については、当ブログでは2009/01/11付「ガザ虐殺;あらためて国際人道法に挑戦するイスラエル」、2009/01/17付「ガザ虐殺;占領し、封鎖し、武力抵抗を誘発したのはどちらなのか」あたりにまとめてある。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  ガザ虐殺
[ 2009/07/02 17:19 ] 四方山話 | TB(0) | CM(2)

ごぶさたガザにもうしわけない   No. 6187

碧猫さんありがとうございます。

あれほどガザを注視していた私ですが最近は視線が台湾どまりになっていました。遠近両用めがねを持っていないから、では言い訳にならないでしょうが。
碧猫さんの情報を手がかりに資料庫に書き加えさせていただきます。
[ 2009/07/04 15:42 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 6191

>ni0615さん

 お役に立てて良かったです。台湾の方は、歴史的な背景がよく解っておりませんので、ありがたく勉強させていただいています。
[ 2009/07/05 18:53 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/693-2d6b9a5f














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。