スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「それ」がもたらす「社会の『常識』」 

6月6日付エントリの続き)

 最高裁で出た痴漢訴訟逆転無罪判決をきっかけに、(その事件では被告が誤認されていたという判決であったにしても)痴漢に遭遇することそのものって本当に多いのだと、増田を含め、はてな界隈で痴漢に関するエントリが多数上がった。その中には、どきりとする記述がしばしばあった。

なにより、彼らのお楽しみとして使われる。道具というか、ものみたいに扱われるのが、ホント、腹が立つし、傷つく。(略)んだろうなぁ、試食コーナーの食品みたいに扱われるのが、腹立つんだよな。

「お前がそこにいるから、悪いんだよ」「売り物としてさらしているんだろ。なにが悪い」「触るわけねえだろ、置いてあったからぶつかっただけだ」


たぶんほとんどの女性はさ、男性に性欲の対象として消費される存在としての「女という性別」を、うっすらとであれ理解して受け止めてると思うよ。積極的にじゃなくて、消極的に、事実として受け止めるしかないっていう感じで。

だから痴漢に対しても、心のどこかで「しょうがない」って思ってる。一部にそういう性癖の人間がいることを、そして通り魔同然にたまたま自分がその対象になってしまったことを、不運な事例として黙って心にしまってしまう。


性犯罪は、確かに、ごく一部の悪質な人間のすることだ。それらは被害者をモノ扱いしている訳で。
 だが、この、モノとして消費される・扱われる・値踏みされる感覚というのは、不本意ながら覚えがある。

 『消費される存在としての「女という性別」』という表現に、どきりとして思い出した件があった。 学生時代、どういう話の流れでそうなったのかの記憶は定かではないが、先輩後輩&男女入り交じった5-6人ほどの雑談でソープだのデリヘルの話になったことがあった(まぁ、しょうもない雑談ではあるわけですが)。その話の途中、先輩がふと私の方を向いて言った。「俺、碧猫だったら一晩○万円で買うぞ。」具体的な金額は忘れた、相場は知らん。でも、値段つけられちゃったよ…。しかもこれ、発言者の様子を見るに、褒めたつもりらしかった。他にも、学生時代以来、私はアクセサリーでも「資源」でもないぞと、不本意な思いをすることは多々あった。

 痴漢に限らずセクハラだって、『消費される存在としての「女という性別」』であることは無縁ではないだろう。以前、仕事関係の同業者が集まった飲み会でのこと。この業界には私はかなり若いうちから出入りしていたので、なまじな年長男性諸氏より古株だし態度はでかい。一方、そこには新規参入の若い女性達もいる。その進行する飲み会で、自発的宴会部長(超古株の地位のある男性)が絶好調で取り仕切りながら言いだした、「女の子達、前に出て歌え」。
…おいおい、女性限定で、自分たちのお楽しみのために、鑑賞されることを強制するのってセクハラだろう。どうしたもんかと迷って見守る私の視線に気付いた宴会部長が言った。「碧猫、お前もだ」
仕方ないから言った。「それ、セクハラですよ」。
 …ものすごい睨まれた。痴漢と名指しされた、ぐらいの勢いで。一瞬にらみ返した後、解りやすく横を向いて、それまで話していた相手と会話を続けた。宴会部長は私にはそれ以上何も言えなかったが、要求そのものは撤回しなかった。若い女性たちはエーとかどうしようとか言いながら言われるままに、前に出てマイクを持って歌い出した。…私がその要求を拒否できることを態度で示したのに従うのなら、多少古株で態度がでかいとはいえ私にはそれ以上はできなかった。ずかずか出て行ってマイクもぎ取って「席に戻れ」とは、さすがに言えない。

 その時に指摘するだけで精一杯だった事は記憶にずっと引っかかっていて、後に、深刻なセクハラにあわれた被害者の方が書かれたこんなコメントを見て、心が痛んだ。

レイプする加害者の心理、そしてレイプ犯を擁護する第3者の心理は、日々の小さなセクハラ行為の延長線上、その小さなセクハラを見て見ぬフリする仲間意識、人間心理の延長上に存在していると、私は自信を持って断言できるからです。


akira's room: セクシャル・ハラスメント議論用【一般】」(2008年10月28日 17:20付コメント)


 被害に遭った体験をもってらっしゃった別の方は、こうも語っておられた。

セクハラは徐々にエスカレートしてきます。
上司は最初は言葉だけでしたが(それでも充分嫌でしたし、恐怖も感じていました)、抵抗しないと思われたのか徐々にエスカレートして脅迫、強姦未遂を受けました。
会社は退職しました。(略)セクハラに遭わないために女性のみの職場を選ぶという折り合いをつけて、職を捨ててから今の職場に辿り着くまでは本当に辛かったです。
(略)
セクハラはエスカレートして、強姦につながる事もあります。
前首相の発言にもあったけれど(現首相も似たようなことを言っているけれど)「男はクロヒョウだ」と散々恐怖心を植えつけて、強姦事件が起きれば被害者の落ち度を責め立てる社会の「常識」の中でセクハラを受けるのはとてつもない恐怖でした。


akira's room: 自分にとって大切なものとは」(2008年09月29日 12:11付コメント)


 この『社会の「常識」』は、とてつもなくやっかいだ。このブログでも少し前、裁判員制度における性暴力事件被害者のプライバシー開示問題についてのエントリを上げたが、ここでも問題となったのは、そんな『社会の「常識」』があるからだ。

 「強姦神話」っていうのがありまして、「女のノーはイエスのサイン」ってね。裁判自体がこの強姦神話を下敷きにしてなされているとしか言いようがないんですよね。「女のノーはイエスのサイン」で、女っていうのは本当は強姦されたがっているんだと、心の中で。強姦されて、性的なエクスタシーを得たいと、思ってるんだから、いややって言うけど、あれはOKのサインよっていうね、神話があるんですよね。

 でこれももっと考えれば、そういう言葉を、フロイトっていう人が、私たち臨床心理の元祖になる20世紀の天才と言われている、精神分析を創った人ですよね。フロイトが「女の本性はマゾヒズムだ」って言ってるんですね。(略)フロイトがそういうふうに言うもんだから、もうそりゃ「女のノーはイエスのサインよ」っていうこの強姦神話が社会的に広まっていったんですよね。

 それから、男の性欲はコントロールできないんだから、誘った女がいかん。挑発した女が悪い。あるいは隙を見せた女がいかん。「ミニスカートはいてた、透けたブラウスを着てたでしょう」と、女の落ち度を裁く強姦神話ですよね。

 それと今度は女性を2分してですね、強姦とかセクハラにあうのは、そういうある種のふしだらな、性的にルーズな、そういう女がセクハラや強姦の被害者になるのよっていう神話

 それと、(略)強姦なんかされるぐらいだったら、死ぬまで抵抗するはずだっていう神話があるので、どれだけ抵抗しましたかっていうことを聞かれるんです。(略)この間の新潟の裁判は、本当に、もう、それ。途中で泣いてしまって、被害者はしゃべれなくなったんですけれども。(略)彼女はね150センチぐらいで40キロくらいなんですよ、ものすごく小柄でちっちゃい人でね、男の方はね183センチくらいあって80はないけど77、78キロなんですよね。だからほぼ倍の体重の人が、急にです、なんかソファで塾の話をしようとかいってやってて、もちろん二人きりのときにですが、バーッとこうのしかかってきて、ソファに押し倒されて強姦されたっていうときなんだけど、そこにね「あなたはそのとき、あなたの手はどこにいっていましたか」「どういうふうにはたきましたか」「蹴ったというなら、何回ぐらい、どこを蹴りましたか」。そんなこと覚えてられないわけですよ。(後略)


天理大学教養部発行キャンパス情報誌チューリップス 特集:Fフォーラム第4回講演会
セクシュアル・ハラスメント  -フェミニスト・カウンセリングの視点から「男が作った強姦神話」」強調は引用者

女のノーはイエスのサイン」って、中央大学のセクシュアル・ハラスメント防止啓発委員が出しているノーをめぐるすれちがいについて(PDF)」に解説が出ているぐらい「イヤというポーズをとっているんだ、という神話が信じられてしまって」いるのがセクハラの要因として重要視されている。「隙を見せた女がいかん」、…痴漢に遭遇した人に「露出度高い服でも着てたんじゃね?」って言う人はありがち。これは、「そういう女がセクハラや強姦の被害者になるのよっていう神話」の合わせ技でもあるか。「抵抗するはず」?、痴漢にあった時、頭真っ白になって凍ったけどなぁ、これだって私だけじゃないだろう。(*)

…これが、この社会の「常識」。
「私たち」の自由を阻害し、選択の自由を制限し、自己決定権に干渉し、思考にさえ条件付けをかけるもの。さらには、それらを後の世代にまで伝えてしまうもの。
そして、私たちが、(遅ればせながら)裁判員制度で性暴力事件が取り扱われることに危惧を抱く理由。

 何でこんな神話でしかない常識が社会に蔓延しているのか。それは、先の世代の先輩達がずっと考えてくれていて、すでに一定の見解は出ている。
 東京レイプクライシスセンターはこんな一節を含む文章を公開している。

残念ながら「被害にあわない方法などない」というのがセンターの答えです。
 ひとつだけはっきりしていることは「被害は男のいるところでだけ起きる」ということです。(略)仮に女性が、吹聴されている禁止事項を守ったとしても、被害は起き続けます。なぜ被害が起き続けるのかといえば、女性の行動を規制すれば被害が起きなくなるという考え方そのものが、大きく間違っているからに他なりません。間違いを知り、被害の原因を正しく捉えれば、被害の起きない方法は目の前にあります。
(略)
 まず、強姦をする者がいなければ強姦被害は起きず、痴漢をする者がいなければ痴漢被害は起きないという、この単純な事実を社会が認めることです。(略)まず始めに、男は女性に性被害を及ぼしてはならないという、当り前の社会規範を、当り前に築くことです。
「痴漢出没、注意!」の看板をよく見ますが、痴漢は熊ではないのですから、注意を呼びかける先が間違っています



 大多数の普通の男性はそう行動しているというのに、何故、こんな当たり前の社会規範が「常識」として定着していないのか。これもまた、先の世代の先輩達がずっと考えてくれていて、一定の見解は出ている。

 のだけど、長くなるので、エントリを改めて(^^;

コメント欄でご指摘いただいたので、この箇所加筆。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『男は熊』
[ 2009/06/08 18:50 ] ジェンダー関連? | TB(2) | CM(24)

ひ、ひでえ…   No. 6052

ひとまずブクマで悲鳴をあげていたわけですが…いや、ほんと、あたしは甘かったんだなぁと思いました(比べることでもないのですが…)。
男性が多数の組織に、あまり深くコミットしてないこともあるのでしょうが。
…ただ、カラオケは堂々と出て行って間違いなく可愛くない曲(鬼束ちひろとかのヘヴィな曲とか、失恋どろどろ系とか…ミュージカルの男声曲(原曲キー)とか)歌って「何か問題でも?」って顔してるかもしれません(ぉぃ)。
歌うの自体はパフォーマンスとして好きなので。

…ただ、何というか、碧猫様が経験したときの女性陣の対応差という意味で、分割支配みたいなことにならなかったか、というのは不安になりますね。「可愛い子でいろ」プレッシャーみたいな。

>強姦神話

あたしも小柄な部類なので(身長は取り上げられてる女性くらい、体重はもうちょっと)、他人事じゃないですね…結構歩いているので下半身の筋肉は発達してるかもしれませんが基本的に格闘能力なんてないですし、そうでなくても体格差のある異性に上をとられて本気出されたら、もうどうしようもない。(同性でも、1.5倍の体重差があったら厳しいと思いますけどね)
 危険があるからそうならないように努力しろと世の人は言いますけど…うん、やっぱり分割支配の側面は否定出来ないですよね。
あたしはぼーっとしたお人好しの馬鹿なんで、いわゆる「人並み」基準ですらいくらでも落ち度が洗えると思いますけど、それでも、親しい人には
「そのときには、せめて第一声は労りであってくれ」
と言っています。…そうでも念を押しとかないと、深刻な何かがあった後に、生きていける自信がないものですから。(苦笑)
[ 2009/06/08 23:14 ] H6hNXAII[ 編集 ]

   No. 6053

私は本当に「隙のない女」らしくて(自覚はない)、かわいげがないといわれます。(ほっとけよ!)もちろん元から、そうであったわけではなくて数々の経験でそいう風になったのだろうと思うのですが。

一般的に女は時と場合によって「隙」を見せなければならいものらしく、隙を見せなきゃ見せないで「かわいげがない」とか「ぎすぎすしている」などといわれるのですね。ようは「俺の前以外では」隙を見せるなということなのだろうと想像します。

20代前半のころ、夕方の繁華街の人混みの中で50歳ぐらいのおっさんから、いきなり腕を捕まれて「おねーちゃん、いくら?」といわれたことがあります。腕をふりほどいて一気にダッシュで逃げましたけど。普通のOLルック(古)だったんですけどね。
[ 2009/06/08 23:44 ] -[ 編集 ]

   No. 6057

最近浮世離れしてるんですが(笑)、一番最近所属していた学校で
クラスコンパなんかに参加すると、私は自分の分の料理を取ったら隣に取り箸を回すのですが、一部の女子がかいがいしく取り分けたりするんです。
男子は誰一人料理の取り分けなどしないし、女子にやってもらってお礼を言ったら良い方で、黙って受け取ります。
そして一次会が終わると、幹事役の男子が「女の子は会費いらないから二次会に出てよ」と言ってきます。
私は親睦を深めるべきクラスメイトではなく接待係として会費相当分のお代で雇われてるのね、とうんざりしました。
あぁ、こういう感覚の人が法曹になっていくのだ。
その幹事役の男子は、まぁ気が利いてお調子者で。
「あ、さくらさん今日はワンピースなの。かーわーいー」とか言われても(また誰彼かまわず言ってるんです)セクハラだと感じたりはしないんですけど、その裏返しが接待係だもんなぁ、と。

女であることでタダ酒飲むっていうならお見合いパーティのサクラにでもなる方が、わかりやすくて良いよ
と思って、友人女子と潜入しようと相談したことがありましたとさ。
[ 2009/06/09 09:22 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

好きな「隙」と、嫌いな「隙」   No. 6058

があるんじゃないですかね、一部の男性には。

「どじっ子」系の隙はあったほうが、かわいげがあってよい。
いいよ、いいよ、それでキミが困ったらぼくが守ってあげるよ♪
え? それを何? あのおばさん、キミのドジを責めるの?
それでたくさんの人に迷惑を掛けたから、って?
いいんだよ、他人が迷惑しても、キミは可愛いんだから♪
おばさんは、キミの可愛さに嫉妬してるのさ!

でも、性的な隙は、自分にしか見せてほしくない。
なんで他の男に触られたの?
本当は触ってほしかったと思ってるんじゃないの?
いくらキミがドジなところがあるからって、触ってほしい気持ちがなければ、そんなこと起こるはずないよ!

みたいな?


>「おねーちゃん、いくら?」
私は、値段は聞かれたことないなあ。
「一発、どう?」とか
「おごってやるよ」(全然、知らないおっちゃんから)とか
「一晩、どう?」(あ、これ、値段聞いてるのと一緒かも?)とか
やはり腕を捕まれて言われたことはありますけど。
[ 2009/06/09 09:26 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

もう一つ   No. 6059

七重さんの
>「そのときには、せめて第一声は労りであってくれ」
で、思い出したこと。

大学1年生の時だったか、自転車で帰宅中に電話が鳴ったので、自転車を止めて道路脇で電話に応対していたら、後ろから痴漢に遭って肩を掴まれたことがありました。
大声を上げて、手に持っていた携帯電話を痴漢の頭に数回打ち下ろして撃退したのですが
そのことを説明すると、そのときの電話の相手であり当時の交際相手だった男が
「どっちが被害者か分からん」と言いやがったのですよ。

どっからどう見ても私が被害者じゃーーーーーーー。

その交際相手は、周囲からは「いい人が服を着て歩いているみたい」という評価で
(まぁ、私もいい人だと思っていたから、交際していた訳ですが)
別れた後も「あの人を振ってからのおまえは、男運に見放されてるな」と言われていたんですが
一人で怒りながらやって来て、一言もなくいきなり私に平手打ちを浴びせた男に
その場で別れを宣告して、何がおかしかったですかねー(棒読み)
[ 2009/06/09 09:32 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

ずいぶん馬鹿ですね。このブログ主。   No. 6063

レイプ犯は全員男なんですかね?

女性のレイプ犯はどうするんですか?
男性のレイプ被害者はどうするんですか?

うちの近所の女子高では、生徒同士のレイプ事件がおきましたよ。
アメリカの女刑務所で、レイプ犯の割合が意外と高いのご存知ですか?

男は加害者、女は被害者なんていう江戸時代みたいな男女観の人にレイプ問題を語って欲しくありません。
もっと勉強してください。

[ 2009/06/09 17:06 ] -[ 編集 ]

   No. 6064

「強姦神話」のご紹介がありましたが、これ、「強姦」って文字がついていることで、レイピスト限定の話と縮小解釈されてしまっている(従って、レイプしたことないオレとは関係ないと流されている)ような気がすごくします。
「強姦」と記載されている部分を、すべて「性被害」に該当する個々の行為(「性被害」と一括するのではなく、痴漢、セクハラetc.の個々の行為に読み替えることがポイント)に置き換えて読むと、これまで自分だけは神話の対象外と思っていた人たちにとっても、自分の思考回路に潜む歪んだ「常識」に気づける可能性が高くなるかな、と。。
(多分、幼いころから絶え間ない「性」の問題に晒されてきている女性なら、指摘されずとも極自然に読み替えていると思うのですが…。)

以前、アジア系外国人男性から、痴漢(相手は性器露出&最後までいたして去って行きました、時間にして10分ほど)されたことがあります。奇妙な動きを続ける男に気づき、周囲の日本人男性たちがハッと息をのんで固まった瞬間を今でも鮮明に覚えていますが、次の瞬間、200%超の満員乗車だったにもかかわらず、人の輪がサッと後退し、周囲に空間ができました。それはもうスポットライトが当たった舞台のようでした。

首都圏でも半端でない混雑と痴漢被害の多さで有名な路線だったので、目撃した日本人の数も相当あったと思いますし、後日、彼らがそれぞれの生活圏で話のネタにしていれば、あのとき私が受けた痴漢被害を知る人間はもっと多いと思います。ネタにされるのも不本意ですが、せめてあの時その場に居合わせ、私の姿を見ているだけだった彼らだけでも、「ホントの痴漢って、<見てるだけでも>マジ怖い」と、歪んだ「常識」を平気で口にする人たちに伝え続けていてくれていることを願いたいです。
(あ、でも、あまり極端な例を出してまうと、これまた「自分(のしかねない痴漢)とは違う」とか、「痴漢にも色々あって」とか言いだす輩がいるんですよね…orz)

追記)「極端な例」って一言でくくってしまいましたが、被害にあった本人にとっては「極端」でも何でもないんですけどね…。厳密に書くと、世間一般の人では想定外であろう「極端な例」という意味なのですが、そもそもその想像のベースにあるのが、碧猫さんご指摘の「常識」に縛られてる例に他ならないのが何とも…。
# 何度も書き直ししてしまって、すみません^^;
[ 2009/06/09 17:23 ] mB.BT9Ic[ 編集 ]

馬鹿はあなたでしょう   No. 6065

№6063のコメントの方

>レイプ犯は全員男なんですかね?

そんなこと、このエントリーにも前のエントリーにも(追記:少なくともブログ主の見解としては)書いてないと思います。

>女性のレイプ犯はどうするんですか?
男性のレイプ被害者はどうするんですか?

このエントリーや前のエントリーで述べられているような「社会の『常識』」の延長線上において、
あなたが例に挙げるような性犯罪被害が無視されたり軽視されたりしているということが、お分かりになりませんか?

また、女性の加害者がいることや、男性の被害者がいるのは事実でしょうが、
(私の知人にも男性の性犯罪被害者がおります)
そのことにより男性が行動を制限されたり、女性同士でも警戒するように推奨されるということが、
一般的になっているとは言いがたいので、あなたのコメントは単なる難癖です。
[ 2009/06/09 17:32 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

先にレス   No. 6066

>No. 6063 [ 2009/06/09 17:06 ] くららがたった

 このエントリ(および関連)は、レイプに限らず性犯罪全般を対象においています。冒頭の引用直後「性犯罪は、確かに、ごく一部の悪質な人間のすることだ。それらは被害者をモノ扱いしている訳で。」で、「彼ら」ではなく「それら」と表現していることに気付きませんでしたか?
 性別に関係なく、被害者をモノ扱いする加害者を非難しているからです。


>うちの近所の女子高では、生徒同士のレイプ事件がおきましたよ。
<
 そんな風に表現されている事件が、どのように取りざたされていたのか、被害者に対するセカンドレイプは起こらなかったのか心配です。「レイプ問題」に詳しくていらっしゃるようですから、こんな辺境の零細ブログにコメントするより、是非とも、御自身でブログを開設してエントリにまとめ、性犯罪の被害がどれほど身近かを発信して下さい。

そうしていただければ、私も勉強できますから。
[ 2009/06/09 20:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

>皆様   No. 6067

すみません、ちょっと立て込んでおりまして、皆様へのレスは後ほどということでご容赦下さいまし。


>御姉寧様
 取り急ぎ、お礼のみ。ありがとうございます。
[ 2009/06/09 20:10 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6068

>七重さん
>ブクマで悲鳴を
<
 その場では、間抜けなことに、なんだか嫌だなぁ程度だったんですよねぇ(^^;
七重さんほどしっかりしてなかったし。男性多数って場でもなく、半数ぐらいは女性だったのですが…。

>危険があるからそうならないように努力しろと世の人は言いますけど…うん、やっぱり分割支配の側面は否定出来ない
<
 私の立ち回り先のコンセンサスは『「犯罪に対する注意喚起」を被害のあった直後に行う必要はない』と認識しているんですが、それは妥当な意見だと思ってるし、安全確保の必要は解りつつ、でも、なんか微妙な気分になっておりまして、どうしたものかなぁと考え込んでいます。



>akiraさん
>「隙のない女」らしくて(自覚はない)、かわいげがないといわれます。
<
 え? akiraさんは私ですかっ?(違います)
隙とかわいげ有りまくりでは、お給料もらえないと思うのですがー。
って、ー>女は時と場合によって「隙」を見せなければならいものらしく
<
 …(^^;
学生時代、七夕に、クラスだったかに飾ってあった笹に「もっとかわいくなりたいです、碧猫」って書いてある短冊がぶら下がってましたよ。もちろん、私が書いたわけもなく。



>さくらさん
>クラスコンパなんかに参加すると、私は自分の分の料理を取ったら隣に取り箸を回すのですが、一部の女子がかいがいしく取り分けたりするんです。
<
 参加している女性が全員知らん顔をしていると、自主的に動く男性も結構いるようになった気はするんですけどねぇ…。うちの業界だと、鍋奉行を買って出る人はそこそこ見かけるようになりました。


>あぁ、こういう感覚の人が法曹になっていくのだ。
<
 …orz


>大声を上げて、手に持っていた携帯電話を痴漢の頭に数回打ち下ろして撃退
<
 お疲れ様でした。とりあえず、携帯電話も壊れなかったようで何よりでした。
DVですね。それは
>その場で別れを宣告して、何がおかしかったですかねー(棒読み)
<
何もおかしくないですけど? 早い目に(かどうかは文章からは解らないけど便宜上)解ったのは、不幸中の幸いでしたね。



>gegengaさん
>好きな「隙」と、嫌いな「隙」があるんじゃないですかね、一部の男性には。
>性的な隙は、自分にしか見せてほしくない。
<
 そんな便利に使い分けできるもんですか。ってか、それを周囲の女性にもれなく要求している方もいるような気が…。


>「一晩、どう?」(あ、これ、値段聞いてるのと一緒かも?)とか
<
 …orz



>kanakaさん
>レイピスト限定の話と縮小解釈されてしまっている
<
 えええっ?! あれだけ前段階に痴漢・セクハラ含め、性犯罪全般と話をふっていてもダメ?
と驚いたぐらい、書いた本人が無意識に「指摘されずとも極自然に読み替え」てましたので、加筆しました。


>「ホントの痴漢って、<見てるだけでも>マジ怖い」
>これまた「自分(のしかねない痴漢)とは違う」とか、「痴漢にも色々あって」とか言いだす輩が
<
 なんか、頭がグルグルしてきました。ご指摘の論点もですが、これまた、その路線で通学せざるを得ない学校への女の子の進学をさまたげる側面もあるだろうな、とか色々。即効的な特効薬はないのはわかりきってても、いっそ、みんなでスタンガンもちます?とかなんとか、例の話を蒸し返したくなったり。



>御姉寧さん

 どうもありがとうございました。akiraさんのエントリにコメントされていた、mimiさんが言及されてらした男性被害者の声を盛り込むところまで、エントリを書き進めたいのですが、難しくて。

 自分の体験から話を進めていったり、これまでに見かけた被害証言を引用していくと、何故か偏ってしまうんですが、これ以上は私の手には余りますので、ご存じの方で可能な方には是非とも発信していただきたいです。マジで。
[ 2009/06/10 12:38 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 6069

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/10 12:46 ] [ 編集 ]

   No. 6070

>No. 6069 [ 2009/06/10 12:46 ]様

コメントありがとうございます。
どちら(というか、どれ)にしても、選べるわけではないし、こちらでも書いてますとおり、
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-678.html#comment6060
知ってくださるだけでずいぶん違うと思っています。

私も含め、ですが、当ブログにコメント下さった女性にもはっきりそうお書きの方だけでも複数いらっしゃいますが、男性でそういう意見をおもちの方がいらっしゃると解るだけで、本当にものすごく気分が変わります。
[ 2009/06/10 17:28 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

異性はモノに非ず   No. 6071

碧猫さんの経験されたのと似た被害に遭った知人 (女性) がいます.
「消費されるモノ」という表現に,膝を打ちました.
加害者 (男性,被害者と同じ業界の人) は,まさに女性をそのように見ていたのだと思います.
相手を人間としてみてないんだから,この事件は人権侵害ですね.
被害を打ち明けられて何もしてやれなかったことに苦悩してます.

女は (男も) モノじゃないというあたりまえの真理を,早い時期から皆に教え込む必要があるでしょう.気の長い話ですが.
[ 2009/06/10 17:59 ] KiD8ElgI[ 編集 ]

   No. 6081

>三ねんせいさん

『「消費されるモノ」という表現』をmore_whiteさんの文章で見かけたときに、私もものすごく腑に落ちました。そういうことだったのかと。

 次のエントリで性教育の必要を結論したのですが、本当は人権教育も並行してだろうとも思うんですよね。ただ、「人権」という言葉がとりあえず嫌いらしい人を結構見かけたりするので、どうしたもんでしょうねぇ。
…ネット言論限定の話なら、この数年でずいぶん変わったとは思いますが。
[ 2009/06/11 12:25 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 6098

>「人権」という言葉がとりあえず嫌いらしい人を結構見かけたりするので

何しろ「人権」って何なのか知らない人が多いとしか思えない状況がありますよね。正体の分からないものに対しては、誰でもとりあえずは警戒するでしょうし。だからこそ人権教育が必要なんですけど。
[ 2009/06/13 15:30 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 6102

>御姉寧さん

 以前どこかで、つくる会系の…多分、高橋史郎氏が国会の参考人として、人権けしからん、みたいな講釈をしていたのを見かけ、スゴイと感心していた覚えがあります。探したんですが、どこで見たのか忘れてしまいました。
わざわざマイナスイメージを付与する人もいるよーな。
[ 2009/06/15 12:44 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

自分の都合で振り回す人が多いからでは   No. 6135

>「人権」という言葉がとりあえず嫌いらしい人を結構見かけたりするので
初めてコメントいたします。

「無敵の剣」とばかりに自分の都合で振り回す人が多いから
そのコトバに警戒する人が増えたように思います。

「何を言ってるか」と同時に「誰が何の意図で言ってるか」に
注意しましょう。
[ 2009/06/24 11:43 ] d4xobcOk[ 編集 ]

わたしなんかは   No. 6136

チベットで中国が人権蹂躙しているって、右翼が言おうが左翼が言おうが耳を傾けるべきだと思うけどね。
[ 2009/06/24 14:09 ] 4V9qp3nE[ 編集 ]

私の場合は   No. 6137

「愛国心」という言葉を「無敵の剣」とばかりに自分の都合で振り回す人が多いからこそ、
本来の意味での愛国心とは何かを常に意識しております。
愛国心と人権とは、両立させるべき概念だとも思っております。

人権意識を欠き、愛国心のみが重要視される国家は民主国家ではなく封建国家ですから、
そのような国家においては、言論や表現の自由など到底望めないわけですし。
[ 2009/06/24 22:34 ] EM.hoyQs[ 編集 ]

   No. 6140

>謎東洋さん
>自分の都合で振り回す人が多いからでは
<
 なるほど。
そういえば最近、「人権」を「表現の自由」とセットにしている意見がよく目につくと思っていました。
[ 2009/06/25 17:04 ] -[ 編集 ]

   No. 6141

>kuronekoさん

 …チベット暴動はレプティリアンの陰謀という説は、さすがに耳を傾けなくてもいいですよね。
http://plaza.rakuten.co.jp/tatsmaki/diary/200802230000/



>御姉寧さん

 人権は、チベットの人にもミャンマーの人にもガザの人にもありますよね。日本人が日本人として敬意を払ってもらえるとして、それは例えば、あんな危ない状況のガザに国境なき医師団の一人として赴いてくれる日本人医師がいてくださるからも有るだろうと思ったり。
[ 2009/06/25 17:04 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

根っこはつながる?   No. 6215

本文と直接は関係ないのですが、間接的にはおそらく根っこがつながっているだろうと思いますのでご容赦ください。

この記事についてですが、
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/51977362.html
本文もアレですけどブクマコメントにも違和感ありまくりです。
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/insidears/archives/51977362.html
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/insidears/archives/51977362.html
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/insidears/archives/51977362.html

メタブクマ&メタメタブクマ含めて現時点でブクマ総数340ですが、公開の場で「品定め」が大手を振ってまかり通っていることを認識しているのは私(Carnot1824)を含めて数人のようです*。私はメタブクマのkoisuru_otoutoさんに同意します。

あからさまな性暴力や性差別では良識ある発言をする人も、こういう何気ない?ところでは問題意識の希薄さが現れるようです。

*angmar さんとKOH5611 さんもハイクで少し触れています。
ttp://h.hatena.ne.jp/angmar/9258646957227567294
ttp://h.hatena.ne.jp/KOH5611/9234264188141340264

本文に含まれるurlが多すぎると言われたので一部h抜きにしました・・・orz。
[ 2009/07/12 11:53 ] -[ 編集 ]

御教授ありがとうございます   No. 6217

 はてなへコメントされている際にはidと旧来のHNを使い分けてらっしゃるように見えましたから、オフレコかと思っていました(^^; コメントに貼れるURLは、大体4つぐらいが上限、なぜか5ついける時もあるようです。管理側で制限解除できない設定みたいなので、申し訳ないです。ブログ主もたまにシステムに怒られてます。


>間接的にはおそらく根っこがつながっているだろうと
<
 それ、かなり直接つながっていると思います。このエントリの初めの方で、『モノとして消費される・扱われる・値踏みされる』事が原因との推測を書いております通り。
 この社会だと(近ごろ若干崩れているとはいえ、原則的(?)には)、「男性」が性的主体・「女性」が性的客体、「男性」が見る側・「女性」が見られる側、の非対称性がありますから。


>公開の場で「品定め」が大手を振ってまかり通っていることを認識しているのは私(Carnot1824)を含めて数人のようです*。
<
 いまだにミスコンがありますからね。問題視されるようになった今でも、まだミス横浜とかの募集広告とか目にしますし。そういえば、こんなTBを頂いた時は、「多様性と寛容」部分を抜き出して称揚できるのかと、ものすごい違和感をもってしまい、何も言いたくない気分になったものでした。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-332.html#trackback805

 教えてくださった件では、値踏みされている方の年齢のおかげで鮮明になった点、書いてらっしゃるブコメの同意です。

 ただ、
http://h.hatena.ne.jp/KOH5611/9234264188141340264
http://h.hatena.ne.jp/angmar/9234088266503260413
『「年齢という枠に限らず女性を性の対象として消費する」問題』なのはそれはそうなんですが、『「女性を性の対象として消費する」にあたって、年齢が消費者にとって重要な価値になる』のではないかな、と。石原ババア発言も同じ根で。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-121.html (<-引用の使い方が下手で、読み苦しいエントリですみません(^^;)
[ 2009/07/12 17:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/679-aa91457b


根っこは、伸びる。つながる

子どもが高校生のころは毎朝5時半に起きて弁当を作り、7時前には朝食。 テキパキとした日々を送っていたのだが。 大学生は、朝が遅い。 しかも、子どもは運よくわりと近所の大学に通っているので 最近は、8時頃にみんなでのんびり朝食、という生活を送っている。...
[2009/06/09 21:51] URL かめ?

「防犯ふくおか」を読んで・・・

福岡県防犯協会連合会発行の「防犯ふくおか」6月号が4ページ中2ページを使って性犯罪を特集。しかし・・・読んでいてブルーになってしまった。 長くて全部は書けないので、気になった箇所だけ抜粋。 まずタイトルは「女性の皆さん! 性犯罪に注意しましょう」。そしてサ
[2009/06/12 11:11] URL Imaginary Lines












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。