スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国から「慰安婦」被害者の訃報が二件 (と海南訴訟とアムネスティ) 

 「慰安婦」関係の情報をチェックしていて、韓国語報道がたくさん出ていると、ぎくりとする。特に厳寒期だと。これは、去年、その時期に韓国の「慰安婦」被害者の方の訃報が相次いだためだ。高齢の方には寒さが堪えるだろうと思えるだけに、今年もその時期に韓国語報道が出る度にいちいちヒヤリとしていて、1月20日には90歳で亡くなられたハン・オクスン(한옥선)さんの訃報を伝え聞いていたが、いつの間にか暖かい季節に移っていた。とはいえ無論、だからといって他の被害者の方達皆さんがお元気なわけではないのは自明ではあった。
 加減がお悪い方が多いのは聞き及んでいたが、訃報がお二人分続いていたのを知ったのは、この報道を見てからだった。

 聯合ニュース 2009/05/28 21:34付「고향도 못간 '위안부' 할머니 별세 (故郷に戻れなかった『慰安婦』ハルモニ死去)」
 蔚山(ウルサン)にお住まいの ユン・ドゥリ(尹頭理、윤두리)さんが、28日に享年81歳で亡くなられたとのことだ。聯合ニュースが報じるには、1928年に釜山で生まれて15歳の時に「慰安婦」とされたユンさんだそうだが(韓国挺身隊問題対策協議会=挺身隊対策協の発表)、「滝尾英二著『在朝日本人の女性たち ―「史料」からのアプローチの試み― 』1994年2月16日 (近代天皇制、植民地支配に関する資料)」に、もう少し詳細な記述があった。

(略) 一九四二年、十五歳でゴム工場に働きに行くが、軍服工場に移った。そこの日本人の課長に下心を持たれたのでまた職場を変えることとなり、釜山鎮駅の前を通りかかった。その時派出所の前で巡査に呼び止められ、そのまま釜山影島(ヨンド)の第一慰安所に連行され、慰安婦生活をさせられるようになった。
(略)
 慰安所の経営者は日本人の高山(たかやま)という人で、慰安所の監視は軍隊がしていました。山下(やました)という日本人軍属が玄関に座っていて、軍人たちが来れば空いた部屋に入れと部屋を決めるのでした。
(略)
 一日平均三十~四十人ほどの相手をしました。主に釜山から来た海軍と陸軍の軍人でした。特に船が着く日は多く、土曜日、日曜日にはさらに多くなりました。」

出典は「韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会編、従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク訳『証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』」とのこと。

 そして、聯合ニュースでは、

 解放後も、1年余り転々と食堂に勤めてから家に戻ったが、暮らし向きが苦しい上に、慰安婦生活が原因の心理的・肉体的苦痛が癒えることが無く、結局は故郷を離れてソウルに出、1986年からは蔚山に居着き、苦労して生活してきた。
 ユンさんは、「故郷は慰安婦をさせられていた記憶が思い出されるから帰りたくない」と度々語っていたという。また、ユンさんは、日本政府の「国民基金」を拒絶し、真の謝罪と賠償を希望していた、一生を台無しにしたのに言い逃れを続ける日本政府に対し終生怒りを持ち続けたと、挺身対策協は伝えた。


  ナヌムの家では、生前のユンさんをこう記していた

(略)  15才から工場で働いていたが、交番に呼び込まれ、そのまま慰安所へと送られた。高齢にも関らず、夜道で女性を追いかけ回している男を見ると、一発のパンチで打ちのめしてしまうほどの勢いで襲いかかる。教会へ通うのを日課にしている。


 ユンさんの追加情報を探しに、サイト「「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!」を確認に行って、もうお一方の訃報がでていたことを知った。5月23日に、 慶尚南道トンヨン居住の被害者、12月半ばから闘病生活を続けておられたキム・ジョンエさんが亡くなられていたという。報道が出ていなかったのは、ご家族が望まれなかったそうだ。

―1921年 トンヨンで生まれる
―1940年 20歳の年に、網元で働いているところ強制的に拉致され、中国に連れて行かれ5年間「過酷な慰安婦」生活を強いられる
―1945年 南京から釜山へ汽車に乗って帰国した後、船に乗ってトンヨンに帰郷
―生計手段は工場・農作業・魚の行商など
―結婚はせず甥姪を育て一人で暮らす
―1993年 日本軍「慰安婦」被害者として政府に登録
―2009年5月23日夜11時30分ごろ 恨多い生涯を終える

 キム・ジョンエさんの他の消息はちょっと探し出せなかった。キムさんの情報が少ないこと、キムさんのご家族が報道を望まれなかったことが重い。被害を公表できないままに亡くなった被害者は、とてもたくさんいらっしゃるのだろう。これは韓国に限らない。もちろん日本にも。私も日本人被害者のお名前はほとんど知ることができないでいるから、せめて、お名前を知ることのできた被害者の方には、と思う。

キム・ジョンエさん、 ユン・ドゥリさんのご冥福をお祈りします。


 そして、2009-05-28付中國新聞網より、「海南慰安婦再向日本最高法院上訴 (海南の慰安婦被害者、日本の最高裁に上訴)」。
 亡き黃玉鳳さん、譚玉蓮さんの継承人を含む10人の被害者らが、 5月26日に訴訟の委任状に署名し、最高裁上告の手続を採ったそうだ。日本に赴く陳金玉さんは、共に被害を受けた姐妹達のために、生きている限り最後まで闘うつもりであると語っているという。

さらに、今日はもう一件。
日経ネットが28日23:01付で、アムネスティが死刑・代用監獄・貧困などの問題と共に、『従軍慰安婦問題でも国際社会の圧力にもかかわらず政府が生存者への十分な賠償に応じていない』と年次報告 で述べていると報じている。
 原文はこちら。
Japan | Amnesty International Report 2009
 該当箇所はこの冒頭部分の後半だろう。

The number of executions increased. Prisoners continued to face prolonged periods of solitary confinement and inadequate access to medical care. Under the daiyo kangoku pre-trial detention system, police interrogated suspects without lawyers and often in the absence of electronic recording. Despite international pressure, the Japanese government failed to accept full responsibility or provide adequate reparations to the survivors of Japan’s World War II military sexual slavery system.

 …国際的圧力にもかかわらず日本政府は、第二次世界大戦中の軍用性奴隷制度の被害者に充分な賠償を提供することや、責任を認めることができなかった、と。
 そして、後の方にも言及が。

Violence against women and girls

Parliaments in Taiwan and South Korea passed resolutions calling for justice for the survivors of Japan’s military sexual slavery system during World War II. The UN Human Rights Committee recommended that Japan apologize and accept legal responsibility for the “comfort women” system. The city councils of Takarazuka, Kiyose and Sapporo passed resolutions calling on the Japanese government to resolve this issue.

女性と女子に対する暴力行為

 台湾および韓国議会は、第二次世界大戦中における日本軍性奴隷制度被害者への正義を求める決議を可決した。国連の人権理事会は、「慰安婦」制度に対する法的な責任の受諾と謝罪を勧告した。宝塚、清瀬、札幌市議会は日本政府に問題解決を要請する意見書を採択した。

福岡市議会の意見書は間に合わなかったのかな。

 …この方面でも、日本の女性差別に関する感覚の鈍さは、国際的な認知を受け続けるのだろうな。いや、こっちの話が、つい念頭に。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/05/29 17:37 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(2)

g   No. 6013

なぜか、管理者は、慰安婦問題に深い関心をお寄せのようですが、

なぜ、「日本が、彼女たちに謝罪や、賠償をしなければならないか」を書かないのですか?


もう、「アムネスティ」じゃ、だれも、納得しないと思いませんか?
[ 2009/05/31 21:41 ] zYVmeF2U[ 編集 ]

   No. 6014

>g zYVmeF2U

 書いてある文章から意味を読み取る能力が足りなくて、理解できていないだけだと判断します。
http://azuryblue.blog72.fc2.com/blog-entry-671.html#comment5964

 当ブログはどんな低い読解能力でも読み取れる内容を目指しているわけではありません。今後、相変わらず文章の意味が取れていないコメントが繰り返されるようなら、コメントを受付続けるか等については検討しますのでご了承下さい。
[ 2009/05/31 22:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/675-f9e71d66


NHKスペシャル「アジアの“一等国”」に対する批判について

 放送を語る会のサイトに、NHKスペシャル「JAPANデビュー」の第一回に対する批判についての見解が掲載されました。    NHKスペシャル「アジアの“一等国”」に対する批判について  2009年4月5日に放送されたNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」第
[2009/05/31 11:21] URL JCJ機関紙部ブログ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。