スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「裁判員制度における被害者のプライバシー確保を求める要請」その後 

 18日に公開したエントリ;「<緊急>裁判員制度による性犯罪被害者個人情報流出に反対する要請への賛同署名を(追記有)」にて、アジア女性資料センターさんの『裁判員制度における被害者のプライバシー確保を求める要請』への賛同署名を募る広報に協力させていただいたが (応じて下さった皆様、ありがとうございます)、毎日新聞が2009年5月19日20時56分付で『裁判員制度:性犯罪被害者の2次被害防止を 女性団体要望』として、報じていた。

 既に最高裁は、被害者名を出さずに大まかな情報を伝え、思い当たる人物がいるか候補者に尋ねるなどの運用をし、候補者には口外しないよう求めるとしているが、女性たちは「最高裁は各地裁にガイドラインを示して」などと不安を訴えた。

 08年1年間に起訴された対象事件2324件のうち、性犯罪は約2割の468件ある。

当ブログにおいては、SIVAさんから「これ、デマですよみたいに書いてるブロガーも散見する」とお知らせいただいていたし、「被害者名を出さずに大まかな情報を伝え」といった路線で「大変な誤解です」と発言している方もいたらしいと聞き及んでいるので、最高裁の返答にまつわる詳細を知りたいと考えていた。


そして、今日、20日付で、アジア女性資料センターさんが報告エントリを上げて下さっていた。

最高裁申し入れのご報告

 一部引用させていただくと、

最高裁側から聞けたのは、次のことです。
対応された秘書課の方は、担当部署(=刑事局)からの説明として、口頭で以下の内容の文書を読み上げられました(文書そのものはもらえませんでした)。

・被害者を特定できる情報を公開の法廷で明らかにしないことに決定されたり、そうなるような事件の場合には、被害者のプライバシー保護のために、情報提供のやり方を慎重に考える
・具体的なやり方としては、起訴状に記載された事実以上の情報は伝えないとか、犯行場所が被害者の自宅の場合には住所は知らせないことが考えられる
・被害者を特定できる情報を明らかにしない旨の決定がされたり、そうなるような事件の場合、氏名などは知らせず、住所も●区在住などとして、候補者の方から思い当たる人あげてもらうということも考えられる
選任されなかった候補者に、被害者特定情報を口外しないよう求める、筆記をしないよう求めることが考えられる
実際にどうするかは、被害者の秘匿性をかんがえて、事案ごとに決める。

この説明によると、やはり、実際に選任されなかった裁判員候補者にも、被害者の氏名など、個人を特定できる情報が伝えられてしまうようです。そして、そういう方たちには、情報を漏らさないように「お願いする」以外の手段は考えられていないようでした。「慎重に考える」とされたケースの場合も、こういう方策が考えられる、ああいう方策が考えられる、という可能性のお話はありましたが、「こういう場合には確実にこういう手段をとります」、という明確な説明はありませんでした。

強調等は引用者(以降も同じく)。
 各地方裁判所任せという話らしく、やはり読売新聞にあった通り、最高裁から対策の指針を示す意志は無さそうにしかみえない。

 また、

 「市民参加」をうたうのであれば、制度開始前にできるだけ不安を払拭するような説明があってしかるべきだと思いますが、これほど多くの人々、とりわけ犯罪被害者たちの声になぜ誠意をもって応えようとしないのか、理解に苦しみます。被害者を特定できる情報が、100人に上る候補者すべてに伝えられることはないようだと言われていますが(しかしこの点も最高裁側から明確な説明はありませんでした)、少なければいいという話ではありません。守秘義務のない候補者が被害者を特定できる情報を得てしまうという問題は残っています。

 「少なければいい」という問題ではないという点に同意しつつ、これではやはり、その「知ってしまった人」次第で個人情報が流出してしまいかねず、その歯止めは善意に期待するだけのように見える。

 そして、「しかしこの点も最高裁側から明確な説明はありませんでした」の箇所は、この件に関して動いて下さっている「akira's room」さんが、これに先立って関係各所に電凸したレポートをアップして下さった20日付エントリ;
被害者のプライバシーは本当に守られるのか(1)
とその続きを見れば、何故かがぼんやりながら解ってきた。

 akiraさんのエントリでは、まず、直接電話で問い合わせを入れた「てんとうむし」さんが受け取った最高裁からの返答が掲載されているが、「考えられます」が3連続続いた後に、「最高裁から一定の方針は示さないとのことでした」と、口頭での回答を受けたそうである。文書ではFAXですらも渡さなかったらしい。これはアジア女性資料センターの要請行動に対しても同じくだったようだ。そして、

また同時に性犯罪に関して選任手続きを延期する、もしくは性犯罪を裁判員制度の対象外にする、ということを検討することを要望として伝えましたが「意見としては受け取れるが、裁判所は検討できる立場にない」「要望を受け取って法律を変える立場にない」という答えだったそうです。

また、被害者情報の裁判員候補者への開示は、個々の事案によって異なるとしか返答はなかったそうだ。臨場感溢れるレポートは、akiraさんのエントリを御覧頂くとして。

 そして、akiraさんも最高裁に電話で問い合わせたところ、

Q1.選任手続きの際に被害者の個人情報がどこまで候補者に開示されるのか?
 A.どこまで開示するかは、事件を担当する裁判所にゆだねられている

Q2.最高裁判所として、何らかの方針や指針を出す予定はあるか?
 A.現時点ではない

アジア女性資料センターからの情報とも見事に一致する、方針のなさであったようだ。

 そして、エントリは「被害者のプライバシーは本当に守られるのか(2)」に続く。

「どこまで開示するかは、事件を担当する裁判所にゆだねられている」つまり、それぞれの地裁に聞けということなので、福岡地裁にも電話をしました。

Q.裁判員選任手続きにおいて、被害者の個人情報はどこまで開示されるか?
A.事案によって違う。担当裁判官の判断によっても変わると思う。

そんな曖昧な…orz

さらに、akiraさんは法務省の「法務省刑事局総務課裁判員制度啓発推進室」にも問い合わせて下さったとのこと。

まずは、5/6付けの読売新聞の記事を読んで電話していることを告げた上で、裁判員選任手続きで事件の概要説明がされるが、被害者の住所、氏名など情報も開示されると聞いているが本当ですか。と質問しました。
「そうですね。被告人、被害者の情報も含め、どのような事件で起訴されているかという説明がされます」との答えが。
(略)
しかし、事件概要説明のあとの質問票に「この事件関係者ですか」という質問がある以上、情報がないと答えられないのではないですか?と重ねて聞くと
「申請をした被害者の個人情報は保護されるので、それを出すとは思えないのですけど」という、個人的な意見(?)をいただきました。
「実際の運用は裁判所なので、最高裁の方に聞いて貰うしかない」とも。

(略) 法務省はこの件に対してどう考えているか聞きたくて電話したこと(略)、一定の方針がないことで被害者はとても不安に思っていることも伝えました。

また、しばらく悩んでいましたが、「裁判員制度では、事件関係者から危害を加えられるおそれのある例外的な事件については,裁判官のみで審理することになっています。そういう例外的な事件として扱うのではないでしょうか」という個人的な憶測を述べられました。
もしそうしてくださるならそれが一番ですが、それを決めるのも裁判所なのですよね?という質問には、「そうなりますね」との答え。

長い間、書類をめくる音が聞こえたあと「今のところ、どういう場合に開示しないかという規定はありません」

法務省としては、こういった問題点を把握していたのでしょうか?と聞くと
「いままで問題点として、あがっていましたでしょうか?」と逆に質問され、絶句。

どうやら、「裁判員制度の推進はするけれど運用には関知しない」とのこと。なんか、呆然としてくる話だ。

 さらには、

また、アジア女性資料センター様からの情報では以下のようなものもあります。
【裁判員制度】性暴力事件被害者のプライバシー確保についての申し入れ

7「被害者の情報保護については、各地裁に対応を委ねる」件について。申し入れの参加者が行なった独自の調査では、「被害者の個人情報を開示しないわけにはいかない」と回答した地方裁判所が複数あった。


「守秘義務のない多数の裁判員候補者に性犯罪の被害者名が知られる」というのは大変な誤解』との発言があったときくが、やはり、これは黙って見守っていた方が良かったなんて思えない。声を上げてくれる方達がいらっしゃったこと、アジア女性資料センターさんが『裁判員制度における被害者のプライバシー確保を求める要請』を起こして下さったこと、共に賛同して下さった人達がいてくださったことに感謝している。

 akiraさん、今後も情報の発信をよろしくお願いします。



その他、参考にしたURL;
デルタG 5月20日付『【裁判員制度】最高裁への申し入れ続報
日経ネット2009年5月20日付『性犯罪被害者の個人情報保護を 裁判員制度で女性団体など要請
裁判員制度Q&A 『裁判所には裁判員候補者として何人くらい呼ばれるのですか。
裁判員制度Q&A 『裁判員になることは辞退できないのですか。
裁判員制度Q&A 『年齢,性別,職業などのバランスは考慮要素とされるのですか。
裁判員制度Q&A 『被告人に顔や身元を知られたりしても,危険はないのですか。
裁判員ネット 『裁判員はどのようにして選ばれるか
裁判員制度 『見てなっとく 選任手続

 また、『てらまち・ねっと』さんの19日付のエントリ『性犯罪被害者名も裁判員候補に開示/選外の殆どの候補には守秘義務なし/制度は欠陥だらけでスタート』にて知ったのだが、

元警官婦女暴行致傷事件 裁判員制度県内初適用か
2009年5月16日 読売新聞
 21日に始まる裁判員制度で、鹿児島地検は県警の元警察官が婦女暴行致傷容疑で逮捕された事件の公判が、同制度の適用となる可能性が高いことを明らかにした。
(略)
 同地検の江藤靖典・次席検事は「捜査状況にもよるが、起訴は21日以降で、裁判員制度適用の県内第1号となる公算が大きい」と話している。

鹿児島でも要請行動が起こっているが、この件なのだろう。
西日本新聞2009年5月20日 00:32付『【はじまる裁判員】 鹿児島の市民 「性犯罪被害者 保護を」 候補選任時の情報流出懸念 地裁に要請書 「防止措置が不十分」
要請を受けた鹿児島地裁では『同地裁総務課は「各裁判官の判断となるので回答する権限がない」としている』

南日本新聞2009 05/20 09:15『性犯罪被害者情報の保護を 鹿地裁に要請書
KTS鹿児島テレビ2009年05月19日『裁判員制度性暴力被害者安全求め要請書
スポンサーサイト
[ 2009/05/20 19:57 ] 四方山話 | TB(4) | CM(10)

お詫び   No. 5929

申し訳ありません。TBに気づいた時にはすでに間に合いませんでした。
今後、追加で申し入れなどがありましたら協力致します。

自分自身は正直なところ国民裁判員制度に反対では無いのですが、どうにも不備が目立ちますね。
[ 2009/05/20 21:18 ] hG7ZF4t.[ 編集 ]

   No. 5930

akiraです。
お世話になっています。
今回も記事を取り上げていただきありがとうございます。

昨日、最高裁に申し入れを行ってくださったアジア女性資料センター様(http://ajwrc.org/jp/)が緊急アクションの呼びかけを行っています。

性犯罪被害者の安全を保障しないまま裁判員制度を開始しないで!
被害者の安全とプライバシー保護を求める緊急アクション第2弾
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=456

あまりに遠いので私は行けそうにもありませんが(悲)
それと一つお詫びが、先ほどいただいたTBの一つを間違って消してしましました。
お手数ですが、もう一度送っていただければ幸いです。

[ 2009/05/20 21:28 ] -[ 編集 ]

裁判員制度を問い直す議員連盟   No. 5931

なぜ、50名ながら裁判員制度を凍結するべく頑張っている国会議員さん(国民新党・社民党中心)に要望を伝えないのですか?
最高裁のお役人に言っても、彼らは21日に施行される裁判員制度を中止する事はできないですよ。
法律を変更できるのは国会議員だけです。


裁判員制度を廃止させよう!
http://ameblo.jp/no-saibanin/

「社民党 保坂議員のどこどこ日記(5月1日)」
「裁判員制度を問い直す議員連盟緊急総会の報告」
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/21929301bf51872669470a5abd17bbeb

『裁判員制度を推進する 自民党衆議院議員 法務政務官 早川忠孝』
http://ameblo.jp/no-saibanin/entry-10252703885.html

『衆議院議員の裁判員制度へ賛否一覧』
http://saiban.odaikansama.com/
[ 2009/05/21 09:13 ] /d4JJU.o[ 編集 ]

   No. 5932

>シートンさん

 いえ、エントリで取り上げてくださってありがとうございます。知る人が増えることが、まず必要だと思います。予想どうり(というのもなんですが)、この緊急要請行動での最高裁のレスポンスは、なんともな物だったようで…。

 裁判員制度、制度そのものをどうこう明確に評価できるほどの情報はないので、取り上げてこなかったのですけど。この国以外でなら、ちゃんと機能するのかもしれませんが、最近でもこんなのを目にするだけに、不安の方が強いです。
http://www.asahi.com/national/update/0430/TKY200904300140.html
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090521/bdy0905210034000-n1.htm
ましてや、性犯罪に対するこの社会のレスポンスは、ブログに関わって以来、何度も目にしてきましたからね。



>akiraさん

 お疲れ様です。
緊急アクション第二弾、って、今日だったのですね(^^;
すみません、紹介も間に合わず。

 トラックバック、後ほど再度お送りさせていただきます。
[ 2009/05/21 18:20 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5933

>ラーズグリーズさん
>裁判員制度を中止する事はできない
<
 私がエントリに書いていることは性犯罪被害者のプライバシー確保が明確な形で保証されていないことに対しての異議です。裁判員制度に関して情報不足であると何度も書いています様に、漠然とした不安をもち拙速さに対し違和感を表明しつつも、裁判員制度そのものの是非は判断を保留しています。したがって、裁判員制度を中止すべきとは、現時点では考えていません。
裁判員制度を中止すべきとは書いていないのに、廃止のなんのと示して、ずれた提案をされてもなんのことやらと思うだけです。

 また、貴殿は昨晩の23:42:02に、上記 9:13:02分のコメントと同一のコメントを二つも投稿し 9:13:02の投稿前に削除していますね。削除した件に関して一言もないようですが。
そして、これらのコメントが全てakiraさんのブログに投稿したののコピペに見えますけど。
http://blogs.dion.ne.jp/akiras_room/archives/8395700.html#comments

 私の意見を踏まえることもない、一方的な意見の押しつけをコピペでなさる方と対話する価値があるとは考えていません。
以降、コメントはご遠慮願います。
[ 2009/05/21 18:23 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5972

神戸市を訪問した生徒達を出席停止にした北九州市もなんだかな・・・でしたね。神戸市からの抗議に対しても「どこが悪いんだ」みたいな会見でしたし・・
こうなったことの原因の一つはそれこそ「正しい情報」ではなく不安を煽る情報しか流れなかったことにある気がします。舛添さんは「正しい情報に従って」なんて言ってましたが、正しい情報広めなかったのは誰なんだ、と。
私的には水際で新型インフルエンザより狂牛病輸入しないで欲しいかも(笑)
[ 2009/05/24 22:41 ] 449pMq2M[ 編集 ]

てんとうむしです   No. 5974

碧猫さま、御礼を申し上げるのが遅くなり、申し訳ありませんでした。
碧猫さまのblog、たいへんわかりやすく、またとても常識的なご視点で、冷静に記述されており、多くの方がこちらをごらんになって、緊急署名していただいたと聞いております。

片手間にしたくなかったため、御礼を申し上げることが遅くなり申し訳ありませんでした。
あちこちとやりとりするということも、こういった「運動」自体、したことがないので、ちょっと体調を崩してしまったりもいたしました。
同情をひこうという気は全くないのですが、本当に、必死でした。

制度自体はスタートしてしまいましたが、多くの方の情報発信のおかげで、アジア女性資料センター様でアクションをおこしていただき、またメディア等にとりあげていただくこともできました。
まだまだこれからですが、社会に問題提起でき、またこれはおかしい、という見解はどういった方でも感じられているようで、少し安心しております。
今後どう動くかについても、ようやく、一区切りつき、方向性が見えてきた感じがいたします。皆さまのおかげです。ありがとうございます。

akiraさまと交流をお持ちの碧猫さまはじめ、匿名の被害者からの訴えに耳を貸していただき、blogで検証していただき、確固とした文面で問題点を指摘していただいたこと、碧猫さまの読者さまによりさらに情報発信、署名等につながったこと、本当に感謝しております。

わたしたち被害者は、多くの人に傷つけられた経験が多いのですが、今回のことで、こんなにも多くの方が危機感を感じていただき、緊急署名等呼びかけていただいたこと、被害者の人権を守って下さろうと動いてくださる方が多くいらっしゃることを知り、救われる思いです。

心より、御礼申し上げます。

わたしも、今後もできるかぎりのことをしてまいりたいと思います。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。
拙い文章で申し訳ありません。

性犯罪被害者てんとうむし
[ 2009/05/25 02:00 ] LxpccFls[ 編集 ]

   No. 5979

>てんとうむしさん

 ようこそ。コメントありがとうございます。この度は、本当にお疲れ様でした。

 うちのブログは、「慰安婦」被害者への非道い言説に激怒して以来だったか、拙いながらも性暴力に関する話題を取り上げることが多くなって、その関係上、こういった方面への理解が深い方達がご訪問下さるようになりました。おかげで、どの方面のブロガーさんが問題意識を持ってくださるか見当がつきますから、この度も呼びかける事ができましたし、皆さん、声を拾っていってくださいました。
 黙っていたら、なんの問題視もされずに済まされていたことでしょう。てんとうむしさんはじめ、声を上げて下さった方達のおかげです。


>わたしたち被害者は、多くの人に傷つけられた経験が多いのですが、今回のことで、こんなにも多くの方が危機感を感じていただき、緊急署名等呼びかけていただいたこと、被害者の人権を守って下さろうと動いてくださる方が多くいらっしゃる
<
 人権という概念を持ってないのじゃないかといいたくなる人達の言葉にぶつかることもしばしばありますが、そうじゃない人もたくさんいらっしゃいますよね。あ、それと、私自身も、性暴力を断固として非難する人に男性も多いことを知ったのは、ブログに関わって以来だったり(^^;
 いろいろと身動きとれなくてこんなお手伝いしかできなくて申し訳ない思いですが、てんとうむしさんたちが最前線で闘ってくださるのを心強く思って、応援したい気持ちをもっている者がいることを知っていただけましたら幸いです。休憩も取りながら、活動なさってくださいね。
こちらこそ、どうぞ今後もよろしくお願いします。


追伸、シートンさんのこちらのエントリもどうぞ。
http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20090520/1242827222
[ 2009/05/25 20:39 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます   No. 5992

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/05/27 05:18 ] [ 編集 ]

   No. 5998

>No. 5992 2009/05/27 05:18のコメント提供者様

 No. 5992さんのアクションが重いほど、リアクションもあるという面はあるのでしょうね。いろんな事を言い出す人がいて大変だと思いますが、あまり無理をなさらず(という励ましも、力強くないのですが…(^^;)ほどほどに頑張ってくださいね。

 情報発信の際には、どうか、御自身の安全を確保する手段を最大限にこうじられますよう。お気がむかれましたら、こちらにもTB等くださいね。
[ 2009/05/28 18:06 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/670-0f0140e5


◆裁判員きょうから/報道はいろいろ/国民もいろいろ

 今日21日から裁判員制度のスタート。 もちろん、すぐには「裁判」が始まるわけでなく、7月ころからと見られている。  そんな、昨日、今日の報道を拾ってみた。   例えば、     「裁判員裁判は原則、裁判官3人、裁判員6人で審理。      これまでの統計...
[2009/05/21 08:02] URL てらまち・ねっと

新型インフル狂想曲、もう少し冷静に対処しませんか★お詫びと訂正あり

まず、一つお詫びと訂正があります。 新型インフルエンザの対応は、強毒性の鳥インフルエンザを想定してつくられた行動計画で、昨日まで全国...
[2009/05/24 22:28] URL Afternoon Cafe

裁判員制度における被害者のプライバシー保護問題、その後

遅くなって、すみません。 もう皆さんご存じでしょうが、自分用の情報整理も兼ねて 今さらながら先日のエントリー、その後の動きものすごく簡単にまとめておきます。 また、申し遅れましたが あちらのエントリーを読んで署名にご協力くださった皆さまには 心より御...
[2009/05/25 14:32] URL かめ?

裁判員制度にふさわしい報道ができているでしょうか(2)

再度、中央大教授刺殺事件は、よくある犯罪報道の一般的なモデルケースだと思うので、再び検証してみたいと思います。 この事件についてweb...
[2009/05/26 14:13] URL Afternoon Cafe












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。