スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本産両生類絶滅の危機、16の研究機関や団体から緊急事態宣言 

2006年12月25日、海外で両生類の絶滅に原因として大きく関与している「カエルツボカビ症」の国内侵入が確認されました。麻布大学獣医学部に持ち込まれた、東京都内でペットとして飼育されていたカエルの死体から診断され明らかになったものです。
この事態を受け、2007年1月12日、16の研究機関や団体から緊急事態が宣言されました。
日本に生息する両生類を守りと生物多様性を保全するため、専門家達の宣言に、どうか注目して下さい。 現在のところ、野外での発症は確認されていないものの、一旦野外に感染が拡大してしまうと、国産両生類が絶滅の危機に瀕します。
カエルを飼育している方達は、国産・外産にかかわらず飼育下のカエルを野外に放逐することは決してしないで下さい。
ヒトをはじめ、両生類以外への感染は確認されていませんので、ヒトを守るためにカエルを手放す必要はそもそもありません。感染源はカエル本体に含まれる他、飼育水中にも含まれます。新規にカエルを入手した場合は特に注意が必要なので、下記にリンクを張った解説書を参照して十分な注意をはらって下さい。本来の宿主はウシガエルの類らしいので、これらに近縁の場合は感染しつつ無症状で、感染拡大の原因となる場合もありえます。
カエル関係者の方は、とにかく、下記の専門家が書いた解説書を参照にて、十分にご注意下さい。


WWFによる「カエルツボカビ症について」
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/alien/chyt2007/index.htm

ツボカビ症の解説書
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/alien/chyt2007/hwto20070113.htm

WWFによるツボカビ症のQ&A
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/biodiv/alien/chyt2007/q-a20070113.htm

麻布大学獣医学部からのツボカビ情報
http://www.azabu-u.ac.jp/wnew/detail07/070111.html

獣医学会からのツボカビ対策解説(このページの下の方に、PDFへのリンクがあります)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/index.html

日本獣医病理学会/日本獣医病理学専門家協会
(カエルのツボカビ感染症についての資料がダウンロードできます)
http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/JSVPJCVP/tsubokabi-f/tsubokabi.html

個人飼育者の方へあてた緊急事態宣言
を以下に全文引用します。
「地球規模で両生類が絶滅の危機にあることを理解し、むやみに野生の両生類をペットとして飼育することは慎んでください。なお、ツボカビは、両生類以外には、人を含めた哺乳類、鳥類、爬虫類および魚類には感染したという報告はありませんので安心してください。
 すでに飼育している場合、飼育中の個体に異変があれば、すみやかに動物病院や専門の研究機関へ連絡をしてください。ツボカビは、水中を浮遊するため、水の管理が最も重要です。死亡したカエルを飼育していた水槽や水は感染源となります。これらの汚水などを排水口や野外に排水することは、禁物です。当然のことですが、飼育している個体を野外に放つことや死亡した個体を野外に投棄することは絶対にやめてください。飼育中の個体に異変があった場合には、野外の両生類との接触を避けてください。」
スポンサーサイト
[ 2007/01/15 20:05 ] 備忘録 | TB(0) | CM(6)

大事ですよね、これは   No. 385

トラックバック、ありがとうございます。
カメには感染しないとはいえ、第一報から気にし続けているニュースです。
これは、かなりまずい。

ケロリストといえば↓南郷さんですが
http://lapsang-souchon.tea-nifty.com/pokopon/
やはり、素早くチェックしていますね。

野外に感染が広がりませんように!
[ 2007/01/15 20:35 ] -[ 編集 ]

冬で良かったのかも   No. 386

発育至適温度は17~25度ですが、4週間以上は軽く遊走子が生存するそうですから、、、屋外のカエル君は、今は寝てるでしょうけど。。。春が来ても野外での感染はなしであって欲しいです。

外国産ケロロ愛好家には申し訳ないながら、そんなやばい感染症が流行していたのなら、輸入禁止措置をとっておくべきだったのに。。。ヒトへの感染症じゃないと、お上は本当に動きが鈍いですなぁ。
[ 2007/01/15 20:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ツボカビ感染症って,意外と昔から……   No. 388

研究者の間では知られてたんだけどねぇ。

よーするに,は虫類とか両生類なんかを売りつけるペット屋が怪しいルートで輸入したり密輸した動物を売って利益を上げている所から始まってるんだよね,話は。

ついでに言うと某マンガの影響で獣医学科に大量の受験生が殺到したけど,就職先がなくて仕方なくペット屋チェーンに就職したなんてのもいましてね。そういうのがインスリン用注射器(産婦人科や小児科で使う小さい奴)を暴力団に回したり,この話題のアヤシゲなは虫類や両生類を輸入する認可書を書いたりしていたりするのだな。

#「人格障害の時代 (4)」の連載でうんざりしていたので,個人的にはとっても癒される話題でした(笑)
[ 2007/01/16 18:07 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

レスが遅くなってすみませんが   No. 390

人工環境下で繁殖できない動物の愛玩用飼育には基本的には反対している私としては、お書きの意図は分かるんですけど、でも、この記事に癒されると表現されてしまうと、目が中空を彷徨ってしまいますよ。。。
[ 2007/01/26 12:15 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

他のブログのリンクなんて見てる余裕がないので   No. 396

インフルエンザではないけど,血糖値が急上昇・急降下を繰り返して,物凄く疲れやすい日々が続いてましてね。しかも自宅のネット環境はPHSなもんで(病院では無線LAN),他人のブログのリンクまで見ていられるか,そんなヒマないわい,と無視を決めこんだら,興味関心のある記事はこれだけになってしまったという訳でして(笑)

しかし,ついに碧猫さんまで

| コメント欄の書き込みにおける注意事項;
| 1,仲良くする
| 2,喧嘩を売らない、買わない
| 3,歩み寄りの態度を示さず他の人の意見を否定、および人格誹謗の意図をもった意見を書かない
|
| 注意事項を守る意志が認められないと当ブログ運営者が判断した書き込みは削除します。

と書かないといけないほど,他のコメント欄は「荒れた」のでしょうか。今でもビタミン剤を点眼しないと痛くなるほど,仕事で目を酷使しているので読んでないのですけど。

# 来週は眼科で診断書書いてもらって,市役所に持って行って身障者手帳の書き換えになるだろーな。あと2ヵ月はとにかく頑張らないとね。

[ 2007/01/27 18:42 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

ブログのタシナミってトコですね   No. 397

あまり御無理のない程度になさってくださいね。お大事に。
[ 2007/01/29 00:26 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/67-e62c20fc














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。