スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マスコミによる医療機関叩きも原因の一つじゃないのか? 

 ひどい話だと思う。初報は毎日という噂だが、私は確認していなくて、気がつくと同様の報道が各紙から出ていた。『感染している可能性が低いにもかかわらず、発熱などを訴えた人の診察を拒否するケースが東京都内の病院で相次ぎ、2日朝から5日正午までに計92件にのぼる』件。
 ここでは、日経から。

(略)
 過剰ともいえる病院側の対応について、都感染症対策課は「病院は冷静に対応してほしい」と呼び掛けている。

 同課によると、診察拒否は、都が設置した発熱相談センターへの相談電話で判明。大学病院が断ったケースもあった。

 感染国への渡航歴がないのに発熱相談センターに相談することを勧められたという人が大半だが、同センターから一般病院での受診を勧められたのに診察を拒否されたケースもあった。中には「成田空港に勤務している」「友人に外国人がいる」と話したことで拒否された人もいたという。


 まず、何をもって「診察拒否」と呼んでいるのだろう?

 たとえば、大分県は中津市の「新型インフルエンザ感染防止対策のお知らせ」にはこうある。

 (略)新型インフルエンザの感染を心配されている方や新型インフルエンザの症状(通常のインフルエンザの症状に類似した発熱、脱力、食欲不振、発咳などがみられる。また、鼻汁、咽頭痛、吐気、下痢がみられることがある。)が現れた場合は、まずは電話で北部保健所へご相談ください。新型インフルエンザの診療を行う医療機関をご紹介します。
(略)
院内感染を防止するための対応として、医療機関では受け入れ準備が必要です。
直接医療機関を受診することは避けてください。


…なんで、中津市から引用してきたかというと、非常にまっとうなことが書いてあるにもかかわらず、ちゃんと呼びかけている公的機関があまり見当たらなかったからだ。
 岩手日報からも引用しておこう。

 新型インフルエンザの国内感染防止対策が動き出し、県内の医療機関や消防組織も初期段階での感染封じ込めや、感染拡大後の対応に向け準備を進めている。

 新型インフルエンザの感染者が直接病院や診療所を訪れると、院内感染の恐れがある。このため関連機関は、感染者が医療機関を受診する前に保健所の発熱相談センターに相談するよう呼びかける。(後略)


岩手日報(2009/05/01)「新型インフル封じ込めへ 県内医療態勢急ぐ」より、強調は引用者


 もう一つ、

 県は1日、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)に対応する「発熱外来」を設置した県内の14病院を公表した。各病院では、医師や看護師の医療体制、院内感染の防護措置などに努める一方、「新型インフルエンザの症状の疑いがある人は、直接病院に行くのではなく、まず保健所に連絡して指示を仰いでほしい」と呼びかけている。(中略)
 中濃厚生病院は、玄関などに「流行地域への渡航、または渡航者と接触した可能性のある方は、院内に入らず、まず携帯電話で連絡するように」という紙を張り出した。

 県立多治見病院は、正面玄関に「発熱外来の患者は本館南で受け付ける」と案内。本館南にある「感染病用の電話相談室」を受付窓口として院内感染防止に努める。久美愛厚生病院は、マスク、ゴーグル、手袋などを付けて院内感染の防御措置を取る。(後略)


2009年5月2日 読売新聞「新型インフルエンザ対応 14病院に発熱外来」より、強調は引用者

…新型インフルエンザ感染の疑いを自己申告している患者さんを、直接、医療機関が受け入れていないことを十把一絡げに非難するのは、あまりにも短絡だろう。

 4月28日時点でWHOが発表した感染国は9ヶ国、それが5月1日時点では14ヶ国になり、5月5日時点では21ヶ国であり、二次感染例もどんどん確認されている。最悪に備えるべき立場の医療関係者が、すでに日本に新型インフルエンザウイルスが入っている可能性はあると考えても、それは過剰ではない。「感染国への渡航歴がないのに発熱相談センターに相談することを勧められた」ことを非難した記事を書く、記者の発想はひどい。
 もちろん、「同センターから一般病院での受診を勧められたのに診察を拒否されたケースもあった」の部分は、確かに過剰反応とそしられても妥当なのだが、記事全体の論調には呆れた。

 そもそも、病院に来ている人達は、健康な人ではないのだ(だから来るんだけど)。健康な人より、免疫機能の働きは弱っている。治療目的で、免疫機能を抑制する作用を併せ持つ薬品を処方されている人だって多い。そこに感染力の強いインフルエンザウイルスが入り込んだらと、警戒するのはごく当然なことなのに。

(略)県や市町村は「県新型インフル対策行動計画」に基づき、症状に応じた患者の振り分け(トリアージ)を行うため、公民館やスポーツ施設などの公共施設を利用した発熱外来の設置準備にも取り掛かることにしている。

 秋田組合総合病院(秋田市)は、新型インフル発生が認定された28日、院内の一般外来から離れたスペースに専用の診察室を設けた。感染の疑いのある患者を病院裏手の職員用出入り口から誘導し、院内では一般患者と接触させない動線で診察室に導く。院内感染防止のため、診察室内は独立空調としている。(後略)


さきがけ on Web (2009/05/01 09:58 更新)「「発熱外来」設置が本格化、県内 公共施設利用へ準備も」より、強調は引用者。

もし院内感染によって新型インフルエンザが蔓延したら、マスコミはどんな論調になるのやら。これ以前だって、さんざん医療機関を叩いてきたのがマスコミではなかったか。院内感染は、あらかじめ想定された具体的なリスク(だからこそ発熱相談センターや発熱外来が考案される)。それに対してより慎重になるのは、実際に院内感染が確認された場合に、スタンピードな乗りで叩くマスコミの論調が危惧されるのは一因だろう。


 さて、東京都の場合。
4月28日に、WHOが新型インフルエンザの発生段階(フェーズ)を3から4へ上げ、厚生労働大臣が、海外での「新型インフルエンザ等感染症」の発生を認定したことから、東京都は、28日17時より都内の全保健所において東京都発熱相談センターを開設したのだそうな。その、東京都発熱相談センターに寄せられた電話相談件数は、4月29日(水)に27件、30日(木)に258件、5月1日(金)に1,250件5月2日(土)に1,465件5月3日(日)に693件5月4日(月)に392件5月5日(火)に595件(リンク先はそれぞれPdf)と、膨大と表現しても差し支えなさそうな数だ。東京都への相談内容に関する情報があまり見当たらないが、例えば福井県の情報では「海外からのお土産を食べて子どもが熱を出した」など過剰な反応のものが目立つという話もあるので、膨大な相談件数の内容も知りたいとも思う。まぁ、それはともかく。

 発熱相談センターは、例えば台東区の場合では

(略)新型インフルエンザを疑う症状が見られたら、まず、下記に電話にてご相談ください。
(中略)
<症状>
 季節性インフルエンザに似た症状ですが、中等度から重症まで幅があります。症状は、発熱・セキ・のどの痛み・関節痛・倦怠感などです。(後略)


なのだが、肝心の東京都保健福祉局では、28日付で

メキシコ、米国(ハワイ、アラスカを除く)から10日以内に帰国した方で、38度以上の発熱のある方は、保健所等に設置される発熱相談センターに必ず電話をし、受診先について相談してください。(後略)


とある。WEBで見て回るに、どうも、発熱相談センターへの相談要件を満たさないので医療機関に直接出向いた人もいるらしい。でも、28日時点より遙かに感染国が増えている5日の段階で、「メキシコ、米国(ハワイ、アラスカを除く)から」って相談要件からはずれていても、医療機関が警戒するのは仕方ないのでは無かろうかと思って、さらに確認すると。

 上記の「東京都の対応等について(第3報)」は、「報道発表」のコンテンツ内にあるのだが。。。
その上の「報道発表」の階層を見ると。これが、6日12時に東京都の報道発表資料のコンテンツで撮った魚拓。5月1日以降に報道発表資料はない。「東京都発熱相談センター」に関し、相談要件を修正するような報道発表が見つけられない。
 一方、東京都ホームページには「新型インフルエンザに対する東京都の対応」というコンテンツがある。その中にある新型インフルエンザ関連のリンクは、「メキシコ・米国から帰国された都民の皆様へ(新型インフルエンザについて)」と「Influenza A (H1N1) Q & A 」の二つのようだ。後者は、何故か全部英語のQ&A。そして前者は、なぜかメキシコ・アメリカ限定。
 ページを確認すると。

今回の新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)に対応するために、東京都は以下のような対策をとっています。

1.流行地域から帰国し、発熱症状等のある方の相談(発熱相談センタ-での相談)
新型インフルエンザの流行地域(※1)から10日以内に帰国し、インフルエンザ様の症状(※2)がある方のご相談は、都内全保健所に設置されている発熱相談センターで受け付けています。
(中略)
※1:メキシコ、米国(ハワイ州、アラスカ州を除く)、カナダ 〔平成21年4月30日11時時点
※2:38℃以上の発熱、せき、咽頭痛(のどの痛み)等の症状


2.受診の紹介
保健所で受診の必要があると判断した方に対しては、都内の感染症診療協力医療機関(約50ヶ所)において、診察を受けられるように保健所が医療機関と調整後、受診方法をご案内します。(後略)




 朝日新聞ではこんな風に報じられていた。

(略)
 発熱などの症状があっても、国が流行国として指定しているメキシコ、米国、カナダからの帰国者でなければ、診察を拒まないで欲しいと、都は病院に呼びかけている。(後略)


「発熱相談センターから新型インフルエンザ感染の恐れはないと判定された患者が一般の医療機関から拒まれた事例」は、確かに過剰反応だと批判されるだろう(とはいえ、発熱相談センターは電話相談ではあるし、診察を拒んだ医療機関の設備は解らないのだが)。しかし、都の対応は、連休期間中だからかなんなのか、鈍すぎるのではないか。

世界保健機関(World Health Organization、WHO)は4日、新型インフルエンザ「インフルエンザA(H1N1)」の感染が確認されたのは21か国の1085人で、うち26人が死亡したと発表した。
(略)
-感染者数(死者を含む)

メキシコ:590人(政府発表は776人)
米国:286人
カナダ:101人(政府発表は103人)
スペイン:54人
英国:18人(政府発表は27人)
ドイツ:8人
ニュージーランド:6人
イスラエル:4人
フランス:4人
エルサルバドル:2人
イタリア:2人(政府発表は4人)
オーストリア:1人
香港:1人
コスタリカ:1人(政府発表は4人)
コロンビア:1人
デンマーク:1人
アイルランド:1人
オランダ:1人
韓国:1人
スイス:1人
ポルトガル:1人
(後略)


AFPBB News 2009年05月05日 09:52「新型インフルエンザ、各国の最新状況」より

感染は拡大しているし、気付かれずに日本に入っている可能性を警戒しても当然。もちろん、医療機関が治療する対象は、新型インフルエンザ感染者だけではない。発熱相談センターの相談要件を絞ったままの、都の鈍い対応だって現場に混乱をもたらした要因の一つだろう。

 すでに「重症度は毎年起きる季節性のインフルエンザとあまり変わらないように見える」との見方が優位になっているから、ことさらに騒ぎ立てる必要は無いにしても、都側が自省の様子が見えない状態で医療機関に「呼びかけている」ので、なんだかなぁと思ったのだった。
(といっても、普通の季節性インフルエンザだって『米国では毎年季節性インフルエンザで約20万人が入院し、3万6000人が死亡している』のだから、むやみに軽く見てもいかんのだが)


 この方の普段の主張は存じ上げないのだが、こちらのエントリはさもありなんと思ったのでリンク;
天漢日乗」さんの2009-05-05付『「マスコミたらい回し」とは?(その140) 豚インフルエンザ 毎日新聞本日一面トップの江畑佳明記者の「東京で発熱患者の診察拒否」記事は「新型インフルエンザ感染爆発」を引き起こしかねない悪質な誤認記事か?→発熱外来勤務の医師から一言→「二次救急病院ですが新型インフルエンザかどうか判定するための第一段階に使う簡易キットも治療薬のタミフルもほとんどありません」こんな状況を無視して書き飛ばす毎日新聞の素晴らしさ→他の医療機関から「現場を中傷して士気を挫くな」
豚インフルエンザ 「保健所へ行くのが面倒だから直接病院に来ました」
 そして、さらに困った事態も起きているようで、これも、さもありなんと。。。
2009-05-06『「マスコミたらい回し」とは?(その142)どうやら市中の一般病院ではインフルエンザの簡易検査キットもタミフルやリレンザも払底しているのではないか 今後、普通のインフルエンザの患者さんは受け入れ先がない悪寒→人口600万人のある県ではタミフルの備蓄量はたったの5%、30万人分』より。

GW真っ最中の今、
 インフルエンザの簡易キットもなければ、タミフルもリレンザもない病院は、インフルエンザ感染の患者さんを受け入れられないことになる。来て貰ってもなにもできないし、なによりインフルエンザが他の患者さんに感染する恐れがある。そうなると一般病院は断らざるを得ない。

しかし
 頼みの発熱外来の診療対象からは漏れてしまうわけで、こうなると
 渡航歴のないインフルエンザ疑いの患者さんは、GW中はどこにも診てもらえないだけでなく、今後も、タミフルの入荷は、発熱外来に限られるので、一般病院でインフルエンザの患者さんを診られるところはどんどん少なくなることになるのだ。

GWで医療が普段より手薄な上に、インフルエンザの通常の流行期を過ぎているから、一般の医療機関では、簡易キットもタミフルも払底しかかっている。その状態で
 季節性インフルエンザは、一般病院で診ろと言われても、無理。


…マスコミがここぞとばかりに、ただでさえ従事者が過重労働になっている医療機関を無責任に叩いているのを見ると、腹が立つ。
スポンサーサイト
[ 2009/05/06 14:25 ] 四方山話 | TB(1) | CM(7)

叩くために叩く?   No. 5880

通常の「受け入れ拒否」報道を見ていても思うのですが、こういう報道には受け入れるためには受け入れるだけの設備と人手がいるという認識が欠落してますよね。

実際に対応がまずいケースというものも出てくるだろうとは思いますが、特別な対策を取らなくてはならない上に、通常の患者さんも(中には勿論重篤な方も)いる中で、実際に拒否したとしてもやむを得ない理由があったのかも知れない。(ていうか、通常は拒否できない法律があるんだから、医療機関が自分の勝手だけで拒否するとはあまり考えられません。)

こんなこと煽ってる暇があるなら、もっとたとえば「既に日本国内に潜入している可能性もある現在、病院での感染を防ぐためにはどうしたらいいのか」について突っ込んだ記事を書くとか、せめて行政のお知らせをもっとよく周知するとかマスコミにできることは他にあるでしょうに。休日返上で臨戦態勢に入っている医療機関やら関係省庁はこの件のマスコミ対策でさらに余分な仕事が増えたと思います。

私もネットで毎日が先発というのを読んだ後で他紙の記事を確認しましたが、こういうのを後追いで一斉に流すというのもどうなのか。どの新聞もどの新聞も

>「感染国への渡航歴がないのに発熱相談センターに相談することを勧められた」ことを非難した記事を書く、記者の発想はひどい。

こういう論調なのはどういうことなんですかね。叩くために叩いているようにしか思えません。ご指摘のとおり、身動きとれない現場を叩いてさらに疲弊させるのはいい加減にしてほしいと思います。
[ 2009/05/06 21:08 ] Qi8cNrCA[ 編集 ]

厚労相まで何か言い出してますね。   No. 5881

http://www.asahi.com/national/update/0506/TKY200905060106.html
指示を受けている厚労相の官僚の方が、まだ、現場を解っているでしょうけど、マスコミは勢いづきそうですね。

 意外に、と書くと語弊があるかもしれませんし、もちろん例外もネット上ですら多々確認できるのではありますが、大抵の医師の職業意識や倫理観は信頼の置けるものだと経験的に知っています。「診察拒否」と称される何かをするには、理由があったと考えずに、十把一絡げに非難する論調ってなんなんでしょうね。

 これだけ感染国の拡大が続いているのに、東京都の発熱相談センターの相談要件があんなに限定されているとは、実は、このエントリを上げるために見て回って確認するまで気がつきませんでした。初期の3感染国への渡航履歴だけが怪しいなんて、あり得ないと思いましたよ。それに、検査方法が確立したとしても、すぐに季節性と新型のインフルエンザを区別できるわけでないでしょうに。

「医者の尊い自己犠牲精神」が必要だと主張するブログエントリも見かけたもので、目眩がしていました。いや、医者は我が身可愛さで「診察拒否」と称されることをしてるわけじゃないよって。
[ 2009/05/06 23:55 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

メモ   No. 5882

神戸新聞 5/7 14:38付
___________________________
(略)
県などはメキシコや米国本土、カナダから十日以内に帰国し、発熱やせきなどがある人らが対象。一方、神戸市は、三八度以上の発熱などがあれば、渡航歴がなくても医療機関に行く前に電話連絡するよう呼び掛けており、一部の市民の間に混乱が起きている。

(中略)
 神戸市は渡航歴や患者との接触がない場合でも、発熱やせき、息苦しさなどの症状があれば、市の「発熱相談センター」に連絡するよう呼び掛けている。症状などを聞き、医療機関を案内。六日には、直接医療機関を訪れた人が同センターに連絡するよう言われたとして、苦情が寄せられたという。

 同市地域保健課は「今回の医療機関の対応は市の方針に沿っており、診察拒否ではない」とした上で、「潜伏期に検疫をすり抜ける人がゼロとは言えない。万一に備え、可能性のある人を広くとらえたい」と話す。

 厚生労働省は「相談体制が整っているなら、対象を広くとらえても構わない。ただ、混乱のないよう、住民への周知を徹底してほしい」としている。
___________________________
http://s04.megalodon.jp/2009-0507-1744-15/www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001893313.shtml
[ 2009/05/07 18:42 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

医療者の事情   No. 5883

あかがま先生のところがわかりやすいと思ったので持って参りました。

http://blog.m3.com/akagamablog/20090506/1
[ 2009/05/07 20:48 ] Qi8cNrCA[ 編集 ]

どうもありがとうございます   No. 5884

診断キットと治療薬をふんだんに供給してからの話ならともかく、ですよねぇ。やっぱり。…それでも、インフルエンザ感染以外の患者さんと接触しないような発熱外来用診断室の確保とか、まだ問題はありますけど。
私には、ほとんどの「診察拒否」報道で院内感染リスクへの言及が見つけられないのですが、何故なんでしょう。
[ 2009/05/07 21:16 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

メキシコ・アメリカ・カナダ   No. 5888

この3国というのは、厚労省が定める「新型インフルエンザが蔓延している国」という意味あいなのだと思います。

そこに限定するのが適切かどうかについては確かに疑問がありますけれどね。
[ 2009/05/09 10:33 ] FpmNmbUk[ 編集 ]

   No. 5889

>3国というのは、厚労省が定める「新型インフルエンザが蔓延している国」という意味あい
<
それは承知なんですが、

>そこに限定するのが適切かどうかについては確かに疑問
<
なんです。
マスコミが相変わらずの論調で、院内感染には一言も触れずに、医療機関を批判してますね。

 ところで、医療介護CBニュースによる「厚労省事務連絡」の報道タイトルが『「まずは発熱相談センターに相談を」-厚労省が事務連絡』だったので、笑ってしまいました。
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/21858.html
[ 2009/05/09 18:07 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/662-8c1e02a4


診療拒否ってほんとか?

「新型インフルエンザ」に関連して、発熱患者の診療を拒否する医療機関があると問題にされているが・・・ 内科・小児科の一般の医療機関で、発熱患者を軒並み断ってなどいたら、それこそ経営が成り立たないと思うのだが。 まあ、中には勇み足というか過剰反応をしたところも
[2009/05/09 10:34] URL 百丁森の一軒家・別館












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。