スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「美しい国」の真髄、私的選出5選 

水葉さんのブログで紹介のあった「日本の真髄100選」に便乗します。
ことわざ編になってしまいました。
1, 「出る杭は打たれる」
美しい国の大人が子供達に伝える、生き延びるための智恵。

2, 「無理が通れば道理が引っ込む」
美しい国における法律を成立させる手法。「捏造」と併せて使用するのもコツ。

3, 「鳶が鷹を生む」
美しい国では、昭和の大妖怪の孫が「国民的人気の」おぼっちゃまだ。

4, 「蛙の子は蛙」
でも美しい国の昭和の大妖怪の孫は、「国民的人気の」平成の妖怪「百目」だ。

5, 「女、三界に家無し」
美しい国の、国内上場企業の女性役員が2006年7月末に1.2%で、
衆議院の女性議員と参議院の女性議員が2006年11月現在でそれぞれ9.4%と14.2%で、
国家公務員の管理職女性が2005年1月現在に管理職総数に占める割合は1.7%で、
女性の裁判官が2006年4月現在で裁判官総数に占める割合は14.2%で、
大学学長の女性割合が2005年度で7.6%で、
農協役員に占める女性の割合は2004年度で
1.53%に漁協役員に占める女性の割合が2003年で0.31%なんて(注;引用元はこちら)、共産主義者に操られたフェミナチの陰謀による粋すぎた…違った、行き過ぎたジェンダーフリー推進の弊害だから、この美しい言葉で道徳教育するのだ、キイキイ。
スポンサーサイト
[ 2007/01/13 12:07 ] 四方山話 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/66-84c8932d


「美しい国」のイメージ募集

山口浩さんのエントリー「美しい国」の真髄5選に爆笑した。今年から、「美しい国」作りのアイデアを国民から募集するプロジェクトが始まるらしい。2006年12月31日付の讀賣新聞に出ていたのだが、「首相がイメージする
[2007/01/13 18:29] URL Tomorrow is Another Happy

「美しい国」ベスト5

忙しいのに、ついのってしまう・・・碧猫さんの「美しい国」の真髄、私的選出五選につい、反応。1.臭い物にはふたなかったことにしてしまえば、美しいままである。2.地獄の沙汰も金次第金次第で美しく「偽装」も可能。3.百姓は生かさぬよう、殺さぬよう最近の百姓は、
[2007/01/16 13:24] URL tsurezure-diary












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。