スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『産経の感覚は独創的』 パート6;キャンペーン継続中だったらしい 

 きっかけは、「かめ?」さんが15日付エントリで取り上げてらした件、小田急線での痴漢事件について最高裁が無罪判決を出した件だ。これについては、書きたいことがあるがまとまらないので、うろうろと関連エントリを読みあさり、結果、色々と目にすることになって、フラッシュバック混じりに凹みっぱなしの自縄自縛状態だ。

 その内、凄いエントリが上がった。
土曜の夜、牛と吼える。青瓢箪。」さんの2009-04-18付『「気の毒な冤罪被害者を出さないために、世の女性には痴漢くらい大目に見て欲しい」』。

 もちろん、Prodigal_Sonさんというべきか、放蕩息子さんというべきか、瑠璃子さんというべきかの、ブログ主さんの意見ではなく、別ブログエントリについたコメント採取である。もはや乾いた笑いしか浮かばないレベルで、ブログ主さんの『少数意見どころか、かなりどうしようもない意見であることを自覚されたほうが』に、多数意見かつどうしようもない意見というパターンも有り得ると思いながら『この界隈には少ないだろうと思いつつ、実は、本音はそれかな?のヘテロ男性って相当数居るんじゃないかって気がしてるorz』とブコメを置いてきた。ちなみに、その後の関連エントリやコメント類の論調を追った後の今現在は、「この界隈には少ないだろうと思いつつ」部分の撤回を検討中である。

 そして、上記、『青瓢箪』さんのコメント欄に気になるコメントがついた。自分の家族である女性が被害にあった場合も、これが言えるだろうか、と。
ん?と思った、この路線で考えることには落とし穴に気をつけなければいけなかったはず。記憶を辿って、元情報を探す。
…あった。
Imaginary Lines」さんの2006-08-26付『想像できる(できる気になる)ということ』。抜粋して引用させていただくと、

セクハラが絶えない理由の一つは被害者に対する想像を働かせないことにあるのだろうなと思う。で、「自分の妻や恋人や娘が~」というのは想像力を働かせようとする一つの試みなのだろう。

しかし、これでいいのかと問いを立てるdebyu-boさんはこう続ける。

つまり、「自分の妻や恋人や娘が~」という言い方をされて初めて自分の行為の問題に気づくような人間の想像力がおよぶ範囲というのはせいぜい「自分の妻や恋人や娘に手を出されちゃった男」の悔しさとか情けなさまでであって、セクハラされた「自分の妻や恋人や娘」の悲しさや悔しさではないのではないかと思うのだ(略)。だからこそ「自分の妻や恋人や娘が~」という言い方は理解されやすいのではないか。けれども、そのような想像の仕方では決して被害者本人の悲しさや悔しさには到達しない。

このところの、痴漢関連の後発エントリを見て回っていると、この「一つの試み」における限界の輪郭が見えてくるように思えてならない。


 それはともかく。 これまでは前振りというか経緯の説明(放蕩息子さん、ごめんなさい)。上記の「Imaginary Lines」さんのエントリを見つけ出す過程で、(主観的に)スゴイ事実を発見しちゃったのだ。

 2008-03-08付『所詮被害者に関心なんかないのよね

 MSN産経ニュース2008.2.27 18:23付の『「もっと働け、クズ」 東京都に男性被害のDV被害相談続々』という記事を紹介し、ツッコミを入れたエントリである。
 …ん? 何度かまばたきをして、日付を見直す。記事は2008年2月27日付、エントリは2008年の3月8日付

 つい最近の2009/04/05に、私はこのブログに「『産経の感覚は独創的』 パート5;DVへの感覚 」というエントリを上げた。
kei999の日記」さんが2009-04-04付であげてらした「で夫から妻へのDVは「多発」してないの?」にて紹介された、MSN産経の2009.4.4 19:54付記事『「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発』という記事をネタ元にしたエントリだ。

…なんだ、この既視感は?



 2008.2.27の『「もっと働け、クズ」 東京都に男性被害のDV被害相談続々』では、具体的被害を

 都の出先機関の東京ウィメンズプラザなどによると、18年度に同施設相談窓口に寄せられたDV相談件数は4956件。このうち、女性の被害相談件数が4828件と圧倒的に多いものの、男性の被害相談件数も23件あった。

と紹介しており、2009.4.4の『「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発』では、

 相談件数は56件で、このうち22件(39・3%)が女性から「暴力を受けた」と回答。内訳をみると(複数回答)、身体的暴力は16件で、「殴る」が7件で最も多かった。次いで「蹴る」(5件)、「ものを投げつける」(5件)と続いた。他にも「凶器を突きつける」「首をしめる」などの回答もあった。

 精神的暴力は21件で、「怒鳴る」(12件)、「脅す」(12件)が多いほか、「外出制限」(3件)、「携帯電話のチェック(2件)、「甲斐性なしと言う」(2件)などがあった。このほか「小遣いを渡さない」といった回答みられた。

と紹介している。さきのエントリで紹介したとおり、相談件数の22件以外は加害相談であり、表に出てきた被害件数は、去年の報道と今年の報道であまり変動がなかったようだ。

 そして、2008.2.27の『「もっと働け、クズ」 東京都に男性被害のDV被害相談続々』には、こんな一節が。

 被害男性の相談内容は「『もっと働け、クズ』などと言葉による暴力を受けた」のほか、「殴られて肋骨(ろっこつ)を折った」「熱湯をかけられた」などの身体的暴力を訴えるケースもあったという。

一方、2009.4.4の『「もっと働けクズ!」殴る蹴る 妻から夫へのDV多発』には、

 東京都の出先機関「東京ウィメンズプラザ」などによると、被害男性の相談内容の中には「『もっと働け、クズ』などと言葉による暴力を受けた」のほか、「殴られて肋骨(ろつこつ)を折った」「熱湯をかけられた」などの身体的暴力を訴えるケースも確認されているという。


 東京都の配偶者等暴力対策のページで確認すると、この調査はほぼ5年ごとで、平成20年度版調査の前は平成15年だ。だから、同じ調査結果のまとまる前と後の情報に基づく報道ではあろう。
でも、ねぇ。
 多分、ここであげられたケースは各一例だったのだろうとは思う。にしても、報道タイトルにまで毎年『もっと働け、クズ』をかかげるとは、よほど、産経の記者さんには気になるフレーズだったのだろう。


 そして、debyu-boさんがつっこみを入れておられたが、2008.2.27の『「もっと働け、クズ」 東京都に男性被害のDV被害相談続々』にあった一節;

 殴られて骨折するなど、女性のDV被害に劣らぬ相談も。今や女性は社会的地位だけでなく“腕力”でも男性に勝り始めているようだ。

 って、結局、DV被害者の男性をDisっているだろう。劣るとか劣らないの問題じゃないし、腕力に勝るからDV加害を加えるわけでもないし、ここで社会的地位に言及する必要などない。
男性被害者の保護施設の未整備や具体的対応の必要に言及があっても、この一節が台無しにしているし、さらには翌年のほとんど同じタイトルの記事まで台無しにしてるんじゃなかろうか。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/04/21 07:57 ] 四方山話 | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/653-2281b3f4


満員電車で通学または通勤した経験があり、痴漢にあったことのない女っているのか?

そりゃいるだろうよ、と、理性では分かるのだが それでも「ある程度の年齢以上の女だったら、誰でも痴漢にあった経験があるはずだ」とマジに考えてしまうほど、女にとって「痴漢被害」はありふれたことである。 少なくてもわしは、「痴漢にあった」という話をして、「私...
[2009/04/21 23:27] URL かめ?

あったよ。「卒業現象」 

 うろ覚えで「卒業現象」という言葉をタイトルにしたので、念のため、ググってみました。  そしたら自分のとこが一番上に。こりゃ危ないかな、とおもって見ていったら5番目だかに「卒業現象」という用例が検索されていました。(その前は、「卒業」という単語と「現象
[2009/04/22 10:29] URL みんななかよく












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。