スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ねこの好物 

 以前にもエントリに書いた通り、うちのネコたちはドライのキャットフードを常食にしていない。坊っちゃんは猫缶に混ぜもの、お嬢様は肉類に混ぜものをした手作りのご飯を食べている。こういう食餌にした当初は、ネコにあわせた栄養が含まれている(ことになっている)キャットフードじゃない食べ物で大丈夫だろうかと不安もあったが、実際にこういう食餌にして以来、体調はすこぶる良い。まぁ、人間様だって手作りご飯を食べているわけだし(笑)、基本的なポイントを押さえておけば、どうということはないものであるようだ。

 なにより、ドライのカリカリ出しっぱなし時代よりもはるかに、ご飯のねだり方が熱心になったので、お世話係としてはこっちの方が楽しい(^^;

こういう時は目が輝いている
 ネコと暮らしているのは、生活を楽しくするため。なら、より楽しい方に流れるのは当然というもの^^
 「こういう食餌しか駄目、それがネコのため」と肩肘張った食餌管理も必要な時や場合もあるし、以前は実行していたが、最近は、それで神経をすり減らさないでおこうと思うようになっている。もちろん、禁忌はさけるが。


 そういえば、手作りご飯の導入を検討していた頃、あるいは導入当初、ネットで情報を集めていると、結構トンデモっぽい情報が出回っていて唖然としたものだ。


 一番よく目についたのが、ネコに必須のアミノ酸であるタウリンが、熱に弱いという情報。そんな馬鹿な(^^;と思って検索しても、その当時は見たページ見たページがことごとく、タウリンが熱に弱く加熱すると失われると書いてあったのだ。そして、あちこちのページを見て回るうちに、タウリンが熱に弱いと書いてあるページが、犬や猫の手作りご飯関連のWEBページであり、人間の栄養関係のWEBページだと水溶性なので茹でるとスープに溶け出して身に含まれるタウリン量が減るというような記述であるのを確認していた。

 このエントリを書くにあたって検索してみると、上記に貼ったリンク以外にも「タウリンは熱に弱く、加熱により約八割が失われる」と書いてあるページもあるにはあったが、以前調べたときよりは少なくなっていた。推測だが、以前調べた時点では、わんにゃんのご飯関係に「タウリンが熱に弱い」と書いた先行のページがあって、後発の犬猫ご飯関係のWEBページ作者が倣ったのかもしれない。
 …もちろん、タウリンが熱に弱いなんてことはない


 あるいは、ネコに危険な食べ物リストに生の魚が上がっていることもある。生魚を定期的にあげるとビタミンB1欠乏症を起こしやすいなんておどろおどろしい話になっているのだが、うちの初代なんて、晩年には毎日のように、親たちからお刺身のお相伴にあずかっていたもんである(^^; もちろん、ビタミンB1欠乏症になっていたフシは全然無く、亡くなる直前まで元気いっぱいで坊っちゃんをいびっていた。
 なんでそういう話になっているのかと見て回ると、生の青背魚にはビタミンB1破壊酵素を含むとか、生の魚介類の内臓にはビタミンB1を破壊するチアミナーゼという酵素が含まれている可能性があるとか、微妙に一致しない情報が多々拾える。また、俗に「ネコがイカを食べると腰を抜かすなんて話があるのは、イカに含まれるビタミンB1破壊酵素のせい」なんて話もあるようなのだが、これがまた、猫がイカを食べると体内のビタミンB1が破壊されビタミンB1欠乏症となることがあるなんて、一体どういうメカニズムで???とツッコミを入れざるを得ないぐらいの無茶苦茶な話になっていたりもするようだ。

 生魚危険説も、理屈付はこれと同様っぽい。
でもね。酵素を経口で摂取したら、大抵の酵素は消化の途中でタンパク分解酵素で分解されるから(^^; たとえ分解されなくても、酵素としての機能を保ったまま吸収されて血流に乗って体内各所に運ばれてビタミンB1を破壊して回るなんて、いくら何でも無理だから(^^;
 最悪でも、生の魚と混ぜた素材なり、生の魚が消化管を通っている間はその回りにある消化物に含まれるビタミンB1が破壊されるだけだろう。魚を加熱したら大丈夫とも書いてあるが、国立健康・栄養研究所『「健康食品」の安全性・有効性情報』のビタミンB1の項目ではビタミンB1そのものが加熱に弱いと述べられている。非加熱だとチアミナーゼで破壊され、加熱されると熱で破壊されるビタミンB1…。どうやって摂取?と素朴な疑問が湧いてくる。そして、国立健康・栄養研究所の『「健康食品」の安全性・有効性情報』のビタミンB1の項目では、チアミナーゼは「ハマグリ、アサリ、シジミなどの二枚貝、わらびやぜんまいなどの山菜、鯉や鮒などの淡水魚」に含まれるのだそーだ。参考文献もひいてあるこっちの情報の方が確実だろう。
 というわけで、この辺、百花繚乱のネット情報を細かく気にしても仕方なかろうと思っている。

 そんなこんなの手作りご飯だが、完全手作り食を食されているお嬢様の場合は特に好みが色々と解ってくるので楽しい。タンパク源は、鶏肉だとはずれなく食べてくれる。腿や胸の筋肉でもそこそこ好きのようだが、砂肝の方が好きらしい。手羽先の指先も好き。
 牛肉は、あまり好きではないらしい。以前、某所から取り寄せた大変美味しい赤身の牛ミンチをユッケにして食べようとしたら頂戴といわれて味付け前に少し取りのけて進呈したら、思いっきりネコマタギされてしくしく泣いた(嘘)こともある。
 豚肉は、前は好きではなかったようだが、最近はよく食べるようになった。そして何より、とにもかくにも、魚が好きらしい。

 しかし、私が昔読んだネコの飼育書では、魚は野生時代のネコが食べていたはずはないので、本来の食性では食べない云々と書いてあったものである。なのに、ものすごく好きだとしか見えない。特に小鰺だとご飯コールに熱がこもる。
 あるいは、人間用に鰺の干物なんて焼いたら大騒ぎして付きまとってくるので、ゆっくり食べることもできないやしない。はたまた、お刺身を買ってきたら、こんな顔をしてそばを離れない…。

おねだりの時はどうしてこう可愛くなるのやら(^^;


 …どうみても魚が好きそうなので、昔読んだネコ本の記述ってなんだったんだろうと思いつつ、今手元にあるネコのご飯本を読み直すとこんな一節があった。

日本のネコが魚が好きだということは誰も疑いませんが、欧米の動物の栄養学者はネコに魚はふさわしくないと固く信じています。北アフリカの乾燥地帯で生まれたネコに、魚との出会いはなかったというのが彼らの主張です。しかも、魚はネコの健康にとってトラブルの元だと信じて疑わない彼らは、けっしてネコに魚を食べさせることはないでしょう。


ネコの食事百科 (カラー版ネコ百科シリーズ) 第4章 ネコの食物学(宮田勝重氏執筆』41-42ページ

どうやら、私が昔読んだネコ本は、こういう背景でかかれた本だった様な気がする。

 だが、この本は記述がこう続く。

古代ギリシャ人が残した当時の記録には、エジプトのネコなる動物はミルクとパンと魚を食べると書かれています。欧米の食文化の発祥地みたいなエジプトは、パンとワインとビールを作りました。ウシやヒツジを飼い、カモやハトなどの鳥を食べ、ナイルの魚を常食にしていました。ネコはバステト神として神になったときから、エジプト人の食べるものを食べてきました。神なる動物は神殿の奥深くに飼われ、ヒトの感覚で最高の食事を与えられていたのです。


ネコの食事百科 (カラー版ネコ百科シリーズ) 第4章 ネコの食物学(宮田勝重氏執筆』42ページ

 なんだ、そんな昔から魚を食べていたことが示唆されるのか。
 …しかし、ネコの扱いは昔も今も変わらんのなorz

 その後、記述は、日本のネコが魚を食べる文化の中で暮らしてきたときて、こんな一節も。

魚を食べる文化の中にいてもイヌは魚が嫌いです。


ネコの食事百科 (カラー版ネコ百科シリーズ) 第4章 ネコの食物学(宮田勝重氏執筆』43ページ

 そういえば、うちの亡きわんこも、うらやましそうな顔で見ているからと、親達は何度かお刺身を一切れあげていたことはあったが、、、毎度、結局もらったお刺身をもてあまして困った顔してなめるだけだった(だったら羨ましそうな顔をするな、というのも毎度のツッコミで(^^;)。うちの子だけが魚苦手なわけではなかったのは意外である。

 お嬢様には、ほんの少しの分け前で勘弁してもらったのだが、

満足のポーズ
どちらかというと、お裾分けされることに意義があるのかもしれない^^
スポンサーサイト
[ 2009/04/01 02:01 ] 猫便り | TB(2) | CM(4)

猫犬   No. 5798

昔、実家で飼っていた犬は、魚が大好きでした。
魚の臭いがすると
「クゥゥゥ~ンンン・・・」と、それはそれは切なげな声で泣き、目をウルウルさせるという必殺技を持ち、馬鹿な飼い主たちからよく魚をせしめていました。

が、ヤツは、日向ぼっこと人間の膝の上が大好きという、犬にあるまじき犬だったので、一般化できるかどうかは分かりません。
[ 2009/04/01 14:48 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

犬猫   No. 5799

 そういえば、坊っちゃんは食べる猫缶はモンプチの舌平目&蝦or白身魚のテリーヌ仕立てや、花鰹のトッピングが好きですけど、魚そのものは食べませんでしたわ。人間の膝にも乗ってこないし。でも呼べば来る、ネコ離れした微妙に犬っぽい猫です。

 魚好きのわんこさんもいるんですねぇ。うちの亡き雑種犬は、お刺身は駄目でしたが加熱したのなら食べてた様なおぼろげな記憶はあります。雪が降ったら、本当に庭を走り回ってたので、結構犬らしい犬だったみたいです。
[ 2009/04/01 17:13 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

雪が降ったら・・・   No. 5800

ビビって家の中で泣いていた1年目の冬(笑)
2年目以降は雪にも慣れ、降ってくる雪を空中でキャッチして食っていました。
・・・考えれば考えるほど、どこか、犬からずれた犬でございました、今は亡き実家の雑種犬。

坊ちゃんには、舌平目をムニエルにするなど、一工夫してあげたらいかがでしょう?
って、そうまでして魚を食わす必要もないのでしょうが、なんだかいろいろとお世話したくなるお顔をなさってますよねぇ、坊ちゃん。
下僕としてお仕えしたいです。
[ 2009/04/01 21:10 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

それは…(^^;   No. 5801

>ビビって家の中で泣いていた1年目の冬
<
かなりの萌え状況かも(^^;


>なんだかいろいろとお世話したくなるお顔
<
 そうなんですよねぇ。これがまた鈍くさいし、実は膝にのせられて撫でられたりは好きな癖に自分からは乗ってこないし、何か要求があっても黙って待っているだけなんですよねぇ。
 これが人間として私の目の前にいたら、どやしつけたくなるであろうタイプなんですが…
[ 2009/04/02 12:38 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/642-ea4118bb


今日のたんぽぽ

うまいらしい。 開花直後から寒さがぶり返したせいか 東京の今年の桜はイマイチ。 しかし、たんぽぽは 「わたしはいつもどおりに咲いているだけですよ」 といった感じで、淡々と、美しく花をつけています。 素晴らしい食料です(笑) なお、ゲン....
[2009/04/01 14:49] URL かめ?

本日のお食事

野草ミックス プチトマト添え。 野草は朝摘みの新鮮なものを使用しております(笑) まずは、タンポポの花をガブリ。 つづいて、葉っぱもバリバリ。 完食いたしました。 そして、食後は窓辺で日向ぼっこ。 本日も、平和な1日でし....
[2009/04/08 21:49] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。