スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

福岡市議会が「慰安婦」問題に政府が誠実に対応するよう求める意見書を採択  

 2008年の3月25日、兵庫県宝塚市議会が、『日本軍「慰安婦」問題に対して、政府の誠実な対応を求める意見書』を本会議で議員25名中24名の賛成にて採択した。これが、日本軍「慰安婦」問題を、日本政府が解決するよう求めた地方自治体が提出した意見書の最初のものとなる。公式謝罪や補償をせず、真相究明や責任者処罰もせず、教科書の記述も消したことを国際的に非難されていることに言及した上で、日本政府に『1993年の河野洋平官房長官の談話の上、さらに日本軍「慰安婦」問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復に努め誠実な対応をされるよう求める』意見書だ。もう、一年経ったのだ。

 そして、2008年6月25日、東京都清瀬市議会が、『「従軍慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書』を採択した。これも、『平成5年の河野洋平官房長官の談話などと矛盾しないように、さらに「従軍慰安婦」問題の真相究明を行い、謝罪し、賠償責任を果たし、学校で教えることで、各国の被害者の尊厳回復に努め、誠実な対応をされることを強く求める』内容のものだ。22人の議員中、自民党議員である8人が反対に回り、他の、公明党所属の議員も含めた賛成によって採択されたという。

 2008年11月7日には、札幌市議会が、『「慰安婦」問題に関する意見書』を採択した。こちらも、日本政府による被害者への謝罪や補償がないこと、真相究明もされてないこと、教科書記述を消し去った事への国際的な批判に言及した上で、『1993年の河野洋平官房長官の談話に基づき、「慰安婦」問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復に努め、下記の事項のとおり、誠実な対応をされるよう強く要望する』ものだ。

 宝塚市議会による「慰安婦」問題解決を求める意見書採択からちょうど1年目の、2009年3月25日。

 今度は福岡市が意見書を採択したとの情報を、『「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!』さんで見かけた。探すと、『調査会法情報』さんでも意見書の全文をアップしてくださっており、『STONEWALK KOREA 2007 BLOG』さんでも意見書全文と情報があった。『STONEWALK KOREA 2007 BLOG』さんで転載してくださっていた関係者の方が複数のMLに流した情報によると、意見書は3月9日に社民党とふくおかネットワークの共同提案として提出されたそうだ。

 25日の本会議では、ふくおかネットワーク 社民党 民主党 共産党の共同提案ということになったみたいだが、自民党は反対に回ったという。公明党には自民党からの圧力があったそうだが、歴史教育に関する要望項目を削除することで話をつけ、公明党は賛成に回り、僅差で可決されたとのことだ。

 以下、意見書全文(『STONEWALK KOREA 2007 BLOG』より);

日本軍「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書


かつての戦争において、日本が近隣諸国の人々に多大な被害を与えてから、すでに64年経ちますが、いまだに人々の戦争被害の傷は癒されていません。そして直接の被害者のみならず、その子孫も親世代が傷つき癒されていないことで傷ついています。日本軍「慰安婦」問題は、その象徴的な被害です。

 2007年にはアメリカ、オランダ、カナダ、EUなどの議会において、日本政府に対し、「慰安婦」問題の責任を認め、公的に謝罪することなどを求める決議が採択されています。2008年にはフイリピンの外交委員会や韓国及び台湾の議会でも採択され、国連などの国際的な人権擁護機関からも早期解決を求める勧告が出されています。国際社会は「慰安婦」問題を現在に通じる重大な人権侵害と認識し、日本政府が誠実に対応することを要請しています。

「慰安婦」問題に誠実に対応することは、戦争を遂行するために女性の性が利用されるという人権侵害が二度とないようにするという日本政府の世界への意思表示となります。そして、アジアの人々の戦争被害の傷を癒し、和解して平和的に共存していく道筋を作ることになります。

被害者の訃報が相次ぐ中、被害者の存命中に納得できる解決が急がれます。
よって、福岡市議会は、国会及び政府が、1993年の河野内閣官房長官談話に基づき、次の事項について誠実な対応をされるよう強く要請します。

1) 被害者出席のもと、国会で公聴会を開くこと
2) 「慰安婦」問題の責任を認めて、政府は公的に謝罪すること
3) 「慰安婦」問題の解決のため、政府は被害者の名誉回復を図ること

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
平成21年3月 日

衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、法務大臣、外務大臣、文部科学大臣 あて

福岡市議会議長 川口 浩

…可決したことは朗報だし、そうしなければ可決できなかったとの情報ではあるが、歴史教育に踏み込めなかったのは、やはり残念ではある。少しの残念を感じつつも、『「慰安婦」問題に誠実に対応することは、戦争を遂行するために女性の性が利用されるという人権侵害が二度とないようにするという日本政府の世界への意思表示』となる、そして、『アジアの人々の戦争被害の傷を癒し、和解して平和的に共存していく道筋を作ること』になる、との言及は素晴らしい。前者は、今現在、日本政府は『戦争を遂行するために女性の性が利用されるという人権侵害』をなくそうとはしていない女性自衛官が自衛体内で受けた性暴力被害を国家賠償請求訴訟していたしなぁ)との指摘すら含むのではないか。
ともあれ、お疲れ様でした。


 また、『「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を!』さんによると、3月3日にオーストラリアのストラスフィールド市で、3月9日にはニューサウスウェルズ州のライド市で、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める決議が上がったという。

 そして、今日26日は、海南島戦時性暴力裁判の高裁判決の日

海南島は(略)リゾート地として日本からの旅行客も多い島。アポたちが住んでいるのは、そんなビーチからは想像できないような山の中です。

 舗装されていない道路を、何時間もかけてバスやトラックで向かいます。初めて訪問した、まいさん(24)は「ずっとでこぼこ道で移動が大変でした。私たちでもそうなのに、年をとって腰が痛いといっているアポが裁判のために日本に来るのはどれだけ大変か…」と思いをはせます。


判決のために来日された被害者の方は、体調がお悪いらしいので心配だ。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/03/26 08:19 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(3)

海南島戦時性暴力被害賠償請求事件・弁護団声明   No. 5795

1 本日,東京高等裁判所第21民事部(渡邊等裁判長)は,日本軍によって「慰安婦」とされた中国海南島の被害者が日本政府に対して謝罪と名誉回復並びに損害賠償を求めた控訴請求事件(海南島戦時性暴力被害賠償請求事件)に関して,控訴人らの控訴を棄却する判決を下した。

2 本件は,中国海南島において,旧日本軍(主として海軍)が中国人の少女を強制的に拉致・監禁し,継続的かつ組織的に戦時性奴隷とした事案である。

本判決は,「本件被害女性らは,本件加害行為を受けた当時,14歳から19歳までの女性であったのであり,このような本件被害女性らに対し軍の力により威圧しあるいは脅迫して自己の性欲を満足させるために陵辱の限りを尽くした軍人らの本件加害行為は,極めて卑劣な行為であって,厳しい非難を受けるべきである。このような本件加害行為により本件被害女性らが受けた被害は誠に深刻であって,これが既に癒されたとか,償われたとかいうことができないことは本件の経緯から明らかである。」(判決書28頁)と認定している。

本件被害の質的側面ににおいてもPTSDはもとより「破局的体験後の持続的人格変化」も認定している(判決書30頁)。

以上の事実認定を踏まえ,国家無答責の法理を排斥したうえ民法715条1項を適用し控訴人らの損害賠償請求権を認めた

3 しかしながら,本判決は,2007.4.27最高裁判決を踏襲し,控訴人らの損害賠償請求権について,日中共同声明第5項により「裁判上訴求する権能」が放棄されたことを理由に控訴を棄却した。

もっとも本判決は,最高裁判決と同様,個人の賠償請求権につき,その権利は実体的には消滅しないと判示した。
(後略)
http://www.suopei.jp/2009/03/post_101.html
[ 2009/03/26 18:22 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

意見書、広がると良いのですが   No. 5796

福岡在住なのに、このこと(福岡市議会が意見書採択)を知りませんでした。情報ありがとうございます。
十分な内容とは言えないものの、採択されて良かったです。他自治体にも広がってほしいものです。
こうした意見書に断固反対する人は、自民、保守系会派だけでなく存在していますけどねぇ…。
[ 2009/03/31 02:50 ] -[ 編集 ]

やっぱり   No. 5797

 こういう動きがあるのは、あまり知られていないようですね。
ネットで閲覧できる新聞報道でも、これに関しては毎日しか報じませんでした。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090326ddlk40040354000c.html
そして、なんともはやなコメントをつける人もいますし。

>こうした意見書に断固反対する人は、自民、保守系会派だけでなく存在していますけどねぇ…。
<
 戦争責任に厳しい目を向ける人でさえ、「慰安婦」の何が問題とされているかは分からない人も結構居るようですよね。。。

 現在、大阪や京都あたりでも動きがあるようで、ネトウヨ系の人達が騒いでるのを目撃しております。実のところ、福岡の話は全然事前にキャッチしていませんでした(^^;
[ 2009/03/31 19:41 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/640-bd34497b


「慰安婦」ドキュメンタリー映画 ”Behind Forgotten Eyes”

注文していたアンソニー・ギルモア監督の「慰安婦」ドキュメンタリー映画 ”Behind Forgotten Eyes” のDVDが届いた。 ■”Behind Forgotten Eyes” のDVD注文について ”Behind Forgotten Eyes” 購入ページ 25米ドル。クレジットカードとPayPalへの登録が必要) ”Behin...
[2009/03/28 17:54] URL Stiffmuscleの日記












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。