スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本と国連・自由権規約委員会 

 当ブログでも2008/11/01付のエントリ;『国連・自由権規約委員会が日本の人権状況に関する第5回審査最終見解を公表(加筆有)』等で言及した様に、この国連委員会でも、日本政府の「慰安婦」問題に対する対応は批判されている。

貴締結国は、法的責任を認めなくてはならす、大多数の被害者が受け入れることができる方法で「慰安婦」制度について疑われることがないほど完全に謝罪しなければならず、被害者の尊厳を回復しなければならず、存命中の加害者を訴追しなければならず、正義の問題としてサバイバー全員に適切な補償を行なう法的措置および立法措置と直ちに実行しなければならず、児童・生徒・学生および一般大衆に「慰安婦」問題について教育・啓蒙しなければならず、被害者を中傷もしくは被害者の体験を否定するあらゆる試みに対し反駁し、法的に処罰しなければならない。


Stiffmuscleの日記 2008-10-31付『国連人権規約委員会の最終報告書(Concluding observations)の内容より一部』

 
 「慰安婦」問題に限らず、かなり広い範囲にわたる批判をされているのだが、民主党の谷岡郁子参議院議員が2009年の1月5日付で、この勧告を踏まえ「歴史教科書と国連人権委員会による従軍慰安婦についての勧告に関する質問主意書」を提出している。

前国会、「歴史教科書とその検定に関する質問主意書」(第一七〇回国会質問第一一六号)を提出し、その質問三において、二〇〇八年一〇月に公表された国連人権委員会による自由権規約に関する対日審査報告書の二二項を受けての、今後の歴史教育のあり方や教科書検定のあり方についての見解と対応を問うた。これに対し、その答弁書(内閣参質一七〇第一一六号)において政府は「我が国の教科用図書検定制度は、(中略)文部科学大臣が教科用図書として適切かどうかを決定するものとなっており、教科用図書検定基準等に沿ったものとなっている限り、教科用図書で具体的にどのような事象を取り上げ、それをどのように記述するかは、当該図書の著作者等の判断にゆだねられている」と回答している。対日審査報告書に記された勧告にしたがって改善策を考えるならば、当然、歴史教育や教科書検定の今後のあり方についての検討がなされるものと考えていたが、先の答弁書ではそのような対応が見られず、また国際的な対応としてもきわめて不十分であると思われる。
 よって改めて以下質問する。(後略)


 13日付で発行されている答弁書は、いっそ感心するレベルかもしれない。以下の強調は引用者による。

 御指摘の勧告は、法的拘束力を持つものではなく、市民的及び政治的権利に関する国際規約(昭和五十四年条約第七号)の締約国に対し、当該勧告に従うことを義務付けているものではないと理解している。
 また、御指摘の内閣官房長官談話の趣旨は、慰安婦の問題を長く記憶にとどめ繰り返さないという決意を表明したものであるが、特に具体的な研究や教育を念頭に置いたものではない。(後略)

 …義務づけじゃないから、シカトする
 そんなことをきっぱり断言するのは大変体裁が悪いと思うのだが、そうじゃない人が総理大臣をやっているようだ。勧告されているのは「慰安婦」問題だけじゃないのだが、他が違う方針とも考えがたい。この国、国連人権理事会の理事国なんだけど(呆)。


 さて、3月17日付で時事ドットコムにて報じられていたところによると、新たな自由権規約委員会の委員長が選出されたそうだ。16日に委員18人の互選で11票獲得して当選した人物は、2007年から委員を務めていた、岩沢雄司氏という方で、東大大学院教授だそうな(「自由権規約委員長に岩沢氏=国連より)

 岩沢氏は、どういった思いで、日本政府の姿勢を見ているのだろうと、と。

民法改正や政治・経済における不平等など、多くの問題は10年前の第4回審査においても是正を勧告されていますが、10年の間に差別是正の取り組みがほとんど進んでいないことに、委員たちは強い苛立ちと批判を表明しました。


アジア女性資料センター 2008-10-31付『自由権規約日本審査最終見解に関するアジア女性資料センターの見解』より一部

スポンサーサイト
ユーザータグ:  日本軍性奴隷制問題
[ 2009/03/19 18:53 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/636-c36e565a


慰安婦問題を薄めたい人へのお返事

■ネトウヨコメント分類学(5) 「精神分析で言う防衛機制、投影型」 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-848.html この↑記事に、慰安婦問題...
[2009/03/20 23:36] URL 村野瀬玲奈の秘書課広報室












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。