スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

異次元鶏はむ作製メモ 

 このところ、良く頭に浮かぶフレーズがある。以前、jabberwockさんがあるエントリに書いてらした、『ブログをいうものをはじめて知ったとき、きわめて無邪気に「これは人類を賢くするツールとなるかもしれない」と思った』というフレーズだ。
 というのは、『はてな』のブックマークというサービスがこのところとみに面白くなっているからだろう。これを利用していると、実に効率よく情報収集ができると思えるからだ。ただし、自分と興味の範囲が近いと判断した人の情報を共有させていただくという機能なので、『賢くなる』方向に一定の偏りができるのは仕方ない。

 そういう訳で、私はこのところ、多少偏った方向の情報が豊富に入って、少し賢く(???)なっているのである(断言した…笑)
私が少し「賢くなった」情報として、個人的に、特にお薦めするエントリが、こちら。




超カンタンでやわらかジューシー…異次元鶏料理法(@『安全ちゃんオルグ日記』2008-03-24付)
鶏肉をふっくらジューシーに焼き上げる法(@『All About)
…引用したのは↑のフレーズだけで、jabberwockさんのエントリ内容とはなんの関係もなくて恐縮だ(^^;


 特に「異次元鶏料理法」は、エントリ自体が読み物として面白い上、料理法もこれは絶対、美味しそうである。そして、すぐに連想した。この方法で鶏はむを作ると美味しいかも。

 鶏はむは説明の必要はないだろうと思いつつリンクをいくつか貼っておくと、、、
鶏ハムの作り方@鶏ハムくらぶ
鳥はむ(Wiki)
ほっとけばできる鶏ハム
鳥はむ学術的考察
 大まかには、鶏の胸肉一枚に、砂糖小匙1と塩大匙1をまぶして、ビニール袋に密閉して一晩ほど冷蔵庫におき、その後、流水などで塩抜き、整形して鍋に沸かしたお湯に入れてすぐに火を止め冷めるまで放置、というのが作り方。ゆで汁はスープとして使うのだが、ゆで汁分と、塩抜きで水にさらす分、以前から、なんか旨味が逃げてそうな気がしていたのだ。

 なら、「異次元鶏料理法」を使えば、逃げる分の旨味も閉じこめた、より旨い鶏はむができそう^^


 という前振りの後、鶏胸肉を調達してきた。
漬け込みは、肉の重さの1.5%の塩と、0.5%の三温糖に、こしょうを目分量で小匙半分ぐらいで、冷蔵庫で丸二日。二日経ってから端っこを切って、加熱して塩加減を確認。うん、これぐらいだろう。

 次に、ハムっぽくなるように整形する。必要なのはタコ糸。
…しかし、ちょっと絡まってしまって、もたついていると…














なんだ、おまいは(^^;






釣れた(^^;






何も、入れ喰いで釣れること無いと思う(^^;





 …妨害工作にもめげず、気を取り直して(嘘)、整形を開始する。
世の中には、常日頃から練習を欠かさないのか縛り方が大変お上手な方もいらっしゃるのだが、そのような教養を持ちあわせていないわたくし、芸のないグルグル巻である。

しかも、真っ直ぐ螺旋巻きにすらなってない(^^;


 ジップロックの中に入れて、できるだけ空気を出す。



 大きめの鍋で水を加熱する。今回、肉投入前は75度。肉を投入してから、(なぜか我が家に常備してある)鍋がすっぽり入る発泡スチロールの保冷箱に入れ、1時間放置。これだと、今の季節でも1時間後の温度は60度を保っていた。

皮はそのまま着せて糸を巻いている
 冷水で急冷した方がいいのかもしれないが、旨味を逃がさない方針で作ってきたので、ちと抵抗があり、自然に放冷(^^;

 そして、もちろん、この方法で作った鶏はむは、非っ常~に美味に仕上がったのであった。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  食い意地テロ
[ 2009/03/11 18:30 ] 小ネタ | TB(1) | CM(4)

とりあえず!   No. 5748

ブックマークした!
後でじっくり読ませていただき、そして、今度の生協の注文日には、忘れずにとり胸肉を買う!(←コメントも、自分が忘れないためのメモになっている、という、すぐれもの!!)
[ 2009/03/11 19:06 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

ちなみに   No. 5749

わたくしも今回、念のため改めて鶏はむの作り方を調べ直して知ったのですが、鶏はむの材料はモモ肉でも良いらしいです。
でももちろん、胸肉の方がローカロリーですけど(何かを想定しての発言らしい)。
[ 2009/03/11 19:19 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5750

今まさに、蜂蜜(砂糖の代り、塗りやすい)と塩を塗りたくった鶏肉が
冷蔵庫に入っています。
明日の朝お湯に投入して、夜ご飯にする予定でした。
でも、こちらの方法は
放置が1時間で済むのが魅力ですね。
[ 2009/03/11 22:14 ] Ol1eGJ4Y[ 編集 ]

   No. 5753

>さくらさん

 大元のレシピは砂糖じゃなくて蜂蜜だったみたいですね。
前に、オリジナルレシピ(但し砂糖使用)で作った時に、30分もあれば火は通っているだろうと思って引き上げて食べてみると、端の方はちょうど良くても真ん中の方がやたら辛かったことがあります(^^; 塩加減にご注意を。
[ 2009/03/12 12:26 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/632-c30cfceb


最近に識った鶏はむ

 ぺきさんとこで、簡単な鶏はむの作り方を知った。で、作ってみた。  さて「知る」と「識る」とは、どう違うか。独自定義をお持ちの方もいらっしゃるようだが、一般的には、存在していることを知ってる程度でも「
[2009/03/18 23:28] URL pokoponにっき












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。