スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

笹川発言に、この度も目くじらを立てておく 

(公開時点以降、ちょこちょこ加筆有り)

 自民党の総務会長である笹川尭氏は、昨年(2008年)9月30日、米議会下院で金融安定化法案が否決されたのを受け、「下院議長は女性。ちょっと男性とはひと味違うような気がする、リードが。それで破裂した」と述べ、それを朝日新聞は今後波紋を呼ぶ可能性のある「女性差別と受け取られかねない発言」と報じ、『かめ?』のgegengaさんによって

突っ込まれたらいろいろ言い訳をするのだろうが、「女性差別と受け取られかねない」っていうよりも、「女性差別そのもの」だと、わしは感じるけどね。


2008年09月30日付 『笹川さんの女性差別発言

と評されたものである。私もまったく同感であった。

 また、同じく2008年12月06日、松江市でのパーティーの挨拶において小渕優子少子化担当相の就任理由をに関して「なぜなれたか。子どもを産んだからですよ。もし結婚して子どもがいなければ『おまえ方法は分かっているのか』と言われますよ」と発言し、それを共同通信は『「子どもの有無」を公職就任への適性基準としたと受け取れる発言』であるので批判が出そうと報じ、『かめ?』のgegengaさんによって

分かりやすく「女性蔑視」または「女性軽視」の人だね。

女性がある程度責任ある地位に就いたのは「女性ならでは」の「何か」があるから。
小渕さんなら「出産経験」ね。

で、女性が自分の気に入らないことをしたら「女性だから」そんなことになっちまった。
ペロシさんの場合は、これ。

「個人」の能力よりも
女という「カテゴリー」に重きを置く。


と評されたものである。これもまた、私もまったく同感であった。

 そういう人物であるから、もはや驚くにはあたらない。
しかし、目くじらは立てておく。

(略)
伊東香織・倉敷市長を「大変素晴らしい女性の市長さん」と持ち上げた上で「国会議員もどんどん女性が出て来ると、いいんだけどね。やっぱり、ちょっとあまり上品ではないと思います」とも話した。


この人物が、他人様を「上品ではないと思う」と評せるとは、少なくとも、良く映る鏡をおもちではないようだ。自民党にも、多数の女性議員がいたと記憶しているが、どのようなレスポンスがあったのかは、まだ報道が拾えない。
 なお、この発言は、岡山県倉敷市で開かれた片山虎之助参院幹事長のパーティーにおける挨拶なのだそうで、片山氏に対しては国政復帰へのエールを送ったそうだ(6日付山陽新聞『民主党の教育政策に懸念』より)。前回参議院議員選挙で片山氏を破ったのは、民主党の姫井由美子議員。特定個人に対して「上品でない」と言いたい意図があったとしても、なぜか、それが女性議員一般を指した発言になっているのだ。
 女性というカテゴリーに属する個人には、『上品』であることを要求する発想。まさに女性差別だろう。

 そして、その前の伊藤香織氏を持ち上げたという発言も、批判の対象だ。
「大変素晴らしい女性の市長さん」って、なぜ「大変素晴らしい市長さん」ではなく、ことさらに「女性」をつけるのか?
例えば、石原慎太郎氏を、この人物は「大変素晴らしい男性の知事さん」と称賛するのか? (ひどい例えじゃ)
実に無邪気な、無徴の位置からの発言である。
 これが自民党の「総務会長」であるそうな。

 なお、この発言を除いても、たいがいな発言をしているので、一応。

「戦後教育は、日教組の方々のおかげでめちゃくちゃになった」
(中略)
「万一、次の衆院選で自民党が負ければ、日教組出身の文部(科学)大臣が生まれる可能性が大いにある。そんなことをさせたら、国旗も国歌もなくなってしまう」


笹川尭氏は御自身の公式ホームページによると1935年生まれ、なるほど「めちゃくちゃになった」戦後教育を受けておられるのではなかろうか。
ことほどさように、日教組とは実に恐ろしい組織のようである(棒)


 さて、笹川氏の公式ホームページを訪問したついでに、ふと見ると、夫婦別姓法案にも関わっておられるようなので、驚いた。これだけ女性差別発言の多い人物なのにと、興味を持つ。

 コンテンツを覗いてみると、なんでも、平成14年7月16日に発足した超党派でメンバーが70名を超える『例外的に夫婦の別姓を実現させる会』の会長に就任されているそうである。
政策 夫婦別姓』より

 本来ならば、結婚した二人が男性の姓を名乗ろうが女性の姓を名乗ろうが夫婦間のことで政治が介入したり制度を導入すること自体おかしなことであると私は思います。しかし今後、少子化が進むにつれ、『一人っ子』の家庭が増えれば、先祖を守るという子孫に課せられた役割に、不合理が生じてくる可能性もあります。
(中略)
 『男女共同参画社会』の考え方への急激な反発が強まっている昨今、婚姻制度や家族観に直接触れる『夫婦別姓』は、とりわけ強烈な拒否反応にさらされる問題であると思います。『家族崩壊が進む』『家族の一体感を失う』という反対論は根強いですがしかし、現在のそしてこれからの『家族』とは何なのか。今あらためて『家族』の在り方を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。そして、私の考える『男女共同参画社会の創造』には『夫婦別姓』も必要な制度であろうと考えています。

驚くのも妙だが、妥当な意見でないとは読めない。

 だがしかし、続く文章で、疑問符が発生した。

 しかしながら、だれにでも『夫婦別姓』を許してしまう内容の法案であれば、意図するところとは別の方向に向かってしまう可能性もあります。そのため、私たちの提出した法案は、家庭裁判所の許可を受けた夫婦にだけ『例外的』措置として認める内容になっております。

…だれにでもは「夫婦別姓」は許さない?
別姓希望に限り、家庭裁判所の許可が必要?
例外的(^^;?

 そして、このページの最後の方に「例外的」の説明があった。「例外的」部分を抜き出してみよう。

1、別氏夫婦の氏と子の氏の定めについて
・例外的夫婦別氏制度試案では、夫婦の氏については同氏を原則とし別氏を例外とすることを本文とただし書きという形式で明らかにするとしています。ただし、子の氏については同様です。

2、同氏夫婦と別氏夫婦との間の転換について
・例外的夫婦別氏制度試案では、別氏夫婦から同氏夫婦への転換は認めるがその逆は認められません。

3、別氏夫婦の子の氏について・4、別氏夫婦の子の氏の変更について・5、経過措置について
(選択的と例外的が同じなので略)

別姓夫婦には、わざわざ「ただし書き」までつけて、「例外」であるとの「徴」が伴って、特殊であると明示する。そして、同姓であった夫婦が別姓に選択し直すことは認めない。どうやら、例外的夫婦別姓法案とは、同姓夫婦と別姓夫婦を差別的に取り扱う法案のようだ。

 やはり、目くじらを立てようと意欲に駆られる発言を再三繰り返す方が会長をしているだけのことはあった、というオチであった。こういう法案に関わり女性の市長を女性市長として称揚している、この人物は、恐らく、御自身を男女平等の意識をもっていると自認しているのだろうな、とは推測できる。
 まぁ、よくいるタイプだとは思う。
スポンサーサイト
[ 2009/03/07 17:44 ] ジェンダー関連? | TB(1) | CM(15)

   No. 5729

>やっぱり、ちょっとあまり上品ではないと思います

これ、ニュースを見た瞬間に同時にいくつものツッコミが頭に浮かんでしまって、かえってなにか言う気をなくしてしまいました。自民党の女性議員がどう反応するのか、興味深いですね。
[ 2009/03/07 20:28 ] -[ 編集 ]

簡単明瞭   No. 5730

BAKAの四文字でかたがつく人なんじゃない?
[ 2009/03/07 22:06 ] qmJEmYps[ 編集 ]

   No. 5733

>Apemanさん
>かえってなにか言う気をなくして
<
 それが魂胆かも…。そして、社会はああいう発言を容認していると、言い出すかもしれません。自民党女性議員は、姫井議員のことだからと、シカトするかもですね。



>kuronekoさん

 アルファベットで全部大文字なのが、コツ?
[ 2009/03/08 10:58 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

どんだけバカなんだ?   No. 5735

底なしか?
底なしのバカなのか!?
[ 2009/03/08 15:19 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

日教組ってこわーい   No. 5736

その、底なしのバカな発言が再三ある人物が総務会長をやっている政権与党の国が、どこかにあるらしいです。困ったもんで。




…orz
[ 2009/03/08 15:37 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

例外的夫婦別氏制度   No. 5737

トラックバック、ありがとうございます。

>例外的夫婦別氏制度

これは、わたしは、事情を知っていますよ。
西川京子氏という、みかん箱の強固な(笑)反対派が、
「家裁の認可があれば賛成できる」と言ったのが発端らしいです。
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/against/court.html
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/court1.html

これを聞いた推進派たち、「家裁認可制なら、賛成するのだな」と、
思って作ったのが、リンク先の議連と「例外制法案」です。

このころは、推進派がどんな譲歩をしても、
反対派がすこしも妥協しないので、「妥協できる」という条件があれば、
なんにでも飛びつかざるを得ない状況だったのでしょう。
だから、「例外制法案」に関しては、「反対派対策」のためであり、
笹川氏の感性というわけでは、たぶんないんだろうと思います。
[ 2009/03/08 16:08 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

本文前半について。   No. 5738

笹川氏は確か「産む機械」発言の際、時の厚生労働相に対して、
確か「早く楽におなりなさい」と言っていたように記憶している。
責任追求の意味合いがあるのか、とりあえず一旦引っ込んでおとなしくしていたほうが良い、という意味合いなのか、どちらにも解釈できる。

それはともかく、断定的なことは言えませんが、多分私も含め多くの男の人にとっては、
『「個人」の能力よりも、女という「カテゴリー」に重きを置く。』ことは別に『「女性蔑視」または「女性軽視」』だとは思わないのではないか。
一連の発言、ポーズのエコフェミ男の如く「賢く」振舞うよりも案外、素直でよろしいと思います。

と、言いますのも、小渕少子化担当相に対しての発言なども、裏を返せば、現状の政権与党には、医療・保育・教育などの前線で起こっている諸問題を精査する能力が無い(または著しく乏しい)と言っているに等しい事でしょうし、解りやすいです。
[ 2009/03/09 11:33 ] -[ 編集 ]

   No. 5739

>たんぽぽさん
>強固な(笑)反対派が、「家裁の認可があれば賛成できる」と言ったのが発端
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/against/court.html
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/court1.html
<
 …御教授ありがとうございます。リンク先記事の行間から、たんぽぽさんによる、この「例外制法案」への評価が滲み出ているようです。
こんな別姓法案でいいの?本当に?と混乱しそうでしたが、そこまで譲歩しないといけないほど反対は強固なんですね。

 ちょっと興味を持って、笹川氏のご家族をチェックしてしまいましたが、配偶者の方は故人でいらして、息子さんが5人とか。http://www.e-sasagawa.com/profile.html
 選んだわけではないであろう境遇とはいえ、他人事でしか考えようのない境遇にいらっしゃるのは確かですね。
 この法案に疑問なり違和感をもつ感性を期待する方が無理なのだろうとは思います。



>札幌運転所隣人さん
>私も含め多くの男の人にとっては、
『「個人」の能力よりも、女という「カテゴリー」に重きを置く。』ことは別に『「女性蔑視」または「女性軽視」』だとは思わないのではないか。
一連の発言、ポーズのエコフェミ男の如く「賢く」振舞うよりも案外、素直でよろしいと思います。
<
 最後のセンテンスに重点を置いて書かれたコメントかとは思いますが、「私も含め」と書かれた以上は、看過できかねます。

 “『「個人」の能力よりも、女という「カテゴリー」に重きを置く。』ことは別に『「女性蔑視」または「女性軽視」』だとは思わない”発想を是認していない、という含意の上でのコメントでしょうか?
[ 2009/03/09 19:01 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

補足。   No. 5741

まず、小渕少子化担当相に対する発言の件について。
性差別を含む発言であるに留まらず、これはプロのいち政治家にたいして無礼どころの騒ぎではない。
差別は人格の否定であることの証左でしょう。
尚更のこと、下手にマスクされるより素直でよろしいと思う。
似たようなことは社会には沢山あって、例えば「家庭を持って(または子供ができて)一人前」という考などは、今でも現役なのではないか。

次に、私も含めて、について。
是認する気はないが、如何せん染み付いてしまっている可能性は十二分にある。頭では百も承知、二百も合点のつもりだが。
ちょっと記事本論から反れますが、例えば職場などで40代~50代で独身の方が身近にいたとすると、やっぱりどうしても「この人、なにか私生活にトラブルでも?」とチラッと考えてしまいますもの。
よって、「私も含めて」。

以上です。
[ 2009/03/09 22:41 ] -[ 編集 ]

   No. 5743

>札幌運転所隣人さん

了解しました。
補足の労をお取り下さったことに感謝します。
ありがとうございました。
[ 2009/03/10 12:43 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

家裁認可制   No. 5746

わたしのページは、読んでくださってありがとうございます。

>リンク先記事の行間から、たんぽぽさんによる、
>この「例外制法案」への評価が滲み出ているようです。

ありがとうございます。(なのかな?(笑))
わたしも、含蓄のある(?)文章が、書けるようになったのかな?(笑)

「家裁案」が発表されたときは、賛否両論でした。
反対の理由は、言うまでもないと思います。
賛成の理由は、不完全でも部分的でも、ぜんぜん認められないよりまし、
というものでした。

ネットの市民団体の人たちは、みんな「家裁案」に賛成して、
その方針で活動を続けていたけれど。


>笹川氏のご家族をチェックしてしまいましたが、
>配偶者の方は故人でいらして、息子さんが5人とか。

笹川尭氏の家族構成は、わたしも知らなかったです。
(というか、調べなかったです。)

選択別姓なんて関係ない立場なのに、なんで推進派の議連の会長なのか、
(関係ないからだめ、ということはないけれど)
この人選はいささか「?」ですね。
04年の法務部会は、ふつうにまともに働いていたみたいけれど。
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/mind.html
[ 2009/03/11 00:33 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5747

>たんぽぽさん
>「家裁案」
>賛成の理由は、不完全でも部分的でも、ぜんぜん認められないよりまし、
<
 そういう発想はあろうかとは思いますし、反対派の強固さはご紹介いただいたページで唖然としてしまいましたが、不完全なり部分的なものが認められてしまうと、それ以上へ動かなくなりそうな危惧もあるように思えますね。

 ところで、たんぽぽさん作製のコンテンツ(http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/mind.html)で『少子化対策が叫ばれているご時勢に、「夫婦別姓を女は(改行)子どもを産まなくていい」などと吐く』とあって、意味がよく解らなかったのですが、こちら(http://fb-hint.hp.infoseek.co.jp/comment04.htm)の『以前から「夫婦別姓を望むような夫婦は子供など産まなくていい」という声は数多く聞かれました』が元なんですよね、多分。


>笹川尭氏の家族構成は、わたしも知らなかったです。
<
 我ながら悪趣味とは思ったのですが(^^;、野田聖子氏なら法案成立の後に法律婚をするのだろうけど、笹川氏はどうするのだろう? おそらく既に法律婚をされているだろうし、配偶者の方が改姓している可能性が高そうだし、「家裁案」だと既に同姓だと別姓にはなれないから、ペーパー離婚でもするのかな?と考えて、まずはご家族の構成を知りたいなと思ったのですが(^^; まさか、お子様も全員男性だとは。


>04年の法務部会は、ふつうにまともに働いていたみたいけれど。
<
 周囲に良くいるタイプの男性達の行動からの想像になってしまいますけど、御自身では女性蔑視しているとは全然思ってらっしゃらないし、女性の理解者的な自負もおもちなんじゃないでしょうか。市長さんを「女性」(でも)市長として褒めてみたり…の行動が共通項。
 女性でも評価する対象はいる、けど、評価する対象としてカテゴライズされていない女性が相手だと、小娘(?)相手に頭が下げられないようなタイプ。リアルで遭遇なさいません?(笑


 ところで、例によってお疲れ様です。最初のコメント冒頭1行目から理解として誤解を提示してからはじまる意見に丁寧に対応なんて、私にはとてもできそうにありません。
「私にはそう見えました」に基づく見解を、批判と考える人もいらっしゃるということでしょうか。御自身が遭遇された(らしい)極端な一例を一般化してらっしゃる様子に驚きますが、それを、たんぽぽさんの個別ケースを適応できるとお考えの様子(でなければ持ち出す必要はありませんから)にさらに驚きます。本当にお疲れ様です。ご無理のない程度に。
[ 2009/03/11 17:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

笹川尭、法務部会   No. 5751

>『以前から「夫婦別姓を望むような夫婦は子供など産まなくていい」
>という声は数多く聞かれました』が元なんですよね、多分。

ご指摘ありがとうございます。そうです、おっしゃる通りです。
書き直したので、これでわかるかと思います。
(このくだり、ぐちゃぐちゃでしたね。(苦笑))
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/mind.html


>>笹川尭氏の家族構成は、わたしも知らなかったです。
>我ながら悪趣味とは思ったのですが

いや、家族構成って、結構大事だと思いますよ。
ご本人がウェブで書いているのですし、かまわないでしょう。

笹川尭氏の父は、あの船舶振興会の笹川良一ですから、
養子になって苗字が変わった、ということもないですね。
(14人もいるとか言ってた、お孫さんはどうなのかな...?)


>周囲に良くいるタイプの男性達の行動からの想像になってしまいますけど、

結局、やっぱり、それになっちゃうのかな?(悲)
(可能性はじゅうぶんあると思うけれど。)

>リアルで遭遇なさいません?(笑

エンカウント率は、最近の1年ちょっとで、
インターネットのほうが、はるかに高くなりました。(悲)
[ 2009/03/11 23:26 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5752

>ところで、例によってお疲れ様です。

ああ、いえいえ。
ご本人が、血相変えて出てくることは、想定の範囲内でしたから。

>最初のコメント冒頭1行目から理解として誤解を提示してからはじまる意見

とうとう正体を現わした、という感じですね。
意見と感情の区別がつかないとか、印象だけでものを言うとか、
わたしの批判のしかたばかり問題にするとか、
自分の意見をわたしが聞かないときも、わたしのせいにするとか、
典型的な「あちら側」の精神・思考構造ですからね...

ご本人は、もともと中立で、わたしから自分を敵に回したと、
言うんでしょうけど、あれはきっと、はじめから反たんぽぽで、
かぶっていた猫がはがれただけだと思います。


>御自身が遭遇された(らしい)極端な一例を
>一般化してらっしゃる様子に驚きますが、
>それを、たんぽぽさんの個別ケースを適応できるとお考えの様子

にわかには信じがたいですが、本当にそうなのかもしれないです。
ご本人の回答を待ちたいところだけど。

性被害者を「マイノリティ」などと言っているあたり、
ご自分のせまい見識がすべてのように、思っているフシはありますね。
[ 2009/03/11 23:29 ] ZiqE0vWU[ 編集 ]

   No. 5755

>たんぽぽさん
>http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/movement/mind.html
<
 お疲れ様です。参照する資料として貴重なものだけに、ちょっとしたミスを惜しく感じてしまいまして(^^;


>笹川尭氏の父は、あの船舶振興会の笹川良一ですから、養子になって苗字が変わった、ということもないですね。
(14人もいるとか言ってた、お孫さんはどうなのかな...?)
<
 少ない可能性として、配偶者の方の旧姓も「笹川」氏という線も有り得るかと思いましたが、そこまでは調べられませんでした。14人もいるお孫さんが全員女性という可能性も低いでしょうね。
やはり、自分の問題として考えられる境遇にはいらっしゃらないような。


>エンカウント率は、最近の1年ちょっとで、
>インターネットのほうが、はるかに高くなりました。(悲)
<
 ネットにも多いですね、確かに。そういう方が、別の事態においては、ジェンダーの関連した問題に理解のある発言をなさっていると、なんとも言えない気分になります。



>ご本人が、血相変えて出て
<
 確かに、そういう表現がぴったりの、他人事ながらもうちょっと整理して書けばよさげなコメントが続きますね。飛躍が多くて論旨が読み取りづらい文章なのは、反論しづらくする手段として採用しているのかと思ってしまいます。
「セクハラ攻撃」や「運営を圧迫する手段」って、批判の範疇に入るのですかねぇ???


>わたしの批判のしかたばかり問題にするとか、
>自分の意見をわたしが聞かないときも、わたしのせいにするとか、
<
 受け容れられる批判の方法を御自身で実践していただけたら、説得力が感じられるのですが。あちらこちらで、たんぽぽさんだけに「べき」を説く方ばかりで。


>ご本人の回答を待ちたいところだけど。
<
 回答がでているようですが、主張の要点がよく解りません。御自身が披露する事例に基づいての見解に、「大衆」がでてくるとはすごいですね。
[ 2009/03/12 18:38 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/630-262e0a74


笹川氏の発言がトンデモなのは、女性問題に限ったことではないらしい

「かめ?」におきまして、こんなんやら、こんなんで、問題視してきた笹川氏。 碧猫さんもこんなエントリーで、思いきり問題視しておりました。 で、この女性蔑視発言の宝庫・笹川氏なんだが 問題発言をするのは女性問題に限ったことではないらしい。 朝、新聞を...
[2009/03/15 14:26] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。