スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プリオン欠損牛の謎 

またまた元ネタがgegengaさんところので恐縮なんだけど、アメリカと日本(キリンビール)との共同研究で、プリオンそのものを欠損させた牛が作られたそうな。
報道は2007/1/3付けだが、発表論文そのものは2006/12/31付けであるようだ。

これがその報道のウィンドウのスクリーンショット。
ヤフー記事

元論文はNature Biotechnologyのletterで「Production of cattle lacking prion protein
論文内容は(以下、あまりまじめに読んでいないのと、プリオン関係の情報を常に読んでいる訳ではない為の背景情報欠損故の読み違えの可能性はあります、念のため)、プリオン欠損牛ができたよーんというのと、本当にプリオンがないよーんというのと、プリオン無いけど20ヶ月齢を超えても全然元気だよーんという内容(←とんでもなく大雑把な要約)。プリオンがないよーというデータで、 RT-PCR(mRNAの検出方法)やwestern blot analysis(タンパクの検出方法)での結果が示されたり、元気だよーという内容で脳組織にスポンジ状空砲がない事を示す組織切片が示されたりしている。

また、脳組織の磨り潰しに異常プリオンを混ぜても異常プリオンが増えない事がin vitro(いわゆる試験管レベル)で確認されたそうだ。また、マウスの場合でプリオン欠損ネズミのT-cell関係の免疫機能がちょっと影響を受けていたのと概日リズムの乱れがあったらしいのだが、プリオン欠損牛の場合はそんなことはなかったとのこと。
こんなにどれもこれも、全然問題なし!な結果を出されるとホントかよーと思ってしまうが、まーそれは今後、同分野の人たちがチェック入れる事でしょう。

内容的にちょっと意外だったのは、牛のES細胞(胚性幹細胞)ってできてたっけ~?と思った前提があったんだけど、このウッシー達は繊維芽細胞からの体細胞クローンだとのこと。
ああ、なるほど、その手があったか。そうすればES細胞いらないね。
そして、donor(細胞提供者)は雄のホルスタインだとか。
85個の胚を、70匹の雌牛に移植して、12匹の仔牛を得たらしいのだけど、、、その子牛達がこちら。
プリオン欠損ホル


…ん?
報道の画像を再度示しましょう。
ヤフー記事

…ん?
こいつ、ホルじゃないぞ。

偽物アップ

…んー。
キミは関係者じゃないのか。
なんで、無関係牛の画像を示すんだろう。
今回見つけた情報でもっとも大きな謎だ。

最先端の研究発表相手に、なんてくだらないツッコミを入れているんだか。。。
スポンサーサイト
[ 2007/01/08 17:25 ] 小ネタ | TB(0) | CM(3)

確かにホルスタインじゃないね,この写真   No. 362

そいえば,in vivo での話が出てないところを見ると,あくまで「旗振り」ってやつかな,これ。

# キリンビールだから,やりかねない。(^^;)

あともう一つツッコむと,prion protein があくまで脳組織だけで,脊髄など他の神経系まで感染するか否かまでが,この letter では分からないことだな。
[ 2007/01/08 20:16 ] HfMzn2gY[ 編集 ]

ジャージー種でもない   No. 363

・・・ってことしかわかんねぇだよ、おらには(泣)
[ 2007/01/08 22:55 ] -[ 編集 ]

ジャージー君ったら有名だったんだ   No. 366

>kaetzchenさん

この牛さん、自前のプリオンをもっていなくても、外因性の異常プリオンをたんまり経口摂取させた場合に吸収されて、親和性のある神経組織に沈着して蓄積した~なんて事になったらシャレにならないでしょうねぇ。
アメリカさんのノリだと、プリオン欠損だからおっけぇ~、みたいなノリで、へたり牛由来の肉骨粉をたらふく食べさせかねない様な悪寒がするんですが。。。クローンうっしーが12匹しかいないから、そうそうホイホイin vivoができないのかもしれませんが。

>gegengaさん

いやぁ、ジャージーじゃないってお解りなだけでも、おお、意外とジャージー君って知名度あったのねと思ってしまいましたよ。
ってか、この子はガンジーでもないし、黒毛和種でも赤毛和種でも短角和種でもないと思います。要するに、日本で生産されている牛の顔じゃないですね。強いて言えば、ヘレフォードに近縁の品種かな、というか、多分、アメリカの肉用牛だと見ているんですけど。
で、ここでふと思ったんですけど、このニュースの画像がいかにも「乳牛!」な画像だと、受ける印象って変わってくるのかな?と。日本人が見ればよく見る乳牛の顔じゃないな、だけですが、アメリカ人が見ると「お、肉牛♪」な顔だとすると、これって何かのイメージ操作?と考えるのは深読みのしすぎですかねぇ。
[ 2007/01/09 20:19 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/63-9865e3c4














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。