スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南京大虐殺記念館所蔵写真展示を理由に、名古屋市が南京交流市民イベント後援取り消し 

 帯広市が『「わたしたちと日本軍『慰安婦』問題」』と題した「慰安婦」被害者の証言を聞く集会の後援依頼を断ったことが思い出される。

 妙な話だ。当初、このエントリは魚拓保存だけのつもりだったのに、思わず力が入ってしまった。

中日新聞 2009年2月8日 朝刊で
南京交流市民イベント 名古屋市が後援取り消し
 昨年12月が名古屋市と中国南京市との友好都市提携30周年だったそうで、3/24-29に、「アジア・ボランティア・ネットワーク東海日中友好協会愛知県連合会など日中の交流事業に取り組んできた団体や市民ら」が交流イベントを企画しているそうだ。その交流イベントに、名古屋市は一旦「後援」を決めておきながら、許可を取り消しており、その理由が「会場で南京大虐殺記念館所蔵の写真を展示すること」だという。この「後援」、もともと、費用補助などの具体的な支援無しの「お墨付き」レベルのものだそうで、それだけに返ってなんだそりゃ?な感想は強まる。

 記念館の写真の一部については、政府が「事実関係に強い疑義が提起されているものが含まれている」との見解を示している。主催者側が提出した事業計画書には記念館の資料を展示する旨を明記していたが、市は「写真が含まれていると思わなかった。審査が不十分だった」と釈明している。
(中略)
 同市国際交流課によると、準備会は昨年11月、名古屋市に後援申請し、3週間後に許可を受けた。市はその後、イベント予告の新聞記事などで写真展示があることに気付き、記念館についての政府見解を衆院のホームページで確認。外務省などに問い合わせしないまま、「市が後援することで、事実関係に疑義がある写真について、真実であると政府見解と異なる誤解を市民に与える恐れがある」として、12月中旬に取り消した。

 準備会事務局の森賢一さんは「展示内容は市と協議して決めると伝えてある。後援の取り消しは一方的すぎる」と撤回を求めている。

中日新聞の記事では、注釈として南京大虐殺記念館の説明を付しており

敷地内の壁には中国側が主張する犠牲者数「30万人」が刻印されているが日中間では犠牲者数をめぐっても争いがある。日本の上海総領事は昨年1月「事実関係に疑義のある展示がある」として南京市政府に展示内容の見直しを求めた。だが、どの展示に、どのような疑義があるか日本政府は具体的に明らかにしていない。

とある。「Apes! Not Monkeys! はてな別館」さんの08年1月17日付エントリ;「南京大虐殺記念館の展示について上海日本総領事館が抗議」では、各社が報じているが申し入れの具体的文言などの詳細不明とある(続報は見つけられなかった)。。。

…?
 「記念館についての政府見解を衆院のホームページで確認」って、どんな見解が出ているのだろうと疑問をもったので、衆議院ホームページ内で「中国南京大虐殺記念館」をキーワードにググってみた。私が検索した時点で、ヒットは以下の11件。
1,第166回国会 2193 中国南京大虐殺記念館の向井・野田両少尉の写真撤去 ...
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1662193.htm
2,いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a164335.htm
3,衆議院議員河村たかし君提出いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問 ...
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b164335.htm
4,第166回国会 請願の一覧
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/166_l.htm
5,外務委員会の動き
 「中国政府から「南京大虐殺記念館」の世界遺産登録への申請がなされた場合の日本政府の対応」
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Ugoki/gaimu16620070425008_f.htm
6,第166回国会 外務委員会 第19号(平成19年7月5日(木曜日))
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000516620070705019.htm
7,第166回国会 外務委員会 第15号(平成19年5月25日(金曜日))
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000516620070525015.htm
8,第166回国会 内閣委員会 第18号(平成19年5月11日(金曜日))
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000216620070511018.htm
9,第166回国会 内閣委員会 第2号(平成19年2月21日(水曜日))
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000216620070221002.htm
10,第165回国会 内閣委員会 第3号(平成18年10月27日(金曜日))
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000216520061027003.htm
11,第169回国会 国土交通委員会 第13号(平成20年4月18日(金曜日))
 「温泉へ来て泊まってください、食べるのは中国の人であれば神戸の南京街で夕食を食べて、そ」
  http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/009916920080418013.htm

 名古屋市が参照した情報は具体的には分からないので、上記の検索結果とは別の可能性はある。しかし、そのものの情報が分からないので、これらをひとまず検討する。
5は質疑を行ったと書いてあるだけ、11はみるからに関係ない。一見、検索結果が結構あるように見えるが、ほとんどは戸井田議員や松原仁議員ら自爆史観系議員のアクションではないか。たしかに、中には第166回国会、つまり平成19年5月の議事録に伊原・外務省大臣官房参事官*が「私どもの在外公館員が視察をして、おかしいもの、明らかに間違っていると思われるもの、そういったものがございます」と答弁があり、『「記念館」において展示されている写真については、「記念館」に対し、写真パネルで用いられている写真の中に、事実関係に強い疑義が提起されているものが含まれている旨を指摘』しているとの平成十八年六月二十二日付の小泉純一郎総理大臣(当時)の答弁もある。
 だがそれらを含め、新しいものでも2007年7月の話だ。

 南京大虐殺記念館は2007年12月にリニューアルオープンしており、リニューアルオープンした後の展示写真について、2008/12/19に産経新聞が疑問の余地のある写真撤去報道を出した際に、記念館の朱成山館長が

記念館新館はこの3枚を展示したことはなく、新館開館以来一枚の写真も撤去していないので、日本外務省が中国側に伝えて写真を取り除いたという事実は、元から存在しないとも語った。新館に陳列されている3500枚の写真は、中国社会科学院、江蘇省社会科学院、北京大学、南京大学、南京師範大学などの学術機関で、数十人の専門家による論証を繰り返し受けたものであり、日本の専門家にも全ての写真の考証を依頼しており、一枚一枚全て、歴史の事実に即したものだ

と述べている。ちなみに、日本政府による「南京大虐殺」そのものへの公式見解は「千九百三十七年の旧日本軍による南京入城後、非戦闘員の殺害又は略奪行為等があったことは否定できないと考えている」
 疑念を呈する意見のどれにしても、「疑義を呈されている写真が含まれている」だ。わざわざ日本に出展する写真に、数ある資料から、よりによって疑義のある物を使うとは考えにくい。

 名古屋市の振る舞いは、30年も前から友好都市提携をしてきた南京市にとって、さぞかし印象が悪かろうし、友好関係を推進するものにはならないだろう。


* 2010/06/06、コメントでご指摘いただいて「井原・外務省大臣官房参事官」のタイポより修正。ご指摘ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2009/02/08 14:51 ] 自爆史観 | TB(0) | CM(6)

   No. 5639

情報提供ありがとうございます。これ、名古屋市が展示予定の写真を調査してその結果として具体的に「事実関係に疑義がある写真」だと判断した、というのであれば(その判断の当否を問うことは必要だとしても)まだわかるはなしです(他の事案についても神経質にファクトチェックをするのか? という疑問は残りますが)。しかしどうも漠然とした「事実関係に疑義がある写真があるらしい」という情報だけで中止を決めたようにも読めますね。もし後者だとすれば否定論者のキャンペーンが功を奏してしまっているわけで、看過できない事態ですね。
[ 2009/02/09 00:27 ] -[ 編集 ]

   No. 5640

>Apemanさん

報道に『準備会事務局の森賢一さんは「展示内容は市と協議して決めると伝えてある。』等とあるから後者の可能性は高そうですね。あと、「政府見解と異なる」云々のくだりも気になります。何も、コミンテルンの陰謀やらアメリカに嵌められて戦争に巻き込まれた被害者の日本、なんて集まりを、現役の自衛隊統合幕僚長が後援するなんて話じゃないのですから。
嬉野市や宝塚市や清瀬市や札幌市や沖縄県議会他だって、政府見解に異を唱える意見書を採択しているのに、このレベルの話で何故???と思っていたら。。。

…ある種の人達が、『【潰せ!】 反日サヨクが名古屋で南京虐殺記念館の資料を借り受け展示しようと画策! 』と呼びかけていたようです。
http://soumoukukki.at.webry.info/200812/article_3.html
http://soumoukukki.at.webry.info/200812/article_4.html
また、「名古屋国際センターの施設貸し出し」も潰そうとしたもののかなわず、現在は、催しの呼びかけ人や賛同者の方達へ、抗議攻勢を呼びかけているようです。
[ 2009/02/09 12:09 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5643

うーん、非常に不審な話ですねえ。先日東中野某の敗訴が確定したり、次の選挙では自民党がかなりやばいとかあるので、反転攻勢のためにも活動が活発になっているのでしょうか。

いずれにせよこれは要注目です。
[ 2009/02/11 23:21 ] -[ 編集 ]

   No. 5644

>Bill McCrearyさん

↑で貼ったURL先(パート1の方)では、「参考になるブログ紹介」として戦後責任ドットコムさんがあげたエントリの東中野氏の講演記録にリンク貼ってあるんですよ。
http://d.hatena.ne.jp/dotcom-sengo/20071124/1195913673
最後まで読めば、
『印象的なのは、東中野氏の主張が、より一層支離滅裂となって来たところです。』
『夏淑琴さん名誉毀損訴訟の地裁判決において、「被告東中野の原資料の解釈はおよそ妥当なものとは言い難く、学問研究の成果というには値しない」と断じられましたが、今回の講演で聞いた主張のほとんどは、「学問研究の成果というには値しない」ものだと言えるでしょう」ものだと言えるでしょう』
と、きっちり書いてあるんです。
他人事ながら、そんなん書いてあるエントリに誘導していいのかなと思ったりもしつつ…、東中野氏の敗訴は気にならないんですかねぇ。
…なんというか、耳に(目に)入らないんですねぇ。
[ 2009/02/12 00:13 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

typo   No. 7017

いまさらですが、「井原・外務省大臣官房参事官」は「伊原・外務省大臣官房参事官」です。
[ 2010/06/05 13:14 ] -[ 編集 ]

   No. 7020

ご指摘ありがとうございます。固有名詞の間違いはいけません。直しておきます。
[ 2010/06/06 08:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/615-e2017abe














無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。