スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガザ虐殺;「イスラエルの世論操作の手法」と擁護の一例 

 レイバーネットニュース記事;『ガザ情報:イスラエルの世論操作の手法』で「転送・転載歓迎」とあった「イスラエルのネゲブ・ベン・グーリオン大学政治学部教授ネヴ・ゴードンの論考の荒訳」が、大変気になる内容であったので頂いてきた。

 以下、改行は若干変更させていただいており、強調は当方にてさせていただいている。

 私の学生の一人が、昨日警察に捕まり、一夜を刑務所で過ごした。この学生Rの軽犯罪は、ガザに対するイスラエルの攻撃に反対してデモしたからだった。ガザに対するイスラエルの容赦ない戦争の始まりから監獄にぶち込まれた700人以上のイスラエル人に、彼は合流したわけだ。それらのうちの230人はまだ鉄格子の中にいると推測されている。イスラエルの文脈の中では、デモ参加者たちを弾圧し、抵抗の息の根を止めるこの戦略は、今までになかったもので、世界のメディアがそのことについて触れないのは、少々忌まわしいことだ。

 同時に、イスラエルのメディアは、戦争批判を現地のテレビでは一切しないという具合に、政府の方針の言いなりになっている。実際、状況は、ジャーナリストや司会者たちが、現在、軍のスポークスマンよりも戦争に対して批判的ではないという馬鹿げた状態になってしまった。あらゆる批判的な分析の不在によって、イスラエル人の78%、ユダヤ系イスラエル人の98%が戦争を支持していることは、驚くにあたらない。

 しかし、批判的な声を黙らせることは、世論の支持を得るための唯一の方法とは言えない。

 一つの支持は、論理的な見かけを持った論拠によって、作り出されるのだ。攻撃の後ろから戦争を支持するようにイスラエル人たちを説得するために、これらのメディア、軍と政府が用いている方法の一つは、ハマースに対して、倫理的な軍事行動をイスラエルがしていると主張することだ。アイヤル・ワイズマンのように、その論理は、彼の著作『HollowLand』で、的確さを持ってそれを観察されたように、自制の論理である。

 イスラエルのメディアは、イスラエルの自制について、軍隊がしえることと実際に彼らがしていることの落差について主張しながら、継続的に強調している。ここに、イスラエル人たちが現況について日毎に聞いている繰り返しの例をいくつか挙げよう。

1) イスラエルは、予告なしに、飛行機でパレスチナの家々を空爆できる。しかし、軍事担当者が、個人的に住民と、-少なくとも電話で-、攻撃の10分前には連絡を取り、彼らの家が破壊される時点にいることを通告している。言外に、イスラエル軍は、予告なしにも破壊できるのだ、しかし、人間の生命を尊重するから、それをしないのだ、と言わんばかりなのだ。
2) イスラエルは、壊滅的なミサイルを発射する数分前に、意地悪な爆弾 -家を本当には破壊しない- を使用している。ここでもまた、イスラエル軍はもっとパレスチナ人を殺すことができるが、それをしないことを選択しているのだということを見せようとしている。
3) イスラエルは、アル・シファ病院にハマースの指導者たちが避難していることを知っている。このことを言明しつつ、イスラエルは、その手段を持っているにもかかわらず、この医療センターを壊滅させるようなことはしないのだということを見せているのだ。
4) 人道危機のために、イスラエル軍は、一日に数時間ずつ、人道支援物資のトラックがガザ地区に入れるように、攻撃を停止している。
ここでもまた、イスラエル軍は、これらのガザへの搬入を禁止することもできる、というものだ。

 これらのライト・モチーフによってイスラエルが送っているメッセージは、ターゲットとしている聴視者によって、二つの異なった意味合いがある。

 パレスチナ人たちには、このメッセージは、明らかな脅迫のメッセージだ。
イスラエルの自制は、終了することもあり、いつも新しいエスカレートがあり得るのだということだ。イスラエル軍の現在の攻撃の殺人的能力がどうであれ、その考えは、パレスチナ住民に、暴力はもっと殺人的でもっと激しくすることもできるのだということを見せつつ、彼らを驚かすことだ。暴力が意味するもの、行使された暴力とこれからあり得る暴力は、常に危険な脅威であるということだ。

 イスラエル人たちには、メッセージは、倫理的次元である。イスラエル軍は、所有している暴力の巨大な兵器によって盲滅法に荒れ狂うことできるが、このような選択はしない、なぜなら、ハマースと違い、この軍隊は、人間の生命に対する価値を認識しているからだというものだ。

 この最後の引用は、イスラエル人たちにとって、かなりの反響を持っているように見える。しかしながら、それは、間違ったモラルに基づいている。我々は、もっと暴力的に振る舞うことができるが、自制を選択しているのだ、という事実は、どのような場合においても、モラルの次元ではない。イスラエル軍は、ガザ地区全体を壊滅することができるが、実際は、建物の15%しか壊していないという行動は、モラルの行動ではない。イスラエル軍が数千人の子供たちを殺すことができるが、300人「しか」殺さないのだと言う『強固になった鉛』作戦を少しも倫理的な作戦にはしないのだ。

 結局、この戦争のためのこれらの行動を支援するためにイスラエル政府が援用しているモラルは、むなしいことだ。だが、これらの行動は、現実には、今日の暴力の最初の源を見つめるというイスラエルの意志の欠如を明らかにしているのだ。それは、ハマースではなく、ガザ地区、西岸地区、東エルサレムの占領である。
 私の学生Rや他のイスラエルのデモ参加者たちは、この明らかな事実をよく理解しているように思える。彼らが表現することを妨げるために、イスラエルは、彼らを逮捕して、市民の自由を押しつぶしているのである。

…転載なので、とりわけ長くなってしまったが、特に気になるのは、「ハマースに対して、倫理的な軍事行動をイスラエルがしていると主張」する方向で、強調しているという言及。

 さて。
このところ、私の(ネット上の)立ち回り先では、白燐弾に関する情報が急速に集積されて行っている。

 軍事ジャーナリスト、神浦元彰氏による『日本軍事情報センター』の『メールにお返事』より、1月9日付「CNNが白燐爆弾と報じました」

届いたメール
(略)今朝放送されたCNN ニュースで、ガザ地区で使われた謎の爆弾が白燐爆弾だという専門家の見解が報じられました。(中略)これについて、イスラエルは発煙弾だと反論しています。(後略)

コメント
 以下のお返事は、以前、「あれは発煙弾です。対人焼夷弾(白燐弾)などというものではありません」というメールを頂いた方に対する反論です。おそらく多くの人が同じような誤解をされていると思って、今日はその「反論」を掲載します。

ーーーお返事(「反論)----
 日本では毎年夏に行われる富士の総合火力演習で、最後は戦車部隊が横一列に並んで、同時に、前方に発煙弾を発射して白い煙幕の壁を作る演出をやります。ですから多くの人が煙幕弾は空中に発射するものと誤解しています。(中略)
 本来の地上戦で使われる煙幕弾は、出来るだけ長時間・大量の煙幕を放出し続けるものが用途に合っています。煙幕は風に流されることを考量して着弾しています。煙幕弾を空中破裂させる必要はなく、空中破裂では煙幕がすぐに風に流されて煙効果が減少します。(攻撃目標を示すための発煙弾であっても、空中破裂させる必要はありません)

 ならば地上攻撃(砲撃)にりゅう弾を使用する方が白燐弾より効果があるといえます。りゅう弾は爆風や砲弾の破片で建物を壊したり、付近の兵士を殺傷する効果が大きいからです。しかしりゅう弾なら一般市民が生活する市街地では使えません。威力が大きすぎるからです。もし、ハマス専用の施設であれば、イスラエル軍は精密誘導爆弾や攻撃ヘリからの対地ロケット弾、あるいは砲兵のりゅう弾砲で破壊することは可能です。(実際に行っています)

 白燐弾は私が対人焼夷弾というように、建物を壊したり、地下を貫通する威力はありませんが、建物と建物の狭い路地などに隠れた人間を攻撃できます。それも石やコンクリートの建材で作られた建物なら、施設を壊すことなく攻撃するのが可能なのです。特に迫撃砲に白燐弾を使うと、その弾道(飛翔コース)の特性から、垂直に近い角度で落下し、空中爆発で狭い路地にいる者を白燐で焼き殺すことが可能になります。

 しかし上空の無人偵察機や偵察ヘリからは、兵士(戦闘員)と一般市民や避難民を区別することができません。

 神浦氏は、白燐弾を、「残忍兵器と私は考えています」「国際条約で禁止すべきと考えています」と評価している。
そして、1月12日付「白燐弾問題の偏見と対立」

届いたメール
(略)
 ちなみにウィキペディアの白燐弾の項目(略)の投稿者同士の編集のための議論のページ(ノートページ)が次のものですが、白燐弾が煙幕弾以上のものではないと信じている人たちが、この兵器の問題にどういうイメージを持っているかを知る手がかりが有る程度得られると思います。

コメント

 そうですか。そんな事情があったとは知りませんでした。いつも適正なアドバイスや情報をありがとうございます。

 しかし下段の写真を見てください。この雨のように降り注ぐ火炎の一つでも体に当たれば、白燐は衣類や皮膚を通過して体内で燃え続けます。単純な皮膚の火傷程度では済みません。この事実は偏見や誤解では問題を解決することができないと思います。

 それなら白燐弾の降り注ぐ屋外に出なければいいとの指摘は、戦闘で水道が断たれ、食糧が不足し、けが人などが出た場合には、生存のために屋外に出る以外の方法はありません。

 その点では市街地の白燐弾はナパーム弾より残忍と考えています。


 『kom’s log』16-01-2009付『白リンが皮膚に付着したときにおこること』より、

 白リン弾の人体に対する影響に関して、白リンの酸化反応で生じる煙がほぼ無害である、という記述ばかりが日本語では目立つ。2005年にファルージャで米軍が白リン弾を利用したときに、それが化学兵器か焼夷兵器か、はたまた単なる煙幕弾なのか、ということで激しい議論がおきたため、こうしたことになっているらしい(なお、米国政府は当時「化学兵器ではなく焼夷兵器としている)。
(中略)
わたしたちは煙の人体に対する影響よりも、白リンが住民の人体に接触したときにどのような損傷を与えるのか、ということを知る必要がある。(略)そこで以下に簡単に人体に対する損傷の過程を眺めてみる。

 白リン(P4)は空気に触れると常温(>摂氏30度)で酸化反応を開始し自然着火し、白い煙を上げる。摂氏44度が融点なので、空気に触れた表層部分の燃焼と共に熱で液状になった白リンはどろどろの飛沫になって皮膚にまとわりつく脂溶性なので水で洗い流すのは困難である。弱火にかけて溶けたラードを体に浴びることを想像すればよいのだが、より悪いことに、白リンは体温程度の温度で自然発火する物質である。水をかけることで鎮火するが、乾いた部分から再び自然発火する。容易な再着火と、熱による乾燥速度の上昇が相補的にはたらき、消火活動は難航する。皮膚はII度からIII度の火傷を受ける。

 一方、酸化反応の結果として生じる五酸化二リン(P4O10)は白い粉末状である。水と熱を発しながら反応し(脱水作用)リン酸になる。白リンの燃焼によって生じた五酸化二リンの一部は煙(アエロゾル)として空気中に飛散する。一部は皮膚に付着しつづける。後者は特に火傷によって露出した皮下組織と激しく反応し腐食を起こす。(略)皮膚に付着して燃焼を続け生じた火傷のその場所で同時に脱水による腐食が進行する。

 以上のことから白リン弾の投下によって不幸にも白リンを浴びた人間は煙幕弾としての効果だけではなく、
(a)対人焼夷兵器としての燃焼効果 [反応式1] および
(b)対人化学兵器としての腐食効果[反応式2]の被害を同時に受けることになる。

 全身症状は特徴的であるがなぞが多い。体表面積の10パーセント以上に白リンによる皮膚の損傷を受けると、火傷が生じた一時間後から低カルシウム血症と高リン血症がみられ、肝機能障害、突然死を引き起こす。(後略)

強調は引用者による、一部改行と一字下げも追加させていただいている。反応式も省略。

 『誰かの妄想・はてな版』2009-01-19付『白燐弾は化学兵器ではないと断言している人はちゃんと条約を読んでいないようだ。』より、前半部略で、

まとめると、こうなります。

1.白燐は、化学兵器禁止条約上の「毒性化学物質」に該当します。

2.白燐を用いた兵器を人に対して用いれば、名称の如何によらず、「化学兵器」に該当します。

3.白燐を用いた兵器が、「化学兵器」に該当しないのは、その焼夷効果が人を殺傷しない程度に弱めたか、あるいは人のいない場所に用いた場合のみ
です。
(中略)
白燐弾が実際に人口密集地で使用されている可能性が高い以上、その使用を国際法違反として非難するのは、国際人道法の精神に則れば当然のことです。それを根も葉もない誹謗だとするのなら、使用者側(米国やイスラエル)の方にこそ、白燐弾の殺傷力・その被害が大したものではないことを示す道義的な義務があるでしょうね。
(中略)
白燐弾が国際法上合法かどうかは、確定判決にあたるものが出されたことがないので現状ではグレーとしか言えません。しかし、白燐弾で殺された可能性の高い犠牲者が少なからずおり、その一方で白燐弾が無害であることを示す証拠は一切ない状況下で、当事者以外の第三者が、白燐弾を不法と主張するか、白燐弾は合法だと主張するか。

その選択は、その主張をする人の知識や理性を示すものではなく、人間性を示していると思います。

強調は引用者による。

 『模型とキャラ弁の日記』2009-01-18付『焼夷兵器禁止条約以降の「唯一の選択肢」としての白燐弾』より、

ガザにおいて国連の物資や車両がイスラエル軍の白燐弾によるものと思われる攻撃で焼き払われてしまいました。
事実なら、これは使用された白燐弾に十分な着火能力があることの証明というものでしょう。
(中略)
焼夷兵器の使用は1980年ジュネーブでの焼夷兵器禁止条約で制限されるようになり、各国で焼夷兵器が廃止されました。
焼夷兵器の条約違反な使用は明確に国際法違反を問われるのが現代社会です。

その中で煙幕兼焼夷兵器の白燐弾は煙幕弾として配備され、戦術的な理由などで焼夷兵器を使いたい場合、「代用焼夷兵器」として使われているわけです。(中略)煙幕兼焼夷兵器の白燐弾は「焼夷効果は付随的なもの」と主張することで「条約上の焼夷兵器」には該当しない「焼夷効果が付随的な焼夷兵器」として、焼夷兵器を使いたい場合の「唯一の選択肢」となり、そして、報道が事実なら、ガザでも現にそのように使われているということになります。(後略)


 共同通信(47ニュース経由)2009/01/20 09:14付『ガザでの白リン弾使用を確認 アムネスティ』より、

(略)アムネスティ・インターナショナルは19日、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザの住宅密集地で、激しい燃焼力で深刻なやけど被害をもたらす白リン砲弾を多く使用した確証を得たと発表、「戦争犯罪」に当たるとの声明を出した。

 アムネスティは兵器の専門家を含む調査団をガザに派遣。18日現在でまだ燃えている物体を含む砲弾の破片類を住宅地の広い範囲で発見した。(後略)



 非人道兵器の情報は、読むのは結構きつい。でも、このところ、ずっと、こういった白燐弾の情報や報道を追ってきた。
 そして、このエントリ最初に引用した「ネヴ・ゴードン教授の論考」の「ハマースに対して、倫理的な軍事行動をイスラエルがしていると主張」を読んだときに思った。
「白燐弾は煙幕として使用」という主張を積極的に支持する人達、、、人への被害を少なくする方向への条約や国際法の解釈を選ばない人達は、イスラエルの言い訳を擁護している結果をもたらしている訳だな、と。



 どうにもうまく要約できないけどリンクを貼りたかったので。
金光翔さんのブログで 2009-01-13 00:00付『佐藤優のイスラエル擁護に嫌悪感を抱かないリベラル・左派の気持ち悪さ

イスラエルの蛮行はエスカレートする一方であるが、ここで改めて、佐藤優のイスラエルに関する発言に注意を喚起しておこう。
(大幅に中略)
佐藤は、今回のイスラエルのガザ侵攻に関しても、イスラエル擁護の論陣を張り始めたようである。(略)
佐藤は、今後の自身の論壇での生き残りに不利になることは覚悟の上で、弁護の余地のない虐殺を行っているイスラエルを擁護している、と思われる。むしろ、イスラエルとの関係から、擁護しなければならないのだろう。(後略)

 アメリカとの同盟関係を推進したい立場の者は、イスラエル批判ができないという考察も、どこかで読んだのだけど、どこだったのか発掘に失敗(^^;
 そういえば、「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」の1/9付にも、西村眞悟衆議院議員によるイスラエル擁護の文章があったな。。。



 …投票結果が伸びてないので、リンクを貼ってみる。
ブログ「国際刑事裁判所(ICC)と日本」で「問10:イスラエル軍によるガザ地区攻撃に関して軍当局をICCに提訴すべきという提案があります。貴方はどう思いますか?
スポンサーサイト
ユーザータグ:  ガザ虐殺
[ 2009/01/20 20:00 ] 四方山話 | TB(2) | CM(3)

アムネスティの声明   No. 5591

後で読む。
http://www.amnesty.org/en/news-and-updates/news/israeli-armys-use-white-phosphorus-gaza-clear-undeniable-20090119

イスラエルが白燐弾を市街地で使ったとの19日付の声明。
[ 2009/01/20 23:35 ] -[ 編集 ]

   No. 5599

リンが燃えてできる白煙の成分、五酸化二リン(十酸化四リン)はさほど危険ではない、というのもどうやら<軍ヲタ>の宣伝でそれが結構浸透してたんですけど、それも国際赤十字談話の歪曲がばれたのに次いで、いまや崩れそうです。煙が発生しているところから数分のうちに立ち去れば問題なさそうですが、そこから立ち去ることができない消火活動の妨げには充分なるようです。
<軍ヲタ>リーダーJSF氏ttp://obiekt.seesaa.net/
白リン弾の煙の項ttp://obiekt.seesaa.net/article/112955335.html
国際赤十字談話の歪曲ttp://obiekt.seesaa.net/article/112762999.html
それぞれのコメ欄をご覧ください。

拙稿
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/881757/

[ 2009/01/22 12:05 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 5602

いつも御教授ありがとうございます。

obiekt.seesaa.netさんは、そちらのエントリで言及なさってたのとは別に、以前、何かの件で、紛糾してませんでしたっけ?
論議の的になっているところよりも、読んでおきたい情報がありますので、ちょっと、そちらまで、、、ましてやコメント欄を見る時間までは取れそうにありません(^^;

白燐弾って、イラクがクルドに使うと、話が変わるらしいですね。
[ 2009/01/22 19:43 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/604-3f3b9a60


白リン弾に対する赤十字国際委員会の見解

世界中でデマが、 日本中でデマが飛び回っているみたいだ。 それは、 「 赤十字国際委員会が白リン弾を合法 」だとして、その使用にお墨付きを与えた、 というものだ。 「Phosphorous weapons」と「 ICRC」の2つのキーワードで、Google検索してみるといい。 鬼の首を取っ
[2009/01/22 18:14] URL 安禅不必須山水

「ゆがんだフレーム」を壊せ!

米ニューヨーク市のマンハッタンのハドソン川に2009年1月15日午後(日本時間16日未明)、USエアウェイズ機(1549便)が墜落...
[2009/01/27 15:34] URL 東海林さだおがいいなぁ












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。