スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ま・た・産・経・か』タグ追加祝(推定)を受け取りました 

 猫まっしぐら(^^; …こほん、『ま・た・産・経・か』というタグを、つい一昨日追加したのだが、早速新たなエントリを追加できる運びとなった。「正論」に「八木秀次氏」、最強の取り合わせである。

 MSN産経 2009.1.14 02:40『【正論】高崎経済大学教授・八木秀次 村山談話に乗っ取られる日本
笑劇 衝撃のタイトルだけで笑いをとる高度な芸が、相変わらずだ(^^;
以下、強調している部分は引用者による。

 田母神俊雄前航空幕僚長の論文問題は、同氏が校長時代に設置した統合幕僚学校の「歴史観・国家観」講座の講師人選の見直しに発展している。この講座は自衛隊の幹部研修機関である同校の課外講座だが、講師の人選が保守派に偏っていると『しんぶん赤旗』などが執拗(しつよう)に問題にしていた。

…保守派だから問題なのではないのだが。。。
ちなみに、
この、「歴史観・国家観」講義の講師は、一人を除いて名前が公表されており、公表に同意しなかった1人は『〇五年度に「東京裁判」について講義した高崎経済大助教授(当時)』だと報じられているし(2008/11/22付『田母神問題、その後 』に情報有り)、2008年11月20日付「しんぶん赤旗」によると、問い合わせを受けた八木氏は否定しなかったそうである(参考;『dj19の日記』さんの2008-11-20付エントリ

 中略して、

 統幕学校の講師の人選ばかりではない。自衛隊の一般隊員に対する研修での外部講師の人選、その講義内容、防衛大学校での講義内容まで「村山談話」に沿っているかの点検作業が行われている。追及に熱心な左翼政党は組織を挙げて自衛隊関係のあらゆる雑誌・新聞の執筆者の人選、執筆内容の洗い直しを行っているという。

 防衛省・自衛隊は「村山談話」に乗っ取られようとしているのであるが、果たしてこれで自衛隊員の士気は保たれるだろうか。

「している」と、言い切った(笑)
…村山談話なんて、つい最近まで忘れてたんじゃないのかなぁ(^^;
サンフランシスコ講和条約とかも、思い出した方がいいのではないだろうか。。。

 そして、田母神前幕僚長からにしても八木氏からにしても、そうそうすぐに士気が下がるのを危惧されてしまうと、自衛官の皆様が不快に思わないかと、こっちが心配になってしまう。
 中略して、

 私が懸念するのは公教育にこの余波が及ぶことだ。2年前に教育基本法が改正され、「教育の目標」として「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する…態度を養うこと」が新たに規定された。これに伴い、昨年3月、不十分ではあるが、学習指導要領も改定された。

 しかし、「村山談話」が政府機関を縛るということになれば、公教育における歴史教育は「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」と教えなければならなくなる。当然、教科書検定にも反映されるだろう。

「態度を養う」の前の「…」は原文ままである。何か言いたいことがあるらしい。
 2007年版教育基本法には異論があるが、それはともかく。
 日本が国策を誤った過去があったところで、それが何故、「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養う」のに不都合があるのか、理由は謎である。現在の日本は、国策を誤った過去を反省した、国民の言論の自由もある、世界に胸を張れる平和国家だろう。
 …まさか、「国策を誤り、戦争への道を歩」むのが、この国の伝統や文化と言いたいわけでもあるまいに。

 この類推でいけば、「村山談話」が維持される限り、近い将来、憲法が改正され、自衛隊が憲法上に正当に位置付けられたとしても、自衛隊は「村山談話」に沿った存在でしかない。「普通の国」の軍隊とは程遠いものにしかならないだろう。「村山談話」が憲法改正を相対化させるという構図である。

…何を問題視しているのかが、大変分かり難い文章である。
国策を誤った過去を反省して是正し、アジア諸国や他の国に多大の損害と苦痛を与えない事を方針とする自衛隊に、何か問題があるのだろうか?
 「国策を誤」って「戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ」るのが、「普通の国」の軍隊なのだろうか? そんなん、いらんのだが。

 ≪「建前」が憲法より上に≫

 「村山談話」だけではない。我が国には特定の勢力にとって極めて都合のいい「建前」がある。いわゆる従軍慰安婦についての「河野談話」、教科書検定の「近隣諸国条項」、「児童の権利条約」、「男女共同参画社会基本法」などがその典型だが、彼らはそれらを前面に押し立てて主張を展開する。
(中略)
 このような「建前」が存在する限り、教育基本法を改正し、憲法を改正しても、それらは何れも「建前」に服するものでしかない。奇妙なことだが、これらの「建前」が憲法にも教育基本法にも優位し、形骸化させるのである。


 ツッコミどころは多々あるが、ここでは、この一点を。
「男女共同参画社会基本法」を憲法に優位な建前呼ばわりするこの人物は、憲法24条の存在を知っているのだろうか?。

 なお、この文章では、なんだか、

「村山談話」が憲法改正を相対化させるという構図

では、その解決策は、ということになるが、「建前」自体の相対化以外になかろう

と、「相対化」が八木氏のブームとなったのだろうか、と、邪推したくなるものだった。

 もしかして、ポモ?


参考;
産経と言えば『黙然日記』さん、の、2009-01-14付『産経「正論」泥まみれ。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  『ま・た・産・経・か』
[ 2009/01/15 00:00 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(6)

朝から大笑い   No. 5576

させていただきましたよ、私も。

最近、あまりのバカらしさに取り上げていなかったのですが、大月隆寛の「断」も続けざまにスゴイですよ。
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081205/acd0812050331002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081217/acd0812170302002-n1.htm
このあたりの連作とか。
[ 2009/01/14 17:22 ] Tk1SCyj2[ 編集 ]

まっしぐら…(^^;   No. 5577

目に付いてしまうと、つい(^^;
このメディア、聞くところによると、報道機関でしたっけ?
iPhoneで読めるそうですね、この「新聞」(注;カギ括弧付き)。私の知っているiPhoneの方達も、さぞかしお喜びになっていることでしょう(嘘)。


大月隆寛氏の、はてなブクマDisり大会は、17日分に、私も参加したところでした。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081205/acd0812050331002-n1.htm
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081217/acd0812170302002-n1.htm
[ 2009/01/14 17:29 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

突っ込みどころしかない…   No. 5578

 まぁ、。自衛隊の講義に呼ばれることが無くなる危機感の発露、ともいえるかも知れないが、それにしても、これはひどい。

> …村山談話なんて、つい最近まで忘れてたんじゃないのかなぁ(^^;
 忘れていますね、見事に。前は河野談話を叩けば良かったけど、それでは間抜けな結果に陥ることに気がついたようで。

> 私が懸念するのは公教育にこの余波が及ぶことだ。2年前に教育基本法が改正され、
> 「教育の目標」として「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する…態度を養うこと」
> が新たに規定された。
 教育基本法の第2条第5項の引用ですね。これは。
==
五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。
==
 なるほど。他国の尊重などかんけーねー((C)byタモガミ)。国際社会の平和と発展に寄与する態度なんかどーでもえー、と。

 日本国憲法の前文を読み返せ、と。どうせ改正する気でいるからそんなことはしないだろうけど。
==
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
==

 それにしても、男女共同参画基本法が「建前」で憲法にも優位し形骸化…って、その前文を読んでいないでしょ?
==
我が国においては、日本国憲法 に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、男女平等の実現に向けた様々な取組が、国際社会における取組とも連動しつつ、着実に進められてきたが、なお一層の努力が必要とされている。
(略)
 ここに、男女共同参画社会の形成についての基本理念を明らかにしてその方向を示し、将来に向かって国、地方公共団体及び国民の男女共同参画社会の形成に関する取組を総合的かつ計画的に推進するため、この法律を制定する。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO078.html
==

 最後の「特定勢力による壟断を許してはならない」に至っては、
「自己紹介ですね、お疲れ様です。」
としか…。

 しかし、神武帝由来のY遺伝子云々以来のトンデモを叩くくらいに、早く戻りたい…・。
[ 2009/01/14 19:06 ] 7WgtulnI[ 編集 ]

   No. 5580

>さにぃさいどさん

日本国憲法を読んでるのかと疑っていたのですが、男女共同参画基本法も当然のように、2007年度版教育基本法もろくに、読んでいなかった訳ですね。

っていうか、この人物が『「河野談話」、教科書検定の「近隣諸国条項」、「児童の権利条約」、「男女共同参画社会基本法」』が憲法より上に来ると嘆いている憲法って、、、もしかして、大日本帝国憲法のことなんじゃないですかねぇ。。。
[ 2009/01/15 01:39 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

再びすみません   No. 5586

碧猫さま
> 日本国憲法を読んでるのかと疑っていたのですが、男女共同参画基本法も当然のように、
> 2007年度版教育基本法もろくに、読んでいなかった訳ですね。
 むしろ「読んでいて意図的に無視した」可能性が。そっちの方がさらに拙い。

 『〇五年度に「東京裁判」について講義した高崎経済大助教授(当時)』氏ご自身が、こう発言してるのに。
==
これではせっかくの教育基本法の規定も画に描いた餅(もち)に過ぎなくなる。「村山談話」が教育基本法に優位し、理念を形骸(けいがい)化させるという構図である。
==
 教育基本法の規定を画餅にさせているのは、ご自身。
「他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する」
という条文を無視している以上、ブーメランが刺さりましたね。

 せいぜい、国際大会で日本の選手が活躍するとうれしい、表彰台ものならぐっとくる、その程度の愛国心なら保有している。これでもバリバリのサヨなんだろうな、オレ。
[ 2009/01/16 22:00 ] 7WgtulnI[ 編集 ]

   No. 5587

それに、読んでいても、場面によって都合よく忘れるというパターンもあり得ましたね。

…この後、石原妄言の韓国における反応を拾ったので、、、有害度では、あっちの方が上でしたorz
[ 2009/01/18 16:49 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/600-cbaaed83


教師の「権威」にしたがえば、世の中はうまくいくらしい

※1/17 13:40ごろ、訂正のお知らせ。 昨日、出がけに慌ててアップしたために、 リンクを貼り忘れたり 文字強調の箇所を間違えたりしました。 数カ所、訂正しました。 最近、産経不感症で、碧猫さんご紹介のデムパ八木先生の「正論」ぐらいじゃあ、驚かなくなっ
[2009/01/17 13:51] URL かめ?












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。