スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガザ虐殺;あらためて国際人道法に挑戦するイスラエル 

 ニュースを見て回るのも気が重くはあるが、気になるので、ガザ虐殺関連の情報は見て回らずにはいられない。
10日付の報道では、ガザ地区の死者は800人を超えたという。しかし、

イスラエルは9日、即時停戦を求めた国連安全保障理事会(UN Security Council)決議を拒否し、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)に対し戦車や戦闘機による激しい攻撃を行った。(中略)
 イスラエルのエフド・オルメルト(Ehud Olmert)首相が、同国は「外部からの影響」に屈することはないと強調する中、イスラエルは3時間の「人道的」停戦を発表しているにもかかわらず、戦闘機で多数の場所を空爆したほか、戦車による砲撃も行っている。


(AFPBB News 2009年01月10日 08:13『イスラエル軍、ガザ地区に激しい攻撃 死者数は800人超える』より、強調は引用者による)

 この人達が『「外部からの影響」に屈することはないと強調』しながらやっていることとは、7日に、住民への人道支援物資を搬入させるためにガザへの攻撃を1日あたり3時間中断すると発表したものの、初回の開始から数分後に攻撃しだしたり、8日には国連パレスチナ難民救済事業機関の人道支援物資運搬中の車列を爆撃して国連スタッフを2人殺し(翌9日に、イスラエル国防省と協議し活動について「信用できる保障」を得たとして早々に再開しているのだから、機関の活動には頭が下がる)たり、おなじく8日には、この人道支援のための攻撃停止3時間中に、国連の装甲車両2台に護衛された救急車が地元国連職員の遺体回収にあたっていると、銃火器で攻撃したりなんだが、もちろん、もっとある

 散乱した四肢、血、ちぎれ焼け焦げた遺体、崩れ落ちた壁、そして悲鳴。火曜日(6日)の晩、イスラエルの戦闘機によってガザ北部のジャバリヤ難民キャンプにあるファーフーラ学校にミサイル数発が撃ち込まれただと目撃者たちは語った。
後の、学校の内部や周辺の状況はこのようであった。

 救助隊員や市民たちは視線を空に向けて、さらなるミサイルの発射準備をしている戦闘機の動きを追いながら、やっとのことで目的地にたどり着くことができた。ある救助隊員は惨状に身を震わせてこう言った。「10日以上、私たちは負傷者を搬送してきました。一家全員で死亡している状況も見てきました。しかし、このような光景を目にしたのは人生で初めてです」「いたるところに血と千切れた遺体、胸を引き裂くような子どもと女性の悲鳴がありました」。

イスラエルの戦闘機は、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)が運営する学校にミサイル数発を撃ち込んだが、この学校にはイスラエルの爆撃と侵攻から逃れて数百人のパレスチナ人が避難していた。中間統計ではこの空爆により、45人のパレスチナ人が死亡、50人以上が負傷するという被害がもたらされた。

 犠牲者や遺体の一部や負傷者たちは、ガザ北部のカマール・アドワーン病院とアウダ病院に運ばれ、重症患者の多くはそこからガザ市のシファー病院へと搬送された。シファー病院はガザ地区最大の病院であるが、これまでに負傷した数百人の患者であふれかえっており、空きベッドが残っていない。

 カマール・アドワーン病院に運ばれた負傷者のマフムード・アフマドさん(41歳)は、「起こったのは『虐殺』だ」と述べ、「市民を標的とするような域にまで『野蛮さ』が極まるとは想像してなかった」と指摘した。

 学校の壁は破壊され、犠牲者たちの体の上に崩れ落ちた。その中には多くの子どもや女性たちがいたのだ。
(中略)

 貧しく人口の多いガザでは、人道危機の悪化への懸念が増している。特にイスラエルによる攻撃によって、停電に加えて食糧や燃料、飲料水が大幅に不足していると国連機関は言う。(後略)


(2009年01月07日付 al-Quds al-Arabi紙 「東京外国語大学中東イスラーム研究教育プロジェクト」による翻訳
国連運営の学校をイスラエルが爆撃、「これは虐殺だ」』より一部、強調は引用者による)

この攻撃については、7日、

イスラエル軍は、ハマスが市民を「人間の盾」に利用していると非難。攻撃は校内から発射された迫撃砲に応戦したものだったとし、情報機関の報告を引用して攻撃で死亡した男性2人をイスラム過激派だと指摘していた。


(ロイター日本語版 2009年01月08日 12:57 18 「ガザの学校に過激派要員はいなかった=国連高官」より一部)

と言い訳していたようだが、国連が関与している学校敷地内から攻撃があったとなどという主張は国連側にしてみれば聞き捨てならない。きつく追求されたようで、

学校を運営する国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の報道官は9日、誤って攻撃したことをイスラエル軍が認めたと明らかにした。


(asahi.com 2009年1月10日1時39分 「イスラエル、ガザ全土を空爆 ハマスも対抗」より一部)

…この、イスラエル政府とかいう組織は「テロリストと民間人は区別している」と主張しているそうである。

 その、「テロリストと民間人は区別している」と強弁する政府が派遣している軍が起こした惨劇がまたさらに一つ。

(略)
 国連緊急援助調整官室(OCHA)は九日、ガザ市郊外のザイトゥン地区で、イスラエル軍が住民ら約百十人を一軒の民家に押し込め、後に砲撃して三十人を殺害したとの生存者の証言をリポートにまとめた。

 生き残った少年(13)によると、四日夜に自宅を砲撃され、外に出ると、十五人ほどのイスラエル兵がヘリコプターから降下してきて住民に一軒の民家に集まるよう命じた。住民らは避難所と思ったが翌五日、イスラエル軍が民家を砲撃、母親らが死亡したという。

 負傷した少年は「水も食料もなかった。気を失うまで助けを呼んだ」などと話した。

 地元の救急隊員が同地区入りを許されたのは七日になってから。隊員は「室内では十六人が死亡。四人の負傷した子どもは飢えで立ち上がることもできずにいた」と証言。道路にはイスラエル軍が防塁を築き救急車が通れず、ロバの荷車で負傷者を運んだという。


(東京新聞 2009年1月11日 朝刊「」より一部)

 ただでさえ、非道い虐殺だが、さらに問題なのは、「救急隊員が同地区入りを許されたのは七日になってから」。
以下は、ロイター=共同8日付の字幕付きのビデオ;「
「イスラエルは人道法規を侵害」=赤十字国際委 ( 字幕・8日)」から、字幕の概略。

 赤十字国際委員会(ICRC)が異例の強い表現で、イスラエルを、ガザ地区で国際人道法規を侵害しているとして非難している。
 ICRCの現地代表によると、イスラエルは爆撃されたガザ市の家屋への救急隊員の立ち入りを4日間拒絶した。現地代表は、到着した支援要員が、亡くなった母親の傍で、飢えたままなんの支援も受けられずうずくまる子供を4名発見したと証言した。
子供達は水も食糧もなく死体の傍にいるしかなかったので、発見時には立つこともできないほど衰弱していた。
 また、18人の負傷者も発見されたが、彼らはなんの手当も受けていなかった。
 アルザイトーン辿り着いた救急隊員は、イスラエルの退去命令を拒絶した。

P-navi info』さんの1月10日付『ガザ攻撃14日目 「集めておいて、一度に殺す」』、および47ニュース(共同)2009/01/10 00:49『強制退避先を砲撃30人死亡 重大事件と国連非難』も参照。
 もちろん、これは看過されない。

ナバネセム・ピレイ国連人権高等弁務官は9日、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの攻撃に関し、国際人道法に抵触する可能性があるとして独立した調査を提案した。ガザ市民の犠牲が広がる中、国連欧州本部(ジュネーブ)で開かれた人権委員会特別会合で明らかにした。

 特に問題視されているのは、ガザ市内で4日から5日にかけて起きた事件。(中略)
 ピレイ氏はロイター通信に「兵士が民間人を守ることは国際的な義務だ。このような事件は戦争犯罪を構成する要素があり、調査する必要がある」と述べた。

 一方、イスラエル軍は朝日新聞に対し「指摘されている日時に同地区で建物を砲撃した事実はない」と否定している。

 イスラエル軍は地上侵攻を始めた3日から7日昼までゼイトゥンへの立ち入りを禁止。(略)衰弱した4人の幼い子供がいるのに、そばにいたイスラエル兵らが保護しようとしなかったことも問題となっている。


(asahi.com 2009年1月10日20時46分 「ガザ攻撃 国連人権高等弁務官、戦争犯罪の調査を提案」より一部)



 ところで、このガザ虐殺で怖いと感じている件が、他の方向でもある。

(略)パレスチナ人の死者は800人を超えた。(中略)パレスチナ人の犠牲者のうち約4割は子供や女性で、負傷者は3330人。これに対し、イスラエル側の死者は市民と兵士合わせて十数人だ。
(中略)
 有力紙イディオト・アハロノト(電子版)が9日付で伝えた世論調査結果では、ユダヤ系回答者の94%が今回の軍事作戦を支持。「(ガザの)インフラや民間人に被害があっても、ガザへの空爆は正当化される」とする答えも92%に達した。

 「すべての目的を達するまで攻撃を続けるべきだ」との答えも90%にのぼり、「ガザの封鎖解除と引き換えに、ハマスがイスラエル南部へのロケット弾攻撃を停止するという場合、停戦すべきか」という問いには80%が「すべきではない」と答えた。(後略)


(asahi.com 2009年1月10日13時57分「イスラエル市民9割、ガザ攻撃支持 「被害出ても正当」」より一部、強調は引用者)

世論調査ではガザ攻撃開始後、現政権の中道・左派ブロックへの支持が盛り返し、右派ブロックとほぼ互角になった。今のところ攻撃続行が2月10日の総選挙に有利だという結果だ。


(asahi.com 2009年1月10日1時30分「イスラエル、国連の停戦決議を拒否 ガザ攻撃続行の方針」よりごく一部)


…私自身、欲しい情報が日本国内紙だけでは得られないから、外電で情報を探していることがよくある。外電と国内紙と比較すると、外電で重要視されている情報が国内紙では軽く扱われていたり、極端な場合にはそっくり省略されている事もある。判断の根拠とする必要な情報が偏っていたら、結論が斜め上に向かうことは、ままあるだろう。違った根拠からは、違った結論になるのも、十分あり得ることだ。そして、判断の根拠となる情報を、お仕着せで供給されていたりしたら?

 伝えられるイスラエルの世論調査結果にはうそ寒いものを感じる。



その他、エントリに入りきれなかった情報;
エスペランサの部屋』さんの2009年1月6日付『アミラ・ハス──ガザのインフラは崩壊寸前』よりごく一部、強調は引用者、

60万人から70万人のガザ住民が、水のない状態におかれている。なかには、そんな状態が1週間も続いている人たちもいる。

約100万人が停電下にあり、汚水がそのまま通りを流れる場所もあちこちに見られる。とくにガザ地区北部では汚水が溜まって氾濫する危険が高まっている。

修理しようにも、砲撃と道路状態の悪化のために、修理人が駆けつけられない。携帯電話も地上電話も、ガザ地区のネットワークは、空爆と電力不足のために深刻なダメージを受けてしまった。次第に、ガザ住民は親戚や地方当局、救援、救急の連絡先に電話する手段がなくなってきて、孤立感とパニックが高まっている。(中略)使用不能の井戸や水を十分確保できない井戸の数から判断して、ガザ住民の40パーセントから50パーセントが水を得られない状態にあると判断する。

連日の空爆が、上下水道の施設にさらなるダメージをもたらしている。(後略)



CNN.co.jp 2009.01.09 「米下院、ガザ紛争でイスラエル支持決議案を採決へ」より一部、

(略)
決議案は民主党のペロシ議長とベイナー共和党院内総務が提示する。イスラエルにロケット弾を発射し、米国がテロ組織とみなすイスラム原理主義組織ハマスが、戦闘員や指導者、武器を民間家屋や学校、モスク、病院に巧妙に配置し、パレスチナの民間人を人間の盾にしていると非難。そのうえで「民主主義国家」イスラエルの治安や生存を強く支持し、ハマスの「絶え間ない攻撃」から国民を守るための自衛権を認めている。またブッシュ米政権に対し、ハマスの復活を阻む持続的停戦に向けて努力するよう促している。(後略)

日経ネットの10日付記事によると「賛成多数で可決」とのこと。


毎日新聞 2009年1月11日 東京朝刊「イスラエル:ガザ侵攻 米、攻撃継続を容認」よりごく一部、

米国務省のマコーマック報道官は9日の記者会見で「戦闘終結の必要条件はハマスによるロケット弾攻撃の停止だ」と改めて語った。即時停戦を求める国連安保理決議が8日に採択されたが、報道官の発言は米国がイスラエル軍のガザ攻撃継続を容認したものとみられる。



時事ドットコム2009/01/11-00:27 「ガザ市包囲網を強化=住民に攻撃警告-軍事作戦、3週間目に突入・イスラエル軍」よりごく一部、

軍はガザ市の住民に対し、アラビア語のビラや携帯電話の簡易メールで「まもなく攻撃を強化する。安全のため、テロリストや武器関連施設には近づかないように」と通告した。

…避難先を攻撃した実績を持つ軍が、アリバイ作りをしているわけだ。。。

参考;
とても実感がわきやすい、傑作エントリ;

media debugger』さんの2009-01-09付『もしも東京がパレスチナだったら…(1)

…「東京解放機構(TLO)、第3代議長・荒鳩さん」にばかり気をとられないように、ご注意下さい。

水底 の 鏡』さんの2009-01-09付『衝撃!これがロケット弾だ!!
…非常に面白い考察は原文を参照していただくとして、結論のみ。

多分おそるべき兵器なんだろうなあ。

日本の新聞は「数十年間散々DVを加えてきたが、耐え切れずに相手がつま先でちょっと引っかいてきたから、自己防衛のためにレイプしてなぶり殺した」男の言い分のみを報道してるような状況なので、どうにもならん。



今さらのように気になる過去エントリ;
Non-Fiction』さんの2007/06/06付『羊は狼にはなれない』より一部、

戦闘の訓練も受けていない素人が、殺す気でいるプロの兵隊相手に闘ったところで勝てる確率なんてほとんどない。(中略)羊が狼のように戦おうとしてもそれは無理というものだ。

 そう、羊には羊の戦略がある。こういう場合、とれる選択肢は次の二つ、
(1)逃げられる状況にあるんだったら逃げる。
(2)逃げられない状況、例えば、怪我や病気で移動できないとか、安全な場所にたどり着くには戦場を横断しないとならない、といった場合。自分が民間人であり、武装してないことを知らせて、侵攻してきた相手の軍隊に保護を求める。

(2)は不満だろうか? だが、民間人としてとれる最善の対応としてはこれくらいだ。相手がまともな軍隊であれば、占領地における文民保護が義務付けられていることは判っているはず。(中略)

 まともな軍隊じゃなかった場合?(南京攻略時の日本軍みたいな?)
(後略)

…「南京攻略時の日本軍並み」とまでは、さすがに、多分いえない。でも、今起こっていることは、この一節とかぶる。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  ガザ虐殺
[ 2009/01/11 19:00 ] 四方山話 | TB(2) | CM(13)

『ガザ侵攻:イスラエル軍が「白リン弾」使用…人権団体指摘』   No. 5566

『国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は10日、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区侵攻で、「非人道性」が指摘されている「白リン弾」を使用している可能性が高いと指摘』『HRWは、白リン弾を焼夷(しょうい)弾と位置付け、人口密集地にある軍事目標や、民間人を焼夷兵器で攻撃することを禁じた「特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)第3議定書」に違反する疑いがあるとした。さらに、市民被害最小化の予防措置をとるべきだとする国際人道法の義務に反する、と強調』
毎日新聞 2009年1月11日 20時27分
http://mainichi.jp/select/world/mideast/news/20090112k0000m030064000c.html
[ 2009/01/12 02:08 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『イスラエル軍「白リン弾」使用か ガザの死者885人に』   No. 5567

『先月27日の攻撃開始からの死者数は、AFP通信によると計885人、負傷者は3620人に達した。国際的に批判されている「白リン弾」の使用も指摘され、イスラエル非難の声は強まっている。

 同通信によると、ガザの病院の医師が11日、「白リン弾で少なくとも民間人55人がやけどをした」と証言。AP通信は女性1人が死亡、100人以上が負傷したと伝えた。 』
asahi.com 2009年1月11日23時19分
http://www.asahi.com/international/update/0111/TKY200901110133.html
[ 2009/01/12 02:11 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『パレスチナ側死者900人超、白リン砲弾も使用か ガザ攻撃』   No. 5570

『(略)軍事作戦を開始して以降、パレスチナ側の死者は少なくとも905人、負傷者は3950人に上った。死者のうち少なくとも227人は子どもだという。

 またガザ市(Gaza City)内のナセル病院の医師によると、11日早朝にイスラエル軍は白リン砲弾を発射し、この攻撃で少なくとも55人が負傷した。同医師は電話インタビューで「これらの患者のやけどは、白リン砲弾でしかありえない焼け方をしている」と語った。

 白リン砲弾は、民間人に対する使用は国際法で禁じられているが、煙幕生成のための使用は許可されている。

 一方、イスラエル軍報道官は白リン砲弾の使用を否定(後略)』
AFP BB News 2009年01月12日 20:51
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2557242/3678671
[ 2009/01/13 01:31 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『国連人権理、イスラエル非難決議を採択 ガザに調査団派遣へ』   No. 5571

『(略)
人権理事会を構成する47理事国のうち、アラブやアフリカ諸国など33カ国が非難決議に賛成した。カナダは「(パレスチナ側からイスラエルへの)ロケット攻撃が明確に盛り込まれていない」として反対に回り、日本や欧州諸国など13カ国も「バランスがとれていない」との理由で棄権した。(後略)』
日経ネット12日付
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090112AT2M1201M12012009.html
[ 2009/01/13 01:34 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『イスラエル:ガザに予備役数千人を投入』   No. 5572

『イスラエルが予備役投入に踏み切ったことで、戦線がガザ地区の中枢・ガザ市の中心部へと拡大する可能性が出ている。

 イスラエル軍は12日、ハマスの関連施設など25カ所以上を空爆。また、ガザ市の東部、北部などで激しい戦闘が続いた。AFP通信によると、先月27日の空爆開始後のパレスチナ人死者は909人に達した。』
『ブッシュ米大統領は同日、任期中最後の記者会見で「ハマスがロケット弾攻撃を続ける限り、持続可能な停戦は実現しないだろう」と改めて主張した。』
毎日 2009年1月12日 20時36分 更新:1月13日 0時56分
http://mainichi.jp/select/today/news/20090113k0000m030081000c.html
[ 2009/01/13 01:36 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『イスラエル軍、ガザ市包囲 死者930人に』   No. 5573

『攻撃開始からの死者数は、AFP通信によると930人、負傷者は4200人に達した。

 イスラエル軍は、「テロリストが爆弾を仕掛けていた」として、ガザ最大の人口密集地、ガザ市周辺を空爆。また「テロリストがイスラエル軍攻撃のために集まっていた」としてホテルやモスクなどを標的に、13日午前までにガザ全土で60カ所以上を空爆した。 』
asahi.com 2009年1月13日20時15分
http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY200901130346.html
[ 2009/01/14 01:59 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『ガザ 米の停戦決議賛成、「10分前に電話で阻止」』   No. 5574

『説明によると、演説中だったブッシュ氏は、オルメルト首相の強い求めに応じ電話に出て、「(決議の中身を)よく知らない」と述べたが、首相は「賛成票を投じてはならない」と迫った。これを受けブッシュ氏はライス国務長官に賛成しないよう指示したという。』
asahi.com 2009年1月13日22時7分
http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY200901130375.html
[ 2009/01/14 02:00 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『米の停戦決議賛成、10分前に阻止=ライス長官「恥かく」-イスラエル首相』   No. 5575

『イスラエルのオルメルト首相は12日(略)国連安保理決議について、採決の10分前にブッシュ米大統領に電話をかけ、賛成しないよう要求していたことを明らかにした。
(中略)
 オルメルト首相は「ライス国務長官は自ら作成した決議案を棄権することになり、恥をかくことになった」と語った。』
時事 2009/01/13-19:23
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009011300918

…?
ライス長官に恥をかかせたのは、オルメルト首相では無かろうか…???
[ 2009/01/14 02:04 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『ガザ侵攻:「過剰報復」浮き彫りに 死者1000人超す』   No. 5579

『14日、空爆開始からわずか19日で1000人を超えた。イスラエル国内でパレスチナ武装勢力の自爆テロが続発し、激しい報復攻撃が繰り返された「第2次インティファーダ」(反イスラエル抵抗闘争)当時を大きく上回るペースで、「過剰報復」の実態が浮き彫りになっている。』
『攻撃は連日、昼夜を問わず続き、これまでの空爆回数は2300回以上に達する。』
『ガザ市のシーファ病院で医療支援に当たったノルウェー人医師は「死者の3分の1、負傷者の半数は女性や子供だった」と批判している。』
『 死者数は、パレスチナの市民を巻き添えにする攻撃の激しさを示すものだ。欧州連合(EU)の行政府、欧州委員会のミシェル開発・人道援助担当委員は「(ロケット弾攻撃への反撃としては)あまりに不均衡だ」と非難している。』

毎日新聞 2009年1月15日 1時10分
http://mainichi.jp/select/world/news/20090115k0000m030165000c.html
[ 2009/01/15 01:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

ありがとうございます   No. 5581

管理者さまの情報提供につかわれているコメント欄にお邪魔するのも気が引けたのですが……。
水底の鏡管理人です。
ロケット弾の件、引用してくださってありがとうございます。眩暈がするほどの状況に気が狂いそうです。共感いただけたことが、どれくらい当方にとってありがたいことであったか、言葉にしにくいです。
ありがとうございます。
[ 2009/01/15 03:09 ] -[ 編集 ]

どうぞご遠慮なく(^^;   No. 5582

>sirokanippeさま

 コメントありがとうございます。
 視覚的に解りやすく印象的な、大変参考になるエントリのトラックバックをありがとうございました。実は、折り返しのトラックバックをお送りしていたのですが、何故かなかなか通らず失礼しました。

 ちょうど今日も、自爆史観の人が『金が無いはずのガザのハマスが高価なロケット弾を多数購入できるのは何故でしょうか』と書いているのを見かけたりで、何だかなぁと思っております。私が見ている範囲では、ガザ虐殺事件ではハマスを北朝鮮に・イスラエルを日本に見立ててイスラエルを支持し、コミンテルンの陰謀なんて書いてる田母神論文を擁護し、DV禁止法には反発する人がかぶっているようです。
 引用させていただいたsirokanippeさんの、文章の〆が非常に示唆的だと感じました。
[ 2009/01/15 18:26 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『ガザの国連施設が炎上、活動一時停止』   No. 5583

『15日午前11時すぎ、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の現地本部がイスラエル軍の砲撃を受け、建物2棟で火災が発生、職員3人が負傷した。外国報道機関が入ったビルや病院も攻撃を受け、負傷者が出ている。

 UNRWAの報道官によると、白リン弾とみられる砲弾が少なくとも3発、敷地内を直撃。食料や医薬品、毛布などの援助物資を保管する倉庫などが火事になった。敷地内には、市民約700人も避難していた。』

『国連施設の被害を知った潘氏は「強い抗議と怒り」を伝えバラク国防相らに抗議、調査を求めた。AFP通信によると、バラク氏は「重大な誤りだった」と謝罪したが、その後、オルメルト氏は「ハマスが国連の敷地内から攻撃したから砲撃した」と説明した』

asahi.com 2009年1月15日23時33分
http://www.asahi.com/international/update/0115/TKY200901150241.html
[ 2009/01/16 01:33 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

『ガザの国連施設にイスラエル軍の砲弾が着弾、3人負傷』   No. 5584

『現地のUNRWA職員によると、砲撃で人道支援物資数百トンを保管している倉庫が炎上したが、その他の施設は壊滅的な被害は免れた。被弾に伴いUNRWAは、同施設での業務を一部停止した。』

『砲撃があったのは潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)国連事務総長がイスラエル入りした直後だった。』『ガザでの戦闘による死者が1100人近くに達していることを指摘し、「忍耐の限界を超えている」と懸念を示した。』

『また、ガザ中心部の複数のメディアが入居するビルが、イスラエル軍の攻撃をうけ、カメラマン2人が負傷。このほか、南西部タルアルハワ(Tal al-Hawa)近郊で、イスラエル軍戦車隊とパレスチナ側の戦闘員との戦闘があり、アルクッズ(Al-Quds)病院も砲弾を受けた。』

AFP BB News 2009年01月15日 23:52
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2558480/3688646
[ 2009/01/16 01:39 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/597-43fc0b3d


ガザ緊急支援活動

10日のピースパレードとシンポジウム(at 聖アンデレ1教会)に参加しました。  その時にもらったチラシを転載。  原文は「パレスチナ子どものキャンペーン」のサイトにあります。  ガザ緊急支援活動とご協力のお願い 12月27日に始まったガザへのイスラ
[2009/01/12 11:40] URL JCJ機関紙部ブログ

共感できない

 ガザでの虐殺が続いている。そればかりか、イスラエル軍は支援物資が集積されていた国連の建物まで爆撃した。  多くの論者が指摘してい...
[2009/01/16 17:48] URL 百丁森の一軒家(本館)












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。