スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

繰り返したくない歴史 

 産経新聞が2008年12月19日付の「主張」欄で、「南京大虐殺記念館に展示されていた三枚の写真が撤去された」と報道したことに対し、南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)側は反論の一部で、

記念館は近年来、すでに1万2000点以上の文物・写真・絵を収集しており、展示には非常に豊富な選択肢がある。


(「人民網日本語版」2008年12月23日『南京大虐殺記念館、産経新聞の捏造報道に強烈な抗議』)

つまり、南京大虐殺の写真かどうかに論議がある写真をわざわざ展示するまでもない、と述べていたものだ。
 日本ではほとんど報道されていないが、中国語紙では去年だけでも何度も、新たな「南京大虐殺」史料が記念館に提供されたと報道されているので、そういった報道を追っている者には説得力のある反論ではある。それら史料には、従軍した方が亡くなったのでその遺品を親族の方が提供された、日本からの提供もあるという。

 そんな報道が、また今日付で出ていた。
中國青年報 2009年01月07日 09:36で
專家在傳教士檔案中發現3張南京大屠殺新照 (専門家が、南京大虐殺写真を三枚新たにキリスト教宣教師書類中に発見)』
以下、自動翻訳複数と原文を見ながらの超意訳のメモ、強調は引用者;

 先頃、南京大学南京大屠殺史研究所の張生副所長が、史料から三枚の南京大虐殺の歴史写真を発見し、英文で付された原説明から、南京大虐殺期間の江南セメント工場の難民区の写真であると確定することが可能であるとした。

 張生副所長の説明では、これらの写真は日本の高校から贈られたCDを確認している時に発見したもので、史料の由来はアメリカのエール大学神学院図書館他から収集した宣教師の書類。エールの宣教師書類にひそんでいた史料は、公認された第三者が、日本軍の南京大虐殺の暴行を記録した権威ある物の一つだ。この写真の内の2枚は、既に目にしたことがあったものの、以前に付されていた中国語の説明が「1938年3月の南京城外の難民のあばらや」というものだったので見逃されていた。今回、適切な撮影場所と撮影者の情報を確認したので、南京大虐殺史を研究する史料に加わった。

 71年前、中国を侵略した日本軍は、南京の都市と農村で悲惨な殺戮を行った。我々がこれらの歴史写真を収集するのは、日本の一部の人達が主張する歴史写真を否認する言説に反駁するためだけではない。もっと、より一層重要なのは、これらから歴史の教訓を得て人類史上の悲劇を再び繰り返させないこと、そしてそれを中日の世代を超えた友好の政治基盤を堅固にするためだ。と、張生教授は語った。

得た歴史の教訓から、繰り返そうとする悲劇には、非難の声を発せざるを得ない。それが広島でも長崎でも、天安門でも、ミャンマーでも、チベットでも。

 もちろん、ガザでも。

AMNESTY INTERNATIONAL JAPANの緊急ウェブアクション
「閉じ込めないで! 殺さないで!」パレスチナ・ガザ地区への違法な攻撃の即時中止を

(略)
死者数は6日までに少なくとも635人に上り、そのうち4分の1が子どもだ。支援団体関係者は、生き残った子どもたちも生涯にわたって精神的な傷に悩まされるだろうと語っている。

 また、自宅内や戦闘を避けるために避難する車の中などで、一家全員が殺害される例も相次いでいる。(後略)



6日(火)、ガザ攻撃11日目はそれまでより一層血塗られた日となった。国連(UNRWA)の学校に避難していた人たちがいっぺんに40人以上も殺されたのだ。そもそもガザの住民に「避難」を呼びかけていたのは、イスラエル軍だった。しかし、ガザから出ることのできない住民たちは遠くにいくこともできず、 UNRWAの学校へと大勢が避難した。(略)その避難先にイスラエル軍からの攻撃が行われたのだ。ジャバリヤ難民キャンプの学校では40人ほどが殺され、子どもの犠牲者が多いという。さらにもう一校、ガザ市の小学校にも攻撃が行われ、こちらでは3人が殺されている。
(中略)
6日早朝付のIMEMC Newsは、ガザ市近郊のザイトゥーン地区で、アル・サムーニ家の7人(うち子どもが4人)が砲撃で殺されたことを報じているが、サムーニ家に避難するように命じたのは、イスラエル軍で、そこには最低20人の人が集まっていたという。まさにその場所に攻撃がなされた。(後略)


(P-navi info 7日付『ガザ攻撃11日目 こんなことまでするなんて!』より一部)


 そして、イスラエルの嘘をまとめてくださっている方がいたので、引用。

嘘1:イスラエルが標的としているのは法律上正当な軍事拠点だけであり、罪のない人々の命は守ろうとしている。イスラエルが民間人を標的としたことはない。

ガザ地区は、世界でも最も人口密度の高い地域である。国際法に従うならば、文民のあいだに戦闘員が存在しているからといって、文民が保護される権利を失うわけではない。したがって、実のところ、戦闘員を標的としているとの名目で文民を攻撃する行為はすべて、 戦争犯罪である。
(中略)

嘘3:ハマスは人間の盾を使っているが、これは戦争犯罪である。

ハマスが人間の盾を使った証拠はない。実際のところ、既に述べたように、ガザ地区は小さな地域で人口が密集している。イスラエルはニザル・ラヤン暗殺----その際彼の家族も殺された----のように、無差別の攻撃手段を採ってきた。イスラエルがプロパガンダの中で「人間の盾」と言っているのは、実際には殺されたラヤンの子どものような犠牲者である。こうした状況では、ハマスが人間の盾を使っているのではなく、イスラエルがジュネーブ条約をはじめとする関連する国際法に違反して戦争犯罪を犯しているのである。
(中略)

嘘5:イスラエルは標的地域からガザのパレスチナ人が避難することを望んでいたのだから、民間人の死に責任は負わない。

イスラエルは、ガザの住人にこれからの爆撃から避難するよう呼びかけるラジオ・メッセージと電話メッセージを送ったと主張する。けれども、ガザの人々には避難する場所はない。人々はガザに閉じ込められている。国境を越えて逃げられないようにしているのはまさにイスラエルである。(後略)


(『益岡賢のページ』 7日付『イスラエルのガザ攻撃をめぐる嘘トップ・ファイブ (原文 ジェレミー・R・ハモンド, 2009年1月3日)』より一部)


(略)
忘れないでください。この「戦闘地域」と化した幅10キロ足らず、長さ46キロくらいの狭い場所には、「戦闘員」もいるでしょうが、「非戦闘員」がほとんどです。

そして、「非戦闘員」は12月27日の空爆開始前にガザ地区を脱出する猶予も方法も与えられていないのです。それどころか、食料・水も、薬も医療消耗品も、電力も与えられていない。

これは、虐殺です。Killingなどというぬるい言葉で語れる事態ではありません。Massacreです。(後略)




 ところで、広く知られているように(orz)、日本には「南京大虐殺はなかった」と主張する人達がいる。中には、2007年6月12日には、「AFP社加盟のフランスの全主要メディア二百数十社および主要組織約二千社あて」に「日本の文化人宣言」として、「南京大虐殺はなかった」と宣言した人達もいる。この宣言の賛同者の一人、宮崎正弘氏が自身の7日付メルマガに書いていたコメントは興味深い。

ガザ侵攻は、日本のような平和ぼけからみると、イスラエルが「侵略者」に見えそう。とくに大手マスコミの分析にしたがうと。
しかし日本に置き換えて、もし、北朝鮮から毎日のようにミサイルが飛んできて我が国の国民が死傷し、それでも耐える。しかし、とうとう堪忍袋の緒が切れることがあるでしょう。イスラエルの反撃は、そうやって行われたために、これまで弱腰と非難されてきたカディマ=与党が、野党との人気を逆転しています。

…なるほどなぁ (何がなるほどか、どうにも表現が難しいけど)。
 日本は北朝鮮を占領も封鎖もしていないし、北朝鮮のミサイルのバッケンレコードが40kmとも思えないのだが。
スポンサーサイト
ユーザータグ:  ガザ虐殺
[ 2009/01/07 18:30 ] 自爆史観 | TB(1) | CM(6)

   No. 5549

「エールの宣教師書類」というのはマギー牧師のことでしょうね。「江南セメント工場の難民区」というのはデンマーク人のシンバーグらが運営していた城外の難民収容所ですが、「思考錯誤」掲示板でちょうど昨年の暮れにシンバーグが撮影したとおぼしき写真が話題になっていました。今回の報道と同じ写真ではないようですが。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=6023;id=sikousakugo


[ 2009/01/07 22:31 ] -[ 編集 ]

   No. 5550

東中野がアイリスチャンから引用した「フォスター氏撮影写真」関連でしょうか
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/num/n-129-30.htm
[ 2009/01/08 02:34 ] -[ 編集 ]

   No. 5551

マギーも16ミリムービーで撮影したようですね
フォスターと同行でしょうか?
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/mg_images/album.html
[ 2009/01/08 02:44 ] yNkD6PME[ 編集 ]

   No. 5552

>Apemanさん
>「思考錯誤」掲示板でちょうど昨年の暮れにシンバーグが撮影したとおぼしき写真が話題に
<
今回とりあげた報道では写真が一枚しか付いていなかったので、他の写真がどうだったのか探してみましたところ、この報道の初出が中國青年報で2007年12月18日 08:06:57のようでした(発見経緯の記述が同じ、ただし日付が具体的で12月14日に日本の高校から贈呈されたと…エントリの意訳は間違っていたようなので修正しました)。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/mil/2007-12/18/content_7269832.htm
この報道では、別の一枚が示されていました。

ということは、教えていただいた思考錯誤のトピで
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=6029;id=sikousakugo#6029
「初出は「中国青年報」で、2005.12.13頃らしい」とありますから、同じ時に発見されたものかもしれません(写真の数が合わないかもしれませんが)。
(18:55分追記、下のコメントをご参照下さい(^^;)



>ni0615さん

上の方で示していただいたURLの写真と、似た状況で撮影された写真みたいですね。
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/photofiles/c-129.jpg
今回の報道の写真の後、↑が撮影された様にも見えます。

…ちょっと、白黒写真で、まだ良かったと思ってしまいました。
カラー写真(ガザの)は、見るのがきついです。
http://palestinian.ning.com/forum/topics/the-other-side-of-the-story
[ 2009/01/08 18:14 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

   No. 5553

碧猫さん

>ということは、教えていただいた思考錯誤のトピで
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=6029;id=sikousakugo#6029
「初出は「中国青年報」で、2005.12.13頃らしい」とありますから、同じ時に発見されたものかもしれません(写真の数が合わないかもしれませんが)。


同じ12月でも年次が違うかも。


熊猫さんによれば、
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=6023;id=sikousakugo#6023

シンバーグつながりでも撮影地は違うかもしれません。
[ 2009/01/08 18:49 ] yNkD6PME[ 編集 ]

あう(^^;   No. 5554

>同じ12月でも年次が違うかも
<
見落としてました。ご指摘ありがとうございます。
二年前の話でしたか(^^;

事件の日にあわせて公表するものなんですね。
[ 2009/01/08 18:52 ] fYTKg7yE[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azuryblue.blog72.fc2.com/tb.php/595-c1e763ef


ガザの国連学校での犠牲者は40人以上(あまりに幼くあどけない犠牲者の写真を見た直後に)

たった今、BBCのサイトを見たら、国連が運営する学校への攻撃で40人以上が死亡したそうです。 BBC Page last updated at 15:21 GMT, Tuesday, 6 January 2009 http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7814054.stm Strike on Gaza school \'kills 40\' T...
[2009/01/08 00:13] URL Like a rolling bean (new) 出来事録












無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。